「真剣勝負で戦えることを喜びに」運命のスペイン戦に意気込む森保一監督、全力を尽くし「日本人の魂と誇りを持って挑む」

2022.11.30 23:12 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本代表の森保一監督が、スペイン代表戦に向けた記者会見に出席。意気込みを語った。

カタール・ワールドカップ(W杯)もグループステージの最終節を迎え、日本は12月1日にスペインと対戦する。

現在2位につける日本は首位のスペインとの決戦に。勝てばラウンド16進出が決定。引き分けるともう1試合のコスタリカ代表vsドイツ代表の結果次第となる状況だ。
新しい景色としてベスト8以上を目標に掲げて臨んでいる日本。明日のスペイン戦に向けて、森保監督は意気込んだ。

「明日のスペイン戦に向けてですが、まずはこの準備期間である3日間、今日はまだトレーニングしていませんが、ミーティング等々明日のスペイン戦に向けて、チームとして良い準備ができていると思います選手たちには明日プレッシャーがかかる試合だと思いますが、自分たちの力を信じて、自分の力を信じて、仲間を信じて、戦いに臨んでほしいなと思います」

「重要な試合には変わりないですが、選手たちが普段やっている力を100%、チームとして個として発揮してくれれば結果はついてくると思うので、まず自分たちの力を100%発揮できるように思い切ってプレーしてもらいたいと思いますし、スタッフの1人として環境づくりをしていきたいと思いますサポーターの皆さん、国民の皆さんに喜んでいただける結果を残せるように、チーム一丸となって最後戦いますので、応援、そして共闘をお願いします」

大一番を迎えるにあたり、世界でも屈指の強豪であるスペインとの対戦については「明日のスペイン戦に臨めること、この状況を本当に幸せに思いますし、喜びに感じています」とコメント。「プレッシャーはなく、あるとすれば自分たちの力を出し切れるかどうかというところを後悔すること無くやれるか。明日のスペイン戦で勝利を目指し、グループリーグ突破を目指して戦えるということしか考えていません。世界の強豪とW杯の優勝したことがある国と真剣勝負で戦えることを喜びに思って戦いたいです」と、楽しみであることを口にしている。

森保監督率いる日本は初戦でドイツを撃破し世界を驚かせた。しかし、第2戦でコスタリカに敗れ、厳しい状況に立たされている。

スペインの強みについては「スペインは非常に戦術的に、そしてテクニカルに戦える素晴らしいチームだと思いますが、今のルイス・エンリケ監督の下、ダイナミックさとテクニカル、戦術的な部分と全て持ち合わせていると思っています」とコメント。これまで以上にダイナミズムを持っていると印象を語った。

勝たなければいけない試合。選手たちにかけた言葉については「明日勝つ確率を高めるために、それぞれのコンディションを高めること。中3日でメンタル的にもフィジカル的にも、疲れているところをしっかり上げていってもらえるようにということを話しました」とコメント。また、「スペイン戦に特別ということではないですが、できる選手がいるからこそ、またスペイン戦にグループリーグ突破をかけて戦えると思うので、自分たちの力を100%発揮して欲しいなと思います」とし、自分たちの力をしっかりと出し切ろうと伝えたという。

さらに「目の前の一戦に最善の準備をして、全力を出して勝利を目指して戦う」と語り、しっかりと目の前の相手を倒すとした。

その日本だが、ドイツ戦勝利で称賛が相次いだ一方で、コスタリカに敗れて大批判を受けることに。掌返しとも言える状況については「称賛も批判もあり、掌返しされるというのも勝負の世界なので、勝てば称賛、負ければ批判されるということは当たり前のことかなと思います」と冷静に受け止めていると語った。

また「できれば批判はされたくないですけど、称賛も批判も含めて日本の国民の皆さんがサッカーに興味を持ってもらい、サッカーというスポーツを認識してもらい、それを議論してもらえることを私自身は嬉しく思います」と語り、「それだけサッカーが日本の国民の皆さんの日常に寄り添ってみていただけるスポーツと思ってもらえると、議論は自由ですし、見方も自由です。自分の思いをぶつけて欲しいと思います。喜ぶのもストレスをぶつけるのも、全てが嬉しいと思っています」と、話題として、日常にサッカーを持ち込んでもらえていることを喜んだ。

選手たちには「我々は日本の代表として世界の舞台で戦う上で、日本人の魂と誇りを持って日本のために戦いに挑むということ。そこは共有できていると思います」とし、「サポーターの皆さん、国民の皆さんに喜んでいただけるように日々努力して全力で戦いに臨むだけかなと思っています」と、批判も関係なしに、全てを捧げて戦うのみだとした。

スペインといえば、1年半ほど前に東京オリンピックの準決勝で戦い、延長戦の末に敗れた相手。その試合に出場した選手も多くいる中、「東京オリンピックで準決勝でスペインに負けてしまったということは非常に残念で悔しい思い出ですので、選手も私も含めて、その悔しい思いから成長を誓って、ここにいるところもあります。今回の対戦で今度は我々が喜べる結果を目指して戦いたいと思います」と、リベンジを果たしたいと語った。

また「私がスペインのサッカーをA代表から育成の方まで見させていただいて、国サッカーとして一貫したサッカーをベースにやられているというプレーモデルの重要性、大切さであったりというところは素晴らしいなと見させてもらいました」とし、「東京オリンピックチームのスペイン代表の選手が何人もA代表にいますし、スペインのサッカーは育成からトップへどういう流れで来ているのかを試合で感じさせてもらいたいと思います」と、日本が今後どういう道を歩むべきかも見ていきたいとコメントした。

「ドイツ同様にスペインもW杯でチャンピオンになった国だということ。我々も2050年までにW杯で優勝するということを目指す中、どのように目指すべきかを明日また学べると思うので、勝利を目指すとともに、我々がどうあるべきかを考えながら試合に臨みたいと思います」と、勝利を目指しながら、強豪国の歩んでいる道を確かめたいとした。

関連ニュース
thumb

「すっかり看板選手に」「バリかっこえぇやん」三笘薫がリバプール戦で主役に? クラブが激推しでMDPの表紙に採用「今日の主役扱い」

ブライトン&ホーブ・アルビオンの日本代表MF三笘薫が再び注目を集めている。 ブライトンは29日、FAカップ4回戦でリバプールをホームに迎えて戦う。 14日に対戦したプレミアリーグ第20節では、同じホームで3-0と快勝。三笘も先発出場し、アシスト未遂の活躍を見せていた。 圧倒的な存在感をここまで見せている三笘。2週間ぶりの再戦となった中、この試合のマッチデー・プログラムの表紙を飾ることとなった。 クラブのSNSがマッチデー・プログラムを投稿。その隣には三笘のスパイク、そして後ろには三笘のユニフォームと三笘づくしとなっている。 ファンは「今日の主役扱い」、「凄い勢いで駆け上がってる」、「バリかっこえぇやん」、「すっかり看板選手に」、「クラブとサポのスターになってる」、「最高です」とコメントが寄せられている。 リーグ戦では圧倒した相手だが、今夜は果たして。前節のレスター・シティ戦ではスーパーゴールを決めただけに、三笘が再び輝くのか注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【写真】ブライトンが三笘づくしの写真を公開!マッチデーの表紙に採用</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Today&#39;s cover star. <a href="https://t.co/Yk8a81D34E">pic.twitter.com/Yk8a81D34E</a></p>&mdash; Brighton &amp; Hove Albion (@OfficialBHAFC) <a href="https://twitter.com/OfficialBHAFC/status/1619677693649522690?ref_src=twsrc%5Etfw">January 29, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.29 22:22 Sun
twitterfacebook
thumb

39歳10日、長谷部誠が偉業達成! フランクフルト史上最年長、FPとしてのブンデスリーガ出場を達成

フランクフルトのMF長谷部誠が偉大な記録を打ち立てた。 28日、ブンデスリーガ第18節でフランクフルトはバイエルンとアウェイで対戦した。 首位を走るバイエルンと、6位につけるフランクフルトの対戦。両者の勝ち点差は「5」であり、フランクフルトとしては勝利したい一戦だ。 長谷部は再開後の2試合はベンチに座っていたが、この大一番で先発出場。昨年10月に負傷したこともあり、リーグ戦10試合ぶりの出場となった。 3バックの一角としてフル出場。チームの引き分けに貢献した長谷部だが、偉大な記録を樹立する。 1月18日に39歳の誕生日を迎えた長谷部。この試合は39歳と10日での出場となったが、フランクフルト史上、フィールドプレーヤーとして最年長でのブンデスリーガ出場選手となった。 2008年1月に浦和レッズからヴォルフスブルクへと完全移籍してから15年が経過。ブンデスリーガの現役選手で最も長くプレーする選手であったが、長い歴史を誇るフランクフルトでも歴史を刻むこととなった。 <span class="paragraph-title">【動画】長谷部が記録樹立!鎌田は相手3人を引きつけるタメから同点弾シスト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Yi8rQ1WX_ko";var video_start = 32;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.29 11:45 Sun
twitterfacebook
thumb

堂安律が巧みな動き出しで同点直後の決勝ゴールをアシスト! 今季ブンデス4アシスト目

フライブルクの日本代表MF堂安律がアシストで魅せた。 28日、ブンデスリーガ第18節でフライブルクはホームにアウグスブルクを迎えた。 6位と好位置につけるフライブルクと14位のアウグスブルクの対戦。堂安律は[3-4-3]の右ウイングで先発出場を果たした。 リーグ再開後は数字を残せていない堂安。チームも6失点の惨敗に始まり、2試合で勝利がない状況だったが、この試合も13分に先制するも29分にPKで追いつかれてしまう。 嫌なムードが漂った中、直後の30分に堂安がチームを救う。ゴール前への浮き球のパスをミハエル・グレゴリッチュが頭で落とすと、ボックス内に入っていた堂安が相手選手と競り合いながらもダイレクトで折り返し。最後は、ルーカス・ホーラーが押し込んだ。 味方が競り勝つことを信じて走っていた堂安の好プレー。これが今シーズンのブンデスリーガで4アシスト目となった。 なお、試合は3-1でフライブルクが勝利。再開後初勝利を飾った。 <span class="paragraph-title">【動画】味方を信じた動きだし!追いつかれた1分後に堂安律が勝ち越し弾アシスト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Lmjm6ehlD0w";var video_start = 138;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.29 11:10 Sun
twitterfacebook
thumb

「落ち着きえぐい」「パス完璧!」鎌田大地、3人を引きつけるタメから同点弾アシストにファン称賛「鎌田は誇りだ」

フランクフルトの日本代表MF鎌田大地がアシストで魅せた。 28日、ブンデスリーガ第18節でフランクフルトはバイエルンとアウェイで対戦した。 首位を走るバイエルンと、6位につけるフランクフルトの対戦。両者の勝ち点差は「5」であり、フランクフルトとしては勝利したい一戦だ。 試合は34分にバイエルンがレロイ・サネのゴールで先制。リードした後もフランクフルトを攻めるが、追加点を許さない。 すると69分、フランクフルトはカウンター。バイタルエリアでパスを受けた鎌田はしっかりとキープして時間を作ると、3人を引きつけてパス。ボックス内左でパスを受けたランダル・コロ・ムアニが1人を振り切りネットを揺らした。 ファンは「落ち着きえぐい」、「パス完璧!」、「鎌田は誇りだ」、「鎌田は怖い存在だ」とコメント。巧みなシュートを決めたコロ・ムアニと共に称賛されている。 <span class="paragraph-title">【動画】相手3人を引きつけるタメから鎌田大地が同点弾をアシスト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Yi8rQ1WX_ko";var video_start = 32;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.29 10:35 Sun
twitterfacebook
thumb

パリ五輪目指すU-22日本代表、3月遠征でU-22ドイツ代表戦! 大岩剛監督「成長に繋げていきたい」

日本サッカー協会(JFA)は28日、U-22日本代表が今年3月にU-22ドイツ代表と対戦する旨を発表した。 大岩剛監督が指揮を執るU-22日本。2024年のパリ・オリンピックを目指して、3月にも海外遠征の実施が決まるなか、同月24日にフランクフルトでU-22ドイツとの一戦が実現した。 試合のキックオフは18時15分(日本時間25日午前2時15分)を予定。チームを束ねる大岩監督はドイツとの対戦決定を受け、コメントした。 「パリオリンピック出場に向けて大事な年となる2023年の初戦で、ドイツという素晴らしいチームと対戦できることを嬉しく思っています。FIFAワールドカップカタール大会でのSAMURAI BLUE(日本代表)のドイツ戦は多くの方の記憶に新しいところです」 「『SAMURAI BLUE経由パリオリンピック』を掲げるこのグループとしても、サッカー大国に勝つことだけを考えて取り組み、勝負の先にあるチームとしての、そして個人としての成長に繋げていきたいと思います」 2023.01.28 16:45 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly