元モロッコ代表DFベナティア、R16スペイン戦控える後輩らにエール 「勝利を確信」

2022.12.05 18:25 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元モロッコ代表DFメディ・ベナティア氏がスペイン代表戦に臨む母国の後輩選手らにエールを送った。

現役時代にバイエルンやユベントス、ローマなどで活躍し、世界でもトップクラスのDFとして知られたベナティア氏。モロッコ代表としては2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)に出場した経験を持つ。

現在、母国の後輩たちはカタールW杯でグループFを首位通過し、6日にはベスト8を懸け、決勝トーナメント1回戦で優勝候補の一角であるスペイン代表との対戦に。ベナティア氏はイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』でモロッコの勝利を信じていると語っている。
「今回のW杯はすでに多くのサプライズが起こっているね。ここでまたひとつ、新たなサプライズがあるかも、と考えてみないか?」

「我々モロッコ人にとって、スペインは地理的にも近く、スペインとの試合はダービーマッチに通ずる部分がある。もちろん、モロッコの勝利を確信しているが、勝つには少し傲慢さも必要じゃないかな。このような試合では立ち上がりもとても重要だ」

「モロッコ代表は美しく、組織的だ。勝利は可能だよ」

関連ニュース
thumb

ユナイテッド、ザビッツァーの移籍は12時間足らずで決着か

マンチェスター・ユナイテッドはオーストリア代表MFマルセル・ザビッツァーを獲得する動きを12時間足らずで完遂させたようだ。 今冬のデッドラインデイにバイエルンからザビッツァーのローン移籍を決めたユナイテッド。デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが最大5月上旬まで負傷離脱するのが今冬の移籍マーケット閉幕日にわかってから獲得に乗り出したわけだが、やはりかなりのスピードをもって決着に持っていった模様だ。 イギリス地元紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』によると、ユナイテッドがバイエルンとコンタクトを図ったのは今冬のデッドラインデイ当日だけ。それも朝遅くの問い合わせだったようだが、午前12時10分にバイエルンと話をつけ、午後11時の締め切り前にディールシートの提出を済ませたという。 こうしたユナイテッドの迅速な動きにザビッツァー本人の話を聞いてすぐの移籍意思も大きく、クラブのスカウト部門も選手のスタイルを熟知していたとも。移籍交渉は基本的に長い時間を要すほど複雑なものだが、すべての要素が合わさって28歳MFのスピーディーなユナイテッド行きを実現させたようだ。 2023.02.01 17:40 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプールレジェンドがユナイテッド加入のザビッツァーを評価「活躍できる確信は持てない」

元ドイツ代表のディートマー・ハマン氏が、マンチェスター・ユナイテッドに加入したオーストリア代表MFマルセル・ザビッツァーを評価している。イギリス『サン』がコメントを伝えた。 移籍市場の締め切りギリギリのところでユナイテッド入りが決まったザビツァー。同クラブでは主力のクリスティアン・エリクセンが足首の負傷で最大5月上旬まで離脱することになり、その穴埋めとしてバイエルンからレンタルで加入した格好だ。 買い取りオプションは付いていないが、即戦力としての活躍は十分に期待できる。リバプールのレジェンドはその確信は持てないとしながらも、可能性は秘めていると見込んでいる。 「彼はとてもエネルギッシュな選手で、優れたエンジンを持ち、ゴールを奪うことができる。思うに彼のベストポジションはもう少し高い位置だろう。守備的MFではないと思う」 「ただ、私はチェルシーやユナイテッドが彼に興味を持っていたことに非常に驚いている。彼が即戦力になると確信が持てないからだ。良い選手ではあるが、すぐにインパクトを残せるかどうかはわからない」 「彼はクリスティアン・エリクセン の代わりとなる選手ではない。ボックス・トゥ・ボックスの選手、良いエンジンを積んでおり、とても多才だ。センターバックをやったこともあるだろう」 「ユナイテッドにとってとても良い選手になる可能性はもちろんある」 2023.02.01 16:10 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドが駆け込みでエリクセンの穴埋め! バイエルンからザビッツァーを半年ローン

マンチェスター・ユナイテッドは1日、バイエルンからオーストリア代表MFマルセル・ザビッツァー(28)の獲得を発表した。今季終了までのレンタル加入となる。 エリク・テン・ハグ新監督の下、調子を掴むユナイテッドだが、負傷のデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが最大5月上旬まで離脱。今冬の移籍マーケット閉幕も目前の緊急事態だったが、ザビッツァーに白羽の矢を立て、穴埋めを完遂した形だ。 ザビッツァーは2021年夏にRBライプツィヒからバイエルンにステップアップ。恩師であるユリアン・ナーゲルスマン監督を慕っての移籍だったが、準主力の扱いが続いており、今季のここまで公式戦24試合で1得点1アシストながら、大半が途中からだった。 甘いマスクに長髪を束ねた髪型が印象的なザビッツァーは「人生には迅速かつ重要な決断が必要なときもある。この話を聞いたとき、自分にぴったりだと思った。闘争心が強い選手だし、今季の目標達成を手助けしたい」などとコメントしている。 なお、移籍市場に精通するイタリア人記者のファブリツィオ・ロマーノ氏によると、買取オプションなしのドライローンでユナイテッド入りとなった模様だ。 2023.02.01 09:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ザビッツァーがユナイテッド移籍に向けイングランドに渡航!

マンチェスター・ユナイテッドへの電撃移籍が取り沙汰されるバイエルンのオーストリア代表MFマルセル・ザビッツァー(28)が、ドイツを離れてイングランドに渡航したようだ。ドイツ『スカイ』が報じている。 今冬の移籍市場最終日にユナイテッド行きの可能性が報じられたザビッツァー。すでに翌日に行われるDFBポカールのマインツ戦の招集メンバーを外れたことが確認されていた中、ミュンヘンの空港にてイングランド行きの飛行機に搭乗する姿も確認されることに。 ドイツ『スカイ』のトルベン・ホフマン記者は、空港で搭乗手続きを行うザビッツァーの様子を映した動画と共に、買い取りオプション付きのレンタル移籍が迫っていることを報じている。 元々、中盤セントラルの選手層に問題を抱えるユナイテッドは、さらに直近のレディング戦で足首を痛めたデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが3カ月程度の長期離脱を強いられることに。 これを受け、クラブはエリクセンの穴埋め補強としてバイエルンで準主力の立場にあるザビッツァーの獲得に動いている。 2020年夏にRBライプツィヒからバイエルンにステップアップしたザビッツァー。恩師であるユリアン・ナーゲルスマン監督に誘われる形で加入したが、ドイツの盟主では中盤のバックアッパーに甘んじている。 今季ここまでは公式戦24試合に出場し、1ゴール1アシストの数字を残しているが、そのほとんどが途中出場となっていた。 <span class="paragraph-title">【動画】ザビッツァーがイングランド渡航へ搭乗手続き</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="de" dir="ltr">Finale Verhandlungen mit Manchester! Sabitzer vor dem Abflug nach England. Geht vorerst um Leihe mit Kaufoption. <a href="https://twitter.com/FCBayern?ref_src=twsrc%5Etfw">@FCBayern</a> Exklusive Bilder <a href="https://twitter.com/SkySportDE?ref_src=twsrc%5Etfw">@SkySportDE</a> <a href="https://twitter.com/SkySportNews?ref_src=twsrc%5Etfw">@SkySportNews</a> <a href="https://t.co/XpvobxWKXL">pic.twitter.com/XpvobxWKXL</a></p>&mdash; Torben Hoffmann (@Sky_Torben) <a href="https://twitter.com/Sky_Torben/status/1620467865127358464?ref_src=twsrc%5Etfw">January 31, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2023.02.01 02:22 Wed
twitterfacebook
thumb

バイエルン電撃移籍のカンセロがペップとの確執否定 「ペップとの関係とこの決断はなんの関係もない」

マンチェスター・シティからバイエルンに電撃移籍したポルトガル代表DFジョアン・カンセロ(28)が、一部で報じられたジョゼップ・グアルディオラ監督との確執を否定した。 2019年夏の加入以降、シティの両サイドバックの主力を担ってきたカンセロ。とりわけ、スペイン人戦術家の下で“カンセロロール”と称される攻撃時の複雑なタスクを完璧にこなし、一時は世界最高の攻撃的サイドバックとの評価も受けた。 しかし、今季途中から若手のリコ・ルイスの台頭やナタン・アケのサイドバック起用が機能したことで、徐々に出場機会を失ったポルトガル代表DFは、今冬の移籍市場最終日に6150万ポンド(約98億8000万円)の買い取りオプションが付帯する、今シーズン終了までのレンタルでドイツ王者に新天地を求めることになった。 今回の移籍の経緯に関しては、出場機会を失った際の姿勢に不満を抱いた指揮官と、徐々にフラストレーションを溜めたカンセロが、ここ最近に入って衝突したことが移籍の原因と報じられていた。 しかし、カンセロは加入後のバイエルンの公式インタビューを通じて、移籍のキッカケとして出場機会減少を認めた一方、指揮官との確執を否定している。 「この数週間、出場時間が限られていたため、僕はこのような形で変化を求めたんだ。そして、監督との関係、ペップとの関係とこの決断はなんの関係もないよ」 「それは僕が求めていたこと、もっと試合に出たい、バイエルンのようなビッグクラブでプレーしたい、そして新しい冒険のために旅立ちたいと思ったんだ」 「今話したように、僕はここにいられてとても幸せだよ。ビッグクラブであり、多くの歴史を持つ、このクラブを代表してプレーするプレーヤーになれて、とてもとても幸せさ」 2023.02.01 00:05 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly