伊東純也所属のS・ランス前指揮官ガルシア氏が愛娘の逝去明かす…

2022.11.25 00:43 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本代表MF伊東純也が所属するスタッド・ランスの前指揮官であるオスカル・ガルシア氏が愛娘(享年21)の逝去を明かした。ガルシア氏は24日、自身の公式インスタグラムに娘さんとの写真と共に「私の愛よ、高く飛べ」と、愛娘の逝去を明かした。

この訃報を受け、先月まで指揮を執っていたランスは、「スタッド・ランスは今週木曜日、オスカル・ガルシアと彼の家族に影響を与えた悲劇を知り、深い悲しみに暮れています。クラブ一同、心よりお悔やみ申し上げます」と、哀悼の意を表した。
スペインメディアによると、ガルシア氏の娘さんは病名は不明も、2019年にセルタを率いた時代から闘病生活を送っており、同氏はセルタ時代と直近のランスでも「家庭の事情」を理由に、幾度となくチームを離脱し、家族と共に娘さんの見舞いを繰り返していた。

先月には1勝5分け4敗の成績不振によってランスを解任されたが、その裏には指揮官としてのチームマネジメントに加え、父親として家族を支えるという、難しい二足の草鞋という影響があったようだ。

1 2

関連ニュース
thumb

「伊東の1mm」とはならず…伊東純也の“幻の2アシスト”が反響!ギリギリのオフサイドに「審判すごい」

スタッド・ランスの日本代表MF伊東純也がアシストまであと一歩だった。 5日にリーグ・アン第22節でオセールとアウェイで対戦したスタッド・ランス。伊東も右サイドで先発すると、18分に右CKのキッカーを担当。ユニス・アブデルハミドが頭で合わせてゴールネットを揺らしたが、伊東のキックの軌道がゴールラインを割っていたとして、ゴールを取り消された。 さらにそこからは一進一退の攻防が続く中、後半の78分、ボックス手前でボールを受けた伊東がダイレクトで落とすと、マーシャル・ムネツィもダイレクトでミドルシュート。圧巻のシュートが左ポストに跳ね返ってゴールに決まった。しかし、これも伊東がわずかにオフサイドだったとしてゴールは取り消しに。試合はそのままゴールレスドローとなった。 実際、この場面ではわずかに伊東の体がオフサイドラインより出ており、「審判すごい」、「副審これ見えてたん?凄すぎやろレベル高いわ」と驚く声も上がっていた。 伊東は82分で途中交代。なお、スタッド・ランスはリーグ戦の無敗記録を14まで伸ばしている。 <span class="paragraph-title">【動画】「伊東の1mm」とはならず…伊東純也はわずかにオフサイド(オフサイドシーンは3:27~)</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="iNptmaKoYtg";var video_start = 53;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.06 12:20 Mon
twitterfacebook
thumb

【リーグ・アン日本人選手】年明け初出場の南野がゴールに絡む! 伊東とオナイウも先発出場

リーグ・アン第22節が今週末に行われた。 今シーズンのリーグ・アンにはストラスブールのGK川島永嗣に加え、トゥールーズにFWオナイウ阿道、モナコにFW南野拓実、スタッド・ランスにFW伊東純也の3選手が新たに参戦。また、今冬にはストラスブールにMF鈴木唯人が加入した。 今節ではオナイウ、南野、伊東の3選手がスタメン出場を飾った。 2023年に入ってリーグ戦では一度もプレー機会がなかった南野だが、今節のクレルモン戦で6試合ぶりのスタメン出場。[4-2-3-1]のトップ下に入った日本代表FWは、立ち上がりから精力的にプレーすると、1点リードで迎えた前半の13分には中盤での見事なボール奪取から長い距離を運び左で浮いたゴロビンにパスを通すと、ボックス左に侵入したゴロビンからの折り返しをエンボロが押し込んで追加点を奪取。アシストこそ付かなかったが、南野はひとつ結果を残した。以降もシュートシーンに絡み献身的な守備で貢献するまずまずのプレーを見せた南野は、イエローカードをもらった後半終盤の85分にお役御免。その後、チームは2-0の勝利を収めてリーグ7戦無敗とした。 引き続きスタメン出場となった伊東はオセールとアウェイで対戦。立ち上がりから一進一退の攻防が続いた中、伊東は18分に正確な右CKでアブデルハミドの先制点を演出したかに思われたが、ここはCKが直接ゴールラインを割っていたとの判定でゴールは認められず。その後も絶好調のバログンと共に攻撃を牽引する右ウイングは、28分にボックス内でシュートチャンスが訪れるが、左足のシュートはわずかに枠の右に外れる。ゴールレスで折り返した後半はなかなか見せ場を作れずにいた伊東だったが、後半終盤に再び決定機を創出。ペナルティアーク付近で足元への縦パスを丁寧に落とすと、これをマツシワが見事なミドルシュートで決め切った。だが、今度は伊東の微妙な戻りオフサイドを取られて前半同様にゴールは認められず。この直後の82分にはゼネリとの交代でピッチを退いた。その後、チームは勝ち点3奪取を逃すも、0-0のドローでリーグ戦無敗を14試合に更新した。 前節、待望のリーグ・アン初ゴールを挙げたオナイウは2戦連発を懸けてPSG戦に出場。最前線でのプレーとなったが、格上相手に守備に奔走する場面が多く攻撃面ではシュートはおろか見せ場を作れず。そして、チームが1-2で逆転された62分にダリンガとの交代でピッチを後にし、チームも王者相手に力負けとなった。 なお、ストラスブールでは川島が引き続き負傷欠場、鈴木はベンチ入りもチームが退場者を出した影響もあって、またしてもデビューはお預けに。チームは2-0で勝利している。 ★オナイウ阿道[トゥールーズ] ▽2/4 パリ・サンジェルマン 2-1 トゥールーズ ◆62分までプレー ★南野拓実[モナコ] ▽2/5 クレルモン 0-2 モナコ ◆85分までプレー ★川島永嗣[ストラスブール] ▽2/5 ストラスブール 2-0 モンペリエ ◆ベンチ入りせず ★鈴木唯人[ストラスブール] ▽2/5 ストラスブール 2-0 モンペリエ ◆ベンチ入りも出場せず ★伊東純也[スタッド・ランス] ▽2/5 オセール 0-0 スタッド・ランス ◆82分までプレー 2023.02.06 00:55 Mon
twitterfacebook
thumb

「自分のスタイルに忠実」伊東純也、アシスト未遂もファンからは称賛、フランスメディアもまずまずの評価「チャレンジをやめなかった」

スタッド・ランスの日本代表MF伊東純也がまずまずの評価を受けた。 1日、リーグ・アン第21節でスタッド・ランスはロリアンと対戦した。 リーグ戦10試合連続で先発出場した伊東。この試合でもCKのキッカーを務めてチャンスを作るなどした。 56分には伊東が早いタイミングでグラウンダーのクロス。これにフォラリン・バログンが合わせに行くが、シュートは枠を超えるミス。61分にはカットインからクロスを送ると、相手DFの足に触れてわずかにディフレクトするも、バログンがボレーで叩き込んでいた。 試合は4-2で逆転勝利。伊東にはアシストなどはつかなかったが、スタンドのファンからはそのプレーぶりに称賛の声が送られていた。 フランス『レキップ』は6点(10点満点)の評価。チーム3番目の評価となり、数字を残さなかったが良いプレーを見せていたとした。 「伊東はゴールもなく、ブロックされたクロスとバログンのゴールに繋がる決定的なパスもアシストに記録されていないが、観衆からその名を呼ばれていた」 「日本代表の選手は、自分のスタイルに忠実に、対峙する相手へのチャレンジをやめなかった」 「後半、バログンへのほぼ決定的なパスについては、ミスの後に実を結ぶこととなった」 <span class="paragraph-title">【動画】伊東純也、完璧なタイミングで最高のクロスもアシスト未遂に終わる</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="xzo2HLdiCTc";var video_start = 275;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.02 13:05 Thu
twitterfacebook
thumb

「めちゃくちゃうまい」「ベッカムを思い出させる」伊東純也が躍動、アシストならずも絶妙クロスで逆転演出

スタッド・ランスの日本代表MF伊東純也がクロスで魅せた。 1日、リーグ・アン第21節でスタッド・ランスはロリアンと対戦した。 リーグ戦10試合連続で先発出場した伊東。この試合でもCKのキッカーを務めてチャンスを作るなどした。 試合は11分、36分とロリアンがゴール。2点ビハインドでオリカスかと思われたが、43分にフォラリン・バログンがPKを決めて1点を返す。 後半も51分にカモリー・ドゥンビアが1点を返し同点に。すると56分には伊東が早いタイミングでグラウンダーのクロス。これにバログンが合わせに行くが、シュートは枠を超えていく。 それでも61分、右サイドで大きなサイドチェンジを受けた伊東は、カットインからクロス。これが相手に当たりディフレクトすると、バログンがダイレクトでボレー。これがニアサイドに決まり、スタッド・ランスが逆転。バログンは64分にもボレーを決めてリードを広げ、4-2で勝利。公式戦15戦無敗となった。 記録上はアシストがつかなかった伊東だが、ファンは「サッカーを楽しんでる感じがめっちゃ好き」、「安定性が素晴らしい」、「めちゃくちゃうまかった」、「ベッカムを思い出させる」とクロスのクオリティが高く評価された。 <span class="paragraph-title">【動画】アシストならずも伊東の絶妙クロスからバログンのダイレクトボレー!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="xzo2HLdiCTc";var video_start = 293;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】伊東純也、完璧なタイミングで最高のクロスもアシスト未遂に終わる</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="xzo2HLdiCTc";var video_start = 275;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.02 09:05 Thu
twitterfacebook
thumb

【リーグ・アン日本人選手】オナイウがリーグ・アン初ゴールを記録!伊東はアシストで逆転勝利に貢献

リーグ・アン第21節がミッドウィークに行われた。 今シーズンのリーグ・アンにはストラスブールのGK川島永嗣に加え、トゥールーズにFWオナイウ阿道、モナコにFW南野拓実、スタッド・ランスにFW伊東純也の3選手が新たに参戦。また、今冬にはストラスブールに鈴木唯人が加入した。 今節もスタッド・ランスの伊東が唯一の先発出場に。6位ロリアンをホームに迎えたスタッド・ランスは、前半で2失点を喫するが前半終了間際にバログンのPKで1点を返す。 1点ビハインドで後半を迎えたスタッド・ランスだが、51分にドゥンビアのゴールで試合を振り出しに戻すと、61分には右サイドから仕掛けた伊東のクロスをバログンがボレーで流し込み、逆転に成功。 さらに64分には、バログンがハットトリックとなるゴールを挙げ、4-2で逆転勝利を収めた。伊東は87分までプレーしている。 また、オナイウがベンチスタートとなったトゥールーズは、ホームでトロワと激突。3-1で迎えた71分から出場したオナイウは、試合終了間際の88分に右CKからワンバウンドしたボールをダイビングヘッドで叩き込み、リーグ・アン初ゴールをマーク。試合はそのまま4-1でトゥールーズが勝利している。 鈴木のストラスブールデビューも期待されたスタッド・レンヌとの一戦は、鈴木が初ベンチ入りも出場せず、負傷中の川島はベンチ外となった。また、オセールと対戦したモナコの南野もベンチ入りしたが出場機会はなかった。 ★川島永嗣[ストラスブール] ▽2/1 レンヌ 3-0 ストラスブール ◆ベンチ入りせず ★鈴木唯人[ストラスブール] ▽2/1 レンヌ 3-0 ストラスブール ◆ベンチ入りも出場せず ★伊東純也[スタッド・ランス] ▽2/1 スタッド・ランス 4-2 ロリアン ◆87分までプレー ★オナイウ阿道[トゥールーズ] ▽2/1 トゥールーズ 4-1 トロワ ◆71分からプレー、88分にリーグ・アン初ゴールを記録 ★南野拓実[モナコ] ▽2/1 モナコ 3-2 オーセル ◆ベンチ入りも出場せず 2023.02.02 07:05 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly