伊東純也在籍のスタッド・ランス、暫定指揮官スティル氏を正指揮官に任命

2022.12.01 22:39 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本代表MF伊東純也が所属するスタッド・ランスは11月30日、暫定指揮官を務めていたウィリアム・スティル氏(30)が正指揮官に就任したことを発表した。

伊東が今夏加入したランスは開幕から苦戦し、リーグ・アン10試合消化時点で1勝5分け4敗の15位に低迷。10月中旬にオスカルガルシア監督を解任していた。

以降はアシスタントコーチのスティル氏が暫定指揮官として指揮を執り、リーグ戦5試合で2勝3分けの無敗をキープ。リーグテーブルにおいて11位まで浮上していた。
この好成績とチームパフォーマンスを鑑みたクラブは、契約期間は不明も若きベルギー人指揮官を正指揮官に任命した。

なお、10代後半にして指導者キャリアをスタートしたスティル氏は、母国の複数クラブでアナリストやスカウト、コーチを歴任した後、2021年1月にはKベールスホットVAの正指揮官に就任。28歳でのジュピラー・プロ・リーグでの指揮は史上最年少記録となった。

関連ニュース
thumb

躍動のLASK中村敬斗、今季残留見通しも人気博す…リバプール&ブライトンも注視か

LASKリンツのFW中村敬斗(22)が水面下で人気を博しているようだ。 ガンバ大阪でのプロ入りから、オランダ、ベルギーときて、2021年2月からオーストリアで力を磨く中村。同年夏からLASKに活躍の場を移すと、今季はここまで公式戦18試合で11得点6アシストとスケールアップした活躍を披露している。 そうした印象的な活躍ぶりから、PSV行きの話が出たりと注目される存在となっているが、イギリス『テレグラフ』のマイク・マクグレイス記者によると、プレミアリーグクラブの関心も惹きつけている模様だ。 しかも、そのチームはビッグ6の一角であるリバプールや、日本代表MF三笘薫を擁してプレミアリーグ上位につけるブライトン&ホーヴ・アルビオン。2チームともスカウトを派遣する熱の入れようだという。 だが、移籍はまだ先の話とも。現時点でアウグスブルクとスタッド・ランスのアプローチがあるとのことだが、今季が終わるまでLASKに残留する見通しのようだ。 2023.01.31 12:35 Tue
twitterfacebook
thumb

伊東純也がネイマールの“演技力”の餌食に?際どい判定のイエローカードに日本のファンは不満「めっちゃ演技するやん」「主演男優賞」

スタッド・ランスの日本代表MF伊東純也も不満げだった。 29日にリーグ・アン第20節でパリ・サンジェルマン(PSG)とアウェイで対戦したスタッド・ランス。伊東は今節も右ウイングで先発出場した。 伊東はPSGの左サイドを任されたブラジル代表FWネイマールとも何度もマッチアップする中、35分にイエローカードを貰ってしまう。 タッチライン際を強引に抜こうとしらネイマールに対し、伊東は出足の早いスライディング。ボールはタッチラインを割ると、ネイマールの大きな叫び声が響き渡った。 リプレーを見ると伊東の足は先にボールに触れた後にネイマールの足に触れた流れだが、 このプレーで主審はイエローカードを提示。伊東は不満げに両手を広げていた。 このプレーには日本のファンも不満があるようで、『DAZN』のハイライトには「めっちゃ演技するやん」、「主演男優賞」、「ネイマールがネイマールしてて安心する」、「ネイマールチャレンジは成功したな」といったコメントが多く寄せられていた。 伊東は、その後相手の退場を誘発する突破を見せるなど攻撃の要として躍動。83分までプレーすると、チームも後半アディショナルタイムに劇的な同点弾を決め、1-1の引き分けに終わっている。 <span class="paragraph-title">【動画】伊東純也がネイマールの“演技力”の餌食に?(2:19~)</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="T573qg_JGlQ";var video_start = 139;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.30 19:45 Mon
twitterfacebook
thumb

「笑って退場してくなんて」伊東純也を悶絶させた足裏タックルで一発退場のPSGヴェッラッティに批判「折れてもおかしくなかった」

パリ・サンジェルマン(PSG)のイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティが一部のファンから批判を浴びているようだ。フランス『90min』が伝えている。 29日にリーグ・アン第20節でスタッド・ランスをホームに迎えたPSG。直近のリーグ戦2試合を欠場していたヴェッラッティはベンチスタートとなった。 試合は、日本代表MF伊東純也も先発したスタッド・ランスの奮闘もあり、PSGはほとんどチャンスを作れないまま前半を終えた。 すると、後半開始からヴィティーニャを下げてヴェッラッティを投入。早速効果が出ると、51分にネイマールの先制ゴールが生まれた。 しかし、直後の55分には予期せぬ出来事。伊東が右サイドのタッチライン際でボールを受けると、フアン・ベルナトと上手く入れ替わって前を向く。そこにたまらずヴェッラッティがスライディングタックルを敢行した。 伊東がギリギリで送ったスルーパスに反応したフォラリン・バログンはオフサイドだったが、伊東へ危険なアフタータックルを見舞ったヴェッラッティがオンフィールドレビューの末にレッドカードを受け、退場処分となり、復帰戦はわずか10分程度のプレーに終わった。 なお、試合はPSGが数的不利を感じさせない戦いを見せたものの、試合終了間際の96分にミスから失点。試合は1-1の引き分けに終わっている。 『90min』によると、SNS上ではヴェッラッティを批判や揶揄するコメントが多数あがっているとのこと。さらに、『ESPN』の公式インスタグラムなどでも取り上げられており、「レッドカードは当然だ」、「危険なプレー」、「折れてもおかしくなかった」、「笑って退場してくなんてなんか解せないね」といった声が寄せられている。 伊東に突破されていたら大ピンチとなるシーンとはいえ、投入からわずか10分後、退場後も納得できずに反省の色を見せなかったヴェッラッティの姿は非難の的になっているようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】伊東純也への足裏タックルの後、笑顔で退場していくヴェッラッティ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr"> | Cette vilaine faute de Marco Verratti sur Junya Ito... <a href="https://twitter.com/hashtag/PSGSDR?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#PSGSDR</a> <a href="https://t.co/9b51UHdUAa">pic.twitter.com/9b51UHdUAa</a></p>&mdash; Eleven Sports (FR) (@ElevenSportsBEf) <a href="https://twitter.com/ElevenSportsBEf/status/1619809417456930816?ref_src=twsrc%5Etfw">January 29, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.30 18:45 Mon
twitterfacebook
thumb

「キレッキレやん」PSGヴェッラッティをわずか10分で退場に!伊東純也の華麗なトラップに脚光「マジでいい抜け出しだった」

スタッド・ランスの日本代表MF伊東純也が持ち前のスピードを発揮した。 29日にリーグ・アン第20節でパリ・サンジェルマン(PSG)とアウェイで対戦したスタッド・ランス。伊東は今節も右ウイングで先発出場した。 試合序盤から伊東ら戦線がハイプレスをかけ、チャンスを作るスタッド・ランスは、15分には伊東のジャンピングボレーでゴールを狙ったが、これは枠を外れる。 前半を0-0で折り返すと、低調なPSGはハーフタイムでヴィティーニャを下げてマルコ・ヴェッラッティを投入。すると、51分にネイマールの先制ゴールが生まれた。 だが、55分に伊東のスピードが脅威に。右サイドのタッチライン際でボールを受けると、フアン・ベルナトと上手く入れ替わって伊東が前を向く。すると、たまらず寄せにきたヴェッラッティがスライディングタックルを敢行した。 伊東がギリギリで送ったスルーパスに反応したフォラリン・バログンはオフサイドだったが、伊東へ危険なアフタータックルを見舞ったヴェッラッティがオンフィールドレビューの末にレッドカードを受け、退場処分に。スタッド・ランスが数的有利を手にすることとなった。 それでも、数的不利を苦にすることなく戦っていたPSGだが、試合終了間際の96分にミスから失点。結局、試合は1-1の引き分けに終わっている。 PSG相手に持ち味を発揮した伊東にはファンも「伊東キレッキレやんすげぇな」、「パリ相手に活躍するのすごい」、「マジでいい抜け出しだった!!」と称賛。83分でベンチに下がったが、チームの勝ち点1に多大な貢献を見せた。 <span class="paragraph-title">【動画】伊東純也の華麗な突破にヴェッラッティがたまらずスライディングし一発退場</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr"> | Cette vilaine faute de Marco Verratti sur Junya Ito... <a href="https://twitter.com/hashtag/PSGSDR?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#PSGSDR</a> <a href="https://t.co/9b51UHdUAa">pic.twitter.com/9b51UHdUAa</a></p>&mdash; Eleven Sports (FR) (@ElevenSportsBEf) <a href="https://twitter.com/ElevenSportsBEf/status/1619809417456930816?ref_src=twsrc%5Etfw">January 29, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.30 11:35 Mon
twitterfacebook
thumb

土壇場被弾で勝ち点2スルリ…PSG監督「当然ながらがっかりだ」

パリ・サンジェルマン(PSG)のクリストフ・ガルティエ監督が落胆した。クラブ公式サイトが伝えている。 29日のリーグ・アン第20節で11位のスタッド・ランスをホームに迎え撃った首位のPSG。51分にFWネイマールのゴールで均衡を破ったが、59分に後半の頭から出場したMFマルコ・ヴェッラッティの退場に見舞われると、アディショナルタイムに追いつかれ、引き分けに終わった。 前節の黒星から仕切り直しの勝利が目前に迫りながら、最後の最後に被弾して2試合未勝利のガルティエ監督は失望感を隠さず、悔しさを滲ませた。 「当然ながら、がっかりしている。何も見せられずの前半に憤りを感じる。リズムもインテンシティもなかった。技術的なミスも多く、前半はランスに先制されても自然だったよ。私はヴェッラッティを投入して、途中から中盤に変更を施して、ネイをもっとピッチの真ん中に動かしたが、それは正しい選択だったと思う」 「先制して、チャンスを作り、それから退場者が出てしまったが、それも自然な成り行き。だが、10人vs11人となるなかで、よくやったし、チャンスも作った。終了まであと数分だったし、このまま結果を掴めると思ったのだがね」 「非常に皮肉だが、我々の経験不足により、終了の30秒前にトランジションで背後を突かれ、失点してしまった。このチームは経験があるわけだし、本当に残念だ。後半、1人少なくなってハードワークを続けた影響か? それはわからないが、あのゴールは非常にダメージが大きいね」 2023.01.30 11:20 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly