フィデル弾に沈んだ低調アトレティコが最下位エルチェに痛恨の敗戦…《ラ・リーガ》

2023.05.15 01:14 Mon
Getty Images
アトレティコ・マドリーは14日、ラ・リーガ第34節でエルチェと対戦し0-1で敗戦した。

リーグ戦3連勝中の3位アトティコ・マドリー(勝ち点69)が、すでにセグンダ(スペイン2部)降格の決まった最下位のエルチェ(勝ち点16)のホームに乗り込んだ一戦。
大勝した前節のカディス戦と同じ先発メンバーを起用したアトレティコは7分、デ・パウルの右クロスをモラタがヘディングシュートで合わせたが、これは相手GKの好セーブに防がれた。

さらにアトレティコは、17分にもデ・パウルのパスをボックス右まで駆け上がったモリーナがダイレクトで折り返すと、グリーズマンがゴール前に飛び込んだが、わずかにボールには届かず。

その後は一進一退の展開が続く中、アトレティコは41分に失点する。左サイドからブランコがロングスローを供給すると、対応に入ったGKグルビッチのパンチングが甘くなり、ボールがゴール前にこぼれると、最後はフィデルが左足でゴールに流し込んだ。
迎えた後半、1点を追うアトレティコは54分にレマルを下げてアンヘル・コレアを、61分にデ・パウルとエルモソを下げてバリオスとレギロンを投入。すると62分、カウンターで中央を持ち上がったグリーズマンのスルーパスに反応したカラスコがゴール前に抜け出したが、ボールは絶妙な飛び出しを見せたGKバディーアにキャッチされた。

アトレティコは70分にも、グリーズマンのパスでDFの裏に抜け出したモラタがボックス左から右足アウトサイドでゴールを狙ったが、シュートはGKバディーアの好セーブに阻まれた。

その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指す中、再びチャンスを迎えたのはエルチェ。89分、ホサンの右クロスが流れたボールをファーサイドのボジェが胸トラップから左足ボレーでゴールを狙ったが、叩きつけたシュートはゴール右に外れた。

結局、試合はそのまま0-1でタイムアップ。最下位相手に痛恨の黒星を喫したアトレティコの連勝は「3」でストップした。

関連ニュース

【ラ・リーガ第15節プレビュー】バルサvsアトレティコ! 首位奪還マドリーは格下と対戦

先週末に行われた第14節ではジローナとバルセロナのカタルーニャ勢が取りこぼした結果、カディスに完勝のレアル・マドリーが首位を奪還。また、アトレティコ・マドリー、レアル・ソシエダの上位陣がきっちり勝ち点3を積み上げている。 2023年最終月となる12月初戦とな今節は、勝ち点31で並ぶ4位のバルセロナと3位のアトレティコによる上位対決に注目が集まる。 バルセロナは前節、苦手とするバジェカスで難敵ラージョと対戦。MFウナイ・ロペスにゴラッソを叩き込まれ、以降は反撃に転じたものの相手の堅守に苦戦。その後、後半終盤に相手のオウンゴールで何とか追いつき勝ち点1を持ち帰るにとどまった。 インターナショナルブレーク明けというエクスキューズはあったものの、振るわないパフォーマンスによってチャビ監督に対する風当りもきつくなっている。それでも、直近のチャンピオンズリーグ(CL)ではポルトとの首位攻防戦をDFカンセロ、FWフェリックスのポルトガル代表コンビの活躍で2-1の逆転勝利。首位通過確定はならずも、3シーズンぶりの決勝トーナメント進出を確定。ホームで戦う難敵コルチョネロスとのビッグマッチに向け弾みを付けた。 対するアトレティコは前節、重要なCLフェイエノールト戦を控えるなかで下位のマジョルカと対戦。相手の守備的な戦いにやや手を焼いたが、頼れるFWグリーズマンのゴールを最後まで守り抜いてウノセロ勝利。さらに、肝心のフェイエノールト戦では2つのオウンゴールにDFエルモソの意外性のある一撃によって敵地で3ゴールを挙げて3-1の勝利。最終節を前に決勝トーナメント進出を決め、公式戦4連勝で敵地へ乗り込むことになった。 その2強の潰し合いに期待しつつ、首位固めを狙うレアル・マドリーは、19位に沈むグラナダとのホームゲームでリーグ3連勝を狙う。前節のカディス戦ではFWヴィニシウスらの負傷離脱に加え、体調不良のMFブラヒム・ディアスが急遽スタメンを外れるアクシデントに見舞われたが、FWロドリゴのドブレーテの活躍で3-0の完勝。さらに、CLのナポリ戦ではその絶好調ロドリゴの公式戦4試合連続ゴールを皮切りにMFベリンガム、MFニコ・パスのトップチーム初ゴールなどで4-2の逆転勝利。グループステージ5連勝で首位通過を確定させた。 今後の過密日程に向け、手薄な前線を中心にこれ以上の離脱者を回避するためには格下相手に早い時間帯に試合を決め、ニコ・パスらカンテラーノや出場機会が少ない控え選手を投入し、主力のプレータイムコントロールといきたいところだ。 MF久保建英を擁する6位のソシエダは14位のオサスナとのアウェイゲームでリーグ3連勝を狙う。前節のセビージャ戦は開始早々のオウンゴールとFWサディクの目の覚めるゴラッソで前半に2点リードを挙げると、後半序盤に1点を返されたものの、後半終盤に2人の退場者を出した相手の自滅にも助けられて逃げ切りに成功。また、すでに決勝トーナメント進出を決めたCLのレッドブル・ザルツブルク戦では久保ら一部主力を温存したなか、最低限のゴールレスドローで試合を終えている。そのザルツブルク戦では見事な直接FKでCL初ゴールに迫った久保は先発復帰が見込まれており、粘り強い守備を信条とするオサスナ相手に久々のゴールといきたい。 前節、アスレティック・ビルバオとの上位対決を1-1のドローで終えて首位陥落となった2位のジローナは、9位のバレンシア相手のホームゲームで仕切り直しの白星を目指す。アスレティック戦ではリードを守り切れずにリーグ連勝が「5」でストップしたが、パフォーマンス自体に悲観すべき部分は全くない。次節にバルセロナとのカタルーニャ自治州ダービーを控えるなか、バレンシア相手にきっちりホームで勝ち切って良い流れを維持したい。 その他ではマルセリーノ新体制の初陣を3-1の快勝で飾った新生ビジャレアルと、泥沼の状況が続き早くも今季2度目の監督交代も取り沙汰されるセビージャの名門対決、アスレティック・ビルバオvsラージョ、アルメリアvsベティスといったカードにも注目したい。 《ラ・リーガ第15節》 ▽12/1(金) 《29:00》 ラス・パルマス vs ヘタフェ ▽12/2(土) 《22:00》 ジローナ vs バレンシア 《24:15》 アスレティック・ビルバオ vs ラージョ 《26:30》 レアル・マドリー vs グラナダ 《29:00》 オサスナ vs レアル・ソシエダ ▽12/3(日) 《22:00》 マジョルカ vs アラベス 《24:15》 アルメリア vs ベティス 《26:30》 セビージャ vs ビジャレアル 《29:00》 バルセロナ vs アトレティコ・マドリー ▽12/4(月) 《29:00》 セルタ vs カディス 2023.12.01 19:00 Fri

「ピュアすぎる」最初はドッキリを疑うも本当だと理解して涙、CLでPOTMを受賞したスペイン代表FWにファンも注目「彼を好きになった」

アトレティコ・マドリーのスペイン代表FWロドリゴ・リケルメがチャンピオンズリーグ(CL) のプレーヤー・オブ・ザ・マッチ(POTM)受賞を喜んだ。 アトレティコは28日、チャンピオンズリーグ(CL)グループE第5節で、日本代表FW上田綺世が所属するフェイエノールトと対戦し1-3で勝利。最終節を残しての決勝トーナメント進出を決めた。 リケルメはこの試合に先発で起用されると、ゴールはなかったものの左サイドで豊富な運動量を武器に良い働きを見せ、この試合のPOTMに選ばれていた。 アカデミー育ちで、数シーズンにわたるレンタル生活から今シーズンアトレティコに戻っていたリケルメ。そのスペイン代表がPOTMのトロフィーを渡される瞬間のリアクションが話題だ。 スタッフからトロフィーを手渡されたリケルメだが、ゴールを決めたわけではなく、素晴らしいゴールを決めたDFマリオ・エルモソが選ばれるべきだと思ったのか、なかなか信じることができない様子だ。 スタッフに対してドッキリも疑ったリケルメだったが、本当に受賞したと理解すると感極まった様子で、その目には光るものも浮かんでいるように見えた。 リケルメは受賞の喜びを隠さなかった。 「僕にとってこれはとても特別なものだ。ここ、つまり僕の人生のクラブであるアトレティコ・マドリードでプレーするために、長い間戦ってきたんだ」 「この試合の最優秀選手賞を受賞することができた。この勝利は僕らにとってとても重要だ 。僕にとっては、これがすべてなんだ」 エルモソのリアクションには、ファンも「ピュアすぎる」、「素晴らしい情熱」、「素晴らしい映像」、「美しい瞬間」、「彼を好きになった」と反応。リケルメのピュアなリアクションがファンの心を掴んでいた。 スペイン代表にも初招集されたばかりの注目株リケルメの今後のプレーにも注目だ。 <span class="paragraph-title">【動画】アトレティコFWリケルメのリアクションに注目</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="tr" dir="ltr">ADN Atleti <a href="https://t.co/OgKMxPGZcu">pic.twitter.com/OgKMxPGZcu</a></p>&mdash; Atlético de Madrid (@Atleti) <a href="https://twitter.com/Atleti/status/1729832588166984020?ref_src=twsrc%5Etfw">November 29, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.11.30 17:40 Thu

バルサにレンタル中のフェリックス、ゴール直後の感情剥き出しの行動が波紋…SNSのプロフィール画像も変更

バルセロナのポルトガル代表FWジョアン・フェリックスが感情を剥き出しにしている。 2019年に鳴り物入りでベンフィカからアトレティコ・マドリーへと移籍したフェリックスだが、期待には応えられず。夏にアトレティコとの契約を2029年夏まで延長した上で、バルセロナへと買い取りオプションなしのレンタル移籍を果たした。 移籍できた喜びを隠さなかったバルセロナでは、直近の12試合でゴールから離れていたものの、チャビ・エルナンデス監督のもとで継続的にスターティングメンバーとして起用されている状況だ。 そのフェリックスは、28日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループH第5節のポルト戦にも先発出場。チームはホームで先制を許す苦しい展開となったが、同点に追いついて迎えた後半の57分、フェリックスが上手くジョアン・カンセロのクロスに合わせて逆転ゴール。2-1の勝利に導き、バルセロナは決勝トーナメント進出を決めた。 その逆転ゴールを決めた場面で、フェリックスは感情を爆発させて左胸のエンブレムを鷲掴み。ホームの観客たちを大いに沸かせることとなった。さらに、その時の写真がお気に入りだったのかインスタグラムでも投稿すると、新しいプロフィール画像にも設定している。 ただ、アトレティコのファンにはこのフェリックスの行いを受け入れられない人も。「この人レンタルだよね?」、「絶対自分がローンってこと忘れてる」、「チェルシー時代もやってたよね」、「戻ってくる気ないだろ」と反響が寄せられている。 バルセロナへの思いを隠さないフェリックス。12月3日にはラ・リーガ第15節でアトレティコとの一戦が控えている。 <span class="paragraph-title">【SNS】フェリックスがバルセロナのエンブレムを掴んだ写真を投稿</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/C0NUy-RCNbv/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/C0NUy-RCNbv/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/C0NUy-RCNbv/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">João Félix(@joaofelix79)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.11.29 18:10 Wed

「泣きそう」「私のヒーロー」プレミアリーグで活躍したストライカー2人が監督として再会!懐かしの2ショットにファンも感動

2010年前後にプレミアリーグで活躍したストライカー2人が監督として再会した。 2000年代後半のリバプールでゴールを量産した元スペイン代表FWのフェルナンド・トーレス氏。その後はチェルシーやミラン、古巣のアトレティコ・マドリーでもプレーした後、Jリーグのサガン鳥栖でプレーし2019年に現役を引退した。現在はアトレティコ・マドリーU-19の監督を務めている 一方、2000年代にアーセナルで活躍しプレミアリーグの得点王にもなった元オランダ代表FWのロビン・ファン・ペルシ氏。その後はマンチェスター・ユナイテッドでも得点王になり、フェネルバフチェと古巣フェイエノールトでプレーした後、トーレス氏と同じ2019年に現役を引退。今はフェイエノールトのU-19チームの監督だ。 その2人が、28日に行われたUEFAユースリーグで対戦。選手ではなく監督として再会を果たした。 実は同学年の2人。試合前には笑顔でハグも交わしていた。2人の2ショットにはファンも「2人とも凄かった」、「2人の偉大なストライカー」、「私のヒーロー」、「年を取ったと感じる」、「泣きそう」とコメントし、当時を思い返している。 なお、試合はトーレス監督率いるアトレティコが1-0で勝利している。 <span class="paragraph-title">【写真】トーレスとファン・ペルシが監督として再会!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="en" dir="ltr">Fernando Torres &amp; Robin van Persie shared a moment before facing off as managers in the UEFA Youth League <br><br>Imagine that striker partnership <a href="https://t.co/iFC0xgaMgM">pic.twitter.com/iFC0xgaMgM</a></p>&mdash; ESPN UK (@ESPNUK) <a href="https://twitter.com/ESPNUK/status/1729552094913298860?ref_src=twsrc%5Etfw">November 28, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.11.29 13:40 Wed

「何年ぶりだろう」最終節残してGS突破のアトレティコ、シメオネ監督は安堵と共に満足感「やりたかった試合ができた」

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が、フェイエノールト戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えた。 28日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループE 第5節でアトレティコはアウェイでフェイエノールトと対戦した。 勝ち点8のアトレティコと勝ち点6のフェイエノールトの一戦。アトレティコは勝利すれば2位以内が確定する試合だけに、アウェイでも勝利が必要だった。 フェイエノールトの日本代表FW上田綺世はベンチスタートとなった試合。アトレティコは前半にオウンゴールで先制する。 負ければ3位が確定するフェイエノールトはハーフタイムに上田を投入。しかし、アトレティコは、57分にマリオ・エルモソのゴールで追加点を奪うと、フェイエノールトが1点を返すも、オウンゴールで追加点を奪い、1-3で勝利した。 これにより最終節を残してグループステージ突破を決めたアトレティコ。シメオネ監督はスペイン『Movistar』のインタビューで選手たちを称え、良いパフォーマンスを見せたと語った。 「選手たちのことをとても嬉しく思う。今日、我々は相手がどれほど難しいか、彼らがヨーロッパでプレーするときに、彼らのホームがどれほどの重要性を持っているか、そして、彼らがリーグでどれほど良い成績を収めるかを知っていた」 「ただ、我々はそれに上手く対処した。やりたかった試合をすることができた。個々のパフォーマンスもとても良かったし、全体としてはクラブにとって重要な試合を戦えたと思う」 また、この試合で良い働きを見せたロドリゴ・リケルメについても言及。起用した狙いを明かした。 「彼は並外れた試合を見せた。今日は彼がプレーしなければいけないと思っていた」 「(サムエウ・)リーノはマジョルカ戦で非常に良い試合をしたけど、この試合は彼(リケルメ)の特性の方がチームにとってより良いものになる可能性があると分かっていた。我々は正しく対応でき、彼は素晴らしい試合をした」 これでグループステージ突破。残り1節は余裕を持って戦えることになる中、潮目尾根監督は1位での通過を目指しつつも、しっかりと休むことも重要だとした。 「できるだけ高い順位で終えることが常に重要だ。こんなに安心感を持って最後を迎えられるのは何年ぶりだろうか」 「1位で終わるか、2位で終わるかを見極める必要がある。ただ、この試合は我々に多くのことを要求してきたので、今は仕事を続けながら休むことができる」 2023.11.29 10:25 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly