ナポリがクリスマスユニを発表も選手が着るのは年明けに!?!デザイン注目もカタールW杯でセリエAは中断中

2022.12.01 16:35 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ナポリは11月29日、クリスマス用の新ユニフォームを発表した。「エンポリオ・アルマーニ」のスポーツラインである『EA7』がユニフォームを提供しているナポリ。ホームユニフォームやアウェイユニフォーム、GKユニフォームに加えて、10月にはハロウィン仕様のユニフォームも発表していた。

今度はクリスマス仕様のもの。チームカラーの水色を基調に、袖口や首元はクリスマスらしい赤が施されている。最大の特徴はシャツ前面の下部に描かれたトナカイ。サンタクロースの帽子を被ったチャーミングなトナカイがでかでかと描かれている。
着用試合について発表はされていないものの、ナポリはクリスマスマッチシャツとしてこのユニフォームをアピールしている。ただ、カタール・ワールドカップ(W杯)で中断しているセリエAの再開は年明けの1月4日のため、クリスマスに間に合わないことになってしまう。

そのため、『Footy Headlines』によると、12月上旬に予定されている親善試合で着用する可能性もあるようだ。

なお、このデザインについては賛否が。「これで試合するの?」、「冗談でしょ」、「子供ウケは良さそう」など様々な反響が集まっている。

1 2

関連ニュース
thumb

ナポリの守護神メレトに移籍の可能性? トッテナムが今夏の獲得を計画か

トッテナムがナポリのイタリア代表GKアレックス・メレト(25)に関心を示しているようだ。 2019年夏の加入以来、常にポジション争いを繰り広げ、昨シーズンは控えGKに甘んじていたメレト。しかし、昨夏に守護神のGKダビド・オスピナが退団したことで正GKに抜擢されると、今季は公式戦26試合に出場しセリエAで首位を快走するチームを支えている。 しかし、イタリア『Rai Sport』に所属するジャーナリストのチーロ・ベネラート氏によれば、メレトが今夏の移籍市場で退団する可能性もあるようだ。 メレトは昨年10月に2024年6月30日までの新契約にサインしたものの、ナポリは25日にアタランタからイタリア代表GKピエルルイジ・ゴッリーニ(27)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得。さらに、夏にはセリエB(イタリア2部)のバーリからイタリア人GKエリア・カプリレ(21)の獲得も画策しており、その結果次第でメレトへのオファーを受け付ける姿勢だという。 メレトに対しては、トッテナムが獲得を検討しているとのこと。ノースロンドンのクラブでは長らくフランス代表GKウーゴ・ロリスがゴールを守り続けてきたが、36歳になる守護神は今季いくつかのミスも散見され、クラブは世代交代を目論んでいるようだ。 ナポリは3000万ユーロ(約42億円)の移籍金でメレト売却に応じると報じられており、今夏の去就が注目される。 2023.01.26 12:57 Thu
twitterfacebook
thumb

ナポリ、GKシリグの後釜としてアタランタから伊代表GKゴッリーニを買取OP付きのレンタルで獲得

ナポリは25日、アタランタからイタリア代表GKピエルルイジ・ゴッリーニ(27)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得した。 エラス・ヴェローナでプロキャリアをスタートしたゴッリーニは、以降アストン・ビラ、アタランタでプレー。2021年7月からはフランス代表GKウーゴ・ロリスの将来的な後釜候補として、トッテナムに買い取りオプション付きの1年ローンで加入。公式戦10試合に出場したものの、アントニオ・コンテ新監督の信頼を得られず、トッテナムがオプション行使を見送ったことで、一時的にアタランタへ復帰。 しかし、アルゼンチン代表GKフアン・ムッソが守護神を務める古巣に居場所はなく、昨夏に10代の頃に2年間在籍した古巣のフィオレンティーナにレンタル移籍。今季はカップ戦を中心にここまで公式戦9試合に出場していた。 イタリア代表歴もあるゴッリーニだが、ナポリには今季ハイパフォーマンスを披露している守護神のイタリア代表GKアレックス・メレトがいることから、同日にフィオレンティーナへ移籍したイタリア代表GKサルバトーレ・シリグ(36)の後釜としてセカンドGKの役目を担う模様だ。 2023.01.26 06:40 Thu
twitterfacebook
thumb

フィオレンティーナがナポリからGKシリグを完全移籍で獲得

フィオレンティーナは25日、ナポリからイタリア代表GKサルバトーレ・シリグ(36)を完全移籍で獲得した。 これまでパレルモやセビージャ、パリ・サンジェルマン、トリノなど様々なクラブを渡り歩いてきたシリグは、2021年の夏にジェノアへ加入。昨シーズンは守護神としてセリエA36試合に出場していたが、クラブのセリエB降格に伴い、チームを退団。 その後、コロンビア代表GKダビド・オスピナが退団したナポリにフリーで加入。しかし、今季は開幕からハイパフォーマンスを見せるイタリア代表GKアレックス・メレトの後塵を拝しており、ここまで出場機会はなかった。 なお、フィオレンティーナは同日にアタランタからレンタル移籍していたイタリア代表GKピエルルイジ・ゴッリーニ(27)のレンタル解除を発表した。 2023.01.26 06:05 Thu
twitterfacebook
thumb

クワラツヘリアが練習復帰、ローマとのデルビー・デル・ソーレ出場へ

ナポリのジョージア代表MFクヴィチャ・クワラツヘリアが25日のトレーニングに参加したようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 クワラツヘリアはインフルエンザの影響により17日のコッパ・イタリア・ラウンド16クレモネーゼ戦、21日のセリエA第19節サレルニターナ戦を欠場していた。 ナポリは次節、29日にセリエA第20節ローマとのデルビー・デル・ソーレを控えるが、ベストメンバーで臨めることになりそうだ。 2023.01.25 23:30 Wed
twitterfacebook
thumb

アメリカからナポリを気に掛けるインシーニェ「ユーベに5-1なんて最高過ぎる!」

夏にナポリからMLSのトロントに移籍したイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェが、ナポリの好調を喜んでいる。 セリエAの前半戦を首位で折り返し、冬の王者となったナポリ。驚異の勝ち点50到達はイタリア史上3チーム目の偉業だ。一方でコッパ・イタリアでは、現在リーグ戦最下位のクレモネーゼにPK戦で敗れ、ラウンド16で敗退の憂き目に。 この敗戦は予想外だったが、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューに応じたインシーニェは気に病む必要はないと古巣を激励。5-1で勝利したユベントスにフォーカスし、やや興奮気味に喜びを語った。 「ユベントスに5-1で勝つなんてクレイジーな結果だよ。僕たちナポリ人にとって、ビアンコネリを打ち負かすことは常に特別な味なんだ」 「コッパ・イタリア敗退は単なる一つの出来事に過ぎず、劇的なことではなかった。スパレッティはどのコードをどの演奏者に与えるべきが完全に理解している」 「監督と全てのスタッフを祝福しなければならないね。フィジカルコンディションは素晴らしく、今のナポリは2冠を目指している。サッリの時もエキサイティングだったけど、何かが足りなかったんだ」 2023.01.24 20:50 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly