ドクの移籍後初弾など後半に3ゴールを挙げたシティが逆転勝利!開幕5連勝でCL初戦に弾み【プレミアリーグ】

2023.09.17 01:08 Sun
Getty Images
マンチェスター・シティは16日、プレミアリーグ第5節でウェストハムと対戦し3-1で勝利した。
PR
リーグ唯一の開幕4連勝と王者の風格を見せつけるシティは、大勝した前節のフルアム戦から先発を2人変更。コバチッチとアケに代えてベルナルド・シウバとグヴァルディオルを先発で起用した。
一方、3連勝と好調のウェストハムは、アントニオやボーウェン、パケタ、ウォード=プラウズら主力を順当に先発で起用した。

ミッドウィークに欧州カップ戦を控える両者の一戦は、シティが7分に決定機。フォーデンの左CKからロドリがドンピシャのヘディングシュートで合わせたが、これは相手GKがブロック。さらにこぼれ球から生まれたゴール前の混戦から最後はルベン・ディアスがヘディングシュートでゴールに迫ったが、これもGKアレオラの好セーブに防がれた。

シティは15分にも、ドクのパスをボックス左で受けたグヴァルディオルのクロスからハーランドに決定機が訪れたが、ダイレクトシュートはゴール右に外れた。
その後も攻勢を続けたシティだったが、36分にカウンターから先制を許す。中盤でボールを奪ったツォウファルがボーウェンとのパス交換で右サイドを突破すると、ボックス右手前から絶妙なクロスを供給。これをファーサイドに走り込んだウォード=プラウズがダイビングヘッドで合わせ、ゴールネットを揺らした。

先制を許したシティは42分、ボックス左から侵入したドクが縦への仕掛けから折り返しを供給すると、これをハーランドが右足で合わせたが、ボールはアゲルドがゴールライン手前でカットされた。

迎えた後半、1点を追うシティだったが後半開始早々に追いつく。46分、アルバレスのパスを左サイドで受けたドクがボックス左から侵入すると、カットインから狙いすましたシュートをゴール右隅に流し込んだ。

ドクの移籍後初ゴールで同点としたシティは、52分にもバイタルエリア中央で獲得したFKからアルバレスが直接ゴールを脅かすが、このシュートはは右ポスト直撃した。

逆転を目指すシティだが、61分にセットプレーからピンチ。ウォード=プラウズの右CKをズマがドンピシャのヘディングで合わせると、これがゴール左隅を捉えたが、GKエデルソンが横っ飛びでファインセーブ。

その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、拮抗した展開が続く。それでもシティは76分、右クロスのこぼれ球から二次攻撃を仕掛けると、ボックス手前のアルバレスが供給したループパスからゴール前に抜け出したベルナルド・シウバが左足でゴールネットを揺らした。

さらにシティは86分にも、右サイドから斜めのドリブルでバイタルエリアまで持ち上がったベルナルド・シウバのラストパスをボックス内で受けたハーランドが冷静にシュートを流し込み、試合を決定づける3点目を奪取。

結局、試合はそのまま3-1でシティが逆転勝利。開幕5連勝を飾ったシティが、チャンピオンズリーグ初戦のツルヴェナ・ズヴェズダ戦に向けて最高の流れをキープしている。

PR
関連ニュース

ムシアラがバイエルンとの新契約を拒否? プレミアからの関心を受け退団希望か

バイエルンのイングランド代表MFジャマル・ムシアラ(21)だが、バイエルンとの新契約は結ばないつもりのようだ。イギリス『デイリー・スター』が伝えた。 サウサンプトンやチェルシーの下部組織で育ったムシアラは、2019年7月にバイエルンの下部組織に加入。2020年7月にファーストチームに昇格した。 これまでファーストチームで公式戦153試合に出場し40ゴール27アシストを記録。ドイツ代表としても25試合2ゴールの活躍を見せている。 バイエルンとの契約は2026年6月までとなっている中で、マンチェスター・シティ、リバプールが獲得に関心を寄せているとされている。 ムシアラに対しては、バイエルンが週給15万ポンド(約2850万円)の新契約のオファーを出す可能性があったが、プレミアリーグクラブからの関心を受け、バイエルンとの契約を結ばない可能性があるようだ。 その他にも、ユース時代を過ごしたチェルシーも関心を持っているとのこと。プレミアリーグからの関心は続くとみられ、早ければ今夏にも移籍する可能性が。果たしてどのような決断を下すのか注目が集まる。 2024.03.03 16:20 Sun

本拠地に迎えるユナイテッドをグアルディオラ監督警戒 「リバプールは今季も簡単に勝てるだろうと誰もが言った」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督がマンチェスター・ダービーに気を引き締めている。クラブ公式サイトが伝えた。 プレミアリーグ直近のボーンマス戦で勝利し、その後のFAカップ5回戦も大勝のシティ。公式戦3連勝の18試合負けなしという状況の中、3日のプレミアリーグ第27節では宿敵マンチェスター・ユナイテッドをエティハド・スタジアムに迎える。 オールド・トラッフォードで戦った第10節では3-0の完勝を収めていたシティだが、グアルディオラ監督は用心。リバプールが今シーズン、ゴールレスドローで終えたことを引き合いに出し、過去の成績は関係ないと述べている。 「ユナイテッドは昨シーズン、アンフィールドで0-7で負けた。リバプールは今シーズンも簡単に勝てるだろうと誰もが言った。結果はどうだ? 彼らは勝てなかった」 「過去は過去だ。彼(エリク・テン・ハグ監督)が過去にアムステルダム(アヤックス)で素晴らしい結果を残したことは否定できない。さまざまな状況があるが、私の選手たちはオールド・トラッフォードでも適切な姿勢で振る舞い、ベストを尽くすと私は知っている」 また、リバプールが首位、シティが2位、その下にアーセナルやアストン・ビラ、トッテナム、ユナイテッドがつけている上位争いにも言及。タイトル獲得に向け、毎週の試合が重要とした上で、ユナイテッドとのホームゲームは特に難しいものになると改めて主張した。 「試合は日曜日に行われるが、本当に厳しい戦いになるだろう。我々は相手を尊重する謙虚さを持たなければならない」 「ユナイテッド、リバプール、アーセナル、アストン・ビラがそこにいるという事実だけではない。タイトルを獲得するには毎週毎週戦わなければならない」 「これは我々にとってまた別の決勝戦だ。オールド・トラッフォードよりも難しい。ここ(エティハド)ではより多くの敗戦を喫しているからだ。本当に良いパフォーマンスをしなければならない」 2024.03.03 14:09 Sun

【プレミア注目プレビュー】今季2度目のマンチェスターダービー! 次節大一番控えるシティが2季ぶりダブル狙う

プレミアリーグ第27節、マンチェスター・シティvsマンチェスター・ユナイテッドが、日本時間3日24:30にエティハド・スタジアムでキックオフされる。次節に大一番控えるシティズンズと、逆転でのトップ4フィニッシュへ取りこぼし許されないユナイテッドによる今シーズン2度目のダービーマッチだ。 2位のシティ(勝ち点59)は前節、ボーンマス相手に“チェリーズキラー”として知られるフォーデンのゴールで1-0の勝利。追加点を奪えずに苦戦を強いられたが、きっちり逃げ切りに成功。リーグ2戦ぶりの白星を挙げた。さらに、直近のFAカップではルートン・タウン相手にデ・ブライネの4アシスト、ハーランドの5ゴールと圧倒的な個の力を活かして6-2の快勝。久々に大量ゴールを挙げての勝利で、ホーム開催のダービーに大きな弾みを付けた。 週明けのチャンピオンズリーグ(CL)ではコペンハーゲンとの2ndレグを控えているが、敵地での1stレグを3-1で先勝しており、この一戦に全力を注げる。ダービー前日にノッティンガム・フォレスト戦を戦った首位のリバプールは後半ラストプレー弾で劇的勝利を収めており、首位浮上での大一番とはならなかったが、きっちりこの試合に勝って1ポイント差でアンフィールドに乗り込みたい。 対する6位のユナイテッド(勝ち点44)は前節、フルアム相手に1-2で敗戦。守護神オナナの孤軍奮闘の活躍や相手の決定力不足に助けられ、後半アディショナルタイムにマグワイアの今季リーグ初ゴールで同点に追いつく。だが、逆転を目指して前がかったところを引っくり返され、最終的にホームで厳しい黒星を喫した。 これでリーグ連勝が「4」でストップした赤い悪魔だが、FAカップではノッティンガム・フォレストとの接戦を後半終了間際にカゼミロが決めた土壇場のゴールによって1-0の勝利。延長戦突入を回避すると共に、リーグ戦の黒星を払拭して難所エティハド・スタジアムに乗り込む形となった。ダービー前日には4位のアストン・ビラ(勝ち点55)、5位のトッテナム(勝ち点50)がいずれも勝利を収めており、逆転でのトップ4フィニッシュに向けて勝ち点3しか許されない。 なお、昨年10月末にオールド・トラッフォードで行われた前回対戦はアウェイのシティがハーランドの2ゴール、フォーデンのゴールによって3-0の完勝を収めている。今回の対戦では直近のエティハドで6-3、4-1の圧勝を収めているシティズンズが2シーズンぶりのシーズンダブルを狙う中、ユナイテッドの意地にも期待したい。 ◆マンチェスター・シティ◆ 【4-1-4-1】 ▽予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20240302_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:エデルソン DF:ウォーカー、ストーンズ、ルベン・ディアス、アケ MF:ロドリ MF:フォーデン、デ・ブライネ、ベルナルド・シウバ、ドク FW:ハーランド 負傷者:DFグヴァルディオル、MFグリーリッシュ 出場停止者:なし 出場停止者はいない。負傷者はグリーリッシュに加え、トレーニングには復帰したもののコンディションに不安を抱えるグヴァルディオルが引き続き不在となる。 ◆マンチェスター・ユナイテッド◆ 【4-2-3-1】 ▽予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20240302_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:オナナ DF:ダロト、エバンス、ヴァラン、リンデロフ MF:カゼミロ、メイヌー MF:アントニー、ブルーノ・フェルナンデス、ガルナチョ FW:ラッシュフォード 負傷者:DFマルティネス、マグワイア、ショー、ワン=ビサカ、マラシア、MFマウント、FWホイルンド、マルシャル 出場停止者:なし 出場停止者はいない。負傷者に関しては軽傷のマグワイア、ホイルンドの2人も間に合わず、8選手不在での厳しい戦いとなる。 スタメンに関しては直近のフォレスト戦から2選手の変更を予想。アムラバトとマクトミネイに代わってエバンスとメイヌーの起用が濃厚だ。ただ、トップ下にマクトミネイを配し、右にアントニーではなくブルーノ・フェルナンデスを置く形も考えられる。 ★注目選手 ◆マンチェスター・シティ:FWアーリング・ハーランド <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20240302_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 前回対戦に続く輝きを。ダービーでの勝負強さ光るベルナルド・シウバ、今季ダービー初出場のデ・ブライネのパフォーマンスにも注目が集まるが、前回対戦で2ゴール1アシストとエースストライカーの役割を完璧にこなした怪物FWを注目選手とする。 今季は負傷離脱や一部試合での低調なパフォーマンスなど“人間らしさ”を垣間見せているが、直近のルートン戦では圧巻の5ゴールと“怪物らしさ”も取り戻しつつあるノルウェー代表FW。デ・ブライネの復帰に伴い、ここ数試合ではその司令塔とフォーデンの好連携に注目が集まっていたが、ルートン戦ではそのデ・ブライネと4度のホットライン開通をみせ、ダービーへ個人・チームの双方で最高の仕上がりだ。 エティハドでの昨季ダービーでは3ゴール2アシストの衝撃の活躍を披露しており、多くの主力を欠く相手の急造ディフェンスラインを相手にその再現を狙いたい。 ◆マンチェスター・ユナイテッド:MFコビー・メイヌー <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20240302_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 鮮烈なダービーデビュー期待。赤い悪魔の注目選手はダービーデビューで重責を担う18歳MFだ。マンチェスター中心からほど近いストックポート生まれで、フォーデンとは異なりユナイテッドのアカデミーでのプレーを選択した万能型MFは10代前半から“NEXTポグバ”として将来を嘱望される逸材だった。 そして、印象的なプレシーズン、その後の負傷離脱を経て昨年11月のエバートン戦でファーストチームデビューを果たすと、以降はテン・ハグ監督による慎重な起用を経て、現在はエリクセンやマクトミネイ、アムラバトらを抑えて中盤の主力に定着。ポグバを彷彿とさせるダイナミズム、攻撃センスに加え、その先達に欠ける献身性や落ち着きも持ち合わせており、早くもワールドクラスの雰囲気を漂わせる。 すでにサー・ジム・ラトクリフの覚えめでたく、口うるさいOBのギャリー・ネビルに「マンチェスター・シティのプレーヤーに見える」との賛辞を浴びた逸材は、そのシティとの初対戦でどんなパフォーマンスを見せるか非常に興味深いところだ。 2024.03.03 12:00 Sun

【プレミアリーグ第27節プレビュー】今季2度目のマンチェスターダービー! 休養十分スパーズは新生パレスと対峙

先週末に行われた第26節はリバプール、マンチェスター・シティ、アーセナル、アストン・ビラとトップ4が揃って勝利。好調マンチェスター・ユナイテッドがフルアムに敗れたものの、波乱の少ない一節となった。 3月最初に開催される今節は2位のマンチェスター・シティと、6位のマンチェスター・ユナイテッドが対峙する今シーズン2度目のマンチェスター・ダービーが最注目カードだ。 シティは前節、ボーンマス相手に“チェリーズキラー”として知られるMFフォーデンのゴールで1-0の勝利。なかなか追加点を奪えずに苦戦を強いられたが、きっちり逃げ切りに成功。リーグ2戦ぶりの白星を挙げた。さらに、直近のFAカップではルートン・タウン相手にMFデ・ブライネの4アシスト、FWハーランドの5ゴールと圧倒的な個の力を活かして6-2の快勝。久々の大量ゴールを挙げての勝利で、ホーム開催のダービーに大きな弾みを付けた。 対するユナイテッドは前節、フルアム相手に1-2で敗戦。守護神オナナの孤軍奮闘の活躍や相手の決定力不足に助けられ、後半アディショナルタイムにDFマグワイアの今季リーグ初ゴールで同点に追いつく。さらに、攻勢を仕掛けて逆転を狙ったが、逆に相手のカウンターに屈してホームで厳しい敗戦。これでリーグ連勝が「4」でストップした。それでも、FAカップではノッティンガム・フォレストとの接戦を後半終了間際にMFカゼミロが決めた土壇場のゴールによって1-0の勝利。延長戦突入を回避すると共に、フルアム戦の黒星を払拭して難所エティハド・スタジアムに乗り込む形となった。 次節にそのシティとの直接対決を控える首位のリバプールは、17位のノッティンガム・フォレストを相手にリーグ4連勝を狙う。前節、ルートンに4-1の快勝を収めたクロップのチームは、先週末に行われたEFLカップ(カラバオカップ)決勝でチェルシーとの120分の激闘を主将DFファン・ダイクのゴールによって1-0の勝利。今季4冠を目指す中で最初のタイトル獲得に成功した。 さらに、FAカップでは多くの離脱者、主力のコンディションを鑑みて控えや若手中心のスカッドで臨んだが、チャンピオンシップ(2部)で上位に位置するサウサンプトンに3-0の快勝。クーマスとダンズの18歳FWコンビが指揮官の期待に応える初ゴールを挙げ、改めてチームとしての総合力を証明した。ミッドウィークのヨーロッパリーグ(EL)や次節シティ戦に向けて引き続きターンオーバーが求められるなか、MF遠藤航や前線の主力の復帰を期待しつつ、引き続き頼もしいアカデミーの逸材たちの躍動を期待したい。 リーグ6連勝で2強の背中にぴったりと付く3位のアーセナルは、最下位のシェフィールド・ユナイテッドとのマンデーナイト開催のアウェイゲームでさらなる連勝を狙う。チャンピオンズリーグ(CL)のポルト戦の敗戦後に戦った前節のニューカッスル戦では心身ともに疲労を抱えるなかでの一戦ということもあり苦戦が見込まれたが、蓋を開けてみれば4-1のスコア以上の内容で完勝。 とりわけ前半は相手を自陣に押し込み続けて、セットプレーと鮮やかな連携で2ゴールを奪取。後半もFWサカのリーグ5試合連続ゴールなどでゴールを重ね、一瞬の隙から3試合連続クリーンシートこそ逃したが、素晴らしいパフォーマンスを披露した。アウェイゲームとはいえ、休養十分で臨む最下位相手のアウェイゲームで連勝を伸ばす可能性は高そうだ。なお、アジアカップから復帰して以降、欠場が続くDF冨安健洋はMFトーマスらと共にこの試合での戦列復帰が期待されている。 優勝を争う3強を除く試合では5位のトッテナムと13位のクリスタル・パレスとのロンドン・ダービーに注目が集まる。 トッテナムは前節、今季上位相手に強さを見せるウォルバーハンプトン相手にホームで1-2の逆転負け。格下相手にシーズンダブルを許し、トップ4陥落となった。ただ、先週末のリーグ戦はチェルシーのEFLカップ決勝進出に伴い延期となり、FAカップ敗退によってミッドウィークも試合がなく休養十分でバウンスバックを図る今回の一戦に臨める。DFペドロ・ポロに加えてヒザを痛めたFWリシャルリソンが不在となるが、DFウドジェの復帰や代表戦からリフレッシュしたFWソン・フンミン、MFビスマらの状態は上がっているはずだ。さらに、FWヴェルナーら新加入組の戦術浸透によってスケールアップした戦いが期待される。 対するパレスは成績不振と体調悪化によってホジソン前監督が退任したなか、グラスナー新監督を招へい。その新指揮官の初陣となったバーンリー戦では前半の相手の退場に救われた部分はあるが、フランクフルト時代からの代名詞である[3-4-2-1]の布陣で躍動感をみせ、3-0の快勝。途中投入のMFマテウス・フランサが違いを生むなどポジティブな変化も確認された。DFグエイを引き続き欠く守備面は懸念材料も、MFエゼの復帰が見込まれる攻撃はスパーズ相手にも十分に通用するはずだ。 直近2連勝で復調気配漂う4位のアストン・ビラは、DF橋岡大樹を擁する18位のルートン相手に3連勝を目指す。前節のフォレスト戦ではMFドウグラス・ルイスの2ゴールなどで大量4ゴールを挙げて公式戦3連敗中だったビラ・パークで久々の勝利を収めた。FWワトキンスが2戦連発と状態を上げてきており、今回のアウェイゲームでも自慢の攻撃で押し切る構えだ。唯一の懸念材料は週明けにカンファレンスリーグ(ECL)のアヤックス戦を控える日程面だが、エメリ監督は前線を中心に多士済々な面々を効果的に活かすはずだ。 対するルートンは直近リーグ3連敗と調子が下降気味。引き続き攻撃は好調を継続しているものの、ビルドアップやセットプレーの緩み、自陣でのイージーミスによって失点が増えている。とりわけ、直近のFAカップではデ・ブライネ、ハーランドのコンビに蹂躙されて6失点を喫しており、守備面の改善は急務だ。そのなかでシティ戦で新天地デビューを飾って今節でのプレミアデビューも期待される橋岡には守備を締める仕事を期待したい。 11位のチェルシーは16位のブレントフォード相手に2試合ぶりの白星を狙う。前々節のシティ戦のドロー、EFLカップ決勝の敗戦で2試合未勝利のブルーズだったが、直近のFAカップではチャンピオンシップのリーズとのシーソーゲームに3-2で勝利。ミスや集中力の欠如による2失点は頂けないが、好調を維持するMFエンソ・フェルナンデス、MFギャラガーのコンビで土壇場の勝ち越しゴールを挙げて3試合ぶりの白星を挙げた。ブレントフォード戦では守備面でルーズな相手に対して、攻撃陣がきっちりチャンスで仕留め切れるかが勝敗のカギとなる。 その他ではMF三笘薫の今季絶望という辛い報せが届いた7位のブライトンと12位のフルアムが対峙する一戦、勝ち点剥奪処分が「10」から「6」に軽減されて15位に浮上したエバートンと8位のウェストハムの名門対決も要注目だ。 ◆プレミアリーグ第27節 ▽3/2(土) 《24:00》 ブレントフォード vs チェルシー エバートン vs ウェストハム フルアム vs ブライトン ニューカッスル vs ウォルバーハンプトン ノッティンガム・フォレスト vs リバプール トッテナム vs クリスタル・パレス 《26:30》 ルートン・タウン vs アストン・ビラ ▽3/3(日) 《22:00》 バーンリー vs ボーンマス 《24:30》 マンチェスター・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド ▽3/4(月) 《29:00》 シェフィールド・ユナイテッド vs アーセナル 2024.03.02 12:00 Sat

3バック採用が好循環生む、中盤支えた長谷川唯も確かな感触「すごくいいフィーリング」

なでしこジャパンの中盤を支えたMF長谷川唯(マンチェスター・シティ)が、試合の手ごたえを口にした。 なでしこジャパン(サッカー日本女子代表)は28日、パリ・オリンピックアジア最終予選第2戦となる北朝鮮女子代表戦を国立競技場で行い、2-1で勝利。2戦合計スコアを2-1とし、2大会連続6度目のオリンピック出場権を獲得した。 試合後のフラッシュインタビューに応じた長谷川は、「本当に嬉しいですし、今日は気持ちも日本らしいサッカーも見せられたと思います」と胸を張り、緊張感漂う一戦へ向けてもチーム全体が楽しむ気持ちを持って臨んだことが結果に繋がったと述べた。 「プレッシャーはもちろんありましたけど、みんなで楽しんでやろうと話していました。もちろん、日本の女子サッカーのためにという想いもありますけど、まずは自分たちのために楽しんでプレーしたことがチームの結果につながって、それが日本の女子サッカーの未来に繋がればいいなと話していたので、それが達成できてよかったです」 オーストラリア&ニュージーランド女子ワールドカップ(W杯)では[3-4-2-1]をベースにしていたなでしこだが、以降は相手の対策に備えてのオプションとして[4-3-3]を導入し、挑戦してきた。 「1試合目で相手が対策をしてきたので元に戻した」と長谷川が話すように、今回はその逆、4バックを対策された時の3バック採用が、「バランスの取れた攻撃と守備」に繋がった。また、第1戦では3バックを相手に見せず、体感させなかったことも、この日の躍動に繋がったと言えそうだ。 「(ボールを)取った後に取られてを繰り返すとリズムが悪くなるので、落ち着くところも作りながら、でもチャレンジするパスも入れられて、今日はバランスの取れた攻撃と守備ができました」 「ワールドカップでは3バックでいい形ができた中で、[4-3-3]という新しい形にチャレンジしながら、オプションを増やすためにチームで合わせてきたんですけど、1試合目で相手が対策をしてきたので元に戻しました。久しぶりの3バックでもすごくいいフィーリングで、みんなが共通認識を持ってできたことが結果に繋がったと思います」 <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】なでしこジャパンが北朝鮮を下し、パリ五輪出場権獲得</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="LaY9huyAHiw";var video_start = 62;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.29 07:15 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly