トロフィーを手繰り寄せろ!アーセナル男女揃ってのリーグ制覇へ本拠地の壁面が粋に「これはとても美しい」

2023.01.25 21:35 Wed
Getty Images
エミレーツ・スタジアムがチームの優勝を後押しする。
PR
アーセナルは22日に行われたプレミアリーグ第21節でマンチェスター・ユナイテッドをホームに迎え、試合終了間際のエディ・エンケティアのゴールで3-2と白熱のシーソーゲームを制した。
チームによって若干消化試合にばらつきはあるものの、アーセナルはちょうど半数19試合を終えて、16勝2分け1敗の勝ち点「50」。2位のマンチェスター・シティとは5ポイント差の首位に立ち、19シーズンぶりのリーグ制覇へ向けて周囲の期待は高まり続けている。

また、アーセナルの女子チームもFA女子スーパーリーグ(FAWSL)で約半数の10試合を消化し、8勝1分け1敗の勝ち点「25」。首位のユナイテッド、2位のチェルシーに比べ、消化試合は1試合少ない中で3ポイント差の3位と、こちらも4季ぶりの女王奪還が懸かっている。

今季は女子もエミレーツ・スタジアムを使用する回数が増えており、15日のチェルシー戦は4万6811人の観客が来場。『BBC』によればFAWSL史上2番目に多い数字となった。
両チームのタイトル獲得を後押しすべく、エミレーツ・スタジアムの壁面パネルには、いかしたデザインが登場。それぞれの選手が巨大なリーグトロフィーに赤い帯を結び、総力でそれを手繰り寄せる絵が描かれている。

クラブ公式は「インビシブル」とスタジアムを公開。インスタグラムには「これはとても美しい」、「伝説的だ」、「この偉大なクラブを常に誇りに思う」、「誰も私たちを止められない」、「女性と男性、両方のレジェンドがいるのが最高だ」、「喜びと幸せを取り戻してくれたアーセナルに感謝」、「僕たちの家、僕たちの砦さ」、「今日一番美しい写真」などの熱狂的な声が相次いだ。

スタジアムからの巨大なサポートを受け、アーセナルは男女揃っての優勝へと邁進する。



PR
1 2
関連ニュース

CL準決勝進出目指すバイエルン、ケインは元宿敵相手との大一番に「シーズンを終わらせないチャンスがある」

バイエルンのイングランド代表FWハリー・ケインが、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝進出に向けた意気込みを語った。『UEFA.com』が伝えている。 バイエルンは先週行われたCL準々決勝1stレグでアーセナルと対戦。両者譲らぬ好ゲームは先制を許しながらFWセルジュ・ニャブリ、ケインのゴールで逆転したものの、後半追いつかれるとそのままスコア動かず2-2のドローに終わっていた。 これにより、17日にホームで行われるCL準々決勝2ndレグにおいて、勝てばCL準決勝進出が決まる状況に。試合の前日会見に出席したケインは気を引き締めつつ、トッテナム時代の最大のライバル相手に勝利を収めたいと意気込んでいる。 「僕たちにはファンの前でシーズンを終わらせず、何かを達成できる可能性を残し続けられる素晴らしいチャンスがあるんだ。チームには大きな試合でプレーした経験豊富な選手がたくさんいる。素晴らしい雰囲気の中で、全員がステップアップし、力を発揮しなければならない」 「僕たちは先週の試合から学ぶ必要があるだろう。前回は非常に上手く守り、簡単にはチャンスを作らせなかった。ただ、ボールを保持している時は、ホームであればもう少しうまくコントロールできる場面があったと思う。明日の夜はそれができることを願いたい」 「アーセナルには注意しなければならない大きな脅威がいくつか存在する。1stレグではうまく連携したプレーができていたのだから、それが再び必要になるだろうね」 2024.04.17 18:25 Wed

【CL準々決勝プレビュー】好相性のバイエルンが鬼門のベスト8突破か、アーセナルが15季ぶり準決勝進出か

チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグ、バイエルンvsアーセナルが日本時間17日28:00にキックオフされる。1stレグでは戦前の予想に反してアーセナルへの相性の良さを見せ付けたバイエルンが敵地で2-2の引き分けで終えていた一戦だ。 優勝した2019-20シーズン以来4季ぶりの準決勝進出を目指すバイエルンは敵地での1stレグ、先制される展開とされながらも相手のミスを突いてFWニャブリが恩返し弾を挙げてすかさず追いつくと、FWケインのPK弾で前半のうちに逆転。後半はアーセナルにほぼチャンスを与えなかった中、途中出場FWトロサールの一撃を浴びて追いつかれていた。敵地で悪くないドローで終えたバイエルンだったが、この試合でニャブリがハムストリングを痛めて再離脱に。さらに週末のケルン戦でコマンが負傷と、今季を象徴するような波に乗り切れない状況となっている。レバークーゼンのブンデスリーガ優勝が決まり、残されたタイトルはCLだけとなったバイエルンは、3季連続で阻まれているベスト8の壁を突破できるか。 一方、ベスト4進出を果たした2008-09シーズン以来15季ぶりの準決勝進出を目指すアーセナルは、前述のように失点するまでは最高だったが、軽率な連係ミスから同点弾を浴びリズムが狂った。苦手バイエルンとの戦いを象徴するような試合となってしまった中、週末のアストン・ビラ戦では攻めども攻めども相手GKマルティネスの好守もあってゴールをこじ開けられず、逆に後半終盤に2失点を喫して痛恨の敗戦。プレミアリーグ首位陥落となってバイエルンとのリターンマッチを迎えている。 <div style="text-align:center;">◆バイエルン◆ 【4-2-3-1】</div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2024/get20240416_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽予想スタメン GK:ノイアー DF:キミッヒ、デ・リフト、ダイアー、マズラウィ MF:ライマー、ゴレツカ MF:サネ、ミュラー、ムシアラ FW:ケイン 負傷者:DFサール、ブイ、FWニャブリ、コマン 出場停止者:DFアルフォンソ・デイビス 1stレグでゴールを挙げていたニャブリが負傷し再離脱となった。また、直近のケルン戦でコマンが負傷し、主力のサイドアタッカー2枚を欠くことに。累積で出場停止となるアルフォンソ・デイビスの代役はマズラウィが務めるとドイツ『キッカー』は予想している。 <div style="text-align:center;">◆アーセナル◆ 【4-3-3】</div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2024/get20240416_3_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽予想スタメン GK:ラヤ DF:ホワイト、サリバ、ガブリエウ、冨安 MF:ウーデゴール、ライス、ハヴァーツ FW:サカ、ガブリエウ・ジェズス、マルティネッリ 負傷者:DFティンバー 出場停止者:なし コンディション面に不安があるのか、頑なに冨安をスタメン起用しないアルテタ監督だが、1stレグを見る限り、キヴィオルとジンチェンコではサネは止められないものと思われる。日本人贔屓を排除しても左サイドバックは冨安が適任だと思われるが果たして。アストン・ビラ戦で負傷交代のウーデゴールは前日練習をこなしており問題ないようだ。 ★注目選手 ◆FWレロイ・サネ(バイエルン) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2024/get20240416_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 1stレグではPKを獲得した他、貴重な攻め手となっていたサネに注目。ニャブリとコマンの再離脱により個で打開できるサネの存在はさらに重要度を増した。キヴィオルを前半で交代に追いやり、守備に難のあるジンチェンコが2ndレグで先発となればサネが躍動できる可能性は高い。対人に強い冨安が最も厄介な相手だと思われるが、アーセナルの左サイドバックは誰が務めることになるだろうか。 ◆FWブカヨ・サカ(アーセナル) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2024/get20240416_4_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 対するアーセナルの注目選手も右ウイングのサカに注目したい。1stレグでは先制弾を挙げたものの、試合を通すとスピードに優れるアルフォンソ・デイビスを突破しきれなかったサカだが、そのデイビスが2ndレグでは出場停止となる。先発が予想されるマズラウィはサカの持ち味であるカットインプレーを封じにかかることが予想されるが、それを打開してゴールシーンを演出できるかに注目だ。 2024.04.17 18:00 Wed

ホームで勝てばCL準決勝進出、トゥヘル監督はアーセナルとの決戦前に「すべてを出し切らなければならない」

バイエルンのトーマス・トゥヘル監督が、チャンピオンズリーグ(CL)の大一番へ向けた意気込みを語った。『UEFA.com』が伝えている。 バイエルンは17日にホームで開催されるCL準々決勝2ndレグにおいて、アーセナルと対戦予定。先週行われた1stレグでは両者譲らぬ好ゲームとなり、先制を許しながらFWセルジュ・ニャブリ、FWハリー・ケインのゴールで逆転したものの、後半に再び失点を喫して2-2のドローに終わっていた。 ホームで勝てばCL準決勝進出が決まる状況、事前記者会見に出席したトゥヘル監督は自分たちが有利であるとの見方を示しつつも、突破のためには全力を尽くす必要があると強調している。 「この試合ではすべてを出し切らなければならない。情熱を持ち、1stレグと同じ戦術的規律も必要になるだろう。そしてすべてのファンが応援に駆けつけ、背中を押してくれることが重要になるはずだ。アーセナルに勝つためには、さらなる高揚感が求められるからね」 「この大会での経験値を考えると、我々の方が少し有利だろう。しかし、それを決定的なアドバンテージに変えるには、最高のパフォーマンスが必要だ。この素晴らしい大会で、我々には次の大きな一歩を踏み出せるチャンスがある」 2024.04.17 17:10 Wed

「数日前の試合は捨てた」リーグ戦黒星、サカ&ウーデゴールの状態に不安も…アルテタ監督はバイエルン撃破に意気込み「信じられないチャンス」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、バイエルンとの決戦へ向けて意気込んだ。クラブ公式サイトが伝えた。 17日、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグでアーセナルはアウェイでバイエルンと対戦する。 ホームでの1stレグは先制しながらも逆転を許したが、追い付いてのドロー。2ndレグは勝利した方がベスト4進出という分かりやすい状況だ。 過去、バイエルンの前にノックアウトステージでは全て屈しているアーセナル。アルテタ監督はバイエルン戦で期待する事について言及し、準備してきた物を出すチャンスだとした。 「(期待するのは)我々をチャンピオンズリーグ準決勝に進出させるパフォーマンスだ。全ての準備は、それを達成するため、手にするために行われてきた」 「我々は何年も経って、チャンピオンズリーグへの旅を始めるために10カ月間準備をし、昨シーズンやってきた事を全てが準備だった。そして明日、それを実現するための信じられないチャンスがやってくる」 そのアーセナルだが、先週末のアストン・ビラ戦ではホームで0-2の完敗。2024年に入っての初黒星となり、プレミアリーグの優勝争いでも一歩後退する事となった。 大事なバイエルン戦を前に失意のチームだが、集中し直さなければいけないとした。 「数日前にプレーした試合は捨てた。その結果に関係なく、明日何が起こるかには影響しない」 「我々は再び集中し、彼らを打ち破り、勝ち抜くために明日果たさなければいけないパフォーマンスに対する自信、信頼、理解を築き始めている」 一方で、今のアーセナルの選手たちはほとんどがCLでのプレー経験が乏しく、ベスト4を懸けた戦いを経験している選手も多くはない。バイエルンとの経験の差が出る可能性はあるが、選手たちのモチベーションは高いという。 「ほとんどの選手はこのような夜を経験した事がなく、これが初めてになるだろう。非常にモチベーションが高く、準備ができており、自信を持っているだろうし、明日、経験のある相手に対して示さなければならない事だ」 その中で、エースであるイングランド代表FWブカヨ・サカ、ノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールの状態は不安があり「彼らを改めて評価して状態を見る」とコメント。大事な試合で欠場する可能性もあるという。 とはいえ、バイエルンを打ち破りべスト4進出となれば、クラブが新たな1ページを開くことに。アルテタ監督は、このチャンスをしっかりと生かしたいとした。 「間違いなく信じられない事だろう。明日実現できれば、我々は準決勝に進出し、非常に感情が溢れる状態になるはずだ」 「これは我々がクラブとして過去15〜17年間達成できなかった事であり、今はチャンスがある」 2024.04.17 14:50 Wed

32歳ジョルジーニョの来季イタリア復帰はある?ない? 代理人が私見「ユベントスは彼のようなMFを…」

イタリア代表MFジョルジーニョ(32)の代理人が、クライアントの去就について口を開いた。『フットボール・イタリア』が伝えている。 チェルシーで欧州王者も経験した32歳ジョルジーニョ。半ば追い出されるような形でアーセナルに来て1年と少し、絶対的な主力ではないが、味わい深いバイプレーヤーとしてアルテタ・ガナーズに不可欠な存在となっている。 しかし、1年間の延長オプションがあるとはいえ、契約は今季限り。今年で33歳という年齢もあってか、ここ最近、イタリア復帰も噂されるようになっており、水面下でユベントスと代理人が協議していることも判明しているのだ。 その代理人、ジョアン・サントス氏が16日、『TV Play』の取材に応じ、ジョルジーニョのイタリア復帰の可能性について言及。あっさりとこれに否定的な見解を披露した。 「私見だけど、ユベントスはジョルジーニョのようなミッドフィールダーをそこまで必要としていない印象だ。もっと前のめりになるなら、その時はクリスティアーノ・ジュントリ(SD)が私に連絡してくると思うね」 また、ユベントスと共に噂が上がるフィオレンティーナについては、そもそも連絡を取り合っていないと語った。 「まず第一に、彼らが本当にジョルジーニョに興味があるのかわからない。最近は野心もあるクラブになったし、チャンピオンズリーグ(CL)も目指しているようで、この点は魅力的だが、電話は来ていないよ」 現在アーセナルと契約延長交渉中のジョルジーニョおよびサントス氏。どうやら少なくとも来季はノースロンドンにとどまりそうだ。 2024.04.17 12:10 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly