【ELグループステージ展望】三笘や堂安ら日本人6選手が出場…リバプールやローマも参戦

2023.09.21 18:00 Thu
Getty Images
2023-24シーズンのヨーロッパリーグ(EL)・グループステージが21日に開幕する。今大会ではリバプールや昨シーズンの準優勝ローマら強豪クラブに加え、日本人6選手が参戦する。
PR
ここでは、注目クラブや日本人選手の所属するクラブを中心にグループステージを展望していきたい。
◆プレミア勢にセリエA勢は順当首位通過なるか
Getty Images

今シーズンのグループステージでは、優勝候補筆頭のリバプールや昨季準優勝のローマ、ブンデスリーガで首位を走るレバークーゼン、アタランタといった強豪クラブが参戦する。

例年熾烈さを増すプレミアリーグのトップ4争いにおいて昨季は序盤、中盤戦の不振が響いてチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃したリバプール。今季はリーグ戦での巻き返しを最優先事項としつつ、前身UEFAカップ時代の2000-01シーズン以来、4度目のEL制覇を目指す。

グループEではDF町田浩樹を擁するユニオン・サン=ジロワーズ、オーストリアの強豪LASK、フランスのトゥールーズと移動面を含め比較的与しやすい相手との対戦となり、積極的にターンオーバーを行いながらでも十分に首位通過が可能と思われる。基本的にはホームゲームで主力クラスを使いつつ、アウェイゲームでは控え選手や能力が高い若手を抜擢しながらの戦いとなるはずだ。
ただ、多士済々なメンバーが並び選手層も十分な前線に対して、バックラインと中盤はやや選手層に問題を抱えており、負傷者の状況次第では少し難しいやりくりとなりそうだ。ヨーロッパコンペティション初出場となるMF遠藤航に関しては現状ELが主戦場となる可能性が高く、ここでのアピールを通じてリーグ戦でもメインキャストになりたい。

その大本命とは力の差があるものの、カンファレンスリーグ(ECL)初代王者であり、昨季ELファイナリストのローマは今季こそ首位通過を果たしたい。グループGはチェコの強豪スラビア・プラハが対抗となるが、それ以外はシェリフとセルヴェットという格下が相手。昨季はベティスにグループ首位の座を譲ったが、今季はFFPの制限下でチアゴ・ピントGMを中心とするリクルート部門がフリートランスファーやレンタル移籍を軸に効果的な補強を敢行。FWルカク、FWアズムン、MFレナト・サンチェス、MFアワール、MFパレデスと前線と中盤は十分な選手層があり、手薄なディフェンスラインをうまく回せれば、余力を残しての首位通過は十分に可能だ。

昨季は前述のローマに敗れてベスト4敗退となったレバークーゼンだが、シャビ・アロンソ体制2年目の今季はブンデスリーガでバイエルンを抑えて首位に立つなど好調を維持。主力の流出を最小限にとどめた上、MFジャカやMFホフマン、DFグリマルド、FWボニフェイスら実力者を迎え入れることに成功。アゼルバイジャンのカラバフ、モルデとBKヘッケンの北欧勢と移動面や晩秋時期のアウェイゲームという環境面で懸念材料はあるものの、問題なく勝ち抜けるはずだ。

その他では昨季優勝したセビージャ同様に今大会で無類の強さを見せるスペイン勢ではベティスとビジャレアルが参戦。ただ、前者はセンターバックの選手層に問題を抱え、後者は開幕直後にセティエン前監督を解任し、パチェタ新監督を招へいする混乱に見舞われている。

また、数年前はCLの舞台でも躍進を見せていたアタランタやECL2代目王者で今季のプレミアリーグでも好スタートを切ったウェストハムらも突破の本命となりそうだ。

◆三笘らが欧州初参戦
Getty Images

今シーズンのグループステージでは、6人の日本人選手がプレーする。

前述の遠藤、セルヴェットのDF常本佳吾と共にUEFAコンペティション初参戦となるMF三笘薫は、今大会最激戦区となるアヤックス、マルセイユ、AEKアテネと強豪揃いのグループBに入った。

ここまでリーグ戦4勝1敗で上位に付ける好調のシーガルズは、今夏の移籍市場でFWアンス・ファティやMFミルナー、MFダフード、FWジョアン・ペドロらを補強しており、二足の草鞋に耐えうるスカッドを構築。ただ、対戦相手の面々を考えると、中途半端なターンオーバーでは勝ち切ることは難しく、デ・ゼルビ監督のチームマネジメントが試されるところだ。絶対的主力である三笘に関してはリーグ戦優先の起用の可能性が高そうだが、ホームゲームでの先発出場やアウェイゲームでの途中出場を通じて決定的な仕事を期待したい。

なお、対戦相手のアヤックスは今季からの監督交代に加え、MFクラーセン、FWタディッチを始めDFティンバー、MFエドソン・アルバレスら主力の退団が相次ぎ、チーム作りの部分で苦戦。同じくマルセイユはFWオーバメヤンら積極補強を敢行したが、グループステージ開幕直前にマルセリーノ監督が電撃退任。クラブ首脳陣とウルトラスの衝突を含め混乱に見舞われており、ブライトンとしては首位通過も十分に狙えるはずだ。

PSVとフライブルクで今大会の経験値十分のMF堂安律はウェストハム、オリンピアコスとの三つ巴の形となったグループAで首位通過を狙う。今季ここまでのリーグ戦で2勝2敗の10位に位置するチームにおいて今季も右サイドの主力を担うレフティーだが、DFBポカールを含めて目に見える数字を残せておらず、比較的相性が良い今大会できっちり数字を残したい。

スポルティングCPのMF守田英正は昨季に続くEL参戦だが、グループステージからの参戦は今季が初となる。グループDではシュトゥルム・グラーツとチェンストホヴァという曲者2チームも気になるところだが、アタランタとの一騎打ちが予想される。MFウガルテのパリ・サンジェルマン移籍によって、今季は完全に中盤の要を担う守備的MFは開幕からリーグ戦全試合にフル出場し、4勝1分けの好スタートを切ったチームを牽引。高いプレー強度を誇るアタランタとの直接対決ではMFデ・ローンやMFコープマイネルスらオランダ代表勢とのマッチアップに注目が集まる。

昨季のECLに続いて2年連続のヨーロッパ参戦となる町田は、遠藤を擁するリバプールと同組ということもあり、2位通過が現実的な目標となる。今季は開幕から公式戦全試合でスタメン出場し、先日には日本代表デビューも飾るなど充実の26歳DFは世界屈指のアタッカー陣を擁するリバプール相手にどこまで戦えるか。

今夏、鹿島アントラーズからスイスへ旅立った常本はローマやスラビア・プラハと同組に。加入直後に公式戦3試合に出場していたが、以降は負傷によって戦線離脱を余儀なくされていた。それでも、グループステージ開幕直前になって全体練習に復帰しており、今大会での活躍が期待されるところだ。

◆グループA
ウェストハム/イングランド
オリンピアコス/ギリシャ
フライブルク/ドイツ(堂安律)
TSC/セルビア

◆グループB
アヤックス/オランダ
マルセイユ/フランス
ブライトン/イングランド(三笘薫)
AEKアテネ/ギリシャ

◆グループC
レンジャーズ/スコットランド
ベティス/スペイン
スパルタ・プラハ/チェコ
アリス・リマソル/キプロス

◆グループD
アタランタ/イタリア
スポルティングCP/ポルトガル(守田英正)
シュトゥルム・グラーツ/オーストリア
チェンストホヴァ/ポーランド

◆グループE
リバプール/イングランド(遠藤航)
LASK/オーストリア
ユニオン・サン=ジロワーズ/ベルギー(町田浩樹)
トゥールーズ/フランス

◆グループF
ビジャレアル/スペイン
スタッド・レンヌ/フランス
マッカビ・ハイファ/イスラエル
パナシナイコス/ギリシャ

◆グループG
ローマ/イタリア
スラビア・プラハ/チェコ
シェリフ/モルドバ
セルヴェット/スイス(常本佳吾)

◆グループH
レバークーゼン/ドイツ
カラバフ/アゼルバイジャン
モルデ/ノルウェー
BKヘッケン/スウェーデン

PR
関連ニュース

バーミンガム三好康児が巧みな胸トラップからの右足弾! 2戦ぶりとなる今季6ゴール目

バーミンガム・シティMF三好康児がゴールだ。 バーミンガムは2日のチャンピオンシップ(イングランド2部相当)第35節でサウサンプトンと対戦。ホームに4位チームを迎え撃っての一戦で2度のリードもあったが、3-4で競り負けた。 4試合連続で先発の三好は右サイドハーフでプレーし、開始2分に逆サイドからの展開をボックス右に入り込みながら反応。胸トラップでボールをゴール方向に収めて、右足で蹴り込んだ。 26歳MFにとってはチャンピオンシップ2試合ぶりとなる5ゴール目(5アシスト)。シーズンを通じては6ゴール目となった。 そのゴールで幸先よく先制したものの、打ち負けたバーミンガムはこれでチャンピオンシップ2連敗。順位も18位から降格圏に迫る20位に落としている。 <span class="paragraph-title">【動画】バーミンガム三好康児が開始2分弾!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br><a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%B8%89%E5%A5%BD%E5%BA%B7%E5%85%90?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#三好康児</a> が開始2分弾‼<br>\<br><br>三好康児が電光石火の先制弾!<br>巧みな胸トラップから右足一閃<br>今季6ゴール目となる絶妙なコントロールショットを突き刺した<br><br>EFLチャンピオンシップ第35節<br>バーミンガム × サウサンプトン<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> 見逃し配信中 <a href="https://t.co/Bj5n6Ag55C">pic.twitter.com/Bj5n6Ag55C</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1764092061152919814?ref_src=twsrc%5Etfw">March 3, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.03.03 10:20 Sun

橋岡がPLデビューもルートンはエメリ采配的中のビラに惜敗…【プレミアリーグ】

プレミアリーグ第27節のルートン・タウンvsアストン・ビラが2日に行われ、2-3でビラが勝利した。ルートンのDF橋岡大樹は53分からプレーしている。 ミッドウィークに行われたFAカップ5回戦でマンチェスター・シティに惨敗した18位ルートン(勝ち点20)が、4位アストン・ビラ(勝ち点52)をホームに迎えた一戦。ル-トンに今冬加入した橋岡はベンチスタートとなった。 立ち上がりから主導権を握るビラは23分、ベイリーのパスで抜け出したワトキンスがボックス中央右から侵入し決定機を作ったが、シュートはGKカミンスキの好セーブに弾かれた。 決定機を逃したビラだったが24分、直後の右CKからベイリーがクロスを供給すると、ニアサイドのワトキンスがヘディングシュートをゴール右に叩き込んだ。 先制したビラは38分にも、センターサークル内で獲得したFKからドウグラス・ルイスが素早くリスタートすると、相手DFの裏に抜け出したワトキンスがボックス中央左からゴール右隅にシュートを流し込んだ。 迎えた後半、2点を追うルートンは53分にタウンゼントを下げて橋岡を投入。すると66分、ダウティーの右CKがファーサイドで競り合った相手DFのクリアミスを誘うと、ゴール前のバークがプッシュ。これはGKエミリアーノ・マルティネスに弾かれたがこぼれ球をチョンがゴールに押し込んだ。 1点を返して勢いづくルートンは、72分にも敵陣左サイドで獲得したFKからダウティーがクロスを供給すると、ファーサイドに走り込んだモリスが右足ボレーでゴールネットを揺らし、試合を振り出しに戻した。 追いつかれたビラは、79分にベイリーやティーレマンス、A・モレノらを下げてディアビ、ザニオーロ、ザニオーロら4枚替えを敢行。すると89分、右サイドのディアビが供給したピンポイントクロスをファーサイドから走り込んだディーニュがヘディングで流し込み、勝ち越しに成功した。 結局、試合はそのまま2-3でタイムアップ。エメリ采配的中で劇的勝利のビラが4位を死守、橋岡のプレミアデビュー戦はFAカップに続きほろ苦いモノとなった。 2024.03.03 04:35 Sun

ギラシーがドッペルパックで大台の20G、伊藤フル出場のシュツットガルトがヴォルフスブルクに逃げ切り勝利【ブンデスリーガ】

シュツットガルトは2日、ブンデスリーガ第24節でヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨み、3-2で競り勝った。シュツットガルトのDF伊藤洋輝はフル出場、DFチェイス・アンリはベンチ入りも出場せず、MF原口元気はベンチ入りしなかった 前節ケルン戦を引き分けた3位シュツットガルト(勝ち点47)は、伊藤が[3-4-2-1]の左センターバックでスタメンとなった。 13位ヴォルフスブルク(勝ち点25)に対し、ポゼッションする入りとなったシュツットガルトは11分、左クロスに合わせたヴァグノマンのボレーでゴールに迫ると、14分に押し切る。ミッテルシュタットの左クロスをギラシーがヘッドで合わせた。 先制後もボールを持って試合をコントロールするシュツットガルトは37分、ヒューリッヒが中央から際どいミドルシュートを浴びせて牽制。1点のリードで前半を終えた。 迎えた後半、前がかってきたヴォルフスブルクに対し、シュツットガルトは開始5分に追いつかれる。メーレにボックス左への侵入を許し、シュートを決められた。 それでも直後、ミロがドリブル突破を図り、ボックス右へ侵入したところでメーレに倒されPKを獲得。これをギラシーが決めて勝ち越した。 ギラシーの今季20ゴール目が決まったシュツットガルトは56分、ディフェンスライン裏に抜け出したヴァグノマンがネットを揺らすも、VARでオフサイドと判定され3点目を奪うには至らない。 それでもウンダブを投入したシュツットガルトは77分に勝負を決める。ルウェリングのパスをボックス右で受けたヴァグノマンがカットインから左足シュートを蹴り込んだ。 5分後、FKの流れからエンメチャにゴールを許したシュツットガルトだったが、3-2で逃げ切り。勝利を取り戻し3位の座を堅守している。 2024.03.03 04:29 Sun

伊東純也はフル出場で中村敬斗は途中出場…S・ランスは主将痛恨ミスでリールに惜敗【リーグ・アン】

リーグ・アン第24節、スタッド・ランスvsリールが2日にスタッド・オーギュスト・ドローヌで行われ、アウェイのリールが0-1で勝利した。なお、ランスのMF伊東純也はフル出場、FW中村敬斗は72分から途中出場した。 前節、退場者を出しながらもダラミーの2ゴールの活躍によってル・アーヴルを撃破し、劇的な形でリーグ5戦ぶりの白星を手にした8位のランス。連勝を狙う今節は5位のリールをホームで迎え撃った。この試合では伊東が引き続きスタメンも中村はベンチスタートとなった。 共に[4-3-3]の布陣で臨んだ上位対決は、立ち上がりからボールの主導権を争う拮抗した展開となる。 ランスは開始4分にカドラが両チームを通じて最初のシュートを放つが、以降はボール保持率こそ五分五分もリールにペースを握られる。20分にはボックス左に持ち込んだシェグロヴァのシュートのこぼれ球をゴール前に詰めたデイビッドに蹴り込まれるが、ここはGKディアウが見事な連続セーブで阻止した。 攻撃の形を見いだせない状況で右サイドの伊東の打開力に期待が集まるが、この日はなかなか良い形でボールを受けることができず。幾度かのクロスも味方との呼吸が合わない場面が多く、チーム同様にフラストレーションが溜まる形で前半を終えた。 後半も一進一退の攻防が続くなか、ランスに痛恨のミスが出てしまう。56分、最後尾でバックパスを受けたアブデルハミドがGKに戻そうとしたボールが蹴り損ねとなると、これを狙っていたデイビッドがGKのポジションを見極めてミドルシュートを流し込んだ。 キャプテンの信じがたいミスでリードを奪われたランスはここからリスクを冒して前に出る。60分過ぎに両サイドバックを入れ替えると、72分にはカドラとテウマを下げて中村とディアキテとアタッカーをピッチに送り込む。その中村は投入から数分後にエリア外から足を振るなど、積極的なプレーで攻撃の活性化を図る。 後半終盤にかけては守備的な交代策で逃げ切りを図るリールに対して、ランスが押し込む展開に。前半は沈黙した伊東もこの時間帯に入ってようやく前向きな状態での仕掛けやクロス、ラストパスで存在感を示し始める。 その後、7分が加えられた後半アディショナルタイムには中村に見せ場が訪れる。94分、ボックス左で複数のDFに囲まれながらもカットインから右足を振り抜く。だが、完璧なミートには至らなかったグラウンダーシュートはGKシュヴァリエのセーブに阻まれた。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、リールに競り負けたランスは重要な上位対決を落として連勝を逃した。 2024.03.03 03:18 Sun

ヌニェスの後半ラストプレー弾で劇的勝利リバプールが首位で次節シティとの大一番へ! 遠藤航は途中出場で復帰【プレミアリーグ】

プレミアリーグ第27節、ノッティンガム・フォレストvsリバプールが2日にシティ・グラウンド・スタジアムで行われ、アウェイのリバプールが0-1で勝利した。なお、リバプールのMF遠藤航は60分から途中出場した。 次節にマンチェスター・シティとのビッグマッチを控える首位のリバプールは、17位のフォレストとのアウェイゲームでリーグ4連勝を狙った。前節、ルートン・タウンを4-1で一蹴したクロップのチームは、先週末のEFLカップ決勝でチェルシーを撃破し、今季初タイトルを獲得。さらに、過密日程が続くなかで直近のFAカップではクーマス、ダンズの18歳FWの初ゴールによってチャンピオンシップ(2部)で上位に位置するサウサンプトンに3-0の完勝。多くの離脱者をものともしない総合力を示し、好調を継続している。 週明けにヨーロッパリーグ(EL)のスパルタ・プラハ戦を控えるなか、この一戦ではセインツ戦から先発4人を変更。ツィミカスとクアンサー、マコーネル、クーマスに代えてコナテ、ロバートソン、マク・アリスター、ルイス・ディアスの主力が復帰。また、遠藤、ソボスライ、ヌニェスの3人がベンチに戻ってきた。 エランガを最前線に配し、後ろ重心で自陣に堅固なブロックを構えるフォレストに対して、マク・アリスターを起点にボールを動かしながらサイドを起点にチャンスを窺うリバプール。 序盤から睨み合いの展開が続くなか、15分には古巣対戦のオリジが挨拶代わりの強烈なミドルシュートを放つと、23分にはエランガのスピードを活かしたカウンターでGKとの一対一を作るが、ここはケレハーの好守に阻まれる。 一方、ボールは握っているものの、相手を崩し切れないリバプールは、ディアスとマク・アリスターの即興的なコンビプレー、ミドルレンジからのシュートでチャンスを窺う。27分にはクラークのミドルシュートのこぼれにゴール前で反応したディアスに決定機も、ここは相手DFとGKの決死の寄せに阻まれる。 以降はピンチこそなかったものの、枠内シュート0本という攻撃の停滞を払拭できず。フラストレーションを溜める形で前半45分を終えた。 後半も同じメンバーで臨んだリバプールだったが、立ち上がりに続けて決定機を創出。まずは49分、ボックス右に抜け出したブラッドリーのマイナスの折り返しがDFに当たってファーでフリーのロバートソンの足元に流れるが、左足のダイレクトシュートは枠の右に外れる。さらに、直後の51分にはボックス右のマク・アリスターが強烈な右足のシュートを枠に飛ばすが、これは相手DFのブロックに阻まれた。 後半は良いリズムでの攻撃が続くなか、60分にはロバートソンとクラークを下げて遠藤とヌニェスを同時投入。これでアンカーに入っていたジョー・ゴメスと前線に入っていたエリオットがポジションを一列下げた。 ヌニェスの推進力という新たなオプションを手にしたリバプールは、より攻撃に迫力が出てきた一方、リスクを冒して前に出ることでエランガ、途中投入のアウォニイに際どいシーンを作られる。 ゴールレスの状況のまま後半も半ばを過ぎると、クロップ監督は76分にエリオットを下げてソボスライを投入。だが、粘るフォレストの守備を前に最後のところでうまくいかない。さらに、試合終盤にはガクポ、ブラッドリーを下げてダンズ、ツィミカスの投入で攻撃に変化を加える。 8分が加えられた後半アディショナルタイムには互いに勝ち点3を奪うチャンスが訪れたものの、集中した相手の守備を崩し切れず。そして、このままゴールレスで試合終了かに思われたが、首位チームが土壇場で底力を発揮する。 後半ラストプレーとなった99分、右CKの二次攻撃から遠藤が身体を張って相手のクリアを阻むと、ボックス手前右でこぼれを回収したマク・アリスターが浮き球でゴール前に入れたボールをヌニェスが頭で左隅へ流し込んだ。 そして、試合はこの直後にタイムアップを迎え、復帰のヌニェスによる値千金のラストプレー弾で競り勝ったリバプールがリーグ4連勝で首位をキープし、次節マンチェスター・シティとの大一番に臨むことになった。 2024.03.03 02:12 Sun
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly