モラタのハットに16歳ヤマルがスペイン最年少デビュー弾! UNL王者スペインがジョージアに7発圧勝【ユーロ2024予選】

2023.09.09 03:06 Sat
Getty Images
ユーロ2024予選のグループA第5節、ジョージア代表vsスペイン代表が8日に行われ、アウェイのスペインが1-7で圧勝した。

先日にUEFAネーションズリーグで初優勝を飾るも、ユーロ予選では1勝1敗と難しいスタートとなったスペイン。UNL王者として初めて臨んだアウェイゲームでは難敵ジョージアと対戦した。
この一戦では負傷のペドリや代表引退のジョルディ・アルバらが不在となったものの、ロドリやカルバハル、ガビといった主力がスタメンに並び、3トップは右からアセンシオ、モラタ、ダニ・オルモとなった。

立ち上がりからボールを握って押し込むスペインは開始早々に決定機。開始2分、ボックス右に抜け出したモラタを起点にゴール前の混戦からアセンシオがゴール右下隅へ決定的なシュートを飛ばすが、これはバレンシアの守護神でもあるママルダシュヴィリの足を使ったビッグセーブに遭う。

開始早々の先制点を逃したものの、以降も相手陣内で多彩な仕掛けを繰り出してチャンスを創出するラ・ロハ。ダニ・オルモのボックス内でのシュート、セットプレーでフリーのル・ノルマンのヘディングシュートは不発に終わったが、押し切る勝負強さを発揮する。
22分、ボックス手前右でボールを持ったアセンシオが内側への短い持ち出しから正確な左足のクロスを供給。これをボックス左でDFに競り勝ったモラタがピッチへ叩きつけるヘディングでゴール左隅へ流し込んだ。

良い時間帯に先制したスペインは畳みかける。28分、序盤から機能していた左サイドでの崩しからガヤの縦パスでニアゾーンを取ったファビアン・ルイスがグラウンダーのクロス。これがDFクヴィルクヴェリアのオウンゴールを誘発し、幸運な形から追加点を奪取。

さらに、人とボールが動く小気味いい攻撃が連続する中、フィニッシュの局面でやや強引さが目立っていたダニ・オルモがようやく決定的な仕事を果たす。38分、中央突破したガビからボックス手前左でボールを受けたダニ・オルモは一度シュートをブロックされるが、こぼれをゴール右下隅に突き刺した。

この3点目の直後の40分には相手DFのビルドアップのミスを突き、ファビアン・ルイスとの鮮やかな連携からモラタが難なくドブレーテを達成。早くも前半で試合を決めたデ・ラ・フエンテのチームだが、攻撃を牽引していたダニ・オルモとアセンシオがいずれも足を痛めてプレー続行不可能に。このアクシデントを受け、初招集のラミン・ヤマルがニコ・ウィリアムズと共に投入され、先輩ガビの持つスペイン代表最年少出場記録(17歳62日)を大幅に更新する、16歳と57日でのA代表デビューを飾った。

結局、スペインの4点リードで折り返した試合だったが、後半はホームで意地を見せたいジョージアが攻勢を仕掛ける。すると、立ち上がりの49分には左クロスからゴール前で混戦を生むと、ゴール前でDFル・ノルマンの短いクリアを回収した途中出場のチャクヴェタゼが細かい切り返しから右足シュート。コース、勢い共にGKの守備範囲だったが、強い雨の影響もあったか、ウナイ・シモンの脇を抜けたボールがゴールネットを揺らした。

依然として3点のリードはあるものの、守護神のミスで相手を勢いづかせたスペインは、以降も相手が狙いとするカウンターに晒される場面が散見。後半はなかなかリズムを掴めない。

それでも、傑出した決定力、勝負の際を読むUNL王者は前半同様に畳みかける攻撃で一気に相手を突き放した。

まずは66分、ショートカウンターの形から中央でファビアン・ルイス、メリーノと繋ぎ最後はボックス右に抜け出したモラタが右足のシュートを流し込んでトリプレーテを達成。さらに、直後の68分にはGKウナイ・シモンの正確なフィードを起点にガヤ、ニコ・ウィリアムズと左サイドでスムーズに展開し、バスクの若武者がカットインからの右足シュートを叩き込んだ。

極めつけは74分、左サイドを得意のドリブルで突破したニコ・ウィリアムズがそのままボックス内に持ち込んでグラウンダーのマイナスパスを供給。これがファーに流れると、フリーで待ち構えていたヤマルが正確な左足のダイレクトシュートをゴール左隅に突き刺し、最年少出場記録に続いて最年少ゴールの離れ業をやってのけた。

これで完全にホームチームの心を折ったスペインは危なげない試合運びをみせ、敵地で1-7の圧勝。UNL王者に相応しい圧倒的な内容で今予選2勝目を手にした。
関連ニュース

昨夏も現職も...“A代表監督"が大好きなデ・ラウレンティス会長、ナポリの新指揮官候補にモンテッラ氏

ナポリがトルコ代表のヴィンチェンツォ・モンテッラ監督(49)もリストアップだ。 昨季スクデットも今季は開幕から低空飛行。現在は今季3人目の指揮官として、スロバキア代表のフランチェスコ・カルツォーナ監督に暫定的な兼任指揮をお願いしているナポリ。 ただ、ユーロ2024のほうが大事なカルツォーナ監督は来季もナポリに残る選択肢なし。ナポリ上層部はアウレリオ・デ・ラウレンティス会長を筆頭に、水面下で来季の新指揮官を探す。 候補は現時点でも多数。“タイトル請負人”アントニオ・コンテ氏(54)、フィオレンティーナのヴィンチェンツォ・イタリアーノ監督(46)、トリノのイバン・ユリッチ監督(48)、前ウルブス指揮官のフレン・ロペテギ氏(57)、ここ数日でミランのステファノ・ピオリ監督(58)も浮上してきた。 イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、デ・ラウレンティス会長の脳内にはもう1人。昨秋からトルコ代表を率い、現職カルツォーナと同様、今夏ユーロを控えるモンテッラ監督だ。 モンテッラ監督は現役時代の古巣ローマで下部組織から指導者キャリアをスタートし、トップチームの暫定指揮を経験。カターニア、フィオレンティーナ、ミラン、セビージャ、アダナ・デミルスポルの指揮を経て、トルコリーグ経験を買われて昨秋からA代表指揮を仰せつかる。 デ・ラウレンティス会長は昨夏、当時まだイタリア代表を率い、秋に突然中東サウジへ行くなど誰も予想しなかったロベルト・マンチーニ監督をイタリアサッカー連盟から引き抜こうと画策し、関係者・メディアから大顰蹙を買ったことが。 同時期には前スペイン代表指揮官ルイス・エンリケ氏(現PSG)の招へいも画策。現職カルツォーナもスロバキア代表監督。デ・ラウレンティス会長は「A代表監督経験者」が好きなのだろうか。 そういえば、コンテ氏とロペテギ氏も元A代表監督だ。 2024.04.19 18:05 Fri

ユーロ初出場控えるジョージア代表、数少ない欧州5大リーグ組のエースにブレイク兆し…“クヴァラ世代”23歳ミカウタゼ

ユーロ初出場を控えるジョージア代表。欧州最前線でプレーする数少ない1人が、シーズン終盤にきてブレイクの兆しを見せている。 黒海に面した“東欧より東欧”ジョージアは20世紀後半の独立後、欧州サッカーの最前線からかけ離れた存在。しかし、FWクヴィチャ・クワラツヘリア(ナポリ)にGKギオルギ・ママルダシュヴィリ(バレンシア)…突如として台頭した22〜24歳の“クヴァラ世代”に引っ張られたジョージア代表は、建国以来初の国際舞台、ユーロ2024への出場を勝ち取った。 攻撃の核はもちろん昨季セリエA最優秀選手のクヴァラで、守りの要はママルダシュヴィリ。そこへここ最近、リーグ・アン(フランス1部)のメスに所属する同代表エースFWジョージズ・ミカウタゼ(23)がレベルアップを遂げているのだ。 ミカウタゼはフランス生まれの23歳。メスでプロデビューを飾ったなか、今季からアヤックスへ完全移籍も出番はほぼなく、1月に半年レンタルで古巣へ。昨季のメスはリーグ・ドゥ(フランス2部)だったため、ミカウタゼにとってキャリア初のリーグ・アンとなった。 昨季リーグ・ドゥで37試合23得点のストライカーは、慣れ親しんだメスで今季、リーグ・アン15試合9得点3アシスト。直近2試合はブレストとRCランス相手に2得点ずつで計4得点だ。 昨季の活躍から、すでにジョージア代表でセンターフォワードの定位置を掴んでいたミカウタゼだが、欧州5大リーグやそれに準ずるベルギーやスイス、オーストリアといったリーグでプレーする選手がさほど多くないジョージア代表にとって、ここ最近のミカウタゼは嬉しい限り。 ジョージアの地元紙『Kviri Spalitra』もミカウタゼについて「2試合連続で2ゴール。ジョージア代表のエースが調子を上げている」と題し、ユーロ2024に向けて調子も評価も高まるストライカーを称えている。 2024.04.17 19:00 Wed

開幕まで2カ月のユーロ2024、登録選手を拡大の可能性が浮上…26名に増加か

欧州サッカー連盟(UEFA)は、8日にユーロ2024に出場する代表チームの監督らと会談を実施。チーム編成についての変更を行う可能性を発表した。 ドイツで行われるユーロ2024。ジョージア代表が史上初となる出場を決めるなど、ヨーロッパの頂点を決める大会は6月14日に開幕する。 そんな中、出場する24カ国は決定し、グループ分けも決定。2日間にわたってワークショップの一環として出場国の関係者を呼んでさまざまな議論がなされた。 テーマの1つがチーム体制。これまで、チームに登録する選手数は23人に制限されていた中、今回のユーロ2024も1チーム23人というルールが定められていた。 ユーロ2020では、コロナ禍での開催ということもあり、26人まで登録が可能となっていた中、今回のチーム編成について意見が出たという。 UEFAは声明で「前向きな議論は、監督間の異なる視点を浮き彫りにし、チームの規模を拡大したいという希望を表明するものもいた。また、チームの規模を23人に制限することを希望し、追加選手やグループでのトレーニングの難しさを指摘する者もいた」とどちらの意見もあったとした。 今年1月に行われたアジアカップ2023では、26名が登録され、試合には23名に削られて登録するという形が取られ、これはコロナ禍で行われた大会の多くが採用した方式だ。 選手の幅が広がることや、大会中にケガ人が出ても23名で試合を戦うことが可能になるというメリットもある一方で、必ず3人がメンバー外になることや、強豪国がより有利になるというデメリットも感じられるものとなる。 例えばイングランドのガレス・サウスゲイト監督は23人制を希望していたが、最近になり心境に変化が。過密日程、シーズン終了後からユーロ開幕までの期間が短いこともあり、26人にした方が良いと考えていることを明かしていた。 2024.04.09 11:45 Tue

「両方に行くのは論理的ではない」…ヤマルが今夏のユーロ&パリ五輪に言及

今夏のユーロ2024、パリ・オリンピック出場が取り沙汰されるバルセロナのスペイン代表FWラミン・ヤマルが、来る2つのメジャー大会に関する自身の考えを明かした。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 16歳という年齢ながら、バルセロナとスペイン代表で印象的な活躍を続けるヤマル。身長はこの1年で10cm伸びて180cmに到達し、ここ数カ月フィジカルトレーニングに励んだことから、筋肉量も7キロ増加しており、消耗激しいシニアレベルでのプレーに向けて継続的にコンディションづくりを進めている。 また、バルセロナは同じく若くしてファーストチームとラ・ロハで主力に定着し、以降は相次ぐケガに悩まされるMFペドリ、MFガビのケースを教訓に、成長期にあるヤマルの起用に慎重な姿勢を示す。 一方、スペインサッカー連盟(RFEF)はクラブのそういった考えをある程度尊重している一方、ユーロ本大会のメンバー入りがほぼ確実と言える同選手を、パリ五輪でも起用したい考えを持っていると言われる。 そういった中、16歳は『ムンド・デポルティボ』のインタビューで今夏の代表活動に言及。「両方に行くのは論理的ではない」と、自身の起用法に慎重なクラブの考えを支持している。 「両方に行くのは論理的ではない。結局のところ、僕がキャリアをスタートして以来、負担をかけすぎずにプレーしすぎないことを意識してきたし、その部分で両方に行くことは意味がないことだ」 ただ、「だけど、もし僕が行かなければならないのであれば、最終的にはスペインでプレーすることになるのは明らかだし、それは夢でもあるよ」と、RFEFとバルセロナが派遣に同意した場合や主力の負傷など有事が起きた際には、前向きにプレーする意思があることも付け加えている。 また、両大会の優先順位に関しては「ユーロがどう開催されるかにもよるけど、最も重要なことはユーロに出場することだと思う」と、個人としてはユーロでのプレーをより希望していることを明かした。 スペインのユーロ早期敗退などによってはパリ五輪出場のリスクは減るものの、次代のフットボール界を担うであろうスーパースター候補のコンディションを考えれば、RFEFの賢明な判断を期待したいところだ。 2024.04.05 10:00 Fri

ウェストハムでも悪戦苦闘しユーロ控えて代表落選…フィリップスがシティにレンタルバックへ

イングランド代表MFカルヴァン・フィリップス(28)がマンチェスター・シティへレンタルバックする見通しだ。 リーズ・ユナイテッド時代にとてつもない存在感を放ったフィリップス。長短のパスを正確に散らしてフィールドを掌握し、2022-23シーズンに26歳でシティへの栄転を勝ち取った。 しかし、待っていたのはベンチ生活。待てど暮らせどロドリゴ・エルナンデスの牙城を崩せず、とうとう今年1月でレンタル放出に。東ロンドンはウェストハムへやって来たが、ここではパフォーマンスが上がらず、評価が著しく低い。 イギリス『フットボール・インサイダー』によると、ウェストハム首脳陣はすでにシティへの予定通りの返却を決定。買い取りは頭の片隅にもないものとみられている。 シティで控えながらもイングランド代表に継続招集されてきたフィリップスも、ユーロ2024メンバー発表前最後のテストマッチが組まれた3月でとうとう落選。このままでは本大会行きはない。完全移籍かシティ帰還はともかく、なんとか今季中に状態を上げねばならない状況だ。 2024.04.03 17:40 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly