マイケル・オニール氏が北アイルランド代表監督に復帰! 2028年までの5年半契約

2022.12.07 23:40 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アイリッシュ・フットボール・アソシエーション(IFA)は7日、マイケル・オニール氏(53)を北アイルランド代表新監督に迎えたことを発表した。契約期間は2028年6月30日までの5年半となる。

2年8カ月ぶりに北アイルランド代表監督に復帰したオニール氏は、公式サイトで以下のように喜びを語った。

「北アイルランドのとても嬉しく思っている。選手たちとどんな戦いを見せられるか楽しみだし、再びナショナル・スタジアムで緑と白のチームの一員として戦えることが待ち遠しい」
北アイルランド代表は今年10月にイアン・バラクロフ監督を解任。その後、同国代表の指揮官は空席となっていたが、この度オニール氏の復帰が決定した。

オニール氏は2011年11月から2020年4月まで北アイルランドの監督を歴任。初出場となったユーロ2016ではチームをベスト16に進出させる手腕を発揮すると、2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選では、プレーオフに進出するもスイスとの激闘の末惜しくも出場は逃した。

2019年11月からはストーク・シティの監督を兼任していたが、2020年4月に新型コロナウイルスの影響でユーロ2020が来夏に延期されたことを受け、一本に絞ることを決意し、同代表の指揮官を辞任。

約2年半指揮したストークでの戦績は、公式戦通算142試合で55勝33分け54敗。今季は開幕5試合でわずか1勝とスタートダッシュに失敗し、8月25日に成績不振で解任されていた。

関連ニュース
thumb

選手&監督としてアーセナルの一時代を築いたテリー・ニール氏が80歳で死去

現役時代はアーセナルやハル・シティなどでプレーし、北アイルランド代表としても活躍したテリー・ニール氏が他界した。80歳だった。 ニール氏は、1959年12月に北アイルランドのバンガー・シティからアーセナルへと加入。17歳という若さで加入し、そこから1970年7月まで在籍。ハル・シティへと完全移籍した。 アーセナルでは20歳という若さでキャプテンに就任。これはアーセナル史上最年少のキャプテンとなっている。 センターバックとしてプレーしたニール氏は、アーセナルでは10年間にわたって275試合に出場し10ゴールを記録していた。 1972年7月に現役を引退。選手兼任でハル・シティでは指揮を執っており、そのまま監督に。同時に北アイルランド代表でも選手兼監督を務めていた。 その後、ライバルクラブであるトッテナムの監督に就任。1976年から1983年までアーセナルで監督を務めていた。なお、1978-79シーズンのFAカップで優勝を達成している。 アーセナルは「クラブのキャプテンと監督の両方としてのテリー・ニールのステータスは、彼を20世紀のアーセナルに大きな影響を与えました。彼の素晴らしい貢献、そして彼のキャラクターは、クラブに関係するすべての人に常に感謝されます」と追悼メッセージを送った。 2022.07.29 10:40 Fri
twitterfacebook
thumb

マンチーニ、W杯ストレートインならずもPO突破に「自信ある」

イタリア代表のロベルト・マンチーニ監督が前を向いた。『UEFA.com』が報じている。 15日に行われたカタールW杯欧州予選グループCの最終節。2位のスイス代表と勝ち点15で並び、得失点差で首位のイタリア。しかし、北アイルランド代表とのアウェイ戦で0-0のドローに終わると、他会場でブルガリア代表を4-0で下したスイスに勝ち点で上回られ、2位に後退して、プレーオフに回ることとなった。 マンチーニ監督は試合後、「我々はこれまで自分たちを支えてきたものを再び見つけなければならない。力強さを取り戻さないと。前半にチャンスがあったが、あそこでゴールが決まっていたら、おそらく落ち着いて試合を運べただろう」と振り返った。 プレーオフは26日に抽選会が行われ、来年3月に開催予定。イタリアはこれで2大会連続のプレーオフ参戦となる。マンチーニ監督は「我々にはこの試合の前にも出場権を獲得するチャンスがあった」と今予選の歩みも振り返り、落とした試合の数々を悔やんだが、カタール行きがかかるプレーオフ突破に自信を示した。 「9月のブルガリアと引き分けた試合がキーだった。あの時期だし、選手たちの準備も整っていなかったがね。スイス戦との2試合ではそれぞれPKを外し、それも我々の有利に働かなかった。しかし、プレーオフに向けて完全に自信がある」 2021.11.16 09:30 Tue
twitterfacebook
thumb

堅守の北アイルランドを崩せなかったイタリアが2位転落… スイスが逆転で本戦出場《カタールW杯欧州予選》

イタリア代表は15日、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループC最終節で北アイルランド代表とのアウェイ戦に臨み、0-0で引き分けた。 3日前に行われたスイス代表との頂上決戦を1-1で引き分けたイタリア(勝ち点15)は、得失点差でスイスを2上回って首位に立つ。そのイタリアはスイス戦のスタメンから2選手を変更。ベロッティとロカテッリに代えてベラルディとトナーリを起用した。 3位の北アイルランド(勝ち点8)に対し、[4-3-3]で臨んだイタリアは3トップに右からベラルディ、インシーニェ、キエーザと並べた。 そのイタリアがボールを持つ流れとなったものの、自陣に引く北アイルランドを崩すことができない。 32分にようやくボックス左で仕掛けたキエーザが枠内シュートを放ったが、前半を通してこの場面以外にゴールに迫れた局面はなく、0-0でハーフタイムに入った。 迎えた後半、イエローカードを受けていたトナーリに代えてクリスタンテを投入したイタリアは開始5分にピンチ。サイド攻撃で揺さぶられ、ボックス内のサビルに枠内シュートを打たれたが、GKドンナルンマがセーブした。 同時刻開催のスイスがブルガリア代表に対して先制点を奪ったことで、このままでは2位転落となるイタリアが前がかるも、引き続き攻め手を見いだすことができない。 そんな中63分、キエーザがボックス内から左足で決定的なシュートを放つもわずかに枠を捉えきれなかった。 焦るイタリアはバレッラに代えてベロッティを投入。攻撃の枚数を増やしていく。80分にエメルソンが際どいミドルシュートを放ったが、終盤にかけても北アイルランドの堅守を崩せずにゴールレスでタイムアップ。 スイスがブルガリアに3-0で勝利したため、イタリアは2位に転落し、プレーオフに回ることになった。 逆転での本戦出場となったスイスは5大会連続12度目の出場を決めている。 ◆グループC最終順位 (勝ち点、得失点差) 1.スイス 18pt +13 ――本大会出場―― 2.イタリア 16pt +11 ――PO進出―― 3.北アイルランド 9pt -1 4.ブルガリア 8pt -8 5.リトアニア 3pt -15 2021.11.16 06:45 Tue
twitterfacebook
thumb

W杯出場へ挑むマンチーニ監督「絶対に勝ちにいく」

イタリア代表のロベルト・マンチーニ監督が、北アイルランド戦に向けて意気込みを語った。イタリアサッカー連盟(FIGC)がコメントを伝えている。 15日、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループC最終節で北アイルランド代表とアウェイで対戦するイタリア。前節では2位のスイス代表との試合を1-1のドローで終えて首位キープに成功。それでも勝ち点は「15」で並んでいるため、最終節では得失点差もカギとなる。 そのイタリアは、北アイルランドとのアウェイで過去3度の対戦で2分け1敗と勝利なし。最終予選のホームゲームで3試合すべて無失点という堅守を誇る相手に対し、マンチーニ監督は冷静さを保ってプレーする重要性を語りつつ、勝ちにいく姿勢であることを強調した。 「非常に重要な試合であることはわかっているが、スイス戦での得点後に発生したような不安を感じないようにプレーしなければならない。この3年間、チームが成し遂げてきたことは想像を絶するものだった。旅の途中で神経質になる瞬間があるのは当たり前のことで、明日の試合もそのひとつだ」 「しかし、選手たちは自分たちがしてきたことを忘れてはならず、最大限の冷静さを持ってプレーしなければならない。3月にはプレーオフが行われるが、より早く本選出場を決めておきたいのだ」 「絶対に勝ちに行く。簡単なことではないがね。ゴールを多く決めることができれば最高だ。予選突破のチャンスも高まるだろう」 「彼らはホームではいつも失点が少なく、多くの選手を使って上手に守っている。我々はスピードを上げて、低い位置でボールをキープするようにプレーしなければならないだろう」 2021.11.15 15:18 Mon
twitterfacebook
thumb

前代未聞!失点したGKが軽率守備の味方DFを殴って退場処分に

GKがチームメイトを殴って退場処分を受けるという、信じられない事件が起きた。 16日に行われたNIFLプレミアシップ(北アイルランド1部)、グレントランvsコールレーンの一戦。2-1と、ホームのグレントランが1点のリードで迎えた試合終盤だった。 80分、グレントランは中盤でボールを奪われると、コールレーンの右サイド、リンドン・カネに単騎で運ばれる。ボックス手前まで単独突破を許し、最後はカハル・フリエルに同点ゴールを献上してしまう。 すると、あっさりと突破を許した軽い守備に対し、GKアーロン・マッケリーが激昂。叫びながらチームメイトへ駆け寄り、あごの辺りへパンチング。さらに、倒れたボビー・バーンズの胸倉をつかんで引き起こそうとしている。味方にたしなめられてようやく手を離したマッケリー。この後、主審からはレッドカードが提示され、ピッチを去ることとなった。 いくら腹を立てたとはいえ、スポーツマンシップからは程遠い愚行だ。ただ、この件に関してミック・マクダーモット監督は「起こるべきではなかった」としながらも、問題を大事にはせず「我々は先に進むだけ」だと強調した。 「誰も仲違いはしていない、彼らは良い大人だ。起こるべきではなかった事件ではある。ニュースはないよ、特に。2人のプレーヤーが並んでいて、それが起きた。良くはないが起きてしまったこと。我々は先に進むだけだ」 同点被弾に仲間割れという衝撃に見舞われたグレントラン。試合はこのまま2-2でタイムアップを迎えたが、ホームチームにとってはショッキングな痛み分けとなった。 <span class="paragraph-title">【動画】失点直後、守備対応にキレたGKが味方を殴る衝撃シーン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">So...about last night...<a href="https://twitter.com/hashtag/bbcfootball?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#bbcfootball</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/BBCIrishPrem?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BBCIrishPrem</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/IrishLeagueBehaviour?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#IrishLeagueBehaviour</a></p>&mdash; BBC SPORT NI (@BBCSPORTNI) <a href="https://twitter.com/BBCSPORTNI/status/1449744106515832837?ref_src=twsrc%5Etfw">October 17, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.18 16:07 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly