「さわやか」「めっちゃいい」清水が夏季限定ユニフォーム発表! オレンジなしの“エメラルドグリーン”「オレンジがないの斬新」

2023.05.26 12:35 Fri
©︎J.LEAGUE
清水エスパルスは26日、2023シーズンの限定ユニフォームを発表した。2023 シーズンLIMITED UNIFORM は、エスパルスのオフィシャルカラーのひとつである「エスパルスエメラルドグリーン」を初めて採用した限定カラーのユニフォーム。夏限定で着用される。
このLIMITED UNIFORM は、PUMA グローバルコンセプトである『CELEBRATING THE ROOTS』に基づきデザインされたシーズンレギュラーユニフォームの世界地図をピックアップし、これを爽やかなエスパルスエメラルドグリーンの上に、スプレーで描いたようにボカして配置することで、これまでのエスパルスのユニフォームでは珍しい、シンプルでストリート感のあるデザインとして表現されている。

また、ユニフォームのフロント左裾には、清水サッカーの原点・清水エスパルス誕生のきっかけともいえる「清水FC」の創設55 周年を記念したロゴをあしらい、清水サッカーの歴史へのリスペクトと特別感を表現している。

このLIMITED UNIFORMは、7月29日のファジアーノ岡山戦、8月19日のFC町田ゼルビア戦、9月3日の徳島ヴォルティス戦で着用。先行予約は6月1日の19時から、一般販売は7月21日からとなり、予約販売で完売した場合は終了となる。価格は1万7600円。1800枚限定での販売となる。
斬新なカラーリングのユニフォームには「かっこいいなぁ〜」、「オレンジがないの斬新」、「さわやか」、「これはやばい」、「好きな色味」、「斬新な色」、「これで4色かぁ」、「めっちゃいい」というコメントが寄せられている。

1 2

関連ニュース

元日本代表DF太田宏介が今季限りでの現役引退を発表…地元町田での引退は「出来すぎたストーリー」

FC町田ゼルビアは3日、元日本代表DF太田宏介(36)の今シーズン限りでの現役引退を発表した。 町田市出身の太田は、2006シーズンに麻布大学附属渕野辺高校から横浜FCへ加入してプロデビュー。清水エスパルス、FC東京を経てオランダのフィテッセに移籍すると、エールディビジでは2シーズンで26試合に出場した。 その後、2017年にFC東京へ復帰。名古屋グランパス、オーストラリアのパース・グローリーFCとわたり歩き、昨シーズン夏に地元クラブである町田に加入すると、今シーズンは明治安田生命J2リーグで5試合に出場している。 太田はこれまでの国内キャリアで、J1通算296試合11得点、J2通算44試合、J3通算2試合、リーグカップ通算51試合2ゴール、天皇杯通算27試合4得点を記録。Jリーグ優秀選手賞に3度、ベストイレブンに2度選出されており、日本代表にも7試合に出場した。 今シーズン限りでの引退を決断した太田は、クラブを通じて関係者への感謝と残るシーズンへの意気込みを述べている。 「皆様にご報告があります。今シーズンを最後にプロサッカー選手としてのキャリアを終える決断をいたしました。これまで所属したクラブをはじめ、関わってくださった全てのサッカーファミリーの皆様に心の底から感謝いたします」 「町田で育ち、町田でサッカーを始めた自分が、様々なキャリアを経て、町田で現役を終える。想像すらできなかった出来すぎたストーリーに自分でもビックリしていますが、とても幸せな選手生活を送ることができました!本当にありがとうございました!最後までチームのために全力で戦います。自分らしく、楽しく、笑顔で!」 2023.10.03 15:26 Tue

藤枝が清水に歴史的初勝利! 甲府は水戸に逆転勝利でACL初白星へ弾み、最下位大宮は後半ATにドラマ【明治安田J2第37節】

30日、明治安田生命J2リーグ第37節の4試合が各地で行われた。 <span class="paragraph-subtitle">◆“歴史的勝利” 藤枝MYFC</span> 15位・藤枝が“静岡の先輩”2位・清水エスパルスと対戦した。公式戦初対戦となった前回対戦(第15節)で0-5の大惨敗を喫していたなか、今回ホームに迎え撃つ清水はJ1自動昇格圏内をキープし、リーグ戦14試合無敗と安定感が光る。 それでも前半を0-0で乗り切り、54分に待望の瞬間が。矢村健がボックス外から強烈な右足ミドルを突き刺した。さらに70分、清水DFのミスを突いた横山暁之がGK権田修一との一対一を迎え、最後は頭上を越すループシュートを流し込んだ。 2-0で勝利した藤枝は清水相手に歴史的な初勝利。一方で、J1復帰を見据える清水にとっては痛恨の敗戦に。ホームで迎える3位・ジュビロ磐田との次節を落とすわけにはいかない。 <span class="paragraph-subtitle">◆“4連勝ならず” ロアッソ熊本</span> 10月8日に天皇杯準決勝の柏レイソル戦を控える13位・熊本はリーグ戦3連勝で迎えた今節、3連敗中の18位・ベガルタ仙台とアウェイで対戦。立ち上がりから劣勢が続いたなか、少しずつ挽回してきた矢先の34分、仙台の氣田亮真にPKを決められて前半を1点ビハインドで終える。 巻き返しを図った後半はなかなかチャンスを作れず、アディショナルタイム突入前の88分と89分に掴んだCKでは、早くもGK田代琉我を前線に上げて1点を奪いに行く。しかし、氣田のPK弾を守り抜いた仙台に0-1で敗れ、連勝は3でストップした。仙台にとっては5試合ぶりの白星となっている。 <span class="paragraph-subtitle">◆“ACL初勝利に弾み” ヴァンフォーレ甲府</span> J2勢としてAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に参戦中の9位・甲府。10月4日に行われる第2節のブリーラム・ユナイテッド戦で記念すべきACL初白星を狙うなか、12位・水戸ホーリーホックに勝利し弾みをつけることに成功した。 23分に先制された甲府だったが、41分、長谷川元希が巧みなキックフェイントから右足シュートを放ち、GKの股間を抜いて同点とする。70分にはピーター・ウタカの落としからクリスティアーノが自慢の右足を振り抜き逆転まで持ち込んだ。 2-1で試合をクローズさせた甲府はACL含め公式戦6試合無敗に。4日のブリーラム戦は国立競技場でのホーム開催。最高の舞台でクラブ史に残る白星を掴む準備が整った。 <span class="paragraph-subtitle">◆“執念の2連勝” 大宮アルディージャ</span> クラブ史上初のJ3降格が日に日に現実味を帯びる最下位・大宮。前節は開始6分のゴールを守り切って徳島ヴォルティスに勝利したが、継続的に勝ち点を積み上げなければ意味がない。残された試合は今節含め6試合しかないのだ。 残留圏内の20位と勝ち点「9」差のなか、今節はアウェイで8位・大分トリニータと対戦。立ち上がりから劣勢を強いられた前半をなんとか0-0で終えると、後半もゴールは奪えずともJ1昇格プレーオフ圏内入りを目指す大分にゴールを許さない。 迎えた後半アディショナルタイム2分、大宮は左CKをファーで折り返し、最後はゴール前で待ち構えた浦上仁騎がヘディング弾を流し込んだ。その後は大分の猛攻を跳ね返し続けて1-0の勝利に。逆転残留に望みを繋ぐ2連勝となった。 ◆明治安田生命J2リーグ第37節 ▽9月30日(土) 藤枝MYFC 2-0 清水エスパルス ベガルタ仙台 1-0 ロアッソ熊本 ヴァンフォーレ甲府 2-1 水戸ホーリーホック 大分トリニータ 0-1 大宮アルディージャ ▽10月1日(日) 《14:00》 FC町田ゼルビア vs いわきFC 栃木SC vs ブラウブリッツ秋田 モンテディオ山形 vs 徳島ヴォルティス レノファ山口FC vs ツエーゲン金沢 ジュビロ磐田 vs V・ファーレン長崎 ファジアーノ岡山 vs ジェフユナイテッド千葉 《17:00》 ザスパクサツ群馬 vs 東京ヴェルディ 2023.09.30 20:08 Sat

元日本代表MF小野伸二、44歳バースデーに今季引退を表明 「“足”がそろそろ休ませてくれと…」

北海道コンサドーレ札幌の元日本代表MF小野伸二(44)が今季限りの現役引退を表明した。 1970年生まれの小野は清水商業高校(現・清水桜が丘高校)から浦和レッズ入りした1998年がプロ1年目。同年のフランス・ワールドカップ(W杯)で日本代表最年少の出場記録を打ち立て、以降、3大会連続の出場歴を誇る。 そんな“天才”は2001年にフェイエノールトで欧州挑戦を果たすと、UEFAカップ制覇を経験。浦和復帰の2006年にはJ1と天皇杯の2冠に貢献し、ボーフム、清水エスパルス、ウェスタン・シドニー・ワンダラーズを渡り歩いた。 2014年からは札幌に活躍の場を移し、2019年夏にFC琉球へ。2021年から札幌に戻り、今季でプロ26年目のシーズンを迎えている。 小野は誕生日で44回目の誕生日となる27日、自身のインスタグラムに誕生日を報告すると、続く投稿で「そして皆さまに、ご報告があります」との綴り始めから、ピッチを退く決断を明らかにした。 「サッカーと出会い39年間もの間、僕の相棒として戦ってくれた“足”がそろそろ休ませてくれと言うので、今シーズンを最後に、プロサッカー選手としての歩みを止めることを決めました。まだシーズン残り数試合ありますが、僕も試合に少しでも関われるように変わらず良い準備をしていきます。最後まで応援よろしくお願いします」 <span class="paragraph-title">【引退表明】小野伸二が26年の選手生活に別れ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cxrxi0bP4va/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cxrxi0bP4va/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cxrxi0bP4va/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">小野伸二 / shinji ono(@shinjiono7)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.09.27 15:35 Wed
thumb

2位・清水はドローもクラブ新記録の14試合無敗! 後を追う磐田、東京Vは足踏み…最下位・大宮は7試合ぶり白星も残留ラインが上がり苦しい戦いに【明治安田J2第36節】

24日、明治安田生命J2リーグ第36節の5試合が各地で行われた。 リーグ戦13試合無敗、2連勝中の2位・清水エスパルス(勝ち点63)は7位・ヴァンフォーレ甲府(勝ち点52)との富士山ダービーに臨んだ。 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の戦いをアウェイで終えた甲府が序盤は押し込むことに。前半は何本か強烈なシュートが清水ゴールを襲ったものの、GK権田修一が立ちはだかりゴールレスで試合を折り返す。 後半に入ると清水が盛り返したが、両チームともにあと一歩及ばず0-0のまま試合は終了。痛み分けとなったものの、清水は4試合連続クリーンシートとクラブ新記録となる14試合無敗を達成。甲府もリーグ戦無敗記録を4試合に伸ばした。 3試合無敗も、前節ゴールレスドローで終えていた3位・ジュビロ磐田(勝ち点62)は9位・ファジアーノ岡山(勝ち点51)とアウェイで対戦。磐田は7分、高い位置でのボール奪取から最後は松原后が仕上げ、幸先良く先制に成功する。しかし、37分には右サイドから崩され、鈴木喜丈に同点ゴールを許してしまう。 後半に入ると、76分に岡山が逆転。右CKから柳育崇が打点の高いヘディングシュートを叩き込んだ。最後まで追いつくことができなかった磐田は、昇格に向けて痛恨となる4試合ぶりの黒星を喫した。一方、勝利した岡山は昇格プレーオフ出場圏内の6位につけるV・ファーレン長崎との勝ち点差を「1」に縮めた。 清水、磐田と自動昇格圏内を争う4位・東京ヴェルディ(勝ち点60)は15位・藤枝MYFC(勝ち点41)をホームに迎えた。東京Vは17分、森田晃樹のゴールで幸先良く先制するが、その2分後にミスからアンデルソンにゴールを許し、すぐさま藤枝に追いつかれてしまう。 後半は開始直後に染野唯月のゴールが決まり、再び東京Vがリード。しかし、68分に鈴木翔太のゴールで再び藤枝が試合を振り出しに戻し、結局2-2のままタイムアップ。勝ちきれなかった東京Vだがこれで4試合無敗とした。 残留を目指す最下位・大宮アルディージャ(勝ち点27)は敵地で14位・徳島ヴォルティス(勝ち点41)に0-1で勝利。7試合ぶりの勝利で連敗を「2」で止め、21位・ツエーゲン金沢(勝ち点32)に迫ることに。ただ、前節その大宮を下して14試合ぶりの白星を掴んだ残留ラインの20位・ロアッソ熊本(勝ち点37)が13位・栃木SCに3-0と完勝。勝ち点を40に乗せて17位まで順位をあげ、20位にはレノファ山口FC(勝ち点39)が転落した。 ◆明治安田生命J2リーグ第36節 ▽9月24日(日) ファジアーノ岡山 2-1 ジュビロ磐田 清水エスパルス 0-0 ヴァンフォーレ甲府 東京ヴェルディ 2-2 藤枝MYFC 徳島ヴォルティス 0-1 大宮アルディージャ ロアッソ熊本 3-0 栃木SC ▽9月23日(土) ブラウブリッツ秋田 1-1モンテディオ山形 水戸ホーリーホック 0-1 大分トリニータ V・ファーレン長崎 0-6 FC町田ゼルビア いわきFC 1-0 ツエーゲン金沢 ジェフユナイテッド千葉 3-1 ベガルタ仙台 レノファ山口FC 1-0 ザスパクサツ群馬 2023.09.24 21:34 Sun

快勝清水が今季初の自動昇格圏浮上!足踏み町田へも5ポイント差に迫る【明治安田J2第35節】

17日、明治安田生命J2リーグ第35節の3試合が各地で行われた。 首位のFC町田ゼルビアは16位・藤枝MYFCの敵地へ乗り込み、チャンスを量産しながらも引き分けに終わった。 町田は開始早々の藤尾翔太のヘッドがGK北村海チディのスーパーセーブに阻まれ、59分には左クロスにミッチェル・デュークが合わせるも、ヘディングシュートは枠に嫌われる。 藤枝も矢村健が好機を演出しゴールに迫るが、町田のGK福井光輝も好セーブを披露。町田は9月に入り3戦無得点で2分け1敗と、足踏みが続いている。 対して、12試合負けなし中、着実に勝ち点を積み上げる3位の清水エスパルスは、3連敗で4試合未勝利と対照的に苦しむ21位・ツエーゲン金沢をアウェイで下した。 清水は8分、金沢のビルドアップをはめ込み、岸本武流が鋭いアプローチから相手ボックス右脇で奪い切ると、ラストパスを2試合ぶり先発復帰のカルリーニョス・ジュニオが難なく決めて先手を取る。 16分には梶浦勇輝の右足がクロスバーを叩き、ヒヤリとさせられたが、35分にはセットプレーから追加点を奪取。右CKからサインプレーを駆使して白崎凌兵がクロスを入れると、これが藤村慶太のオウンゴールを誘発した。 69分には原輝綺の持ち運びを起点にゴールに迫り、チアゴ・サンタナが2戦連発となるミドルを沈めて二桁得点に乗せると、守備陣もクリーンシートを達成。連勝で今季初の自動昇格圏に浮上し、町田との勝ち点差も「5」まで縮めている。 また、10位・ザスパクサツ群馬と18位・いわきFCの一戦は、中塩大貴の決勝点で群馬が辛勝。3試合ぶりの白星で、J1昇格プレーオフ圏内まで3ポイント差の8位に浮上している。 ◆明治安田生命J2リーグ第35節 ▽9月17日(日) ツエーゲン金沢 0-3 清水エスパルス 藤枝MYFC 0-0 FC町田ゼルビア ザスパクサツ群馬 1-0 いわきFC ▽9月16日(土) ブラウブリッツ秋田 0-0 V・ファーレン長崎 ベガルタ仙台 0-1 水戸ホーリーホック 大宮アルディージャ 0-3 ロアッソ熊本 モンテディオ山形 2-0 ファジアーノ岡山 栃木SC 0-1 ジェフユナイテッド千葉 ジュビロ磐田 0-0 レノファ山口FC 大分トリニータ 3-3 徳島ヴォルティス ▽9月15日(金) ヴァンフォーレ甲府 1-1 東京ヴェルディ 2023.09.17 21:19 Sun
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly