ヤヤ・トゥーレの元代理人が証言「シティとシークレットな取引はなかった」

2023.02.08 17:40 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
多数の財務違反の疑いでプレミアリーグから告発されているマンチェスター・シティだが、かつてヤヤ・トゥーレの代理人を務めたディミトリ・セルク氏がクリーンな関係だったことを主張している。

2009年から2018年までの9年間にかけて、100件を超える財務違反の疑いが持たれているシティ。プレミアリーグからの告発文書は一気に世界に激震を走らせた。 今後は第三者委員会が立ち上げられ、さらなる調査が進められていく。最悪の場合、プレミアリーグから除名される可能性もある。

元コートジボワール代表のヤヤ・トゥーレは2010年から2018年にかけて在籍し、プレミアリーグで3回、EFLカップで2回、FAカップで1回優勝した経験を持つレジェンド。今回の調査の対象期間ともろに被っているが、当時代理人を務めていたセルク氏は、違反の一つとして挙げられている不正会計への関与は一切なかったとイギリス『ガーディアン』の取材で語った。
「全てが透明で、裏側には何もなかった。この件に関しては驚いている。個人的に興味を持っているよ。ヤヤは税金も何もかも払っていた。全て透明だった」

「もちろん、連絡があれば喜んで話す。今と同じことを言うつもりだ」

なお、財務違反の一つとして、2009年から2013年にかけて指揮したロベルト・マンチーニ監督が不正に2倍の給与を得ていたとの疑いもあるようだ。

関連ニュース
thumb

フォーデンが急性虫垂炎の手術…代表離脱に加え、リバプール戦欠場へ

マンチェスター・シティのイングランド代表MFフィル・フォーデンが急性虫垂炎の手術を受けた。 イングランドサッカー協会(FA)とシティは26日、同選手の代表離脱を発表した。 シティの発表によると、現時点でフォーデンの離脱期間は不明とのことだが、インターナショナルマッチウィーク明け初戦となる4月1日のリバプール戦の欠場は確実だという。 2023.03.26 23:25 Sun
twitterfacebook
thumb

ユベントスの逸材ウインガーにプレミアクラブが関心? 古巣のチェルシーも

プレミアリーグのクラブが、ユベントスの逸材を狙っているという。 その選手は、U-20イングランド代表FWサミュエル・イリング・ジュニア(19)。チェルシーアカデミーで育ち、そのままユベントスのアカデミーへ移籍。2022年12月にファーストチームに正式昇格したウインガーだ。 チェルシーのアカデミーで9年間育ち、2020年9月にユベントスへと移籍したが、当時はパリ・サンジェルマン(PSG)、バイエルン、ドルトムントなども関心を寄せていた逸材だ。 すでに今シーズンはセリエAで7試合1アシスト、チャンピオンズリーグ(CL)で1試合1アシスト、ヨーロッパリーグで2試合に出場するなど、出番を増やしている状況。U-20イングランド代表でも結果を残すなどして注目を集めている。 イギリス『90min』によれば、イリング・ジュニアにはプレミアリーグの複数クラブが興味を持っているとのこと。マンチェスター・シティ、ニューカッスル、そしてかつて過ごしたチェルシーも夏の獲得を目指すとしている。 ユベントスは財政的に苦しいところがあり、イリング・ジュニアを売却できるのであれば検討する可能性が高いという。 また、バイエルンやドルトムントも興味を依然として持ち続けているとのこと。ただ、ユベントスとは2025年までの契約延長を果たしており、獲得には高額な移籍金が必要との見方もある。 2023.03.25 13:45 Sat
twitterfacebook
thumb

「もう戻らないと思う」、米代表GKステッフェンはシティ復帰の可能性を除外…

マンチェスター・シティからミドルズブラにレンタル中のアメリカ代表GKザック・ステッフェン(27)は、マンチェスターに戻る意思はないようだ。 ステッフェンは昨夏、ドイツ人GKシュテファン・オルテガのシティ加入に伴い、チャンピオンシップ(イングランド2部)のミドルズブラに1年間のレンタル移籍。ここまでは正GKとしてリーグ戦34試合に出場し、チャンピオンシップ3位チームの守備を支えている。 ボロとの契約に買い取りオプションは含まれておらず、通常であれば今夏のシティ復帰が既定路線となるが、アメリカ『Philadelphia Inquirer』のインタビューで復帰の可能性を除外した。 「もう戻らないと思う」 「いや、僕はプレーしていたいんだ。シティでは素晴らしい時間を過ごしたし、彼らのことは本当に大好きだ。クラブは明らかに素晴らしいところだけど、本当に戻る予定はないんだ」 また、アメリカ代表GKはシティでの出場時間の問題も影響し、土壇場でメンバー入りを逃したカタール・ワールドカップにも言及。 「正直なところ、タフだったよ。神が自分を試したんだ」 「あなた方が想像する通り、決して簡単なことではなかった。びっくりしたし、全くの予想外だった。でも、神は最終的に僕にもっと大きな計画や道を与えてくださるということを理解しているよ」 メジャーリーグサッカー(MLS)のコロンバス・クルー時代にリーグ最優秀GKに輝いたステッフェンは2019年夏にシティ入りが決まったが、そのままデュッセルドルフに1年ローン。そのドイツでブンデスリーガ17試合に出場すると、2020年夏にシティへ正式加入した。 シティではブラジル代表GKエデルソンのバックアップを担い、ここまで公式戦21試合に出場。2021年には2025年までの新契約にサインしていた。 2023.03.25 06:00 Sat
twitterfacebook
thumb

今季でシティとの契約が満了となるギュンドアン、バルセロナ移籍か

マンチェスター・シティとの契約が今季で満了となるドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアン(32)がバルセロナに移籍する可能性が高いようだ。スペイン『ムンドデポルティボ』がアメリカ『アスレティック』の記事を元に報じている。 年齢を考慮すると伸びしろは少ないと思われるギュンドアンだが、今季は一貫して高パフォーマンスを披露しており、シティの主力として十分な働きを見せている。 そのギュンドアンを移籍金なしで獲得できる魅力が経営難のバルセロナにとってはあると、『アスレティック』は主張。 また、ドルトムントのMFジュード・ベリンガムがシティへ移籍する可能性があることも、ギュンドアンが移籍する可能性を高めていると主張し、来夏のバルセロナ入りを後押しすると結んだ。 2023.03.25 00:00 Sat
twitterfacebook
thumb

レアルがハーランド獲得へ?2024年夏に獲得計画、ヴィニシウスと新たな2人で新トリデンテを形成か

初めての挑戦となったプレミアリーグで圧倒的な数字を残しているマンチェスター・シティのノルウェー代表FWアーリング・ハーランド(22)だが、レアル・マドリーは獲得に再び動くようだ。スペイン『アス』が伝えた。 2022年夏にドルトムントから完全移籍でシティへと加入したハーランド。当時もレアル・マドリーは獲得に動いていた中、シティへ移籍。ハーランドはプレミアリーグ1年目でここまで26試合28ゴールと圧倒的な数字を残している。 シティとの契約は2027年夏までとなっている中、ハーランドが移籍の意思を示した場合は、2024年夏にマドリーが獲得に動き出す可能性があるとのことだ。 2022年夏にも獲得に動いたが、エースであるフランス代表FWカリム・ベンゼマがバロンドールを獲得するほどの活躍を見せていたなどの状況もあり見送り。しかし、2024年夏であれば、マドリーも完全に受け入れる体制があるという。 ハーランドがどういう決断を下すかが重要になるが、シティからの退団を望むのであれば、リリース条項が発動するため、マドリーはそれを利用して獲得に動くつもりだという。なお『アス』によれば2億2000万〜2億4000万ユーロ(約309億〜337億円)になるとのことだ。 マドリーの目論見は新たなトリデンテ(スペイン語で「三叉の槍」)を形成することにあると言い、ブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオール、そしてパリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペ、そしてハーランドだという。 ムバッペは予てからマドリーへの移籍が仄めかされるも、PSGと2025年まで契約を延長。ただ、マドリーは獲得を諦めたわけではない。3人が揃うタイミングまでには、チームを支えてきたベテランたちをチームから退団させ、サラリーの大幅な節約を試みるとされている。 2023.03.24 17:50 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly