規約違反でMLSが選手の契約を解除、理由はまさかの“偽名”でアマチュアリーグに出場

2023.09.19 10:15 Tue
Getty Images
なんともお粗末な理由でクビになった選手がいた。

メジャーリーグ・サッカー(MLS)は18日、CFモントリオールの元U-20アメリカ代表MFマトコ・ミリェビッチ(22)との契約解除を発表した。
MLSによれば「リーグに有害な行為を働いた」としている。

カナダ『Montreal Gazette』によると、ミリェビッチはアマチュアのリーグに偽名を使って出場していたとのこと。これはMLSの規約違反となるとのことだ。

ミリェビッチはチームでの出場機会の少なさに不満があり、この行為に及んだという。ただ、その中で相手選手との争いの中で顔面を殴ったとのこと。これにより、MLSが調査を行っているとされていた。
ミリェビッチは、アルゼンチンにルーツがあり、アルヘンティノス・ジュニアーズから2021年8月にCFモントリオールへと完全移籍。攻撃的な中盤のポジションで公式戦45試合に出場し3ゴールを記録していた。

メジャーリーグ・サッカー(MLS)の関連記事

2024年7月11日、ウルグアイ代表FWルイス・スアレス(現インテル・マイアミ)がバルセロナに移籍した日から「10年」となった。スペイン『Relevo』が名手の功績を振り返る。 今なお現役バリバリの37歳、スアレス。 MLSインテル・マイアミで唯一無二の親友、リオネル・メッシとコンビを組み、米国上陸後の公式戦20試合で14得点7アシストを記録する。 メッシとの関係性が始まったのはバルセロナ時代。2013-14シーズンのリバプールでプレミアリーグ31得点を叩き出したスアレスは、かの有名な「噛みつき事件」を挟んでバルセロナへ。移籍の成立は2014年7月11日だ。 「噛みつき事件」の処分により、14-15シーズン開幕当初は出場できず、デビュー後もしばらくはあまりネットを揺らせず。それでも徐々に周囲と“噛み合い”、終わってみれば公式戦45試合で25得点23アシストという、とてつもない数字を叩き出している。 詰まるところ、バルセロナはこのシーズンが現在までに最後のチャンピオンズリーグ(CL)優勝。決勝のユベントス戦では、スアレス自ら決勝点をマークしている。 スアレスは19-20シーズンまでバルセロナに所属し、公式戦通算283試合195得点113アシスト。メッシと阿吽の呼吸でゴールを奪い、メッシへのアシストも数え切れず。6年間で「13」ものトロフィーを天に掲げ、個人レベルでは15-16シーズンにヨーロッパ・ゴールデンシュー(欧州得点王)も受賞した。 早いもので、そんなスアレスがバルセロナを去ってからも今月で4年が経過。一時はケガで引退も囁かれたが、今なおメッシと共にゴールを量産する姿がある。 2024.07.11 21:50 Thu
元スペイン代表DFセルヒオ・ラモス(38)が将来を熟考中だ。 スペインが誇る説明不要のタイトルホルダー、セルヒオ・ラモス38歳。 昨年9月に古巣セビージャと1年契約を結び、23-24シーズンは公式戦37試合7得点と、センターフォワード顔負けの決定力を誇示。また、警告も「10枚」と相変わらずファイターだ。 先月で契約が切れ、現在フリーエージェント。 スペイン『Relevo』によると、MLSに新規参入するサンディエゴFCからオファーが。実兄で代理人のレネ・ラモスが現在アメリカに長期滞在し、サンディエゴFCを含めた複数のMLSクラブと面会。ただし、弟の希望に見合うクラブは今のところないそうだ。 S・ラモス本人はサウジアラビアに興味。 「サウジに興味」というのは、スポーツ面と条件面のバランスが取れたオファーを望んでいるようで、ただ単に破格の年俸を提示してもS・ラモスは首を縦には振らないという。 一方で、現役引退は頭の片隅にもなく、このオフを家族と過ごす傍ら、1日たりともトレーニングを欠かしていないとのこと。新天地はまだまだ決まらない見通しだが、後世まで名を残す偉大なフットボーラーの選択やいかに。 2024.07.11 19:45 Thu
アメリカで日本代表としてプレーしてきた3人が再開した。 メジャーリーグ・サッカー(MLS)では現在日本人選手が複数プレー。ロサンゼルス・ギャラクシー(LAギャラクシー)では、カタール・ワールドカップ(W杯)を戦ったDF吉田麻也、DF山根視来がプレーしている。 そのほかにも、FCシンシナティにFW久保裕也、バンクーバー・ホワイトキャップスにGK高丘陽平がいる中、ロサンゼルスを意外な人物が訪れていた。 LAギャラクシーは7日に公式X(旧ツイッター/@LAGalaxy)を更新。1枚の写真が話題になっている。 その写真には吉田、山根が写っている中、中央にもう1人日本人が。それは元日本代表DF内田篤人氏だった。 現役時代から仲の良かった吉田と内田、そして同じ右サイドバックでプレーする山根と日本人3人が笑顔で3ショット。内田氏は、日本サッカー協会(JFA)のシャツを着ており、S級ライセンス取得のための海外研修中と見られる。 笑顔の3ショットにファンは「久々のまやあつ」、「うっちーだ」、「だれかと思ったら山根だ!」、「マヤさんめっちゃ笑顔」、「うっちー無精髭が」、「うっちーの髭珍しい」とコメントが寄せられている。 <span class="paragraph-title">【写真】ロサンゼルスで吉田麻也、内田篤人、山根視来のレア3ショット!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> <a href="https://t.co/YKmzT0Kcap">pic.twitter.com/YKmzT0Kcap</a></p>&mdash; LA Galaxy (@LAGalaxy) <a href="https://twitter.com/LAGalaxy/status/1809692339755184326?ref_src=twsrc%5Etfw">July 6, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.07.08 12:55 Mon
バイエルンのドイツ代表GKマヌエル・ノイアー(38)がキャリアの引き際について語った。ドイツ『Sport1』が伝えた。 バイエルンとの契約は2025年6月までと、満了まで残り1年を切ったノイアー。現在はユーロ2024に参戦中で、5日にはスペイン代表との準々決勝が控える。 スペイン戦を前にドイツ『Die Welt』のインタビューに応じた守護神は、代表やクラブのユニフォームを脱ぐことを考えているかという問いに回答。「少なくとも今ではない」と述べ、目の前の決戦に集中していると主張した。 「正直なところ、辞めることは考えていない。『これが最後の大会になるかもしれない』と常に自分に言い聞かせていたら、自分を抑制しプレッシャーをかけることになると思う」 「精神的に全く良くない。だからこそ、今回のスペイン戦のような大一番を毎回楽しみにしている」 また、これまでシャルケやバイエルンとドイツ国内のみでプレーしてきたノイアーだが、いずれの海外移籍を示唆。アメリカのMLS(メジャーリーグ・サッカー)について、かつてのチームメイトに尋ねたこともあったようだ。 「絶対にとは言えないけど、サウジアラビアやカタールには移籍しないだろう。どちらかと言えば、MLSが選択肢の1つだ。そこでプレーしていたバスティアン・シュバインシュタイガーとそのことについて話したことがある」 「慎重に検討する必要はある。人工芝でプレーすることが多くなるし、ゴールキーパーにとって理想的ではないからね」 一方、これまでのキャリアのなかでも「問い合わせやオファーは常にあった」とのこと。それでもバイエルンにとどまり続けている理由も語っている。 「FCバイエルンという環境とチームのおかげで、自分が最高の場所にいるとわかっていた。僕の意見としては、これほど楽しいクラブは他になかった」 38歳となった今もなお第一線で活躍するノイアーだが、キャリア終盤はどこでプレーすることになるのだろうか。 2024.07.05 13:09 Fri
インテル・マイアミが暫定首位をキープするリーグ戦4連勝だ。 インテル・マイアミは3日、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のイースタン・カンファレンス(東地区)第23節でシャーロットFCと対戦。 1-1で迎えた86分、地元マイアミ出身のアルゼンチン系アメリカ人、19歳ベンジャミン・クレマスキが決勝点を決め、2-1で競り勝った。 インテル・マイアミはこれでリーグ戦4連勝。 コパ・アメリカ2024開催中もMLSが続いているため、アルゼンチン代表のリオネル・メッシ、ウルグアイ代表のルイス・スアレスを欠くが、「2枚看板が不在下での4連勝」であり、東地区の暫定首位キープだ。 ヘラルド・マルティーノ監督は前節終了後、「メッシとスアレスが不在で厳しい。影響は間違いなくある」と語っていたが、少年時代からメッシに憧れを抱くクレマスキら若手が奮闘し、ここ最近センターバックを担うセルヒオ・ブスケッツ、またジョルディ・アルバが今なお精力的に頑張るインテル・マイアミだ。 ◆MLS東地区上位陣 1位 インテル・マイアミ | 勝ち点47 2位 FCシンシナティ(久保裕也) | 勝ち点45 3位 コロンバス・クルー | 勝ち点36 4位 ニューヨーク・レッドブルズ | 勝ち点35 5位 ニューヨーク・シティFC | 勝ち点35 2024.07.04 17:25 Thu

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly