爆竹投げ込まれパナシナイコスDFが意識朦朧、倒れ込み病院へ搬送…問題続きの“ギリシャ・ダービー”は中止に

2023.10.23 23:35 Mon
爆竹が投げ込まれて倒れ込んだフアン・カルロス
Getty Images
爆竹が投げ込まれて倒れ込んだフアン・カルロス
パナシナイコスは23日、DFフアン・カルロスが爆竹により負傷したことを報告した。事件が起こったのは22日に行われたギリシャ・スグ第8節のオリンピアコスvsパナシナイコスの一戦だ。
ギリシャの名門クラブ同士による“ギリシャ・ダ”としても知られる試合。両クラブの熱いサポが応援に熱を入れた中で、愚行が起きてしまった。

問題は後半開始早々。オリンピアコスのMFマディ・カマラが同点ゴルを決めると、オリンピアコスファンがスタンドからパナシナイコスの選手がウォミングアップエリアに爆竹が投げ込む愚行に出る。

すると爆発を受けてフアン・カルロスが卒倒。意識が朦朧と鳴り倒れ込むと、聴覚にも問題を抱え、そのままロッカムへ担架で運び出されることとなった。
試合はこの事態を受けて中断。1-1の状態で終了した中、フアン・カルロスは検査のために病院へと緊急搬送されたという。

フアン・カルロスはマラガから2020年に加入し、パナシナイコスでは公式戦109試合に出場。今シズンも10試合に出場していた。

2019年にはファンと機動隊が衝突して試合が中止に。2012年には暴徒化したサポの影響で試合が中止となっており、近年のサッカ界では珍しい問題の多いダとして知られている。

1 2
関連ニュース

31歳ベルナルジが母国復帰へ…“ミネイロンの悲劇”で90分間ピッチに立った164cmドリブラー

元ブラジル代表MFベルナルジ(31)が今シーズン限りで欧州を去るようだ。ブラジル『グローボ』が伝えている。 ブラジル代表通算14キャップを誇るベルナルジ。フェリペ・スコラーリ第二次政権時代に名を上げた164cmの小柄なドリブラーは、母国開催の2014ワールドカップ(W杯)にも出場し、“ミネイロンの悲劇”として知られる準決勝のドイツ代表戦では90分間プレーした。 ただ、奇しくもこの一戦が21歳にして、セレソンでのラストゲームとなったベルナルジ。当時ウクライナのシャフタールに所属し、2018年夏にプレミアリーグはエバートンへとステップアップするも、中盤を飛ばしたロングボール攻勢も厭わない残留ノルマのクラブで本領発揮とはいかず、2021年夏、29歳で中東UAEへの移籍を決断した。 現在はギリシャ1部・パナシナイコスでプレーし、チームの命運を左右する存在の1人として、今季公式戦35試合5ゴール5アシスト。首位PAOKと勝ち点「3」差のチームでアンタッチャブルな立ち位置を確立する。 また、4日に行われた宿敵オリンピアコスとのナショナル・ダービーでは決勝点をマーク。しかし試合後、今季限りとなっている契約を延長しないことをTVカメラの前で明言。いくつかのクラブと交渉中であることを明かしている。 『グローボ』によると、欧州進出前にユース時代から所属した古巣アトレチコ・ミネイロ(MG)がベルナルジとの契約交渉を順調に進めているとのこと。2013年8月、南米制覇を置き土産にアトレチコMGを去った男は、今年夏11年ぶりに古巣へ帰るようだ。 2024.02.05 14:50 Mon

パナシナイコス、トルコのレジェンド指揮官テリム氏を招へい

パナシナイコスは26日、トルコ人指揮官のファティ・テリム氏(70)を新監督に招へいすることで合意したと発表した。 ギリシャ・スーパーリーグでは首位PAOKに1ポイント差の2位に付けるも、ヨーロッパリーグでは最下位に終わったパナシナイコスでは25日、イバン・ヨバノビッチ監督(61)が退任していた。 テリム氏はこれまでトルコ代表やガラタサライ、ミランなどを指揮。トルコ代表指揮時のユーロ2008では同国をベスト4に導く手腕を発揮していた。 直近では2022年1月までガラタサライの指揮官を務めていた。 2023.12.27 07:00 Wed

バレーボールの試合で警察官が瀕死の重傷…ギリシャ政府がトップリーグのサッカーを2カ月間無観客に

ギリシャ・スーパーリーグの全ての試合が、今後2カ月間無観客で行われることとになった。イギリス『インデペンデント』が伝えた。 事の発端は、バレーボールの試合。オリンピアコスvsパナシナイコスの試合中、激しい暴動が発生。その中で警察官が瀕死の重傷を負うこととなった。 これを重く見たギリシャ政府は、サポーターの暴力行為に対する最新の取り締まりを行うことを決定。サッカーにも関連され、11日に2024年2月12日まで全ての試合を無観客で開催することが決定した。なお、期間は延長される可能性もあるという。 バレーボールの試合での暴力事件を受け、先週末のギリシャ・スーパーリーグの試合は全て中止に。事件に関しては、組織化されたサッカーのファングループが主導していると見られているという。 負傷した警察官は31歳で、発煙等が左足を直撃。大量の出血を伴い、心停止状態となり、昏睡状態が続いているようだ。 政府報道官パブロス・マリナキス氏は、「警察官に対するこの残忍な襲撃は、近年のファンによる極端な暴力事件が初めてではない。スポーツファンを装った犯罪者が重大な犯罪を犯し、人々に重傷を負わせ、殺害している」とメディアに語っている。 また、ギリシャ・スーパーリーグの全14クラブに対し、スタジアム内に監視カメラを設置し、サポーターの入場を許可する際には、身分証明書の提示を要求する個別のチケット発券システムを使用する必要性を求めた。 さらに、スタジアム内の高解像度監視カメラのネットワークを含むセキュリティシステムは、ヨーロッパサッカー連盟(UEFA)が定めた基準に従う必要があるとも指摘している。 ギリシャではサポーター同士のトラブルが相次いでおり、昨年2月には19歳のアルキス・カンパノスさんがテッサロニキを本拠地とするアリスとPAOKの乱闘騒ぎの中で殺害。政府は、暴行罪の懲役を最高6カ月から5年に引き上げることとした。 今年8月にはファン同士の争いによりギリシャ人サポーターが刺殺。AEKアテネvsディナモ・ザグレブのチャンピオンズリーグ(CL)の試合が中止となり、98人が逮捕されていた。 さらに、10月にはオリンピアコスとパナシナイコスのダービーで選手を花火が直撃。試合が中止となっていた。 ギリシャのフーリガニズムは大きな悪影響を与え続けており、政府も本格的に取り締まりに動くことになったようだ。 2023.12.12 16:40 Tue

EL敗退のオリンピアコス、マルティネス監督を解任しカルヴァリャル氏を新監督に招へい

オリンピアコスは5日、ディエゴ・マルティネス監督(42)の解任及び、ポルトガル人指揮官のカルロス・カルヴァリャル氏(58)の新監督招へいを発表した。 2季ぶりの王座奪還を目指すオリンピアコスは今夏、昨季途中までエスパニョールを指揮していたディエゴ・マルティネス監督を招へい。今季リーグは開幕から9戦無敗と好スタートを切ると、ここまで9勝1分け1敗で1試合未消化ながら首位パナシナイコスと3ポイントの4位と上々の序盤戦を過ごしている。 一方で、二足の草鞋となるヨーロッパリーグ(EL)では、第3節のウェストハム戦で初勝利を飾ったが、その後は連敗を喫してグループ突破の可能性が消滅。現在はグループ3位でのヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)決勝トーナメントプレーオフ進出が濃厚となっているが、クラブはマルティネス監督の更迭を決断した。 後任監督に選ばれたカルヴァリャル氏は、これまでブラガやスポルティングCP、ベシクタシュ、スウォンジー・シティなどの指揮官を歴任。直近では2022年11月からセルタで監督を務めると、16位に低迷していたクラブを建て直し、最終的には13位でラ・リーガ残留に導いたが、昨シーズン終了後に契約を解消していた。 2023.12.06 08:00 Wed

9戦15発“ゴールマシーン”ギラシー流出に備え? シュツットガルトがギリシャ代表FWを調査中

シュツットガルトがギニア代表FWセール・ギラシー(27)の流出に備えているようだ。ドイツ『キッカー』が伝えている。 “ゴールマシーン”と化したギラシー。加入1年目の昨季時点で公式戦28試合14ゴールと及第点以上の数字を残していたが、今季はブンデスリーガ9試合で15ゴール…ケガによる欠場2試合がなければ、現時点(第11節)ですでに20ゴールまで到達していたのではないかと思うほど強烈だ。 当然、この大活躍によって来年1月のビッグクラブ移籍が噂される状況に。ギラシー自身も11日、『ESPN』のインタビューで「シュツットガルトでのプレーに集中している。けど1月に何が起こるかなんて誰にもわからないよね」と、人気銘柄がよく発するフレーズを口にした。 シュツットガルトはギラシーとの契約が2026年6月までとなっているなか、どうやら選手側に発動権がある2000万ユーロ(約32億6000万円)弱の契約解除条項が存在。これについて、当初は来夏まで発動されないだろうと踏んでいたというが、今ではギラシーが来年1月のステップアップに向けてボタンを押すかもしれない、という状況だそうだ。 これを受けてか、シュツットガルトはパナシナイコスのギリシャ代表FWフォティス・ヨアニディス(23)を調査中。ヨアニディスは親子2代でギリシャ代表選手というサラブレッドで、今季は公式戦20試合で8ゴール4アシストを記録している。 まだパナシナイコスで絶対的なエースになりきれていないものの、シュツットガルトはA代表デビュー済みの187cmセンターフォワードを「興味深いタレント」として注視し、その位置付けはもちろんギラシーの後釜として。市場価値は推定350万ユーロ(約5億7000万円)となっている。 2023.11.15 22:00 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly