C・ロナウドが史上初の5大会連続ゴール! ポルトガルが後半5ゴール生まれたガーナとの打ち合い制す《カタールW杯》

2022.11.25 03:14 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
カタール・ワールドカップ(W杯)のグループH第1節、ポルトガル代表vsガーナ代表が24日に行われ、ポルトガルが3-2で競り勝った。

今大会の優勝候補に挙がるポルトガル。通算5度目の本大会出場となるクリティアーノ・ロナウドの最後の大舞台としても注目が集まる今大会の初陣で、フェルナンド・サントス監督は[4-3-1-2]の布陣を採用。GKにジオゴ・コスタ、4バックは右からカンセロ、ルベン・ディアス、ダニーロ、ラファエル・ゲレイロ。中盤はブルーノ・フェルナンデス、ネヴェス、オタビオのトリプルボランチにベルナルド・シウバがトップ下、2トップにロナウドとフェリックスが並んだ。

一方、2大会ぶりの出場となるアフリカ屈指の強豪ガーナは、2010年の南アフリカ大会以来のグループリーグ突破を目指す。この試合ではトーマスやアンドレ・アイェウ、クドゥス、イニャキ・ウィリアムズというワールドクラスのタレントをスタメン起用も、並びを[5-3-2]の守備的な布陣に変更して臨んだ。
後ろ重心で慎重な入りを見せたガーナに対して、立ち上がりからボールの主導権を握って押し込むポルトガル。開始5分にセットプレーの二次攻撃からオタビオがファーストシュートを放つと、その数分後には史上初の5大会連続ゴール達成が期待されるエースに大きな見せ場。

10分、相手陣内中央でのボール奪取からオタビオが中央でゴール前に飛び出すロナウドに絶妙なスルーパスを供給。オフサイドラインをかいくぐった37歳だが、ファーストタッチが大きくなってしまい、右足のシュートはGKアティ=ジギにうまく間合いを詰められてゴールとはならず。

今大会の主役にいきなり見せ場が訪れたが、以降試合はガーナが望むスローテンポで進み、時間の経過と共に膠着状態に陥っていく。

ガーナ得意のカウンターを封じ込めるポルトガルだが、攻撃では序盤の決定機以降はサイドを起点に攻め手を窺う場面が多く、ゴールの匂いをさせられない。そういった中、31分には左サイドに流れたフェリックスからの浮き球パスをボックス内でDFと競ってマイボールにしたロナウドが右足のシュートを突き刺すが、ここは競り合いの際の微妙なファウルを取られてゴールは認められず。

ポルトガルがシュート7本枠内2、ガーナがシュート0本とスタッツ上は前者が圧倒したものの、試合はゴールレスで後半に突入。

後半はガーナがよりアグレッシブな入りを見せると、前半にはほぼ見られなかった厚みのある攻撃を仕掛けていく。そして、54分と55分にはレンジは長いものの、セイドゥ、クドゥスと続けてシュートシーンを作り出した。

やや守勢の時間帯が続くポルトガルはオタビオが足を痛めて56分にウィリアム・カルヴァーリョを投入。カルヴァーリョがアンカー、ネヴェスがインサイドハーフにポジションを移す。

以降、試合はほぼイーブンな展開に戻ると、千両役者が決定的な仕事を果たす。62分、背後へのスルーパスに反応したロナウドがボックス内でDFサリスと交錯。微妙な判定ながらもこの接触プレーでポルトガルにPKが与えられる。キッカーはもちろん背番号7が務め、相手GKにコースを読まれながらも強烈なシュートをゴール左上に突き刺し、65分の先制点とした。

ロナウドのW杯史上初となる5大会連続ゴールによって均衡が破れた試合。これでゴールが必要となったガーナはリスクを冒して前に出ると、後半に入って攻撃面で存在感を示していたクドゥスが突破口を開く。

73分、左サイドでの味方のパス交換の際に中央から斜めのランニングでボックス左に抜け出したクドゥスがゴールライン際で折り返すと、DFダニーロがクリアし切れずにゴール前へ流れたボールをアンドレ・アイェウが冷静に流し込んだ。

両チームのキャプテンのゴールで1-1の振り出しに戻った試合だったが、この交代直後のポルトガルの交代策で一気に流れが変わる。

ネヴェスを下げてレオンを投入し、並びを[4-3-3]に変更したポルトガルは78分、中盤でのボール奪取からカルヴァーリョ、B・フェルナンデスと繋ぎ右ウイングにポジションを移したフェリックスにスルーパスが通る。そのままボックス内に持ち込んだフェリックスはGKの寸前でチップキック気味の右足シュートをゴール左隅へ流し込み、勝ち越しに成功する。

さらに、80分にはフェリックスの身体を張った守備からショートカウンターに持ち込むと、中央を持ち上がったB・フェルナンデスがボックス手前まで運んで相手守備を引き付けてボックス左に走り込むレオンへラストパス。これをレオンが冷静にゴール右下隅へ流し込んだ。

システム変更がもたらした連続ゴールで勝利を確信したポルトガルベンチは、88分に殊勲のフェリックス、ロナウド、ベルナルド・シウバを下げてパリ―ニャ、ジョアン・マリオ、ゴンサロ・ラモスと守備的な交代で逃げ切り態勢に入る。

しかし、諦めないガーナがここから粘りを見せる。89分、左サイドの背後へ飛び出したババがDFを一瞬振り切って強引に浮き球の折り返しを入れると、ゴール前にフリーで入り込んだブカリのヘディングシュートがゴール右隅に決まる。

このゴールで一気に緊迫感が増した9分の後半アディショナルタイムは白熱の攻防に。試合終了間際にはGKジオゴ・コスタが背後のイニャキ・ウィリアムズに気付かずにボールをピッチに置いてリスタートを試みた際にボールを奪われる失態を演じたが、ここはバランスを崩してシュートには至らず。

最後の最後で肝を冷やしたものの、ガーナとの打ち合いを制したポルトガルが3-2の勝利で白星スタートを飾った。なお、連勝を目指すポルトガルは28日にウルグアイと、初勝利を目指すガーナは韓国と対戦する。

ポルトガル代表 3-2 ガーナ代表
【ポルトガル】
C・ロナウド(後20[PK])
フェリックス(後33)
レオン(後35)
【ガーナ】
A・アイェウ(後28)
ブカリ(後44)

関連ニュース
thumb

「本当に感動的だった」メッシがムバッペとのW杯決勝を回想、PSGでの共闘には「チームメイトになれるのも嬉しい」

パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、同僚のフランス代表FWキリアン・ムバッペについて語った。 2021年夏にバルセロナからPSGへと加入したメッシ。1年目は適応に苦しんでキャリアの中でも最も悪いと言える成績に終わった。 しかし、今シーズンは適応したこともあり、公式戦29試合で18ゴール16アシストを記録している。 2022年に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)では見事に優勝を収めた中、その相手はチームメイトでもあるFWキリアン・ムバッペ擁するフランス代表。決勝でメッシは2ゴールを挙げた中、ムバッペはハットトリックを達成するなど大暴れ。PK戦にまでもつれ込んでアルゼンチンが勝利していた。 メッシはインタビューに応じ、W杯決勝とムバッペについて言及。PSGでも結果を残したいとした。 「本当に感動的な決勝戦だった。クレイジーなゲームだったね。そして、キリアンの試合だった。決勝で3ゴールを決めても勝てなかった。信じられないことだったよ」 「でも、彼はすでにチャンピオンだったし、W杯のチャンピオンになることがどういうことかを知っている」 「サッカー界にとって美しい決勝戦だったし、彼とチームメイトになれるのも嬉しいし、PSGで素晴らしいことを成し遂げられることを願っている」 <span class="paragraph-title">【動画】メッシがW杯を争ったムバッペについて語る</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJERjBseGpNNiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2023.03.08 16:52 Wed
twitterfacebook
thumb

総額2800万円!W杯優勝のメッシがチーム全員に“純金のiPhone”をプレゼント「何か特別なものが欲しい」

アルゼンチン代表FWリオネル・メッシがチームメイトたちに豪華なプレゼントを贈ったようだ。イギリス『サン』が伝えている。 カタール・ワールドカップ(W杯)で36年ぶり3度目のW杯制覇を成し遂げたアルゼンチン。メッシにとっても悲願だったW杯のタイトルであり、国中がその偉業に歓喜していた。 チームを引っ張ったメッシだが、記念に何か特別なことをしようと考えたようで、選手とスタッフの計35人に金のiPhoneをプレゼント。24金でできているiPhoneには、選手の名前、背番号、アルゼンチン代表のエンブレムが刻まれており、総額は17万5000ポンド(約2860万円)とのことだ。 このiPhoneはiDesign Gold社が製作。CEOのベン氏がこのプレゼントに至った経緯を説明している。 「レオはGOAT(史上最高の選手)というだけでなく、iDesign Goldの重要な顧客の1人であり、W杯の数ヵ月後に連絡をくれた」 「彼は素晴らしい勝利を祝うために、選手やスタッフ全員に何か特別なプレゼントが欲しいと言っていたが、よくある時計のプレゼントは嫌だと言っていた。そこで私は彼らの名前を刻んだ金のiPhoneを提案したところ、彼はそのアイデアを気に入ってくれたんだ」 <span class="paragraph-title">【写真】これはすごい!メッシが贈った純金iPhone</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr"> Según The Sun, Lionel Messi gastó alrededor de 200.000 dólares en 35 iPhones dorados para TODA la delegación que fue campeona del mundo en Qatar.<br><br> Apellido y número del jugador más el escudo de la AFA con las tres estrellas. <a href="https://t.co/0FXSfTjkiK">pic.twitter.com/0FXSfTjkiK</a></p>&mdash; JS (@juegosimple__) <a href="https://twitter.com/juegosimple__/status/1631077049870721026?ref_src=twsrc%5Etfw">March 1, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.03.02 12:00 Thu
twitterfacebook
thumb

「感動していないのは明らか」W杯で因縁のあったアルゼンチン代表GKマルティネスのスピーチを聞くムバッペの仏頂面に英紙注目「石のような顔」

2月27日、2022年の『ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ(The Best)』が行われ、各賞の受賞者が発表された。 代表チームのコーチとキャプテン、そして世界中の専門ジャーナリストとサポーターによって投票されて決まる『The Best』。男子の最優秀選手にパリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが選ばれると、最優秀監督もアルゼンチン代表のリオネル・スカローニ監督、最優秀GKもアストン・ビラの同国代表エミリアーノ・マルティネスが選ばれ、カタール・ワールドカップ(W杯)を制したアルゼンチン勢が独占した。 各受賞者にはスピーチの時間が設けられたが、イギリス『サン』はマルティネスのスピーチ中のフランス代表FWキリアン・ムバッペの表情に注目。2人と言えばアルゼンチンが決勝でフランスを破ったカタールW杯後に、マルティネスがムバッペを挑発するような言動を繰り返した因縁がある。 ムバッペは他の参列者同様にマルティネスの言葉に耳を傾けていたが、『サン』はその時の表情について「石のような顔」と表現。「感動していないのは明らか」、「冷ややかな表情を浮かべた」と続けている。 カタールW杯後の騒動についてはムバッペ本人が「気にしていない」と終止符を打っていたが、世間でも大きな話題となっていただけに、今後も2人の関係には注目が集まりそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】どんな気持ち?マルティネスのスピーチを聞くムバッペの表情(00:28~)</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">&quot;MIS ÍDOLOS SON MIS PADRES&quot;<br><br> Emotivo momento en el discurso de Dibu Martínez al recibir el premio THE BEST a mejor arquero. <br><br> <a href="https://twitter.com/giraltpablo?ref_src=twsrc%5Etfw">@giraltpablo</a> - <a href="https://twitter.com/JPVarsky?ref_src=twsrc%5Etfw">@JPVarsky</a> <a href="https://t.co/o19oLaYaQF">pic.twitter.com/o19oLaYaQF</a></p>&mdash; DSports (@DSports) <a href="https://twitter.com/DSports/status/1630305729327386627?ref_src=twsrc%5Etfw">February 27, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.03.01 19:15 Wed
twitterfacebook
thumb

行き場を失っていたカタールW杯のコンテナ型宿泊施設、トルコ大地震の被災者たちの住居として使われることに

カタール・ワールドカップ(W杯)で宿泊客たちのために設けられた宿泊施設「ファンビレッジ」のコンテナ型施設が、6日に発生したトルコ・シリア大地震の被災者たちの仮住まいに使われている。イギリス『サン』が伝えている。 2022年11月から12月にかけて行われたカタールW杯。ファンビレッジは宿不足が指摘されるカタール側が急ピッチで用意したコンテナ型やテント型のもので、その宿泊料は1泊約2~3万円。だが、大会後は特に用途もなく放置されていた状況だった。 そうした中でのトルコでの大地震を受け、カタール側が被災者の避難所として提供することを発表。コンテナ型の施設1万個が送られることとなった。 その第一陣が積まれた船は13日にカタールからトルコに向けて出港。3月3日に第一陣が到着する予定だという。 カタールW杯当時は酷評されることもあったこの施設だが、カタールから約3000km離れた地で大きな役目を果たすことになりそうだ。 <span class="paragraph-title">【写真】トルコに送られたカタールW杯のコンテナ型宿泊施設はこんな部屋!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Qatar is sending 10,000 mobile homes for those made homeless by the earthquake in Turkiye &amp; Syria. They were originally used as accommodation for World Cup fans. <a href="https://t.co/dhmmr25gbR">pic.twitter.com/dhmmr25gbR</a></p>&mdash; ilmfeed (@IlmFeed) <a href="https://twitter.com/IlmFeed/status/1625092726663352322?ref_src=twsrc%5Etfw">February 13, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.27 19:45 Mon
twitterfacebook
thumb

冬のロンドンでも構わず露出!W杯を沸かせたクロアチアの美女サポーターがビッグベン前でセクシーポーズを披露「神に与えられた美しい体」「なんてこった」

カタール・ワールドカップ(W杯)でクロアチア代表の美女サポーターとして一躍有名となったイヴァナ・ノールさんが今度はロンドンで注目を集めている。 元ミス・クロアチアとして知られ、このカタールW杯では3位に終わったクロアチア代表のサポーターとして全試合をスタンド観戦したイヴァナさん。毎試合クロアチア国旗の象徴でもある市松模様をモチーフとしたセクシーな衣装を見に纏い、多くのファンを沸かせていた。 カタールW杯期間中には、インスタグラムのフォロワー数も350万人を突破したイヴァナさん。大会後もサッカーとは携わっているようで、15日に行われたプレミアリーグの首位攻防戦、アーセナルとマンチェスター・シティの一戦をエミレーツ・スタジアムまで観戦に訪れていた。 そのイヴァナさんは22日に自身のSNSを更新。ロンドンを観光する様子を披露した。ビッグ・ベンの愛称で知られる大時鐘をバックに、イヴァナさんは電話ボックスから颯爽と登場。道沿いの電柱でセクシーなポーズを決めている。 その格好は大胆なシースルードレスにハイヒール。お尻が見えそうなかなり際どい服装だが、通行人はダウンジャケットなど冬の装いの中で相当目立っており、ファンは「足が長い!」、「とってもセクシー」、「神に与えられた美しい体」、「ゴージャスで美しい」、「グラマラス」、「なんてこった」とコメントしている。 イヴァナさんの勢いはとどまることを知らないようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】イヴァナさんが冬のロンドンでも構わずセクシーポーズ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Someone said: ,,London got a bit warmer today” <a href="https://t.co/HL6bBY5JJ4">pic.twitter.com/HL6bBY5JJ4</a></p>&mdash; Ivana Knöll (@knoll_doll) <a href="https://twitter.com/knoll_doll/status/1628157993195016193?ref_src=twsrc%5Etfw">February 21, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【写真&動画】どっちが好み?イヴァナさんのアーセナルユニ姿</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CosceHMoAKS/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CosceHMoAKS/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CosceHMoAKS/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Ivana Knöll(@knolldoll)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.02.24 22:45 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly