スペツィアがMLSから左SBモウティーニョを獲得!

2022.12.03 05:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スペツィアは2日、アメリカのオーランド・シティからポルトガル人DFジョアン・モウティーニョ(24)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までの3年半となる。

リスボン生まれの左利きのサイドバックであるモウティーニョは、ポルトガル屈指の名門スポルティングCPのアカデミー育ち。

その後、2017年にアメリカへ渡ると、ロサンゼルスFCとオーランド・シティでプレー。メジャーリーグ・サッカー(MLS)では通算83試合に出場し、3ゴール5アシストの数字を残していた。

関連ニュース
thumb

スペツィア、ローマからウズベキスタンのエースFWショムロドフをレンタルで獲得

スペツィアは30日、ローマからウズベキスタン代表FWエルドル・ショムロドフ(27)を今季終了までのレンタル移籍で獲得した。背番号は「14」を着用する。 ウズベキスタン代表の主将ショムロドフは、190cmの大型のアタッカー。母国のブニョドコルでキャリアをスタートし、ロシアのロストフを経て2020年の夏ジェノアに完全移籍で加入。 加入当初はセリエAへの適応に苦戦を強いられたが、ようやくイタリアの水になれたシーズン最終盤の6試合では5ゴールを挙げる爆発力をみせ、デビューシーズンで31試合8ゴールと上々の数字を残すと、この活躍が認められ、2021年夏に名門ローマ移籍を果たした。 ローマではジョゼ・モウリーニョ監督の下で貴重なオプションとなるも、途中出場がメインということもあり、ゴール数は伸び悩み。昨季は公式戦40試合で5得点と6アシスト、今季は8試合151分間の出場で1得点のみとなっていた。 恵まれた体格を持つものの、そのプレースタイルはターゲットマンタイプではなく、いわゆるモビリティタイプのアタッカー。爆発的なスプリント能力を武器に相手の背後やサイドに流れて局面を打開し、とりわけカウンターアタックの局面で力を発揮する。 2023.01.31 00:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ローマのウズベキスタン代表FWショムロドフ、半年レンタルでスペツィアへ

ローマのウズベキスタン代表FWエルドル・ショムロドフ(27)は、スペツィアへのレンタル移籍が確実となったようだ。イタリア『TuttoMercatoWeb』が伝える。 ウズベキスタン代表の主将ショムロドフは、2020-21シーズンにジェノアでセリエA31試合8得点をマーク。この活躍が認められ、2021年夏に名門ローマ移籍を果たした。 ローマではジョゼ・モウリーニョ監督の下で貴重なオプションとなるも、途中出場がメインということもあり、ゴール数は伸び悩み。昨季は公式戦40試合で5得点と6アシスト、今季は8試合151分間の出場で1得点のみとなっている。 今冬は当初から半年レンタルが噂され、行き先はトリノとサンプドリアの二択だと言われていたが、交渉をまとめたのはスペツィア。買い取りオプション等は付帯せず、6月までのレンタル費用は150万ユーロ(約2億1000万円)という。 スペツィアがローマと合意したのは26日とのことで、最後はエラス・ヴェローナ、クレモネーゼとの争いを制したようだ。 2023.01.27 20:27 Fri
twitterfacebook
thumb

スペツィアがアーセナル移籍のキヴィオル後釜を確保! セリエBで活躍する195cmの同胞

スペツィアは26日、ベネツィアからポーランド人DFプシェミスワフ・ヴィニシェフスキ(24)を獲得したことを発表した。『transfermarkt』によれば、移籍金は300万ユーロ、契約は2027年夏までとなる。 今冬にヤクブ・キヴィオルがアーセナルに移籍したスペツィア。その穴埋めはセリエBで活躍していた同胞に託されることになった。 ヴィニシェフスキはポーランドでプロデビューし、2022年夏にベネツィアに加入。195cmを誇る身長と東欧人らしい強靭なフィジカルを武器にすぐにレギュラーの座を確保し、リーグ戦19試合に出場していた。 また、優れた状況判断とそれに応じた効果的なプレーも特長としており、スペツィアだけでなく多くのクラブから関心を寄せられていた。 なお、スペツィアは代わりに、ブルガリア代表DFペトコ・フリストフ(23)をベネツィアへ買い取り義務付きのレンタルで送り出している。 <span class="paragraph-title”>【写真】スペツィアがキヴィオルの後釜を確保</span> <span data-other-div="movie"></span><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pl" dir="ltr">Welcome Przemysław! <a href="https://twitter.com/hashtag/Wisniewski?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Wisniewski</a> <a href="https://t.co/qwIDThhS1E">pic.twitter.com/qwIDThhS1E</a></p>&mdash; Spezia Calcio (@acspezia) <a href="https://twitter.com/acspezia/status/1618630709090082817?ref_src=twsrc%5Etfw">January 26, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.27 15:25 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナルが今冬2人目の補強完了! 多才な左利きDFキヴィオルを獲得

アーセナルは23日、スペツィアからポーランド代表DFヤクブ・キヴィオル(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「15」に決定している。 なお、移籍市場に精通するジャーナリストのニコロ・スキラ氏によると、移籍金は2500万ユーロ(約35億5000万円)となり、アドオンが最大500万ユーロ(約7億1000万円)程度に。契約期間に関してアーセナルは“長期”とのみ伝えているが、2028年までの5年半契約となった模様だ。 ミケル・アルテタ監督は、ディフェンスラインに厚みをもたらす新戦力への期待を語っている。 「ヤクブが我々のクラブに加わってくれることは素晴らしいことだ。彼は若い多才なDFであり、セリエAのスペツィアで大きな可能性と資質を示し、ポーランドの代表でも活躍している」 「ヤクブは我々の守備陣に強さと質を与えてくれるプレーヤーだ。我々はヤクブと彼の家族をアーセナルに歓迎し、彼と一緒に働くことを楽しみにしている」 一方、イタリアを中心に欧州の主要リーグの強豪チームとの争奪戦を制して逸材の確保に成功したスポーツディレクターのエドゥ氏は、「ヤクブ・キヴィオルとの契約を完了できたことをうれしく思う。彼は以前から注目していた若手タレントだ。ヤクブと一緒に仕事をすること、そして彼が我々と一緒に成長し続けることを楽しみにしている」と、満足感を示している。 キヴィオルは、アンデルレヒトの下部組織で育ち、2021年8月にジリナからスペツィアへと加入。これまでセリエAで39試合に出場。今シーズンは17試合に出場していた。 また、ポーランド代表としても2022年6月にデビューし、カタール・ワールドカップ(W杯)では4試合全てに出場し、将来が期待されている。 キヴィオルは左利きの189㎝のDFで、今季のスペツィアと代表ではセンターバックでプレー。さらに、昨季は智将チアゴ・モッタ監督の下で守備的MFとして攻守に複雑なタスクを任されていた。安定した対人守備に加え、戦術眼とビルドアップ能力に長けた総合力の高いDFは、ブラジル代表DFガブリエウ・マガリャンイスのバックアップを担うと共に、スペイン人戦術家に新たなオプションをもたらす存在となりそうだ。 19年ぶりのプレミア制覇に向けて順調に歩みを進めるアーセナルは、ブライトンから獲得したベルギー代表FWレアンドロ・トロサールに続き、今冬2人目の補強を完了させ、後半戦の過密日程に向けても準備万端だ。 2023.01.24 05:00 Tue
twitterfacebook
thumb

連勝で暫定4位浮上のローマ、モウリーニョ監督「チームはとても落ち着いていた」

ローマのジョゼ・モウリーニョ監督が勝利を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 ローマは22日に行われたセリエA第19節でスペツィアと対戦した。 立ち上がりからボールを握りながらもチャンスを作れない時間が続いたが、前半終了間際にFWステファン・エル・シャーラウィのゴールで先制。後半開始早々にFWタミー・エイブラハムの得点でリードを広げるとその後は試合を落ち着かせ、最後まで相手にチャンスを作らせないまま2-0で勝利した。 リーグ戦2連勝を飾ったローマは、暫定4位に浮上。試合後のモウリーニョ監督は、2点差リードにも油断はなかったとしつつ、試合をコントロールした選手たちを称えた。 「当然、2-0であっても状況が変わる可能性は常にある。昨年のユベントス戦では同じような状況で嫌な思いをし、今年のミラン戦では良い経験をした。つまり、2点差があっても試合は終わりではない」 「だが、実際にベンチから試合を見ていて、確かにチームはとても落ち着いているように感じた。適切にゲームをコントロールし、ボールをキープし、トランジションの面でも良い仕事ができていたと思う」 「そういう意味では、決して簡単ではないピッチで問題を起こしてくる相手に対して、かなり正しいゲームができた。試合の主導権を握り、自分たちがコントロールしているという感覚を作り出せたのは良い仕事だっただろう」 2023.01.23 10:53 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly