鳥栖が山形DF山崎浩介の完全移籍加入を発表! 今季J2で41試合2得点のCB

2022.12.09 18:25 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
サガン鳥栖は9日、モンテディオ山形からDF山崎浩介(26)の完全移籍加入を発表した。

山崎は大宮アルディージャのアカデミー出身だが、トップチームに上がらず、明治大学に進学。2018年に愛媛FCでプロの世界に飛び込み、2021年から山形に活躍の舞台を移した。

山形でも移籍初年度から主力センターバックとなり、今季からDF山田拓巳、MF南秀仁とともにキャプテンに。プレーでも明治安田生命J2リーグ41試合2得点の数字を残した。
J1初挑戦を果たす山崎は新天地の公式サイトを通じて「モンテディオ山形から加入することになりました、山﨑浩介です」と挨拶の言葉とともに意気込みを語っている。

「サガン鳥栖という魅力的なクラブで、新たなチャレンジをさせてもらえることに感謝しています。そして、このクラブに貢献する為に、更に成長していきたいと思います! サガン鳥栖に関わる皆さん、よろしくお願いいたします」

一方、山形の公式サイトを通じては「この度、サガン鳥栖に移籍することを決断しました」と移籍を報告するとともに、各方面に感謝の言葉を送った。

「まずは、ファン、サポーターの皆さん、そして監督、コーチングスタッフ、トレーナー、マネージャー、フロントスタッフ、チームメイト、2年間支えてくださった全ての方々に心から感謝しています」

「今シーズンの結果、立場含め、もちろん沢山の葛藤がありました。ただ、選手として新たなチャレンジの中で刺激を受け、更に成長していきたい気持ちが強く、この決断をさせてもらいました」

「青く染まったスタンドから響く声援の中でプレーできたこと、どんな状況になろうと最後まで背中を押し続けてくれた皆さんと味わった、嬉しさや悔しさ、仲間と多くの困難を乗り越えながら成長させてもらった全ての経験が、僕の財産です」

「モンテディオ山形の一員としてプレーすることができて本当に良かったです。2年間ありがとうござました!」

関連ニュース
thumb

鳥栖MF本田風智がU-22日本代表を辞退…18日の神戸戦には先発出場

日本サッカー協会(JFA)は19日、ヨーロッパ遠征を行うU-22日本代表のメンバー変更を発表した。 U-22日本代表は、24日にU-22ドイツ代表、27日にU-22ベルギー代表と国際親善試合を戦う。 JFAは、招集を受けていたサガン鳥栖のMF本田風智が負傷により辞退することを発表した。 本田は鳥栖の主力として今シーズンもプレー。18日のヴィッセル神戸戦にも先発出場していたが、56分に途中交代。下がる際にどこか痛そうな表情をしていた。 なお、追加招集選手は決定次第発表されるとのことだ。 2023.03.19 14:54 Sun
twitterfacebook
thumb

神戸が首位で代表ウィークへ! 大卒ルーキー泉柊椰の初ゴールで鳥栖撃破【明治安田J1第5節】

明治安田生命J1リーグ第5節の1試合が18日に駅前不動産スタジアムで催され、アウェイのヴィッセル神戸が1-0でサガン鳥栖を下した。 敵地で今季2敗目を喫して、ホーム凱旋となる15位の鳥栖は長沼が出場停止のほか、原田や藤田もメンバー外。前節の先発から4選手が入れ替わり、田代、中野、西川、小野が入った。一方、首位を走る神戸はアンドレス・イニエスタが引き続き欠場。泉や井出がスタートから出場した。 入りから全体で攻め入ったのは鳥栖だが、神戸が手数をかけずの攻めを効率よくフィニッシュの形に。鳥栖に攻め切れない流れが続くなか、神戸が先手をとる。22分、左サイドから中に仕掛けた泉がJ初ゴールとなる右足ミドル。巻いたボールを右に突き刺した。 アクション数こそ多いものの、1点ビハインドの鳥栖がその後もボールを握って崩しに力を注ぐが、神戸は守備も安定。その良い守りを鋭い攻めに繋げ、追加点こそ奪い切れなかったものの、鳥栖以上にシュートを放っていき、うまく試合をコントロールする。 仕切り直したい鳥栖だが、後半も神戸が前からのプレスを効かせ、相手のゴールに迫るシーンが印象的な流れに。交代カードで流れを変えにかかる鳥栖だが、ゴールが期待され、途中出場の富樫がわずか7分間のプレーでピッチを後にするなど、後手を踏む。 その鳥栖のベンチは74分までにすべてのカードを使い切って、反撃を待つが、神戸も攻守に集中を切らさず、攻めを引き続きフィニッシュの形に。鳥栖も最後のところまで迫るが、終盤まで1点リードの神戸が3度目の交代で大崎を入れ、逃げ切りの様相を強める。 結局、大卒ルーキーの一発で勝ち切った神戸が前節の初黒星から仕切り直しに成功して、首位で代表ウィークへ。鳥栖は今季初の連敗となっている。 サガン鳥栖 0-1 ヴィッセル神戸 【神戸】 泉柊椰(前22) <span class="paragraph-title">【動画】大卒ルーキー泉柊椰が決勝点となるJ初ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>J1初ゴールはゴラッソ<br>\<br>前半22分、左サイドから切れ込んだ泉柊椰が右足でコントロールショット!<br>見事なゴラッソでJ1初ゴール!<br><br>J1リーグ第5節<br>鳥栖×神戸<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> LIVE配信中<br><br>ドコモスポーツくじ キャンペーン実施中! ​<br>Jリーグ観戦をもっと楽しもう! ​<a href="https://t.co/247XSWYYRz">https://t.co/247XSWYYRz</a> <a href="https://t.co/JyeeFKyELj">pic.twitter.com/JyeeFKyELj</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1636982246254018560?ref_src=twsrc%5Etfw">March 18, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.03.18 17:03 Sat
twitterfacebook
thumb

香川真司の4684日ぶりゴール&初先発の加藤陸次樹が1G1A! C大阪が鳥栖下し今季初白星【明治安田J1第4節】

12日、明治安田生命J1リーグ第4節のセレッソ大阪vsサガン鳥栖がヨドコウ桜スタジアムで行われ、2-1でC大阪が勝利を収めた。 C大阪がホームに鳥栖を迎えた一戦。今季未勝利のチームは初勝利を目指し、12年半ぶりに復帰した香川がリーグ戦初先発を飾った。 序盤から互いにアグレッシブにゴールに向かう展開となる中、香川もコンディションの良さを披露。巧みなドリブル突破や鋭いミドルシュートなどを放っていった。 すると38分、待望の瞬間が訪れる。鳥栖が後方からビルドアップを試みようとするが、原田亘のパスを毎熊晟矢がカット。これを拾った加藤陸次樹がGK朴一圭をうまくいなしてクロス。これをボックス中央で待ち構えた香川が滑りながらもダイレクトボレー。これがネットを揺らし、C大阪が先制した。 このゴールは香川にとって、4684日ぶり。およそ12年10カ月ぶりのJ1でのゴールとなった。 前半をC大阪のリードで終えると、後半はC大阪がボールを握って進めていく。すると52分、左サイドでボールを持った為田大貴が左足でクロス。ボックス中央で完全にフリーになっていた加藤がヘディングで落ち着いて合わせ、C大阪がリードを広げる。 今季初先発の加藤が1ゴール1アシストの活躍を見せると、C大阪が試合を優位に進めることに。鳥栖は86分に左サイドを崩すと、樺山諒乃介からのパスに裏に抜けた中野伸哉がマイナスの折り返し。これをボックス内で本田風智が落ち着いて蹴り込み、鳥栖が1点を返す。 少ない時間で同点ゴールを目指したい鳥栖だったが、89分に長沼洋一がカピシャーバを倒してイエローカード。これが2枚目となり退場処分を受ける。 結局そのまま試合は終了。C大阪は香川と加藤のゴールで今季初勝利を挙げた。 セレッソ大阪 2-1 サガン鳥栖 【C大阪】 香川真司(前38) 加藤陸次樹(後7) 【鳥栖】 本田風智(後41) <span class="paragraph-title">【動画】香川真司が12年10カ月ぶりのJ1ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="NapBUC3ZP0E";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.03.12 16:20 Sun
twitterfacebook
thumb

香川真司の4684日ぶりのJ1ゴールはダイレクトボレー! 2010年5月の神戸戦以来

セレッソ大阪のMF香川真司が久々のJリーグでのゴールを記録した。 12日、明治安田生命J1リーグ第4節でC大阪はサガン鳥栖と対戦した。 ホームに鳥栖を迎えた一戦。今季未勝利のチームは初勝利を目指し、香川がリーグ戦初先発を飾った。 序盤から互いにアグレッシブにゴールに向かう展開となる中、香川もコンディションの良さを披露。巧みなドリブル突破や鋭いミドルシュートなどを放っていった。 すると38分、待望の瞬間が訪れる。 鳥栖が後方からビルドアップを試みようとするが、原田亘のパスを毎熊晟矢がカット。これを拾った加藤陸次樹がGK朴一圭をうまくいなしてクロス。これをボックス中央で待ち構えた香川が少し滑りながらもダイレクトボレー。これがネットを揺らし、C大阪が先制した。 このゴールは香川にとって、4684日ぶり。およそ12年10カ月ぶりのJ1でのゴールとなった。 <span class="paragraph-title">【動画】香川真司が12年10カ月ぶりのJ1ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="NapBUC3ZP0E";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.03.12 14:59 Sun
twitterfacebook
thumb

鳥栖が長沼ヘッドで今季初&本拠地7カ月ぶり勝利!名古屋は今季初失点&初黒星で連勝ストップ【明治安田J1第3節】

4日、明治安田生命J1リーグ第3節のサガン鳥栖vs名古屋グランパスが駅前不動産スタジアムで行われ、1-0でホームの鳥栖が勝利を収めた。 樺山諒乃介のセンセーショナルな一撃でガンバ大阪戦を引き分けた鳥栖。今季初勝利を目指す今節は、前節に続いて福田晃斗を最終ラインへ組み込み、頂点には加入後初先発となる富樫敬真を据えた。 一方でJ1唯一の無失点、2試合連続1-0勝ちと堅守の名古屋は、森下龍矢に代わって野上結貴が右ウイングバックで加入後初先発を果たした。 [3-4-2-1]のミラーゲームはまず鳥栖が仕掛け、長沼洋一がカットインからの右足を見せれば、これで獲得したCKからこぼれに反応した西川潤もミドルを放つ。37分には長沼がボックス内で勝負して右足を強振するも、GKの正面を突き、43分の藤田直之の右足弾丸ライナーもGKラングラックにわずかに触れられてクロスバーを叩いた。 対して、マテウス・カストロやキャスパー・ユンカーが積極的にシュートを放った名古屋は、過去2戦と異なり、ボールを保持しての前進にもトライ。野上が絡む右サイドを中心につなぐ時間も多く見られ、新加入の右ウイングバックは31分に叩きつけるボレーでフィニッシュにも顔を出す。もちろん速攻も健在で、40分には快足を飛ばした永井謙佑がユンカーのスルーパスに抜け出してビッグチャンス。だが、GK朴一圭の好セーブに遭い、互いにゴールを奪えぬまま45分を終えた。 両守護神の仕事量が目立った前半とは異なり、後半は両チームともに最終局面での精度が落ち、シュート数が伸び悩む。その中で65分、名古屋はCK崩れから中谷進之介のシュート性の折り返しにユンカーが触れるも、大きく浮いてしまう。5分後にも右サイドの崩しからストライカーに再びフィニッシュシーンが訪れるが、力なくGK朴一圭の手中に収まった。 ベンチワークでは両者ともウイングバックにテコ入れを図り、名古屋が森下を左に置けば、鳥栖も樺山を左へ投入。さらに名古屋が途中出場の内田宅哉を左に、森下を右へ回せば、鳥栖も長沼を左、樺山を右へとポジションチェンジを繰り返す。 互いが手を打つ中で試合を動かしたのは83分のセットプレー。鳥栖は左ポケットを取った菊地泰智のシュートから左CKを獲得すと、河原創は福田へのショートコーナーからリターンを受けてクロス。長沼がニアで合わせて待望の先制点を挙げると、これが決勝点に。 鳥栖が今季初勝利を飾ると同時に、昨年8月7日第24節ジュビロ磐田戦以来となる、およそ7カ月ぶりとなるホームでの白星を手にした。対して名古屋は今季初黒星を喫することとなった。 サガン鳥栖 1-0 名古屋グランパス 【鳥栖】 長沼洋一(後38) <span class="paragraph-title">【動画】デザインされたCKから長沼洋一が決勝点!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>準備していたコーナーキック<br>\<br>長沼洋一がニアで仕留めた<br><br>J1リーグ第3節<br>鳥栖×名古屋<br> <a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> LIVE配信中<br><br>ドコモスポーツくじ キャンペーン実施中! ​<br>Jリーグ観戦をもっと楽しもう! ​<a href="https://t.co/247XSWZwH7">https://t.co/247XSWZwH7</a> <a href="https://t.co/GodA3fZxe3">pic.twitter.com/GodA3fZxe3</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1631926926070910976?ref_src=twsrc%5Etfw">March 4, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.03.04 17:05 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly