ミランFWコロンボ、2028年まで契約延長しモンツァに1年レンタル

2023.09.02 00:30 Sat
Getty Images
ミランは1日、U-21イタリア代表FWロレンツォ・コロンボ(21)と2028年6月まで契約を延長し、モンツァに1年間レンタル移籍することを発表した。
PR
コロンボはミランの下部組織で育ったストライカー。昨シーズンまでクレモネーゼ、SPAL、レッチェと3年連続で武者修行に出ており、昨季はセリエA34試合で5ゴールを挙げていた。
ミランがストライカーの枚数に不安を抱えていたこともあり、モンツァへのレンタル移籍がなかなか発表されない状況だったが、移籍期限最終日に実現する形となった。

なお、ミランはセビージャFWラファ・ミル、レスター・シティFWパトソン・ダカの獲得交渉を行っているとされるが、新ストライカー獲得が実現するかどうかは微妙な状況だと報じられている。

PR
関連ニュース

サイクル終焉濃厚のミラン、新監督候補のコンテとチアゴ・モッタはカラーが正反対

ミランの指揮官人事はどんな終着点を迎えるだろうか。 ステファノ・ピオリ監督(58)の退任が濃厚と言われるミラン。同監督は2021-22シーズンの11年ぶりスクデットの立役者だが、昨季今季のミランはやや安定感に欠ける。功績は称えられるべきだが、サイクルの終盤と捉えるべきか。 ポスト・ピオリによく名前が挙がるのは2人。 まず、ユベントスとインテルにスクデットをもたらし、イタリア代表指揮官も務めたアントニオ・コンテ氏(54)。その特徴は手堅いサッカーにベテランを重宝し、補強リクエストを容赦なく上層部に突きつけ、気に入らなければ辞任やむなし。90年代後半の美しきウノゼロ・カルチョでユベントスの主将を担った男は、超が付くほどのリアリストなのだ。 ミランと水面下で協議するなか、ナポリからイタリア代表DFジョバンニ・ディ・ロレンツォ(30)の獲得を要求しているとも伝えられる。 もう1人はボローニャのチアゴ・モッタ監督(41)。コンテ氏のように指導者としてのタイトル獲得経験はないが、柔軟さとフレッシュさでは勝る。今季のボローニャでは若手の積極登用・攻撃的サッカーがハマり、資金力に乏しいクラブをCL圏内も視界に捉える5位まで押し上げている。 バイエルンで伸び悩んだU-21オランダ代表FWジョシュア・ザークツィー(22)をオールマイティなセンターフォワード・人気銘柄へと進化させたのも、間違いなくモッタ監督の功績だ。 では、ピオリ監督退任を前提とした場合、コンテorモッタ、どちらが後任として有力か。 イタリア『カルチョメルカート』いわく、それは後者。ミランは長らくモッタ監督を探ってきたとされ、選手との対話力・若手へのアプローチ・豊富な戦術の引き出し・指導者としてバランスの取れた舵取り、これらを高く評価しているという。 しかし、異なる意見はキングから。昨年末ミランにアドバイザーとして復帰したズラタン・イブラヒモビッチ氏がどうやら“コンテ派”で、コンテ氏との意見交換を一任されているのも、何を隠そうイブラヒモビッチ氏だ。 現状、ピオリ監督退任→モッタ監督就任がより有力とされるミランだが、終着点やいかに。コンテ氏についてはバイエルンからのお誘いもあると伝えられる。 2024.02.21 18:05 Wed

ミランとの契約が今季までのジルー、MLSやUAEが今夏の獲得に関心か

ミランのフランス代表FWオリヴィエ・ジルー(37)には、多くの関心が寄せられているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 2021年夏に加入したミランで、主力として活躍するジルー。今シーズンもセリエAの22試合で12ゴール8アシストを記録しており、37歳となっても健在ぶりをアピールしている。 一方で、そんなジルーとミランの契約は今シーズンまで。クラブ側、選手側双方とも契約延長を希望と報じられているが、現時点で去就は不透明になっている。 スペインとイタリアの移籍市場に精通するマッテオ・モレット氏によると、そんなジルーに対してはメジャーリーグ・サッカー(MLS)の複数クラブが獲得を検討中とのこと。また、UAEのクラブも関心も示しており、すでに選手側に接触を図っているという。 ジルーはミランでのキャリア続行を望みつつも、あらゆる可能性を排除しない姿勢の模様。欧州外のリーグへの挑戦も魅力と感じており、決断が注目されている。 2024.02.21 13:10 Wed

アストン・ビラはザニオーロの買取OPを行使せず? 選手はセリエA復帰を希望か

現在アストン・ビラでプレーするイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(24)は、今夏にセリエAへ復帰する意思があるようだ。 ザニオーロは昨夏の移籍市場で、ガラタサライからビラに買い取りオプションの付随したレンタル移籍の形で加入。初挑戦となるプレミアリーグでローマ時代に披露していたクオリティの発揮が期待されていた。 しかし、今シーズンはウナイ・エメリ監督の下で現在プレミアリーグ4位と躍進するチームで、思うような出場機会を確保できず。公式戦27試合出場2ゴールの成績を残すも、プレミアリーグでの先発は7試合にとどまっている。 イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のアンドレア・ラマゾッティ記者によると、こうした状況もありビラはザニオーロの買い取りを見送る方針とのこと。選手は夏にガラタサライへ戻る可能性が濃厚なようだ。 ただし、ザニオーロはこれ以上トルコでプレーすることを望んでおらず、セリエA復帰を検討している模様。フィオレンティーナ、ミラン、ユベントスが獲得に関心と報じられている。 ただし、いずれのクラブも買い取りオプション付きのレンタル移籍のみ望んでいる様子。ガラタサライがこれ以上のレンタル移籍を望むかは不透明であり、その去就が注目されている。 2024.02.20 10:40 Tue

モンツァがミランから初白星! 亡きベルルスコーニ元会長に捧ぐ歴史的勝利「少年たちの躍動を喜んでいるはずだ」

モンツァのラッファエレ・パッラディーノ監督が亡き会長を偲んだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 モンツァは18日、セリエA第25節でミランを本拠地U-POWERスタジアムに迎え入れ、4-2と勝利。2-2で迎えた試合終盤の90分から2得点…初昇格から2シーズン目にしてvsミラン初白星を手に入れた。 ホームタウン・モンツァはミラノと直線距離にして約15km。隣町のビッグクラブを倒しただけでも意味ある白星だが、なんと言っても今季開幕前の昨年6月に亡くなったシルヴィオ・ベルルスコーニ元会長へ捧ぐ白星だ。 元イタリア共和国首相の故ベルルスコーニ氏は1980年代〜2000年代初頭にかけてミランのオーナー・会長を務め、5度の欧州制覇を筆頭に黄金時代を形成。2018年にモンツァを買収(※1)し、クラブをセリエA初昇格へと導いた。 (※1)現在は弟のパオロ・ベルルスコーニ氏が事業を引き継ぎ しかし、昨季途中から体調が悪化し、モンツァが“敵地サン・シーロ"でインテルを撃破する試合は病室からTV観戦。その後、シーズン終了後に白血病により、86歳でこの世を去った。 パッラディーノ監督はミラン戦後、「この勝利をベルルスコーニに捧ぐ」と語る。 「全てがエキサイティングだった…ひとえにこのような素晴らしい試合を目の当たりにできて本当に嬉しい」 「モンツァの選手たちは試合前から自分たちを信じて疑わなかったのだ…ベルルスコーニは、少年たち(選手)がまるでかつてのミランの11人のように戦ったことを喜んでいるはずだ。我々は今日のパフォーマンスを継続したい。地に足つけて一歩一歩成長していく」 また、ベルルスコーニ氏とミラン時代からタッグを組んだ“盟友”アドリアーノ・ガッリアーニSD(79)についても「いま裏で大興奮しているよ(笑) ロッカールームでは皆で彼を祝福した」とコメント。モンツァにとって単なる1勝ではないことがよくわかる。 2024.02.19 14:20 Mon

ヨビッチ退場のミラン、一時2点差追いつくも最終盤の2失点に沈み10戦ぶり黒星【セリエA】

ミランは18日、セリエA第25節でモンツァとのアウェイ戦に臨み、2-4で敗れた。 前節ナポリをウノゼロで制した3位ミラン(勝ち点52)は3日前のヨーロッパリーグではスタッド・レンヌに3発快勝。翌木曜に2ndレグを控える中、ジルーやレオン、プリシックをベンチスタートとして前線を入れ替えた。 勝利すればユベントスをかわして2位浮上となる中、11位モンツァ(勝ち点30)に対し、ヨビッチを最前線に、2列目に右からチュクウェゼ、ロフタス=チーク、オカフォーと並べたミランがボールを持つ展開で推移。 そのミランは5分、テオ・エルナンデスのミドルシュートでゴールに迫った中、ハーフコートゲームを展開していく。なかなかシュートに持ち込めない状況が続いていた中、24分にヨビッチとのワンツーからベナセルがシュートを放つも枠外へ。 31分にはジュリッチのヘディングシュートがポストを掠めるピンチのあったミランは44分にPKを献上。チャウがボックス内のモタを倒してしまった。 これをペッシーナに決められたミランは、追加タイム6分に2失点目。ベナセルがロングボールの処理を誤ってロングカウンターを受けると、最後はモタにシュートを決められた。 2点ビハインドで迎えた後半、ミランは3枚替えを敢行。レオン、プリシック、ラインデルスを投入した。そのミランは開始5分、更なる窮地に陥る。ヨビッチがイッツォとのやり合いで顔を引っ叩くと、VARの末レッドカードが提示された。 10人となったものの2点を追うミランはベナセルに代えてジルーを投入。すると65分、ミランが1点差に詰め寄る。右サイドからのフロレンツィのクロスをプリシックが頭で逸らすと、ジルーが左足ボレーで流し込んだ。 その後、75分にビリンデッリにGKメニャン強襲のシュートを打たれたミランは終盤にかけては好機を作れずにいたが、88分にファインゴールで同点とする。ボックス右でカットインしたプリシックが見事な左足シュートをゴール左に突き刺した。 しかし90分、ボンドにコントロールシュートを決められて勝ち越されると、追加タイムにはコロンボに恩返し弾を浴びて2-4で敗戦。10試合ぶり黒星となった。 2024.02.19 06:54 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly