アルゼンチン撃破のサウジアラビア、国内でW杯42試合が観られず!? 政府がサービスをブロック

2022.11.26 23:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
カタール・ワールドカップ(W杯)の初戦でアルゼンチン代表を下したことが大きな話題となっているサウジアラビア代表。しかし、国民には大きな問題が降りかかっているようだ。日本代表のドイツ代表撃破も大きな話題となっているが、その前日にはサウジアラビアがアルゼンチンを撃破。試合翌日が祝日になるなど、大きな騒ぎとなった。

そんな中、サウジアラビア国民の期待は高まることに。グループステージ突破も見えてくるなか、26日にはポーランド代表と対戦している。
しかし、躍進の期待も懸かるチームの活躍をサウジアラビア国民は目にすることができない可能性があるようだ。

今大会に関して、サウジアラビアでは22試合が無料で放送されることに。カタールの放送局『beIN SPORTS』が所有する『Tod TV』で視聴できるという。

しかし、残りの42試合はストリーミングサービスでしか観戦できない状況。これが開会式の1時間前にブロックされ、閲覧ができなくなっていたという。

イギリス『BBC』によると、サウジアラビアのメディア省は、サービスが規制に違反しているとしてブロックしたとのこと。利用者にも通達しているという。

また『Tod TV』は、広告主に対しても事情を説明し、視聴者にも「我々の手に負えない事態」が起きているとメッセージを送っているとのことだ。

サウジアラビアを含む中東の3カ国は、カタールとの外交問題を以前は抱えていたが、2年前に終止符が打たれていた。過去には、『beIN SPORTS』をブロックし、コンテンツの著作権侵害への措置をサウジアラビア側が取っていたこともある。

現在もこの問題は解決されておらず、サウジアラビアが勝ち上がった場合の試合がどうなっているかは不明。初の中東開催で躍進も期待される中、意外な問題が紛糾している。

1 2

関連ニュース
thumb

アル・ナスルの本気… ブスケツ獲得のためなら要求は全て受け入れる? 2年契約を提示済み

サウジアラビアのアル・ナスルは、バルセロナの元スペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツ(34)獲得に本腰のようだ。 契約満了に伴う今季限りでのバルセロナ退団が近づくブスケッツ。盟友チャビ・エルナンデス監督からは残留を願うコメントも出ているなか、依然としてクラブからの延長オファーを心待ちにしている状況だ。 新天地として取り沙汰されるのは、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミと中東サウジアラビアのアル・ナスル。実績ある世界的スターの獲得に積極的な両クラブだが、より熱心なのはアル・ナスルかもしれない。 スペイン『ムンド・デポルティボ』によると、アル・ナスルはブスケッツに2年契約オファーを提示済みで、年俸は1800万ユーロ(約25億4000万円)という超高待遇。さらに、獲得のためなら選手本人の要求を全て受け入れると考えられている。 総年俸2億ユーロ(約283億円)で契約したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに始まり、ブスケッツ以外も複数の世界的スターと紐付けされるアル・ナスル。ブスケッツの第一希望はあくまでバルセロナ残留だが、果たして…。 2023.02.07 17:41 Tue
twitterfacebook
thumb

アジアカップ2027はサウジアラビア開催に! AFC総会で承認

アジアカップ2027の開催地がサウジアラビアに決定した。アジアサッカー連盟(AFC)は1日、バーレーンのマナーマで行われた総会でサウジアラビア開催を承認した。 当初はイラン、ウズベキスタン、中国、カタールの4カ国が開催地に名乗りを上げていたが、後にその4カ国は立候補を取り下げた。 以降はサウジアラビアと共にインドが新たに立候補していたが、昨年12月にインドが立候補を取り下げたことで、サウジアラビアが唯一の開催地候補となっていた。 サウジアラビアでの初開催決定に際して、AFCのシャイフ・サルマーン・ビン・イブラーヒーム・アール=ハリーファ会長は、「サウジアラビアがAFCアジアカップ2027の開催地に選ばれたことに祝意を表したい。サウジアラビアで大会が開催されるのは今回が初めてであり、SAFFおよびサウジアラビア政府と緊密に協力し、2027年にファンとプレーヤーのために思い出に残るAFCアジアカップを開催できることを楽しみにしています」と、語っている。 なお、サウジアラビア代表は1984年、1988年、1996年の3大会で優勝経験がある。 2023.02.02 05:30 Thu
twitterfacebook
thumb

元マドリーMFメドラン、現在地サウジアラビアの魅力を語る「試合がカオスになりがち(笑)」

サウジアラビア1部のアル・タアーウンに所属するスペイン人MFアルバロ・メドラン(28)が、同国サッカーリーグの魅力を語っている。 レアル・マドリーの下部組織で育ち、ファーストチームで通算5試合に出場した経験を持つメドラン。退団後はバレンシアやラージョ・バジェカーノなどを渡り歩き、昨年1月にサウジアラビアへと辿り着いた。 19日には自身のSNSでアル・タアーウンとの契約延長を発表。同クラブは今季のリーグ戦で5位につける強豪で、来月17日にはメドランの元同僚、クリスティアーノ・ロナウドが加入したアル・ナスルとの対戦も予定されている。 先日行われたスペイン『Relevo』のインタビューでは、サウジのリーグについて「競争力がある。質も高い。戦術が少し欠けていて、試合がカオスに陥りやすい。だけどそれも含めて面白い(笑)」と評したメドラン。C・ロナウドとの再会も待ちきれないようだ。 「皆、『C・ロナウドは本当に来るのか?』って僕に聞くんだ。僕は何も知らないんだけど、『きっと僕に会うために来るさ』と返したよ(笑) ここでは誰もが彼との対戦を願っている。リーグにとってこれ以上の成長機会はないはずだ」 C・ロナウドに続き、現在はドルトムントのドイツ代表MFマルコ・ロイス(33)が今夏にサウジ行きを決断するとの観測も。サウジアラビアのサッカー界がかつてないほど盛り上がりを見せている。 2023.01.19 20:44 Thu
twitterfacebook
thumb

サウジ指揮官ルナールがベルギー代表新監督の噂を否定…

サウジアラビア代表を率いるエルヴェ・ルナール監督(54)が、ベルギー代表の新指揮官就任の噂を否定した。 ベルギー代表はロベルト・マルティネス前監督の退任に伴い、現在新指揮官探しに着手。これまではアシスタントコーチを務めたティエリ・アンリ氏やクロード・ピュエル氏、アンドレア・ピルロ氏らが候補として名前が挙がっている。 そういった中、ベルギーの複数メディアはその最終リストにルナール監督があると報じていた。 しかし、サウジアラビア代表と2027年までの契約を結んでいるとされるフランス人指揮官は、自身の公式ツイッターを通じて、一連の報道を否定した。 「私がベルギー代表の監督になる案を提示したというニュースは完全な誤りだ」 ルナール氏は、これまで2012年にザンビア代表、2015年にコートジボワール代表でアフリカ・ネーションズカップ制覇を成し遂げ、モロッコ代表ではロシア・ワールドカップにおいて5大会ぶりの本大会出場に導いた名将。直近のカタール・ワールドカップではグループステージ敗退も、優勝したアルゼンチン代表に唯一勝利していた。 2023.01.12 22:27 Thu
twitterfacebook
thumb

ブラジルの名門もC・ロナウドに接触していた… 会長が認める「サウジの提示が20倍だった」

ブラジルの名門コリンチャンスが、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(37)に接触していたようだ。ブラジル『グローボ』が伝えている。 カタール・ワールドカップ(W杯)の開催期間中にマンチェスター・ユナイテッドとの契約を解除し、無所属で大会に臨んだC・ロナウド。年明けにはサウジアラビアのアル・ナスル行きが発表された。 「欧州での役目は終わった」とアル・ナスル加入後の本人が話したように、以前にはアメリカやオーストラリア、ブラジル行きといった噂も。コリンチャンスのドゥイリオ・モンテイロ・アウべス会長がブラジル『Bandeirants』のインタビューで接触の事実を認めている。 「我々は確かにクリスティアーノに申し出をした。スポンサーの助けを借り、彼のユナイテッドでの契約と同じ給与を提示したんだ」 「だが、サウジアラビア(アル・ナスル)の提示は20倍以上のものだったのさ。ジョルジュ・メンデス(代理人)とも6、7回話し合い、彼らがサウジのオファーを受けないことを願っていたよ(笑)」 2023.01.07 21:54 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly