PSG関心のシマカンがライプツィヒと2027年まで契約延長

2022.12.06 23:39 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
RBライプツィヒは6日、フランス人DFモハメド・シマカン(22)との契約を2027年6月30日まで延長したことを発表した。

今夏の移籍市場でパリ・サンジェルマン(PSG)から具体的なオファーが届くなど、ビッグクラブの関心を集める22歳だが、今回新たに1年の延長に応じたライプツィヒへの忠誠を誓っている。

「1年半前にこのクラブに来たとき、それは僕にとって大きな一歩だった。 初日からここで幸せを感じ、両手を広げて歓迎されたんだ。ピッチでパフォーマンスを発揮し、可能な限り最高の方法で成長することができるので、それは僕にとって本当に重要なんだ」
「クラブと街はすぐに僕の第二の故郷になったし、ここにいることをとても嬉しく思うよ。2022年にはすでに多くのことを達成したけど、今後のすべてを楽しみにしている。経営陣、コーチングスタッフ、チームメイト、そして何よりもファンから得た信頼と評価は、僕らが共に明るい未来を持っていることを示しているよ」

ギニア人の両親の下、マルセイユで生まれ育ったシマカンは2019年7月にストラスブールでトップチームデビュー。188cmの長身に加え、右サイドバックでもプレー可能なスピードを兼備するアスリート型のセンターバックで、一対一に無類の強さを見せる若き守備者。また、プレー判断や左足の精度には課題を残すものの、ビルドアップの局面でも貢献できるセンターバックだ。

2021年に加入したライプツィヒでは公式戦60試合4ゴール6アシストを記録。昨シーズンのDFBポカール制覇に貢献している。

関連ニュース
thumb

今季12得点のエンクンクがチームトレーニングに復帰! ライプツィヒ優勝争いの追い風に

長期離脱していたライプツィヒのフランス代表MFクリストファー・エンクンクがチームトレーニングに復帰した。 エンクンクは昨年11月15日、カタール・ワールドカップに臨むフランス代表の練習中に負傷。左ヒザ外側靭帯断裂の大ケガと診断されていた。当時のマルコ・ローゼ監督によれば復帰は2月下旬か3月上旬とのことだったが、予想よりも少し早く戻ってくることになりそうだ。 昨季のブンデスリーガで20ゴールをマークし、その得点能力が注目されているエンクンク。今季もすでに12ゴールをマークしており、現在首位バイエルンを4ポイント差で追うチームの攻撃のキーマンだった。 そんな中、昨年秋頃からチェルシー行きの可能性が高まり、12月半ばには確度の高い移籍情報を提供するファブリツィオ・ロマーノ氏が、来夏の移籍に向けて全ての署名が完了したと報道。今季はおそらくライプツィヒでのラストシーズンとなりそうだ。 2023.02.08 16:35 Wed
twitterfacebook
thumb

骨髄提供のオルバン、ウニオンとの上位対決欠場か

ライプツィヒのハンガリー代表DFヴィリー・オルバンが、11日に行われるブンデスリーガ第20節ウニオン・ベルリン戦を欠場する可能性があるようだ。ドイツ『キッカー』が報じている。 2017年から骨髄バンクに登録していたオルバン。この度、適合者が現れたとのことで4日のケルン戦後、幹細胞を採取する注射を受けていた。その影響でウニオン戦を欠場する可能性があるという。 ライプツィヒによれば8日か9日には練習に戻れるとのことだが、今季フルタイム出場でライプツィヒの守備の要であるオルバンは2位ウニオニとの上位対決に出場できるだろうか。 なお、オルバンはドナー登録について「もっと多くの人が登録してくれることを願っている。とても簡単なことだ。私は日々、周りの人に助けられていると感じる。ドナー登録は理にかなったことだ」とコメントした。 2023.02.07 23:30 Tue
twitterfacebook
thumb

W杯で大注目のクロアチア代表DFグヴァルディオル、行き先の希望は一択か…移籍金は150億円超に

カタール・ワールドカップ(W杯)で大きな注目を集めたクロアチア代表DFヨシュコ・グヴァルディオル(21)だが、移籍先の希望は決まっているようだ。 グヴァルディオルは、ディナモ・ザグレブから2021年7月RBライプツィヒへ完全移籍。加入1年目ながらブンデスリーガで29試合に出場し2ゴール2アシストを記録するなど、公式戦46試合に出場し2ゴール4アシストを記録した。 今シーズンも公式戦24試合で1ゴールを記録。カタールW杯でもクロアチアの守備の要としてプレーし、チームの3位に貢献していた。 今冬の移籍市場でステップアップするかと思われたが、結果として残留。ライプツィヒとは2027年6月まで契約を結んでいる状況だ。 ただ、夏にはビッグクラブへステップアップすると予想されているなか、イタリア『カルチョメルカート』は行き先はすでに決まっているとした。 グヴァルディオルには、インテルやユベントスなども興味を寄せているが、ラ・リーガやプレミアリーグに行くとされている。 しかし、『カルチョメルカート』によれば希望はレアル・マドリーとのこと。そして、マドリーも獲得リストに入れているという。 グヴァルディオルの移籍金は1億〜1億1000万ユーロ(約142億〜156億円)と見られており、簡単には合意に持っていけないとみられている。なお、これまでのDFの最高額はマンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表DFハリー・マグワイアで8700万ユーロ(約123億6000万円)となっている。 ただ、代表チームの大先輩であるルカ・モドリッチが所属するマドリーに行きたいという意志は明確とのこと。マドリーが投資をするのかどうか注目されている。 2023.02.06 16:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒにケイデン・クラークが復帰! アメリカ帰りの19歳攻撃的MF

ライプツィヒは3日、ニューヨーク・レッドブルズにレンタルしていたU-20アメリカ代表MFケイデン・クラーク(19)が復帰することを発表した。背番号は28番を着用する。 アメリカにあるバルセロナアカデミー出身の180cmの攻撃的MFは、2020年2月にNYレッドブルズのリザーブチームであるNYレッドブルズⅡに加入すると、リーグ戦12試合3ゴール5アシストの活躍を披露。 そのパフォーマンスが評価され、同年10月に行われたアトランタ・ユナイテッド戦ではいきなりスタメンでMLSデビューし、チームを1-0の勝利に導く決勝点を決める鮮烈なデビューを飾った。 さらに、そのデビュー戦から3日後のトロントFC戦でも見事なミドルシュートを突き刺し、2試合連続ゴールを達成。そして、17歳4カ月18日でのMLSデビュー戦からの2試合連続ゴールは、歴代最年少記録となった。 2021シーズンからは本格的にトップチームに定着し、MLSで24試合4ゴール3アシストを記録。ただ。2022シーズンはヒザのケガもあり出場時間が減少。リーグ戦では16試合1ゴール1アシストにとどまり、通算成績は49試合8ゴール4アシストだった。 トップ下から両ウイングまでこなせるケイデン・クラーク。今季のブンデスリーガは現状で首位バイエルンから5位のフライブルクまで3ポイント差にひしめき合う、例年にない大混戦が繰り広げられており、19歳には優勝争いに向けて追い風となる活躍が期待されている。 2023.02.04 18:05 Sat
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒ、ダニ・オルモが負傷で数週間離脱…ウニオン戦やCLシティ戦の出場は微妙

ライプツィヒは28日、スペイン代表FWダニ・オルモの負傷を報告した。 27日に行われたブンデスリーガ第18節のシュツットガルト戦で負傷し、ハーフタイムでの交代を余儀なくされたダニ・オルモ。検査の結果、左太ももの筋繊維断裂が判明し、数週間の離脱を強いられることになった。 今季のダニ・オルモはここまで公式戦17試合に出場し4ゴール6アシストをマーク。カタール・ワールドカップではラウンド16までの全試合に先発出場し、初戦のコスタリカ戦では1ゴール1アシストを記録していた。 なお、ライプツィヒは現在、ブンデスリーガでは3位に位置しており、首位のバイエルンとは2ポイント差。今季のブンデスリーガはバイエルンの1強ではなくなっており、6位のドルトムントまで6ポイント差でひしめき合っている。 今後は現状2位のウニオン・ベルリン戦やチャンピオンズリーグのマンチェスター・シティ戦が控えているが、ダニ・オルモの復帰が間に合うかは不明だ。 2023.01.29 16:45 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly