仙台が下部組織出身の阪南大MF工藤蒼生の加入内定を発表「J1昇格に向かって全力でプレーします」

2022.12.15 14:35 Thu
©︎J.LEAGUE
ベガルタ仙台は15日、阪南大学のMF工藤蒼生(22)の来季加入内定を発表した。工藤は茨城県出身で、仙台のジュニア、ジュニアユース、ユースとアカデミーで育った。
2018年にはトップチームに2種登録された経験もあり、U-15日本代表歴もある中、阪南大へと進学した。

古巣に戻ることとなった工藤は、クラブを通じてコメントしている。

「私の小さいころからの夢であった、プロサッカー選手としてのキャリアをベガルタ仙台でスタートできることを大変うれしく思います。アカデミー在籍時のユアスタで見た、熱いファン、サポーターのみなさまの応援やチームへの思いに感銘を受けたことは今でも忘れていません」
「これからはトップチームの選手として、献身的に体を張ったプレーで勝利に貢献し、J1昇格に向かって全力でプレーします。応援よろしくお願いいたします」

1 2

工藤蒼生の関連記事

ベガルタ仙台は15日、「クラブ設立30周年記念ユニフォーム」を発表した。 仙台は1994年に現在の株式会社ベガルタ仙台である株式会社東北ハンドレッドを設立し、ブランメル仙台としてチームが誕生した。 そこから30周年を迎える中、記念ユニフォームを発表。カラーは、30年前のチームカラーでもある「緑」がベースととなった。 「ホームタウン」である杜の都の仙台の「緑」、「過去」の原点である「ブランメルグリーン」、「現在」の「ベガルタゴールド」をかけ合わせたカラーリングで、これまで積み重ねた30年の歴史を表現したグラフィックを作成した。 また、「未来」としてこれからの30年でさらにクラブを強く、大きく、たくましくしていく強い決意を、このユニフォームを着用して、プレーで表現するとしている。 現在のチームにはホームグロウン選手として、下部組織育ちのMF郷家友太、MF工藤蒼生、FW菅原龍之助、MF工藤真人、GK小畑裕馬が所属。彼らが「クラブ設立30周年記念ユニフォーム」のモデルを務めている。 ファンはユニフォームのPVに「エモいな」、「涙出てくる」、「こんな日が来るとは」、「鳥肌」、「素敵すぎる」とコメントが集まっている。 また、ユニフォームも「めちゃくちゃかっこいいな」、「ブランメルグリーンが良い」、「カッコ良すぎる」、「バカかっこいい!!!」、「とっても良い」、「素晴らしいな」と好評だ。 なお、このユニフォームは、9月14日or15日の明治安田J2リーグ第31節の藤枝MYFC戦、同21日or22日の第32節ヴァンフォーレ甲府戦、同29日の第33節レノファ山口FC戦、10月5日or6日の第34節ブラウブリッツ秋田戦で着用される。 <span class="paragraph-title">【動画】モデルはユースっ子!仙台の記念ユニフォームは、原点を感じる「グリーン」</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="CK1oXOl0hTA";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.07.15 14:40 Mon
ベガルタ仙台は27日、DFマテウス・モラエス、MF工藤蒼生の負傷を発表した。 マテウス・モラエスは以前から違和感があった箇所について検査した結果、左ヒザ外側半月板損傷と診断。16日に仙台市内の病院で手術を実施した。 なお、全治は約12週間の見込みだという。 工藤は6日に行われた明治安田J2リーグ第14節の鹿児島ユナイテッドFC戦で負傷。経過観察していたが、右大腿筋膜張筋付着部損傷と診断。全治は約8週間とのことだ。 マテウス・モラエスは、今シーズンのJ2で4試合、YBCルヴァンカップで1試合に出場。工藤はJ2で11試合に出場していた。 2024.05.27 11:50 Mon
ベガルタ仙台は10日、DF石尾陸登(22)、MF工藤蒼生(23)、MFオナイウ情滋(23)とのプロA契約締結を発表した。 プロA契約に必要な公式戦の出場時間規程を満たしたことで、プロC契約から変更の3選手はクラブの公式サイトでそれぞれ喜びの言葉とともに、決意を新たにした。 ◆石尾陸登 「プロA契約を締結できたことをとてもうれしく思います。今まで以上にプロサッカー選手としての自覚と責任を持ち、感謝の気持ちを忘れず成長できるように、日々努力していきます。これからも引き続き応援よろしくお願いします」 ◆工藤蒼生 「プロA契約になったことはとてもうれしいですが、個人、チームでまだ何も成し遂げてないので、これからさらに気を引き締めて練習に励み、成長し続けます。今後ともよろしくお願いいたします」 ◆オナイウ情滋 「プロA契約を締結できたことをとてもうれしく思います。まだまだ力不足を感じることばかりで、ここからさらに成長をしていきたいと強く思っているので、満足することなく初心を忘れずに、ファン、サポーターのみなさんと最高のシーズンにするため、日々努力していきます。これからも応援よろしくお願いします」 仙台大学出身の石尾は今季から正式入団。仙台アカデミー育ちで阪南大学から入団の工藤、2023年に新潟医療福祉大学から加入したオナイウ情滋はそれぞれ今季が2年目となる。 2024.05.10 11:45 Fri
ベガルタ仙台は9日、2024シーズンの選手背番号を発表した。 伊藤彰監督の下でスタートした2023シーズン。シーズン序盤は良い結果を残していた中、夏場に失速。6試合勝利がないと伊藤監督を解任し、堀孝史コーチが指揮を執るが、6試合勝利なし、その後も黒星が重なり、16位でシーズンを終えていた。 新シーズンは、U-17日本代表を長らく指揮してきた森山佳郎監督が就任。MF梁勇基が引退した他、MF氣田亮真、MF加藤千尋のサイドアタッカーがモンテディオ山形へ完全移籍するなど、戦力が入れ替わった。 新戦力では、浦和レッズのDF知念哲矢や横浜FCでプレーしていたDFマテウス・モラエス、ブラウブリッツ秋田のDF髙田椋汰と守備陣を補強。攻撃陣ではFWエロンをヴィラ・ノヴァから完全移籍で加入した。 また、川崎フロンターレのMF名願斗哉が育成型期限付き移籍で、神村学園高等部のキャプテンであるFW西丸道人も加入した。 背番号は知念が「20」、マテウス・モラエスが「19」、髙田が「2」、名願が「24」、西丸が「30」 、エロンが「98」をつける。 また、DF菅田真啓は「15」から「5」、MF鎌田大夢は「32」から「10」、MF工藤蒼生は「29」から「17」に背番号が変更になっている。 ◆2024シーズン選手背番号 GK 1.小畑裕馬 21.梅田陸空 29.松澤香輝←徳島ヴォルティス/期限付き→完全 33.林彰洋 DF 2.髙田椋汰←ブラウブリッツ秋田/完全 5.菅田真啓※背番号変更「15」 19.マテウス・モラエス←ヴィトーリア(ブラジル)/完全 20.知念哲矢←浦和レッズ/完全 22.小出悠太 25.真瀬拓海 39.石尾陸登←仙台大学/新加入 41.内田裕斗 MF 8.松下佳貴 10.鎌田大夢※背番号変更「32」 11.郷家友太 14.相良竜之介←サガン鳥栖/期限付き→完全 17.工藤蒼生※背番号変更「29」 23.有田恵人←中央大学/新加入 24.名願斗哉←川崎フロンターレ/育成型期限付き 27.オナイウ情滋 31.工藤真人←びわこ成蹊スポーツ大学/新加入 37.長澤和輝 50.遠藤康 FW 7.中島元彦←セレッソ大阪/期限付き延長 9.中山仁斗 28.菅原龍之助 30.西丸道人←神村学園高等部/新加入 98.エロン←ヴィラ・ノヴァ(ブラジル)/完全 2024.01.09 16:50 Tue
ベガルタ仙台は1日、DF真瀬拓海(25)、MF工藤蒼生(23)との契約更新を発表した。 真瀬は阪南大学から2021年に加入。3シーズン目を迎えた今シーズンは、明治安田生命J2リーグで18試合の出場だった。 工藤は仙台の下部組織育ちで、阪南大学から今シーズン加入。ルーキーイヤーでリーグ戦デビューはならなかったが、天皇杯で1試合に出場した。 両選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆DF真瀬拓海 「今シーズンは負傷が多く、チームに全く貢献できず、とても不甲斐ない一年でした。来シーズンは、この悔しさをピッチですべてぶつけます。そして、ベガルタ仙台に関わるみなさんで一丸となって戦い、最高の1年にしましょう!」 ◆MF工藤蒼生 「来シーズンもベガルタ仙台でプレーできること、ファン、サポーターと共に闘えることをとても誇りに思います。まずは、ファン、サポーターのみなさん、一年を通して熱い応援ありがとうございました」 「今年は、チームの調子が良くない時に力になれず、とても悔しさが残るシーズンでした。来年は、試合に出場し、チームを助けられる選手になり、ファン、サポーターのみなさんと共に勝ちをよろこび合えるシーズンにします」 2023.12.01 15:45 Fri

工藤蒼生の人気記事ランキング

1

「エモいな」「鳥肌」仙台の30周年記念ユニフォームは原点を感じる「グリーン」、ユース育ちの選手がモデル務めファンが感動「バカかっこいい!!!」

ベガルタ仙台は15日、「クラブ設立30周年記念ユニフォーム」を発表した。 仙台は1994年に現在の株式会社ベガルタ仙台である株式会社東北ハンドレッドを設立し、ブランメル仙台としてチームが誕生した。 そこから30周年を迎える中、記念ユニフォームを発表。カラーは、30年前のチームカラーでもある「緑」がベースととなった。 「ホームタウン」である杜の都の仙台の「緑」、「過去」の原点である「ブランメルグリーン」、「現在」の「ベガルタゴールド」をかけ合わせたカラーリングで、これまで積み重ねた30年の歴史を表現したグラフィックを作成した。 また、「未来」としてこれからの30年でさらにクラブを強く、大きく、たくましくしていく強い決意を、このユニフォームを着用して、プレーで表現するとしている。 現在のチームにはホームグロウン選手として、下部組織育ちのMF郷家友太、MF工藤蒼生、FW菅原龍之助、MF工藤真人、GK小畑裕馬が所属。彼らが「クラブ設立30周年記念ユニフォーム」のモデルを務めている。 ファンはユニフォームのPVに「エモいな」、「涙出てくる」、「こんな日が来るとは」、「鳥肌」、「素敵すぎる」とコメントが集まっている。 また、ユニフォームも「めちゃくちゃかっこいいな」、「ブランメルグリーンが良い」、「カッコ良すぎる」、「バカかっこいい!!!」、「とっても良い」、「素晴らしいな」と好評だ。 なお、このユニフォームは、9月14日or15日の明治安田J2リーグ第31節の藤枝MYFC戦、同21日or22日の第32節ヴァンフォーレ甲府戦、同29日の第33節レノファ山口FC戦、10月5日or6日の第34節ブラウブリッツ秋田戦で着用される。 <span class="paragraph-title">【動画】モデルはユースっ子!仙台の記念ユニフォームは、原点を感じる「グリーン」</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="CK1oXOl0hTA";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.07.15 14:40 Mon
2

仙台がDFマテウス・モラエス、MF工藤蒼生の負傷を発表…マテウス・モラエスは手術で全治12週間

ベガルタ仙台は27日、DFマテウス・モラエス、MF工藤蒼生の負傷を発表した。 マテウス・モラエスは以前から違和感があった箇所について検査した結果、左ヒザ外側半月板損傷と診断。16日に仙台市内の病院で手術を実施した。 なお、全治は約12週間の見込みだという。 工藤は6日に行われた明治安田J2リーグ第14節の鹿児島ユナイテッドFC戦で負傷。経過観察していたが、右大腿筋膜張筋付着部損傷と診断。全治は約8週間とのことだ。 マテウス・モラエスは、今シーズンのJ2で4試合、YBCルヴァンカップで1試合に出場。工藤はJ2で11試合に出場していた。 2024.05.27 11:50 Mon
3

仙台が阪南大出身コンビのDF真瀬拓海、MF工藤蒼生と契約更新

ベガルタ仙台は1日、DF真瀬拓海(25)、MF工藤蒼生(23)との契約更新を発表した。 真瀬は阪南大学から2021年に加入。3シーズン目を迎えた今シーズンは、明治安田生命J2リーグで18試合の出場だった。 工藤は仙台の下部組織育ちで、阪南大学から今シーズン加入。ルーキーイヤーでリーグ戦デビューはならなかったが、天皇杯で1試合に出場した。 両選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆DF真瀬拓海 「今シーズンは負傷が多く、チームに全く貢献できず、とても不甲斐ない一年でした。来シーズンは、この悔しさをピッチですべてぶつけます。そして、ベガルタ仙台に関わるみなさんで一丸となって戦い、最高の1年にしましょう!」 ◆MF工藤蒼生 「来シーズンもベガルタ仙台でプレーできること、ファン、サポーターと共に闘えることをとても誇りに思います。まずは、ファン、サポーターのみなさん、一年を通して熱い応援ありがとうございました」 「今年は、チームの調子が良くない時に力になれず、とても悔しさが残るシーズンでした。来年は、試合に出場し、チームを助けられる選手になり、ファン、サポーターのみなさんと共に勝ちをよろこび合えるシーズンにします」 2023.12.01 15:45 Fri
4

仙台が石尾陸登、工藤蒼生、オナイウ情滋の大卒勢とプロA契約! それぞれ決意を新たに

ベガルタ仙台は10日、DF石尾陸登(22)、MF工藤蒼生(23)、MFオナイウ情滋(23)とのプロA契約締結を発表した。 プロA契約に必要な公式戦の出場時間規程を満たしたことで、プロC契約から変更の3選手はクラブの公式サイトでそれぞれ喜びの言葉とともに、決意を新たにした。 ◆石尾陸登 「プロA契約を締結できたことをとてもうれしく思います。今まで以上にプロサッカー選手としての自覚と責任を持ち、感謝の気持ちを忘れず成長できるように、日々努力していきます。これからも引き続き応援よろしくお願いします」 ◆工藤蒼生 「プロA契約になったことはとてもうれしいですが、個人、チームでまだ何も成し遂げてないので、これからさらに気を引き締めて練習に励み、成長し続けます。今後ともよろしくお願いいたします」 ◆オナイウ情滋 「プロA契約を締結できたことをとてもうれしく思います。まだまだ力不足を感じることばかりで、ここからさらに成長をしていきたいと強く思っているので、満足することなく初心を忘れずに、ファン、サポーターのみなさんと最高のシーズンにするため、日々努力していきます。これからも応援よろしくお願いします」 仙台大学出身の石尾は今季から正式入団。仙台アカデミー育ちで阪南大学から入団の工藤、2023年に新潟医療福祉大学から加入したオナイウ情滋はそれぞれ今季が2年目となる。 2024.05.10 11:45 Fri

ベガルタ仙台の人気記事ランキング

1

「エモいな」「鳥肌」仙台の30周年記念ユニフォームは原点を感じる「グリーン」、ユース育ちの選手がモデル務めファンが感動「バカかっこいい!!!」

ベガルタ仙台は15日、「クラブ設立30周年記念ユニフォーム」を発表した。 仙台は1994年に現在の株式会社ベガルタ仙台である株式会社東北ハンドレッドを設立し、ブランメル仙台としてチームが誕生した。 そこから30周年を迎える中、記念ユニフォームを発表。カラーは、30年前のチームカラーでもある「緑」がベースととなった。 「ホームタウン」である杜の都の仙台の「緑」、「過去」の原点である「ブランメルグリーン」、「現在」の「ベガルタゴールド」をかけ合わせたカラーリングで、これまで積み重ねた30年の歴史を表現したグラフィックを作成した。 また、「未来」としてこれからの30年でさらにクラブを強く、大きく、たくましくしていく強い決意を、このユニフォームを着用して、プレーで表現するとしている。 現在のチームにはホームグロウン選手として、下部組織育ちのMF郷家友太、MF工藤蒼生、FW菅原龍之助、MF工藤真人、GK小畑裕馬が所属。彼らが「クラブ設立30周年記念ユニフォーム」のモデルを務めている。 ファンはユニフォームのPVに「エモいな」、「涙出てくる」、「こんな日が来るとは」、「鳥肌」、「素敵すぎる」とコメントが集まっている。 また、ユニフォームも「めちゃくちゃかっこいいな」、「ブランメルグリーンが良い」、「カッコ良すぎる」、「バカかっこいい!!!」、「とっても良い」、「素晴らしいな」と好評だ。 なお、このユニフォームは、9月14日or15日の明治安田J2リーグ第31節の藤枝MYFC戦、同21日or22日の第32節ヴァンフォーレ甲府戦、同29日の第33節レノファ山口FC戦、10月5日or6日の第34節ブラウブリッツ秋田戦で着用される。 <span class="paragraph-title">【動画】モデルはユースっ子!仙台の記念ユニフォームは、原点を感じる「グリーン」</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="CK1oXOl0hTA";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.07.15 14:40 Mon
2

【Jリーグ出場停止情報】新潟MFダニーロ・ゴメスが2試合出場停止に…大敗の天皇杯で危険な接触プレーから一発退場

Jリーグは12日、明治安田Jリーグの出場停止選手を発表した。 10日の天皇杯で一発退場となったアビスパ福岡DF井上聖也が11日に追加されていたなか、さらに1名が追加。アルビレックス新潟のMFダニーロ・ゴメスが2試合出場停止となった。 ダニーロ・ゴメスも天皇杯で一発退場。新潟はV・ファーレン長崎と対戦し、39分に足裏から相手GKと接触。チームは1-6の大敗を喫し、消化ができないためにリーグ戦で消化されることとなった。 【明治安田J1リーグ】 MF駒井善成(北海道コンサドーレ札幌) 第23節 vsヴィッセル神戸(7/13) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF石原広教(浦和レッズ) 第23節 vs京都サンガF.C.(7/14) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF山田楓喜(東京ヴェルディ) 第23節 vsFC町田ゼルビア(7/14) 今回の停止:2試合停止(1/2) 第24節 vsアビスパ福岡(7/20) 今回の停止:2試合停止(2/2) MFダニーロ・ゴメス(アルビレックス新潟) 第23節vsFC東京(7/13) 今回の停止:他の大会での出場停止処分(1/2) 第24節vsセレッソ大阪(7/20) 今回の停止:他の大会での出場停止処分(2/2) DF舞行龍ジェームズ(アルビレックス新潟) 第23節 vsFC東京(7/13) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF井上聖也(アビスパ福岡) 第23節 vsサンフレッチェ広島(7/14) 今回の停止:他の大会での出場停止処分 DF田代雅也(アビスパ福岡) 第23節 vsサンフレッチェ広島(7/14) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF長沼洋一(サガン鳥栖) 第23節 vsガンバ大阪(7/14) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田J2リーグ】 DF高田椋汰(ベガルタ仙台) 第24節 vs徳島ヴォルティス(7/14) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF神戸康輔(栃木SC) 第24節 vsファジアーノ岡山(7/14) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF高橋壱晟(ジェフユナイテッド千葉) 第24節 vsロアッソ熊本(7/14) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF山口卓己(鹿児島ユナイテッドFC) 第24節 vsザスパ群馬(7/13) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田J3リーグ】 MF奥村晃司(Y.S.C.C.横浜) 第21節 vs福島ユナイテッド(7/13) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF碓井鉄平(AC長野パルセイロ) 第21節 vsいわてグルージャ盛岡(7/13) 今回の停止:1試合停止 DF石田崚真(FC岐阜) 第21節 vs奈良クラブ(7/13) 今回の停止:1試合停止 DF野澤陸(FC岐阜) 第21節 vs奈良クラブ(7/13) 今回の停止:1試合停止 MF佐藤祐太(FC琉球) 第21節 vsカターレ富山(7/13) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 2024.07.12 19:43 Fri
3

横浜FMのDF實藤友紀が仙台に期限付き移籍! 今季はJ1で1試合の出場に終わる「覚悟をもって全力で戦います」

ベガルタ仙台は1日、横浜F・マリノスのDF實藤友紀(35)の期限付き移籍加入を発表した。 移籍期間は2025年1月31日まで。背番号は「13」となり、横浜FMとの公式戦には出場できない。 實藤は川崎フロンターレやアビスパ福岡でプレーした後、2020年に横浜FMに加入。控えのCBとしてプレーしてきた。 横浜FMではJ1通算24試合3得点、リーグカップで9試合、天皇杯で3試合に出場。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)では6試合で2得点を記録していた。 今シーズンはJ1の1試合の出場に終わっていた、 實藤は両クラブを通じてコメントしている。 ◆ベガルタ仙台 「横浜F・マリノスから期限付き移籍した實藤友紀です。ベガルタ仙台のJ1昇格のために覚悟をもって全力で戦います。よろしくお願いします」 ◆横浜F・マリノス 「ベガルタ仙台に期限付き移籍することとなりました。最高の仲間たちと過ごしたこの4年半は、自分にとってすごく大きな財産になりました」 「このクラブを離れるのがこれだけ寂しいと感じるのは、横浜F・マリノスを心から好きになったからだと思います。 どんな時も自分の背中を押してくれたマリノスファミリーの皆さん、本当にありがとうございました!!」 2024.07.01 11:08 Mon
4

J2上位争いのライバル間で移籍成立! 仙台が山口FW梅木翼を完全移籍で獲得

ベガルタ仙台は30日、レノファ山口FCからFW梅木翼(25)の完全移籍加入を発表した。 梅木は福岡大学在学中に山口の特別指定選手となり、翌年に入団。183cmのサイズを生かした空中戦が強みのストライカーで、今季はここまで明治安田J2リーグ18試合で3得点だった。 暫定6位の山口から暫定4位の仙台へ移籍を決断した梅木は新天地を通じて意気込みを語っている。 「ベガルタ仙台に関わるすべてのみなさま、はじめまして。このたび、レノファ山口FCから移籍してきました梅木翼です。仙台の勝利のために全力でがんばります。よろしくお願いします」 一方の山口を通じては移籍の経緯とともに、これまでを振り返り、新天地での活躍を誓った。 「レノファ山口FCに関わる全ての皆様、この度ベガルタ仙台に移籍することを決断しました。この夏のタイミングでの決断に対して、意見を尊重し、送り出してくださったクラブに感謝申し上げます」 「今回の移籍に関してはチームの現状、ここまで山口でプレーさせてもらえた感謝など様々感情があり、すごく難しい決断でした。ただ、次のクラブでチャレンジしたいと思い決断しました」 「山口でプロの世界へ導いてもらい、プロサッカー選手としてサッカーをする事の楽しさ、苦しみなど様々な事を教えていただきました。山口でのプロ生活は決して順風満帆ではなかったですが、加入当初と比べるとプレーでも、人としても本当に成長できたと思います。山口でプロキャリアをスタートできたことを誇りに思います」 「ここまで監督をはじめとするスタッフの方々、レノファ山口FCを強くするため、山口県を盛り上げるために日々尽力くださったフロントスタッフの方々には本当に感謝しています。3年半、至らないところも多かったと思いますが本当にありがとうございました」 「また、どんな時も応援してくださったファン、サポーターの皆様には本当に感謝しています。勝った時の温かい声援、負けた時の励ましてくださる声援にいつも勇気をもらっていました。皆様と共に闘えたこと本当に嬉しかったです」 「最後になりますが、僕自身はもっと成長した姿を見てもらえるようにこれからも頑張ります。そして、レノファ山口FCの今後の活躍と更なる発展を心から願っています。本当にありがとうございました」 2024.06.30 10:40 Sun
5

「申し訳ない」ゴールパフォーマンスを謝罪、それでも磐田の18歳FW後藤啓介がサポーターへ警鐘を鳴らす「人としておかしい」「サッカーファミリーである以上、やってはいけない」

ジュビロ磐田の若武者は、黙って見過ごすことはできなかったようだ。 11日、明治安田生命J2リーグ第20節で磐田はアウェイでベガルタ仙台と対戦した。 勝ち点30で並ぶ両チーム。J1昇格に向け、上位に居続けるためには互いに勝たなければいけない試合だった。 その試合は、開始2分に鈴木雄斗のゴールで磐田が先制すると、8分には上原力也が追加点。しかし、14分に仙台は郷家友太のゴールで1点を返す。 1点リードで磐田が後半を迎えると、後藤啓介は62分に途中出場。すると76分、カウンターから後藤啓介がボールを運び出すと、右サイドを上がった鈴木にパス。グラウンダーのクロスをボックス内でダイレクトシュート。これがディフレクトした中で、ゴールに入った。 リードを広げる追加点を奪った後藤は、スタンドに向かって両耳に手を当てるゴールパフォーマンス。仙台サポーターに向けてのアピールとなり、ブーイングが送られた。なお、試合は2-3で磐田が勝利を収めている。 試合後、『DAZN』のフラッシュインタビューに応じた後藤は、自身のゴールを喜ぶとともに、ゴールパフォーマンスの意図について説明。サポーターの行動に苛立ちがあった中でのものとし、謝罪をした。 「ゴールパフォーマンスについては申し訳ないんですが、前半ベンチから試合を見ていて、ビルドアップをしているだけでブーイングだったり、関係ない選手にブーイングするというのは、サッカーファミリーである以上、やってはいけないと思います」 「自分はそれにイライラしていて、結果で見返したいと思っていました」 「関係ない選手にブーイングするのは、人としておかしいと思うので、自分はああいう形でしか示せなかったので、仙台のサポーターや見ていた人には申し訳ないと思います」 自らの行動は良くなかったと顧みながらも、不要なブーイングが続いたことで、黙らせたかったと主張した。 <span class="paragraph-title">【動画】今季5点目、18歳FW後藤啓介が主張を示したパフォーマンス</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="psPz3wRf1Ws";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay_shorts.js"></script> 2023.06.11 18:05 Sun

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly