FW補強必須のユナイテッド、補強リストにデパイ…当事者間も接触か

2022.11.26 19:01 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドの補強リストにバルセロナのオランダ代表FWメンフィス・デパイ(28)が入っている模様だ。

その情報はドイツ『スカイ』のレポーターを務めるフロリアン・プレッテンベルク氏からのもの。エリク・テン・ハグ監督にデパイをユナイテッドに連れ戻す構想があるといい、すべての当事者間で接触もあるようだ。

そんなデパイだが、バルセロナとは契約最終年で、FWロベルト・レヴァンドフスキの加入にケガも重なって浮いた存在に。財政的に厳しいバルセロナはサラリーを削減したく、契約の解消さえもありうる状況だという。
デパイは2015年夏から1シーズン半にわたってユナイテッドでプレーしたが、鳴かず飛ばずに終わった過去。造反のFWクリスティアーノ・ロナウドと袂を分かち、ストライカー補強が急務なユナイテッドだが、いかに。

なお、渦中のデパイは先日、来たる1月に移籍を果たす可能性について「この先がどうなるかはわからない。今はW杯に集中していて、それ以外のことは何も」と話している。

関連ニュース
thumb

テン・ハグ、カゼミロ退場に「もっと多くの選手がピックされてもおかしくなかった」

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督が振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 4日のプレミアリーグ第22節でクリスタル・パレスをホームに迎え撃ち、2-1で勝利したユナイテッド。70分にブラジル代表MFカゼミロが一発退場してから戦況が大きく変わり、1点を返されたが、何とか振り切った。 オーストリア代表MFマルセル・ザビッツァーのデビューも霞む荒れ試合だったが、これで本拠地オールド・トラッフォードで公式戦13連勝。直近の公式戦4連勝とし、ニューカッスル・ユナイテッドを抜いて3位に浮上した。 試合後のテン・ハグ監督は「満足点がいっぱいある。まず試合の質だ」と内容にも手応えを語った。 「最初の70分間はポゼッション、フォーメーション、パスの確実性など、ピッチ上で本当に良い戦いがやれた。トランジションもカウンタープレスも見事で、試合を支配したと思う。リードしてしかるべきだったし、特に2点目なんかは見ていても気持ちの良いゴールだった」 だが、この試合はカゼミロの退場がトピックに。後半途中にFWアントニーがMFジェフリー・シュラップに突き飛ばされ、乱闘騒ぎとなり、カゼミロはMFウィル・ヒューズと対峙したが、OFRで一発退場を命じられた。 カゼミロの手が相手の首を絞めるような位置に入って印象が悪く、無念の退場劇に。テン・ハグ監督はVARの一貫性に疑問を呈した。 「クリスタル・パレスの選手が大きなリスクを冒してアントニーにケガを負わせようとし、何人かの選手が感情を高ぶらせるという場面を目にした。そして、1人の選手がピックされたんだ。もっと多くの選手がピックされてもおかしくなかった」 「VARも関与したのが何より理解できず、それなら一貫性を保たねば。今季のここまでVARが介入しない場面だって何度もあったし、残念だが、受け入れなければならない。選手はきちんと振る舞い、感情をコントロールする必要がある」 「だが、我々はスピリットを持ってお互いのために戦っている。そこは満足だ」 2023.02.05 09:50 Sun
twitterfacebook
thumb

好調ラッシュフォード弾のユナイテッドがリーグ2戦ぶり白星! カゼミロ首絞め退場も逃げ切る《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第22節、マンチェスター・ユナイテッドvsクリスタル・パレスが4日にオールド・トラッフォードで行われ、ホームのユナイテッドが2-1で勝利した。 前節、首位のアーセナルに競り負けてリーグ連勝が「6」でストップした4位のユナイテッド。それでも、以降はEFLカップ準決勝でノッティンガム・フォレストに連勝、FAカップでレディングに快勝を収めて公式戦3連勝。きっちりリバウンドメンタリティを示した。 前回対戦で勝ち点を取りこぼした12位のパレス戦に向けては、直近のフォレスト戦から先発2人を変更。控えGKヒートンとガルナチョに代わって守護神デ・ヘアとラッシュフォードが復帰した。 試合は開始早々に好調のユナイテッドがスコアを動かす。4分、左サイド深くでラッシュフォードがクロスを上げると、ボックス内で対応にあたったヒューズの顔面付近に上げていた手にボールが直撃。オンフィールド・レビューの結果、このプレーでPKが与えられる。これをキッカーのブルーノ・フェルナンデスがきっちりGKの逆を突き7分の先制点とした。 幸先よく先制に成功したホームチームは、前回対戦で追いつかれた反省を生かして果敢に2点目を狙っていく。13分にはショーの絶妙な左CKをボックス中央のヴェグホルストが頭で合わせるが、枠の左隅を捉えたシュートはGKの好守に遭う。 以降もカゼミロを中心に強度の高い守備で相手の攻撃を潰して優位に試合を進めるホームチームは、絶好調のラッシュフォードがボックス付近で果敢に仕掛けて足を振っていく。だが、相手GKの好守や身体を張ったブロックに遭い、決定機まであと一歩という場面が目立つ。 アントニーやフレッジのシュートでチャンスに迫るものの、2点目が遠いユナイテッドは、前半終盤にかけて徐々に押し返される。それでも、シュラップのミドルシュートはGKデ・ヘアが好守、オリーズらの際どいクロスもディフェンスラインの選手が冷静に撥ね返して1点差を維持した。 後半は引き続き一進一退の攻防が続くと、テン・ハグ監督は60分にヴェグホルストを下げてガルナチョを投入。この交代でラッシュフォードが1トップにポジションを移すと、この采配が待望の2点目をもたらす。 62分、押し込んだ形からペナルティアーク付近で左にドリブルで運んだガルナチョがボックス左のショーに繋ぐと、イングランド代表DFの正確なグラウンダーの折り返しを、ゴール前のラッシュフォードがうまく右足インサイドで面を作ってゴールネットへ流し込んだ。 この2点目で勝利に大きく近づいたかに思われたユナイテッドだが、思わぬアクシデントが発生。タッチライン際でアントニーをシュラップが押し倒したことで小競り合いが発生した中、リプレー映像ではカゼミロがヒューズの首を締め場面がクローズアップ。オンフィールド・レビューの結果、この暴力行為にレッドカードが掲示された。チームメイトは猛抗議も、カゼミロ自身は自覚があったか、判定を素直に受け入れてピッチを後にした。 70分の退場劇で試合の流れが変わると、サンビ・ロコンガ、エゼを同時投入して前がかるパレスがすぐさま1点を返す。76分、セットプレーの二次攻撃からドゥクレの蹴り損ねたボールがゴール左のシュラップへの絶妙なラストパスになると、これをシュラップがうまくゴールネットへ流し込んだ。 このゴールで勢いづくパレスは長身FWマテタ、新戦力アーマダをピッチに送り出して前がかると、サイドからのシンプルなクロスやセットプレーでユナイテッドゴールに迫っていく。 これに対して守勢のユナイテッドは81分、アントニーに代えてバイエルンからの新戦力ザビッツァー、試合終盤にはガルナチョらを下げてマグワイア、リンデロフのセンターバックコンビの投入で、割り切った逃げ切り態勢に。 7分が加えられた後半アディショナルタイムは防戦一方を強いられたが、前回対戦とは異なり何とかリードを守り切ったユナイテッドが2-1で勝利。リーグ2戦ぶりの白星を上げると共に、公式戦4連勝とした。 2023.02.05 02:25 Sun
twitterfacebook
thumb

プロとしての岐路に立つグリーンウッド、プレミアではブーイング必至か…中国行きの可能性も

元恋人に対するレイプ未遂や暴行罪に関する起訴が取り下げられたマンチェスター・ユナイテッドの元イングランド代表FWメイソン・グリーンウッド(21)だが、プレミアリーグ復帰は難しいようだ。 ユナイテッドで大きな期待を寄せられていたグリーンウッド。しかし、2022年1月にオンラインで流出した画像や動画をめぐる疑惑の中、元恋人に対するレイプ未遂、支配的・強制的な行動への関与、暴行の罪で逮捕・起訴されていた。 しかし、グレーター・マンチェスター警察(GMP)は2日、グリーンウッドに対する刑事訴訟手続きが同日に打ち切られたと発表。晴れてフットボールへ戻れることになったが、ユナイテッドは「独自のプロセスを実施する」と、21歳の復帰に慎重な姿勢を示した。 伝えられるところでは、ユナイテッド内部で復帰に関して意見は分かれており、去就が決まるにはしばらく時間を要すると見られている。ただ、仮にユナイテッドでプレー可能となったとしても、試合のたびに相手サポーターからのブーイングは避けられないだろう。 そこで現在浮上しているのが中国行きという噂。イギリス『サン』によれば、ある関係者は「当時、彼はクラブが自分の味方になってくれると思わず、二度と赤いユニフォームを着ないと決意した。オファー次第で中国でも喜んでプレーするだろう」とコメントしており、グリーンウッドの意向を明かしているようだ。 2023.02.04 22:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ミュラー、ザビッツァーの移籍に「チームもびっくり」…半年後の復帰に期待感も

バイエルンのドイツ代表FWトーマス・ミュラーがオーストリア代表MFマルセル・ザビッツァーのマンチェスター・ユナイテッド移籍に言及した。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 今季のバイエルンで途中出場が主ながら、公式戦24試合に出場するなか、今冬のデッドラインデイにユナイテッド行きを決めたザビッツァー。ユナイテッドでは重傷のデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンに代わる中盤として活躍が期待される。 今冬のマーケット最終日に降って沸いたような移籍話から、かなりのスピード決着となったが、バイエルンのチームメイトも驚きを隠せなかったようだ。ミュラーがドイツ『キッカー』で当時を振り返り、驚きとともに、本人を思っての嬉しさも口にした。 「チームもびっくりしていたよ。あっという間の出来事だった。ザビがマンチェスター・ユナイテッドに移籍して、そこでチャンスを掴んだのは嬉しいよ。マンチェスターは知名度があるからね」 だが、ザビッツァーとユナイテッドの契約は現状、半年間のローン。買取オプションもないとされ、ミュラーもそうした契約状況を認識してか、「彼は夏に戻ってくる。(バイエルンでの)章はまだ終わっていないんだ」と今季終了後の再会にも期待した。 2023.02.04 15:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドとガルナチョの契約交渉、肖像権の詳細詰めのみか…ほぼ合意状態とも

マンチェスター・ユナイテッドがFWアレハンドロ・ガルナチョ(18)との新契約交渉をほぼ合意のところまで持ってきているようだ。 かねてから、次なるアカデミー産のスターとして、その存在が大いに注目されるガルナチョ。カタール・ワールドカップ(W杯)の中断期間を目前にしたあたりから、FWジェイドン・サンチョの長きにわたる欠場もあって出番を増やし始め、数字としても公式戦20試合で2得点5アシストと爪痕を残す。 今やFWアンソニー・エランガよりも明らかに序列で上回り、充実のシーズンを送るが、現行契約は残り1年半。レアル・マドリーらの関心も浮かび、ユナイテッドもうかうかしていられないなか、難航が報じられたりもする交渉状況だが、スペイン『アス』によると、契約更新で落ち着きそうだ。 ユナイテッドと選手は金銭的な条件や、5年間の契約期間で了承済み。あとは肖像権の話で折り合いをつけるだけと実質的に完了状態とされ、数日中の合意を目指しているという。形となれば、ガルナチョは2028年までユナイテッドでプレーする見通し。実現すれば大きなニュースだが、いかに。 2023.02.04 13:15 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly