藤尾弾でパレスチナを下した日本が2連勝!次戦引き分け以上で本大会出場が決定【U23アジアカップ予選】

2023.09.10 05:45 Sun
Getty Images
U-22日本代表は9日、AFC U-23アジアカップ予選のグループD第2節でU-22パレスチナ代表と対戦し、1-0で勝利した。

3日前に行われたパキスタン代表戦を圧勝したU-22日本は、その試合のスタメンからGK鈴木彩艶以外の10人を変更。[4-3-3]の布陣を継続し、3トップには小田裕太郎、藤尾翔太、平河悠を据え、中盤はアンカーに川﨑颯太、インサイドハーフに山本理仁と鈴木唯人を起用。最終ラインは右から畑大雅、高井幸大、木村誠二、中野伸哉を並べた。
初戦でU-22バーレーン代表を下したパレスチナに対し、立ち上がりから一進一退の攻防を強いられた日本だが、23分に先制する。山本の縦パスでボックス右深くまで侵入した小田がダイレクトで折り返すと、最後は藤尾がワンタッチシュートをゴール右に突き刺した。

先手を取った日本は32分にも、ボックス右手前で獲得したFKからゴールに迫る。山本が直接FKでゴールを狙ったが、これはクロスバーに弾かれた。

前半半ば以降は日本が主導権を握ったが、パレスチナの前に好機を作れない。45分には山本の右CKをゴール前の木村がドンピシャのヘディングで合わせたが、これは相手GKのファインセーブに阻まれ、前半は1-0で終了した。
後半も攻勢を続ける日本は右サイドを経由して攻撃を組み立てるが、なかなか決定機まで至らない状況が続くと、74分に山本と鈴木を下げて藤田譲瑠チマと三戸舜介を投入。

すると直後の75分、ボックス手前でパスを受けた藤田が右足一閃。さらに相手GKの弾いたボールを平河が詰めたが、シュートは左サイドネットに外れた。

その後、日本は82分に中野と小田を下げて内野貴史と山田楓喜を、87分に藤尾を下げて細谷真大を投入したが、最後まで追加点は奪えず。藤尾のゴールで逃げ切った日本は連勝でグループ首位をキープ。

これにより、12日に行われる第3節の開催国U-22バーレーン代表戦に引き分け以上で日本のグループ首位が確定し、来年4月に開催されるU-23アジアカップ本大会の出場権を獲得する。

U-22パレスチナ代表 0-1 U-22日本代表
【日本】
藤尾翔太(前23)

◆U-22日本代表メンバー
GK:鈴木彩艶(シント=トロイデン)
DF:畑大雅(湘南)、高井幸大(川崎F)、木村誠二(FC東京)、中野伸哉(G大阪)[→内野貴史(デュッセルドルフ)]
MF:山本理仁(シント=トロイデン)[→藤田譲瑠チマ(シント=トロイデン)]、川﨑颯太(京都)、鈴木唯人(ブレンビー)[→三戸舜介(新潟)]
FW:小田裕太郎(ハーツ)[→山田楓喜(京都)]、藤尾翔太(徳島)[→細谷真大(柏)]、平河悠(町田)
関連ニュース

「日本代表のために働いていない」三笘薫のケガについて問われたデ・ゼルビ監督があらためて言及「アジアカップでプレーできることを願っているが…」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンのロベルト・デ・ゼルビ監督が、負傷離脱している日本代表MF三笘薫について言及した。 今シーズンもブライトンの攻撃を支える三笘。しかし、21日に行われたプレミアリーグ第18節でクリスタル・パレス戦に先発出場。しかし、後半終盤に左足首を痛めて負傷交代。試合後にスタジアムを離れる際には松葉杖で歩いている姿も確認されていた。 さらに、三笘は23日に自身のインスタグラムで「いつも応援ありがとうございます。少し離脱になりますが、また強くなって帰ってきます」と自身の負傷を認めていた。 ブライトンは現在ケガ人が続出中。ヨーロッパリーグ(EL)と並行してシーズンを過ごしていることも影響しているのか、主軸の多くが負傷することとなった。 日本代表にとっても1月中旬に開幕するアジアカップに向けて三笘が召集できる可能性はかなり低くなってしまった状況。そんな中、イギリス『インペンデント』によれば、デ・ゼルビ監督がチームの負傷者情報について言及。その中で三笘についても語った。 「10人から9人の選手と一緒にプレーすることができない」 「(三笘に関して)4週間以内で済むことを願っているが、メディカルスタッフは4週間か5週間、または6週間だと言っていた」 「そして、私は日本代表のためではなく、ブライトンのために働いている。日本代表のことは何も言えない」 「カオルがアジアカップでプレーできることを願っているが、私には分からない」 単純な計算で4週間の負傷ならばアジアカップでプレーすることは不可能。6週間という見立てもあるなら、当然招集するべきではない。 アジアカップのメンバーは1月1日のタイ代表戦後に発表されるが、どのような顔ぶれになるのか。招集の強制力がある一方で、ヨーロッパのリーグは通常運行している中、選手のキャリアに大きな影響を与える可能性もある難しい決断を迫られそうだ。 <span class="paragraph-title">【写真】松葉杖姿でスタジアムを後にする三笘薫</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Kaoru Mitoma left Selhurst Park on crutches after he was helped off the pitch with an ankle injury late on. Leaves question marks about his availability for the Asian Cup in January <a href="https://twitter.com/hashtag/BHAFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BHAFC</a> <a href="https://t.co/xA8NqGA1ie">pic.twitter.com/xA8NqGA1ie</a></p>&mdash; Sam Morton (@s_morton27) <a href="https://twitter.com/s_morton27/status/1737966183507206375?ref_src=twsrc%5Etfw">December 21, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】三笘薫が負傷した瞬間…交代後はしんどそうな表情も</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="u5wtz0L5-NI";var video_start = 361;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.12.30 10:35 Sat

日本代表の2024年スケジュールが発表! 元日からタイ戦、アジアカップやW杯予選…なでしこ、U-23はパリ五輪最終予選と本大会が開催

日本サッカー協会(JFA)は18日、2024年の日本代表年間スケジュール発表を行った。 2022年のカタール・ワールドカップ(W杯)でベスト16の成績を残した日本。2023年は森保一監督が史上初となる第二次政権をスタートさせると、現在は史上最多タイの8連勝中という結果を残した。 2026年の北中米W杯アジア2次予選がスタートした中、ミャンマー代表、シリア代表相手に連勝スタートを切っている。 2024年は1月1日に国立競技場で史上初となる試合を行い、タイ代表でスタート。その後にアジアカップ、そしてW杯予選と続いていく。 また、2024年はなでしこジャパンやU-23日本代表が出場する可能性のあるパリ・オリンピックが開催。なでしこは2月に北朝鮮女子代表との最終予選、U-23日本代表は最終予選にあたるU-23アジアカップが4月から5月にかけて行われる。 今回発表された2024年のスケジュールは以下の通り。 ◆日本代表 1月1日:vsタイ代表(親善試合/東京・国立競技場) 1月12日〜2月10日(アジアカップ/カタール) 3月21日:vs北朝鮮代表【H】(W杯2次予選/未定) 3月26日:vs北朝鮮代表【A】(W杯2次予選/未定) 6月6日:vsミャンマー代表【A】(W杯2次予選/未定) 6月11日:vsシリア代表【H】(W杯2次予選/未定) 9月2日〜9月10日(W杯最終予選/未定) 10月7日〜10月15日(W杯最終予選/未定) 11月11日〜11月19日(W杯最終予選/未定) ◆U-23日本代表 3月22日 vsU-23マリ代表(親善試合/京都・サンガスタジアム by KYOCERA) 3月25日(親善試合/福岡・北九州スタジアム) 4月15日〜5月3日(U-23アジアカップ/カタール) 6月3日〜6月16日(海外遠征/未定) 7月24日〜8月9日(パリ・オリンピック/フランス) ◆なでしこジャパン 2月24日:vs北朝鮮女子代表【A】(パリ五輪最終予選/未定) 2月28日:vs北朝鮮女子代表【H】(パリ五輪最終予選/未定) 4月1日〜4月11日(海外遠征/未定) 5月27日〜6月6日(海外遠征/未定) 7月8日〜7月13日(国内トレーニングキャンプ/未定) 7月14日〜7月20日(トレーニングキャンプ/未定) 7月25日〜8月10日(パリ・オリンピック/フランス) 10月21日〜10月30日(国内トレーニングキャンプ/未定) 2023.12.18 14:30 Mon

日本がパリ五輪行きを懸けたU23アジアカップでライバル・韓国と同居、上位3カ国が出場権獲得

アジアサッカー連盟(AFC)は23日、2024年に行われるAFC U23アジアカップの組み合わせ抽選会を実施した。 日本も出場する今大会。上位の3チームがパリ・オリンピックに出場。4位はプレーオフでアフリカと対戦することとなる。 2016年以来の優勝を目指す日本はグループBに入り、韓国、UAE、中国と同居。前回王者の韓国が同居し、難しいグループに入った。 また、開催国のカタールはオーストラリア、ヨルダン、インドネシアと同居している。 今大会は中国での開催からカタールに変更。2024年4月15日から5月3日にかけて行われる。 大岩剛監督は日本サッカー協会(JFA)を通じてコメントしている。 「来年 4 月に開催される AFC U23 アジアカップは、我々のターゲットであるパリオリンピック 2024 の出場権をかけたアジア最終予選を兼ねています。まずはそのグループステージの対戦相手が決まり、どの国を見ても簡単な試合は一つもないと感じています」 「今年 9 月にバーレーンで行われた U23 アジアカップ予選では、アジアの戦いや予選の難しさを痛感しながらも、あの厳しい環境で苦しい戦いを乗り切ったという自信の双方を踏まえ、その後の活動でもさらにレベルアップを図ってきました」 「これまで積み上げてきたものを継続し大会を一戦一戦勝ち進んで、パリオリンピック 2024 の出場権を獲得できるよう、我々は今後の限られた時間や活動の中で、引き続きしっかりと準備をしていきます」 ◆AFC U23アジアカップ組み合わせ グループA:カタール、オーストラリア、ヨルダン、インドネシア グループB:日本、韓国、UAE、中国 グループC:サウジアラビア、イラク、タイ、タジキスタン グループD:ウズベキスタン、ベトナム、クウェート、マレーシア 2023.11.23 21:48 Thu

パリ五輪最終予選へ最終段階…U-22日本代表の大岩監督が歩み振り返る「チームも選手個々もレベルアップした実感」

U-22日本代表の大岩剛監督と、日本サッカー協会(JFA)の山本昌邦ナショナルチームダイレクターが、18日のU-22アルゼンチン代表戦に向けたメンバー発表会見に出席した。 U-22日本代表は18日にIAIスタジアム日本平でU-22アルゼンチン代表と対戦。また、21日には同会場で非公開のトレーニングマッチも実施する予定となっている。 冒頭の挨拶で山本ダイレクターは「未来のスターが揃うアルゼンチンとの強化試合を2試合組めたことは大きいです。向こうも来年1月からパリ五輪の南米予選が始まるということで、今回、何人かの欧州でプレーする選手も招集すると聞いています。ハイレベルな試合が期待できると思います」と、このテストマッチの意義を語った。 日本のメンバー26名に目を向けると、大岩JAPAN発足から約2年、これまでチームの中心を担ってきたMF藤田譲瑠チマ(シント=トロイデン)やMF鈴木唯人(ブレンビーIF)、FW細谷真大(柏レイソル)といった顔ぶれとともに、先月のアジア競技大会メンバーであるFW福田師王(ボルシアMG)が“U-22のAチーム”初招集となっている。 大岩監督はドイツで奮闘する福田について「準優勝したアジア競技大会を通じて大きく成長した1人。このグループに食い込んでくるに相応しい姿勢を示していましたし、今回もそれを披露してもらいたいです」と期待を寄せる。 「ボルシアMGでは、Bチームではありますが、ゴールを決めるだけでなく、チームのタスクを高いレベルで担っていると判断し、招集に至りました。私がU-18日本代表監督時代から知っている選手ですし、このグループでもしっかり戦えるという認識です」 一方で、この年代のトップGKの1人である鈴木彩艶(シント=トロイデン)は今回もA代表の活動へ。「現U-22からA代表に食い込む選手が少ないのでは?」と問われた指揮官は、これを認めつつ、声がかかれば積極的にA代表へ送り出す意向を示している。 「(鈴木彩について)引き続きA代表で、という方向性は早くからありました。我々(U-22)もチームとしてA代表と同じ水準を目指していますし、選手個々もそこに辿り着けるようになっていかないといけない。A代表はチームとして完成されつつあり、個人のレベルも向上しています」 「活動のたびに『A代表へ入っていけるように』という話を選手にします。今回のアルゼンチン戦でしっかりとしたパフォーマンスを披露できれば、A代表の森保監督へのアピールにもなるので、この機会を活かしてほしいです」 また、ケガが癒え、10月28日のJ1リーグで公式戦復帰したばかりのDF半田陸(ガンバ大阪)が今回約1年ぶりの招集に。半田については「我々にとって非常に重要な選手。今回の2試合を通じて、このチームのプレーコンセプトを思い出してほしいのと、まだコンディションが万全ではないと聞いていますが、競争力を高めるという点でも呼びました」と語る。 「パリ五輪のアジア最終予選(U-23アジア杯)に向け、代表活動の回数は限られています。その中で競争力とチーム力を高めていかなければいけない。今回23名ではなく、26名を招集したのはこのためです」 さらに「今回招集しなかった選手に対しても、常にフルオープンで扉を開いています。ただ、各々が所属クラブで高いパフォーマンスを披露する必要がありますし、クラブで重要な存在と認められれば尚更です。そういったパーソナリティがあれば、大学サッカーからでも、高校サッカーからでも招集したいと思います」と22歳以下の全選手に呼びかけた。 パリ五輪本大会まで1年を切るなか、「大岩JAPAN発足から約2年の手応えは?」と問われると「発足当初から一貫したプレーコンセプトを維持してきたなかで、多くの選手を呼び、数々の強豪国と対戦してきました。チームとしての積み上げはもちろん、選手個々もレベルアップしたという実感を持っています」と力強く語る。 また、「勝敗はそこまで重要視してこなかったです。選手の成長を見れば、自ずとこれまでの積み上げを把握できる感じでしょうか。我々のコンセプトは『攻撃的に』。前回の活動ではU-22アメリカ代表に1-4と敗れましたが、それでもこのコンセプトで戦うことができました」と自信を示している。 「もちろんアルゼンチンに対しても同じ姿勢で臨みますし、そういった部分を日本の皆様にも見ていただけると嬉しいです。その中でより良い結果を出したいですね」 なお、パリ五輪本大会の出場権獲得に向けては、来年4月に開催されるU-23アジアカップ2024で3位以内の成績なら本大会へストレートイン。4位ならアフリカ勢(U-22ギニア代表)との大陸間プレーオフへ進出することとなる。 2023.11.09 18:40 Thu

開催国バーレーンとゴールレスドローもU-22日本がアジアカップ本大会の出場権を獲得!【U23アジアカップ予選】

U-22日本代表は12日、AFC U-23アジアカップ予選のグループD第3節でU-22バーレーン代表と対戦し、0-0の引き分けに終わった。 予選2連勝でU-23アジアカップ本大会出場に王手をかける日本は、前節のU-22パレスチナ代表戦から先発をGK鈴木彩艶と木村誠二以外の9人を変更。キャプテンのMF藤田譲瑠チマやMF斉藤光毅、MF松木玖生、MF三戸舜介、FW細谷真大らを起用した。 開催国のバーレーンに対し、立ち上がりからポゼッションで上回る日本が押し込む展開で推移するも、5バックを敷くバーレーン守備陣を崩しきれない状況が続く。それでも22分、松木の浮き球のパスをボックス右で収めた細谷の落としから、走り込んだ山田がダイレクトでゴールを狙ったが、シュートは右サイドネットに外れた。 攻勢を続ける日本は。クーリングブレイク直後にも決定機。33分、ショートコーナーの流れから内野が供給した右クロスから木村がヘディングシュート。さらに相手GKが弾いたボールを拾った三戸が決定機が訪れたが、このシュートも相手GKの好セーブに防がれた。 ハーフタイムにかけても両サイドから攻撃を組み立てる日本は、何度もアタッキングサードまでボールを運んだが、最後までネットを揺らすことはできず。前半はゴールレスドローで終了した。 ハーフタイムで斉藤を下げて鈴木唯人を投入した日本は、後半も立ち上がりから主導権を握る。56分にはボックス右からカットインした山田が左足を振り抜いたが、このシュートは相手GKに弾かれる。 膠着状態が続く中、日本は63分に山田と松木を下げて小田裕太郎と山本理仁を投入。すると72分、細谷のパスをボックス左に走り込んだ藤田がフリック。中央でこれを受けた鈴木に決定機が訪れたが、シュートは右ポストに弾かれた。 さらに日本は、74分にも山本の右CKを西尾がドンピシャのヘディングで合わせたが、これはゴール左に逸れた。 1点が遠い日本は84分、三戸を下げて藤尾を投入。終盤にかけてはバーレーンの猛攻を受けたが、集中した守りでこれをシャットアウト。試合はゴールレスドローに終わったが、日本はグループ首位通過で2024年のパリ・オリンピック予選を兼ねるAFC U-23アジアカップの出場権を獲得した。 U-22日本 0-0 U-22バーレーン ◆U-22日本代表メンバー GK:鈴木彩艶(シント=トロイデン) DF:内野貴史(デュッセルドルフ)、西尾隆矢(C大阪)、木村誠二(FC東京)、大畑歩夢(浦和) MF:松木玖生(FC東京)[→山本理仁(シント=トロイデン)]、藤田譲瑠チマ(シント=トロイデン)、三戸舜介(新潟)[→藤尾翔太(町田)] FW:山田楓喜(京都)[→小田裕太郎(ハーツ)]、細谷真大(柏)、斉藤光毅(スパルタ)[→鈴木唯人(ブレンビー)] 2023.09.13 02:34 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly