W杯で大活躍のガクポ、J・コール氏は来年1月の移籍を予想「いくつもオファーが届くはず」

2022.11.30 18:09 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元イングランド代表のMFジョー・コール氏が、PSVのオランダ代表FWコーディ・ガクポを称賛した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

20日から開幕したカタール・ワールドカップ(W杯)にオランダ代表として参加するガクポ。初戦のセネガル戦で貴重な先制弾をマークして勝利に貢献すると、続くエクアドル代表戦でも開始早々に再び先制点を記録。注目が集まる中で29日に行われたグループA最終節のカタール代表戦でも先制点を挙げ、チームの決勝トーナメント進出に貢献した。

ここまでW杯全試合で先制点を記録するガクポへの評価は急上昇。イギリス『ITV』に出演したJ・コール氏も同選手のファンだと明かし、ビッグクラブが来年1月にも獲得に動き出すと予想した。
「多くのクラブのスカウトが、彼をチェックしているようだ。彼は大会で存在感を発揮していて、大胆不敵だね。ゴールに向かう動きは素晴らしく、フィニッシュも見事だ。きっとみんなの欲しいものリストに載るだろう」

「彼はまだ若い。そして、自身の若さに価値があることを理解しているだろう。もし、彼が移籍先でなかなかうまくいかなくても売却すれば損失を減らせるはずだ。それに、そもそも私は彼が本物だと思っているよ」

「彼が活躍した相手はカタールで、強豪国の一つではないと理解している。それでも、彼はエクアドル戦やセネガル戦でも得点した。彼は試合に影響を与える選手であり、そこにこそ価値がある」

「私は彼が本当に好きだよ。PSVでのプレーも見たが、これも好ましいね。1月になったら、PSVにはいくつものオファーが届くと見て良いだろう」

関連ニュース
thumb

「わんちゃん横目!」デ・リフトが愛犬抱く姿を彼女が投稿、見上げる表情に大注目「ウインクかわいい」「みんなモデルみたい」

バイエルンのオランダ代表DFマタイス・デ・リフトのパートナー、アネキー・モレナールさんがインスタグラムを更新。微笑ましい家族の一枚を注目を集めている。 写真撮影やファッション、法律についてなど多方面に勤勉な姿勢を見せるアネキーさん。25日には2匹の愛犬を抱いたデ・リフトの写真を公開した。 地球の絵文字を添えた一枚には、デ・リフトも犬の絵文字などでリプライ。2人のやり取りに「あなたは私の最高のアイドル」、「なんて素敵でしょ」、「なんと甘い」、「素敵なカップル」などの声が寄せられた。 さらには、愛犬の愛くるしさにも注目が。一匹は片目をつぶって主人を見上げており、「わんちゃん横目!」、「ウインクでとてもかわいいです」、「めっちゃ可愛い」、「キューティーズ」、「みんなモデルみたい」などの温かいコメントも届いている。 デ・リフトは今夏に6700万ユーロ(約98億6000万円)とも目される巨額の移籍金でユベントスから加入。バイエルンでも即座に主軸を担い、カタール・ワールドカップ(W杯)にもオランダ代表として2試合に出場していた。 ブンデスリーガ再開後の2連戦もフル出場。公私ともに充実の時間を過ごしているようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】わんちゃんがウインク!愛犬を抱えるデ・リフト</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cn1iCn9s_nB/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cn1iCn9s_nB/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cn1iCn9s_nB/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">AnneKee Molenaar(@annekeemolenaar)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.01.27 20:05 Fri
twitterfacebook
thumb

「巨人を手に入れた」辛口OBもお褒め! ヴェグホルストが加入初弾に喜び「心の底から幸せ」

ロイ・キーン氏が、マンチェスター・ユナイテッドで初ゴールを記録したオランダ代表FWワウト・ヴェグホルストを称えた。イギリス『サン』が伝えている。 ユナイテッドは25日に行われたカラバオ・カップ(EFLカップ)準決勝第1戦でノッティンガム・フォレストと対戦。6分にFWマーカス・ラッシュフォードの先制点で口火を切ると、前半終了間際にヴェグホルストが加入後初ゴールとなる追加点をゲットした。 試合終了間際にもMFブルーノ・フェルナンデスがダメ押しの3点目を記録。決勝戦進出を大きく手繰り寄せる3-0の完勝となり、ユナイテッドOBのキーン氏も満足げ。イギリス『スカイ・スポーツ』でヴェグホルスト加入の意義を実感したと語った。 「ヴェグホルストのユナイテッド加入は少なからず批判されていたね。だが、彼が今日見せたものこそ、クラブが彼を連れてきた理由と言える。ユナイテッドは巨人(身長197cm)を手に入れた」 同胞FWの獲得をクラブに求めたエリク・テン・ハグ監督も試合後の記者会見で「ストライカーらしさが凝縮されたゴール」と振り返った同選手の一撃。FWアントニーのシュートが相手GKに阻まれたこぼれ球を押し込んだ。 また、ヴェグホルスト自身も「心の底から幸せだ。こぼれ球を期待して走ったからこその結果だよ。ハーフタイムは気分が良かったな(笑) 素晴らしい勝利も手にしたし、来週に向けてまた頑張るよ」と晴れやかに語っている。 <span class="paragraph-title">【動画】嬉しい加入後初ゴールのヴェグホルスト、終始笑顔でインタビューに答える</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Off the mark <br><br>Wout is hoping tonight&#39;s goal is the first of many in United colours <a href="https://twitter.com/hashtag/MUFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MUFC</a> || <a href="https://twitter.com/hashtag/CarabaoCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#CarabaoCup</a></p>&mdash; Manchester United (@ManUtd) <a href="https://twitter.com/ManUtd/status/1618395919547875328?ref_src=twsrc%5Etfw">January 25, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.26 13:50 Thu
twitterfacebook
thumb

準決勝はオランダvsクロアチア、スペインvsイタリアに決定! UEFAネーションズリーグファイナルズは6月開催

欧州サッカー連盟(UEFA)は25日、UEFAネーションズリーグ(UNL)ファイナルズの組み合わせ抽選会を実施した。 今年6月にオランダで開催されるUNLの決勝ラウンド。すでにベスト4が決定しており、オランダ代表、クロアチア代表、スペイン代表、イタリア代表の4チームが勝ち残っていた。 抽選の結果、準決勝ではオランダvsクロアチア(6/14)、スペインvsイタリア(6/15)のカードが決定した。 イタリア以外の3カ国は昨年のカタール・ワールドカップ(W杯)に出場しており、クロアチアは3位、オランダはベスト8、スペインはベスト16入り。イタリアはユーロ2020を制したものの、W杯の出場を逃していた。 クロアチアとスペインは日本代表も対戦しており、記憶に新しいところ。3カ国目の優勝国に輝くのはどこになるだろうか。 2023.01.25 22:50 Wed
twitterfacebook
thumb

「左に来ると分かっているのに…」「それでも止められない」ロッベンの現役時代カットイン集が反響!日本の三笘薫と比較する声も?

元オランダ代表のアリエン・ロッベン氏が、23日に39歳の誕生日を迎えた。 2019年に現役を一度引退した後、1年のブランクを経てフローニンヘンで現役復帰し、2021年に完全に現役を引退したロッベン氏。現役時代には、圧倒的なスピードを生かしたドリブルを武器に、右サイドを蹂躙。カットインしてからの左足シュートはもはや代名詞だった。 特にバイエルンでは、公式戦通算307試合143ゴール101アシストの圧巻のスタッツを残し、7度のブンデスリーガ制覇やチャンピオンズリーグ優勝に貢献していたロッベン氏だが、23日は同クラブの公式SNSやUEFA(欧州サッカー連盟)がそのプレー集を公開している。 カットインのオンパレードにはファンも感嘆。「彼が左に来ると分かっているのに…それは魔法のようだ」、「彼が何をしようとしているのか分かっていても彼を止めることはできない」、「唯一無二」、「伝説の左足」、「最後のウインガー」と賛辞の言葉を並べていた。 また、ブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫が、レスター・シティ戦で逆の左サイドからカットインしてコントロールシュートを突き刺すスーパーゴールを決めた際には、「逆ロッベン」と呼ぶ声も。それだけロッベンのカットインと左足はファンの脳裏に刻まれるものだった。 <span class="paragraph-title">【動画】ロッベン、現役時代のキレッキレなカットイン集</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fi" dir="ltr"> Arjen <a href="https://twitter.com/hashtag/Robben?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Robben</a> + <a href="https://twitter.com/hashtag/FCBayern?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FCBayern</a> =<br><br> 309<br> 144<br> 101<a href="https://twitter.com/hashtag/HBD?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#HBD</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/UCL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#UCL</a> | <a href="https://twitter.com/FCBayern?ref_src=twsrc%5Etfw">@FCBayern</a> <a href="https://t.co/EyvZDlLZmd">pic.twitter.com/EyvZDlLZmd</a></p>&mdash; UEFA.com DE (@UEFAcom_de) <a href="https://twitter.com/UEFAcom_de/status/1617491719863386112?ref_src=twsrc%5Etfw">January 23, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】ロッベンを彷彿とさせた三笘薫のスーパーゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="aj-PFAP7Y4g";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.24 19:45 Tue
twitterfacebook
thumb

オランダ代表再任のクーマンが所信表明 「以前の攻撃的なスタイルに戻りたい」

オランダ代表指揮官に再任したロナルド・クーマン監督が、所信表明を行った。 カタール・ワールドカップ(W杯)をベスト8で終えたオランダは、当初の予定通りにルイス・ファン・ハール監督が退任。そして、大会前に再任が決定していたクーマン監督は、23日にオランイェの正指揮官として2度目の就任会見に臨んだ。 2018年2月から2020年夏にバルセロナの指揮官に就任するまで、母国代表を指揮し、UEFAネーションズリーグで準優勝を収めるなど確かな手腕を発揮してきた59歳は、今回の就任期間に主要大会での成功を誓った。オランダ『ESPN』が会見コメントを伝えている。 「主要なトーナメントで成功を収めるという、成功した監督になれることを証明しなければならない」 「そして、その最初のステップは、3月に始まるユーロ予選だ」 また、ファン・ハール前体制では[3-5-2]の布陣を採用し、守備的な印象が強かったが、クーマン監督は前指揮官のやり方をやや否定すると共に、伝統の4バックに戻してより攻撃的なスタイルを標榜している。 「もちろん、結果を追求していくが、我々がやってきたスタイルに戻ることが重要だ。以前のスタイルに戻りたいと思っている」 「(カタールW杯の戦いを見ていた際に)『これは違うかもしれない、これは間違いなく違う』と思った幾つかの瞬間があった」 「オランダではフットボールをプレーしようと試みるが、それがしばしば最も困難な道となる。つまり美しく、魅力的で、攻撃的なフットボールということだ」 「(ファン・ハール体制はPK戦を除き20戦無敗だった)国際試合で20戦無敗、それを自分が達成できたら信じられないことだろう」 「ただ、私は(守備的ではない)違うやり方でできると思うし、違うやり方でやりたい」 なお、新生オランダの初陣は3月24日にアウェイで行われるユーロ2024予選のフランス代表戦となる。 2023.01.24 07:30 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly