1月末から戦線離脱のミリクがイタリア・ダービーで復帰か

2023.03.15 07:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスのポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリクが、19日に行われるセリエA第27節インテルとのイタリア・ダービーで復帰するようだ。イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が報じている。

ミリクは1月29日に行われたモンツァ戦でハムストリングを負傷。公式戦11試合を欠場している。そのミリクは『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』によれば今週中にトレーニングに復帰できるとのこと。

現在、最前線を張っているFWドゥシャン・ヴラホビッチは不振の真っ只中。直近のサンプドリア戦ではPKを失敗し、セリエAではここ5試合ゴールから見放されている。
今季の公式戦で8ゴールを挙げているミリクの復帰により、ヴラホビッチの負担が減れば不振脱出のキッカケとなるかもしれない。

関連ニュース
thumb

レーティング:ユベントス 0-1 ミラン《セリエA》

セリエA第37節、ユベントスvsミランが28日に行われ、0-1でミランが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。 ▽ユベントス採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230529_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 シュチェスニー 5.5 1本好守があった DF 15 ガッティ 5.5 失点場面ではジルーのマークに付ききれず。レオンの対応は問題なかった 3 ブレーメル 6.0 ジルーとの空中戦で負けず (→ボヌッチ -) 6 ダニーロ 6.0 彼のエリアを侵攻されることはなかった MF 11 クアドラード 5.5 前半は右サイドからのチャンスメークで貢献 5 ロカテッリ 5.5 まずまずパスを捌いたが、ミランの守備を翻弄するには至らず 25 ラビオ 5.5 ゴール前に絡むプレーを見せたが、効果は薄かった 17 コスティッチ 5.0 単調な縦への仕掛けからのクロスで好機作れず (→ミリク 5.0) 何もできなかった FW 7 キエーザ 5.5 推進力は見せたが、精度を欠いていた 18 ケアン 5.5 前半は苦手のポストプレーで存在感も後半は消えた (→イリンジュ・ジュニア -) 22 ディ・マリア 5.5 アタッキングサードでよくボールに触ったが、決定的な仕事はしきれず (→パレデス 5.5) 可もなく不可もなく 監督 アッレグリ 5.5 前半のサッカーを続けて欲しかった ▽ミラン採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230529_4_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 16 メニャン 5.5 難しいシュートは飛んでこなかった DF 2 カラブリア 6.0 精度の高いクロスからアシスト。コスティッチの対応に当たった (→カルル -) 23 トモリ 6.5 対人の強さで守備を牽引 28 チャウ 6.5 的確なカバーリングが目立った 19 テオ・エルナンデス 6.0 守備をベースに戦い、無失点に貢献 MF 30 メシアス 5.5 攻撃面での貢献がもう少し欲しいところ (→サーレマーケルス 5.5) 1度決定機があった 33 クルニッチ 5.0 気が利いている面もある一方、自陣での危険なボールロストが3度ほど。失点に繋がらなくて良かった 10 ブラヒム・ディアス 5.0 チーム全体の重心が下がっていたため、良い形でボールを受けられず (→ポベガ -) 8 トナーリ 6.0 攻守によく働いた 17 レオン 5.5 カウンターの起点になるも決定的な仕事はできず (→バロ・トゥーレ -) FW 9 ジルー 6.5 ワンチャンスで決勝ゴール (→オリジ -) 監督 ピオリ 6.0 リスクを排除して確実に引き分け以上の結果を狙いに行き、見事勝利 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! トモリ(ミラン) チャウと好連係を見せて無失点に貢献。鉄壁だった。 ユベントス 0-1 ミラン 【ミラン】 ジルー(前40) 2023.05.29 05:42 Mon
twitterfacebook
thumb

ミランがジルーの一撃でユベントスを下しCL出場権獲得《セリエA》

セリエA第37節、ユベントスvsミランが28日に行われ、0-1でミランが勝利した。 前節エンポリ戦直前に勝ち点10剥奪の裁定が下り、7位に後退したユベントス(勝ち点59)。連勝することで逆転での4位フィニッシュの可能性が僅かながら残されている中、ケアン、ディ・マリア、キエーザの3トップで臨んだ。 一方、ユベントスの勝ち点剥奪を受けてチャンピオンズリーグ(CL)出場権圏内の4位に浮上したミラン(勝ち点64)は前節、降格の決まったサンプドリアに圧勝。引き分け以上でCL出場権獲得となる中、現状のベストメンバーで臨んだ。 立ち上がりから積極的な入りを見せたユベントスは14分、クアドラードのミドルシュートでGKメニャンを強襲。そして24分には決定機。ケアンが持ち上がってボックス右まで侵入してクロス。ディ・マリアがボレーで合わせたが枠を捉えきれなかった。 しかし40分、ミランがワンチャンスで先制する。右サイドからのカラブリアのクロスをジルーがヘッドで合わせた。 後半からフラットな[4-4-2]に変更したユベントスに対し、1点のリードを持つミランが余裕を持って時間を進めていく。ギアの上がらないユベントスはミリクを投入、3トップに変更した。 対するミランは終盤、守備固めを敢行した中、ウノゼロで逃げ切り。来季のCL出場権を獲得している。 2023.05.29 05:41 Mon
twitterfacebook
thumb

ウェストハムで苦しんだイタリア代表FWスカマッカがユーベ移籍を希望? 買取OP付のレンタルなら可能性ありとも

ウェストハムのイタリア代表FWジャンルカ・スカマッカ(24)はユベントスへの移籍を望んでいるようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 昨夏サッスオーロからウェストハムへと完全移籍し、イタリアからイングランドへと活躍の場を移したスカマッカ。ところが、ウェストハムではデイビッド・モイーズ監督の信頼を掴みきることができず。シーズン後半はケガなども重なり、ここまでのリーグ戦成績は16試合3ゴールに留まっている。 そんなスカマッカは現在イタリアへの帰還を望んでいるようで、代理人にはユベントスへの移籍希望を伝えているという。ユベントスはこれまでも長きに渡ってスカマッカの獲得に関心を示していた。 また、ユベントスではセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチ(23)に移籍の可能性が出てきており、アルゼンチン代表FWアンヘル・ディ・マリア(35)も契約満了での退団が現実味を帯びてきている。ポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリク(29)もユベントスに留まるかどうか不明のようで、ウェストハムが買い取りオプション付きのレンタル移籍に応じるようであれば、ユベントスが本格的にスカマッカ獲得に動き出す可能性もあるという。 プレミアリーグでは期待されたような活躍を見せることができなかったスカマッカ。来季はイタリアに戻って再出発を果たすことになるのだろうか。 2023.05.28 22:03 Sun
twitterfacebook
thumb

ユベントスが第3GKピンソーリオと2年の契約延長! クラブで誰よりも愛される人格者

ユベントスは25日、イタリア人GKカルロ・ピンソーリオ(33)との契約を2025年6月30日まで延長したことを発表した。 ユベントスのプリマヴェーラ出身のピンソーリオは、2012年にヴィチェンツァに完全移籍。その後、2014年に買い戻されるも、モデナ、リボルノ、ラティーナへのレンタル移籍を繰り返した。 2017年以降は第3GKの役割を担い、ここまで公式戦5試合に出場しているが、今シーズンここまでは一度もプレー機会はない。 ただ、ピッチ上での貢献は限られるものの、その誠実さと誰とでも打ち解けるフレンドリーな性格を生かして、ドレッシングルームのムードメーカーとして絶大な貢献を果たしている。とりわけ、今シーズンは若手を積極的に起用するチーム事情において、良き兄貴分としてのメンタルケアの部分でチームを支えている。 2023.05.26 06:30 Fri
twitterfacebook
thumb

気づけば28歳…ミリンコビッチ=サビッチが契約延長を拒否、ビッグクラブ移籍は今夏がラストチャンスか

ラツィオのセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(28)は、今夏がステップアップのラストチャンスとなりそうだ。 ここ5〜6年、夏の移籍市場が近づくたびにビッグクラブ移籍が噂されるミリンコビッチ=サビッチ。ラツィオはクラウディオ・ロティート会長が莫大な額の移籍金を要求することによって引き留めに成功してきたが、今夏ばかりはそうもいかない可能性が高いとみられている。 イタリア『カルチョメルカート』によると、ミリンコビッチ=サビッチは契約が2024年6月までとなっているなか、延長の申し出を拒否。対するロティート会長に白旗を振るつもりはなく、契約解除金を設定したうえで年俸を400万ユーロ(約5億9000万円)に引き上げるという前提のもと、シーズン終了まで話し合いを延期しているとのことだ。 選手本人も8年間在籍するラツィオに愛着があり、決して今夏の退団ありきではないものの、気づけば28歳となり、新たな旅に出る必要性に駆られている模様。2023-24シーズンが終わるころには20代最後の1年となっており、今夏をビッグクラブ移籍のラストチャンスだと捉えているようだ。 一方で、虎視眈々と獲得のチャンスを窺うユベントス、ミランにロティート会長を満足させるだけの資金力があるわけではないのも事実。深刻な財政難にあえぐユベントスはさておき、ミランも収支バランスに気を使いながらやりくりしている状況であり、実際に優先順位はチェルシーの元イングランド代表MFルベン・ロフタス=チーク(27)より下だという。 ロティート会長がミリンコビッチ=サビッチの年齢も考慮したうえで要求額を4000万ユーロ(約59億8000万円)以下に引き下げれば、ミランもチャレンジする可能性があるようだが、実現性は未知数といったところ。ラツィオにはここ数日でプレミアリーグのクラブからも照会依頼が舞い込んでおり、可能性としてはこちらの方が高いと見るのが妥当だろう。 2023.05.25 17:56 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly