G大阪の新司令塔&副主将、山本悠樹が入籍! 「笑顔の絶えない家庭を築いていきたい」

2023.09.15 16:35 Fri
©超ワールドサッカー
ガンバ大阪は15日、MF山本悠樹(25)の入籍を報告した。今季から副主将の1人を務める司令塔はクラブを通じて「日頃より温かいご声援ありがとうございます。私事ではございますが、この度、入籍致しましたことをご報告させていただきます」と自らも報告しつつ、選手としてより一層の飛躍を誓った。
「良い時も悪い時もいつも側で支えてくれた彼女に感謝を忘れず、笑顔の絶えない家庭を築いていきたいと思いますので、温かく見守って頂けると幸いです。より一層責任感を持ち、さらなる成長と飛躍が出来るように努めて参ります。今後ともよろしくお願い致します」

関西学院大学から入団して4年目の山本は今季、ダニエル・ポヤトス新監督のもと、シーズン途中からインテリオールの軸に。パスセンスだけでなく、クレバーさも生かして中盤の心臓部を担い、ここまで公式戦25試合に出場して6アシストを記録している。

この一報にクラブのポストにはサポーターから祝福の言葉とともに、「幸せパワーをチームにも還元してガンバって下さい」、「末永くガンバで活躍お願いします」、「大阪にデッカイ家建ててずっとガンバに居てくれよな」などの声も上がっている。
1 2

関連ニュース

G大阪一筋13年、藤春廣輝が今季で退団…クォン・ギョンウォン&塚元大も契約満了

ガンバ大阪は1日、元日本代表DF藤春廣輝(35)、韓国代表DFクォン・ギョンウォン(31)、FW塚元大(22)の退団を発表した。 大阪体育大学出身の藤春はガンバ大阪一筋13年の左サイドバック。2014年の国内3冠時や、2015年の天皇杯連覇時などに主力を張ったスピードスターだが、ここ数年は黒川圭介の台頭に押され、今季のJ1リーグでは8月6日に敵地で行われた第22節の川崎フロンターレ戦が唯一の出場だった。 また、代表レベルでは2015年の日本代表入りや、2016年のリオ・デ・ジャネイロ オリンピックに臨む世代別代表にオーバーエイジとして出場。G大阪にとって良い時代を知る選手の1人だが、パリ五輪代表のDF今野息吹も法政大学から来季加入が決まっており、今季をもって離れる運びとなった。 クォン・ギョンウォンは2022年に城南FCから加入したセンターバック。代表ではカタール・ワールドカップ(W杯)にも出場した実力者だが、G大阪での2年間はケガも少なくなく、今季もここまでJ1リーグ19試合(1得点)の出場だった。 塚元はG大阪の育成育ちで、2種登録を経て、2020年にトップチーム昇格。ツエーゲン金沢での修行から今季復帰を果たしたが、昨季に負ったケガで出遅れてしまい、ここまで2試合の途中出場にとどまっている状況だった。 今週末にホームで行われるJ1リーグ最終節を前に退団を発表した3選手はクラブの公式サイトでそれぞれ思いを綴った。 ◆藤春廣輝 「13年間ありがとうございました。感謝の言葉しか無いです。ほんとに言葉にできないくらい感謝の気持ちでいっぱいです。ここまで自分がガンバにいられるとも思ってなかったですし、色々な経験をさせてもらえて、素晴らしい監督、素晴らしい選手達がいたから自分がここまでやってくることができました。自分の中ではガンバが一番大好きですし、これから死ぬまでガンバ大阪の1サポーターとして応援し続けたいです」 「これからのガンバの監督、選手の応援もしたいです。サポーターには13年間応援してもらってすごく感謝しています。本当に一人一人にお礼を言いたいくらいの気持ちです。今シーズンの等々力での応援には泣かされました。すごく嬉しかったです。やっぱりサポーターにも感謝しか無いです。これからもガンバの応援よろしくお願いします」 ◆クォン・ギョンウォン 「こんにちは。クォン・ギョンウォンです。まず、毎試合どんな時でもスタジアムで、応援して頂き支えてくださったサポーターの皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。2年間ガンバ大阪の選手として、チームに貢献できなかった事が多かったと思います。それでも、いつも温かい声援を送って頂きありがとうございました。ガンバ大阪で培った全てが、今後の選手生活において大きな糧になると思います」 「2年間良いことばかりではありませんでしたが、嬉しい時も苦しい時もサポーターの皆さんの声を聞くと、乗り越えることができました。またいつか会えることを願っています。これからも、ずっとガンバ大阪を応援しガンバ大阪で過ごした日々は忘れません。ガンバ大阪のユニフォームを着て、ガンバの大阪の選手として闘えたことを誇りに思っています。ありがとうございました」 ◆塚元大 「まずは、本当にジュニアユースの時から本当にお世話になりました。ありがとうございます。去年からシーズンの大半を怪我でプレー出来ませんでしたが、自分では復帰してから、出来る全ての努力をして来た自信がありました。なので、後悔などは一切無く、とにかく新しいチャレンジが楽しみです。そして何より、ボロボロだった体をここまで治してくれたメディカルスタッフには感謝してもしきれません」 「プロになってからこの4年間で、サッカーはもちろん、精神的にも肉体的にも凄く成長出来ました。なのでこれからの自分の活躍を楽しみにしていて欲しいなと思いますし、ガンバがまたタイトルを獲得する事を願っています。パナスタの応援を聞きながら試合を出来ないのは残念ですが、対戦相手としてまたパナスタに来れる日を楽しみにしています。本当にお世話になりました。ありがとうございました」 2023.12.02 15:20 Sat

ヒュンメルが2年半かけて開発、“四次元のフィット感”と“幅広”を追求したスパイク「ヴォラート3」を発表、G大阪MF石毛秀樹とも契約

デンマークのスポーツブランド『hummel(ヒュンメル)』が、サッカースパイク「VORART(ヴォラート)シリーズ」の最新作 「VORART3 PRO」を発表した。 「VORART3 PRO」は、新開発ソールを搭載し、スペックアップして登場。“TOP OF WIDE”をコンセプトに、Jリーガーや部活生など数多くのプレイヤーへのヒアリングとモニターテストを繰り返し、約2年半かけて開発した。 次元を超越する”四次元のフィット感”を追求した、足幅が広いプレイヤーにとって”新たな星”となるスパイクとなっている。 「吸い付くフィット感」は、アッパー前足部に足なじみの良いカンガルーレザーを、中足部からかかとにかけて、天然皮革のようにしなやかな1.1mm厚のマイクロファイバー“ナノフィットスキン”を採用することで、足に吸いつくようなフィット感と繊細なボールタッチを実現。さらに、かかとの内部構造を見直し、かかとのホールド性とソフトな足当たりを両立した。 また、多くのプレーヤーが抱える悩みでもある幅広の足にもフィット。レギュラー(2E相当)、ワイド(3E相当)、スーパーワイド(4E相当)の3ウィズ展開で、足幅が広い選手にもトッププレイヤーが求めるスペックが提供される。また、サイズも、新たに28.5cm、29cmのサイズを展開し、大きな足のプレーヤーにも対応した。 さらに軽量化を図り、プレートにナイロン樹脂素材を採用し、ヒュンメル史上最薄のソールを新開発。ソール単体で約13g(27.0cm)の軽量化に成功。軽さと反発性の両立を実現した。また、アウトソールのナイロン樹脂プレートと中底全面に使用した自己強化プラスチック「KaRVO」で反発性を強化。さらに、高さや形状、配置を見直した変形丸型スタッドでグリップ力を実現し、アジリティをサポートしている。 加えて、ヒュンメルは、29日にガンバ大阪のMF石毛秀樹とのアドバイザリー契約を締結。「VORART3 PRO」も着用することになるという。 ヒュンメルのスパイクについては「めちゃくちゃ僕は履きやすかったです」とコメント。加えて、「ウェアはかわいいのが多く、バリエーションもあって、色々なシーンで着られるのが使いやすいです。あとは点字シャツや(発達障がい児などに向けた)ランドセルの開発だったりと、スポーツの枠を超えた取り組みをしていることにも一社会人として共感できました」と今回の契約締結のキッカケを語っている。 <span class="paragraph-title">【写真】ヒュンメルが発表した新たなスパイク! G大阪の石毛秀樹も着用予定</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/hummel20231130_tw0.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/hummel20231130_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/hummel20231130_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/hummel20231130_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/hummel20231130_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/hummel20231130_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/hummel20231130_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/hummel20231130_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2023.11.30 22:15 Thu

神戸、湘南、G大阪が共同で行った応援企画「未月とトモニ!」の収益約85万円をサッカーができないこどもたちへ寄付…齊藤未月「可能性を皆さんと広げていきたい」

ヴィッセル神戸は、全治1年の重傷を負ったMF齊藤未月を応援する企画「未月とトモニ!」の全額寄付を発表した。 今シーズンは神戸でプレーしている齊藤。しかし、8月19日に行われた明治安田生命J1リーグ第24節の柏レイソル戦でヒザに重傷を負っていた。 選手生命すら危ぶまれる危険なチャージを受けた齊藤。神戸に加え、湘南ベルマーレ、ガンバ大阪の3クラブ合同で9月2日から16日の期間で「未月とトモニ!」応援タオルの販売を行っていた。 応援タオルの収益は総額で84万7079円だったとのこと。齊藤未月選手、ならびに日本プロサッカー選手会と協議の上、認定NPO法人love.fútbol Japan(所在地:神奈川県逗子市、代表理事:加藤遼也)に全額寄付することが決まったという。 「love.fútbol Japan」は、2012 年設立の認定 NPO 法人。貧困や社会格差を理由に、サッカーをしたくてもできない子どもたちの環境を変えるため、日本・アジア等を対象地域に、「コミュニティ型のサッカー・スポーツグラウンドづくり」や「子どもサッカー応援事業」の実施、子ども支援の仕組み「1% FOOTBALL CLUB」の運営をおこなっている。 今回の寄付を決めた齊藤は、クラブを通じてコメントしている。 「今回このような3クラブ合同で行われた応援企画による収益をクラブと相談して寄付させていただくことにしました」 「怪我をして自分がサッカーをプレーしている姿を皆さんにみせられないことが一番辛いと感じました。ただプレーできるチャンスを与えてくれているのも皆さんの支えのおかげだと思っています」 「寄付するにあたり、love.fútbol Japanの方と話をしてプレーするチャンスすら与えられていない子どもたちがいるのも理解しました。日本サッカーが強くなっていくには可能性を広げる必要があり、その可能性を皆さんと広げていきたいと思っています」 「私だけでなく、関わっていただいた全ての人の想いをのせてこの活動に参加させてもらいます。私自身にこの活動のフィードバックがあった時には皆さんに共有していきたいと思います」 今回の寄付により、2024年度の「子どもサッカー新学期応援事業」において奨励金給付や用具寄贈、齊藤選手との交流会などを実施するとのこと。また、各クラブとの招待事業なども連携して実施していく予定とのことだ。 <span class="paragraph-title">【動画】悲願の初優勝! シャーレを掲げる齊藤未月</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/C0NfMcvolGn/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/C0NfMcvolGn/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/C0NfMcvolGn/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">VISSEL KOBE | ヴィッセル神戸(@visselkobe)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.11.30 20:40 Thu

ベテラン勢出場の広島がEスタ最終戦3発快勝で有終の美! G大阪は今季最悪6連敗も残留決定【明治安田J1第33節】

明治安田生命J1リーグ第33節の1試合が25日にエディオンスタジアム広島で行われ、ホームのサンフレッチェ広島が3-0でガンバ大阪を下した。 来季から新スタジアムに本拠地を移すため、エディオンスタジアム広島での最終戦になる4位の広島はベテラン勢がメンバー入り。バンディエラの青山は今季のリーグ戦で初めて先発した。一方、引き分け以上で自力残留が決まる15位のG大阪は出場停止明けのダワンが先発し、イッサム・ジェバリもベンチスタートながら復帰した。 立ち上がりから互いにフィニッシュの形まで持っていったが、青山がゴールに迫ったりと広島が徐々にリズム。すると、9分に細かな繋ぎから左サイドのスペースに抜け出した加藤が右足で丁寧にクロスを送り、ゴール前の満田がヘッドで今季4ゴール目。幸先よく先制する。 この先制した勢いに乗って、畳みかける広島はその2分後にも再び左サイドを起点に攻めると、東が一度ゴール前を見渡して左足でクロスを上げ、大外から中に入っていった中野がヘッドで嬉しいJ1初ゴール。先制ゴールから間を開けずの追加点でG大阪の突き放しに成功する。 先制点と同じく加藤とドウグラス・ヴィエイラも絡み、ウィングバックからウィングバックの形で追加点もあっさりと奪った広島は完全にペースを握る流れに。G大阪は前半のうちに1点でも返したいところだが、大半の時間帯で広島の対応に追われ、なかなか攻め手に回れない。 ハーフタイムを挟み、仕切り直しといきたいG大阪だが、前半を通じて終始ペースを握った広島が決定的な3点目。53分、川村の縦パスをバイタルエリア左で受けた加藤がボックス左に入ったところから右足コントロールショットをゴール右に決め、今季5ゴール目をマークする。 後半も失点を重ねるG大阪は60分にイッサム・ジェバリと山見のアタッカー2枚を投入。さらに67分に負傷交代の鈴木に代わって宇佐美を送りだす勝負手に打って出たが、依然として打開できず、73分に37歳の青山との交代で入った39歳の柴崎に左ポストを叩くシュートを許したりと劣勢が続く。 攻守に上回り続ける広島は83分に今季限りで引退する林や、もう1人の功労者である柏を送り込みながら、最後までペースを握り続け、エディオンスタジアム広島でのラストゲームを3発快勝。2試合ぶりの白星で順位も3位に上がった。 一方、G大阪はこれで今季最長6連敗の9試合勝ちなしとなり、17位だった湘南ベルマーレに抜かれて16位に後退。ただ、勝ち点5差の最下位横浜FCが他会場で敗れたため、最終節を残して残留が決まった。 サンフレッチェ広島 3-0 ガンバ大阪 【広島】 満田誠(前9) 中野就斗(前11) 加藤陸次樹(後8) 2023.11.25 16:17 Sat

G大阪時代の同僚である稲本潤一や播戸竜二なども参戦! 「橋本英郎 引退試合」の日本代表フレンズメンバーが決定

12月16日に行われる「橋本英郎 引退試合」の日本代表フレンズのメンバーが決定した。 ガンバ大阪をはじめ、ヴィッセル神戸、セレッソ大阪、AC長野パルセイロ、東京ヴェルディ、FC今治、おこしやす京都ACでプレーした橋本氏。2023年1月に現役引退を発表し、現在はサッカー解説などで活躍している。 下部組織で育ち、プロ入りしたG大阪の本拠地・パナソニック スタジアム 吹田で引退試合を行う橋本氏だが、G大阪が初優勝した2005年のメンバーと、日本代表で共に戦ったメンバーが対戦する。 12日、日本代表フレンズのメンバーが発表。橋本氏意外に16名のメンバーが選ばれた。 G大阪時代も知るMF稲本潤一(南葛SC)や播戸竜二氏、加地亮氏なども選ばれている。 また、ユニフォームデザインも発表。白をベースとしたものとなっている。 さらに、「ありがとう、サッカー。シート」として、企画チケットを販売。ピッチサイドシートでの橋本英郎氏と写真撮影、ピッチサイド練習見学、出場選手とのハイタッチ等の特別な体験のついたチケットを橋本英郎の思い入れのある背番号27にかけて、「27枚限定」、「27,000円」で販売を予定しているという。 ◆日本代表フレンズ 一覧 橋本英郎 川島永嗣 中田浩二 中澤佑二 坪井慶介 駒野友一 内田篤人 安田理大 佐藤寿人 加地亮 鈴木啓太 播戸竜二 稲本潤一 今野泰幸 玉田圭司 大久保嘉人 石川直宏 中村憲剛 <span class="paragraph-title">【写真】日本代表フレンズが着用する特別ユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img class="lazyload" data-src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/hashimoto20231112_tw1.jpg" style="max-width:100%; min-height:200px;"></div> <div style="text-align:center;"><img class="lazyload" data-src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/hashimoto20231112_tw2.jpg" style="max-width:100%; min-height:200px;"></div> 2023.11.12 13:05 Sun
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly