vol.17/スペイン代表【カタールW杯出場国ガイド】若手躍動がサプライズのカギ

2022.11.19 18:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
11月20日、フットボール界における4年に1度の祭典、ワールドカップがカタールの地で遂に開幕する。約1カ月の激闘をより深く、より楽しむべく、超ワールドサッカー編集部が出場国32カ国ガイドを作成。17カ国目は、スペイン代表を紹介する。◆スペイン代表
監督:ルイス・エンリケ
主将:セルヒオ・ブスケッツ
予選成績:6勝1分け1敗
W杯出場数:12大会連続16回目
W杯最高位:優勝
FIFAランク:7位

◆若き"ラ・ロハ"がサプライズ起こすか
Getty Images

2010年の南アフリカW杯で悲願の優勝を果たしたスペイン。そこから8年が経ち、当時を知る選手はほとんどいなくなった。
キャプテンのMFセルヒオ・ブスケッツを含めた数人であり、2008年、2012年のユーロ制覇時のメンバーもほとんどいない。ルイス・エンリケ監督が作り出したチームは大きく若返りを見せ、サプライズを起こす可能性を秘めている。

前回大会はフレン・ロペテギ監督がW杯後のレアル・マドリー監督就任を大会開幕直前に発表。その結果、スペインサッカー連盟(RFEF)が怒りを示し解任するというゴタゴタぶり。チームもベスト16に終わっていた。

そこから改革が始まり、黄金期を取り戻したいというルイス・エンリケ監督の強い信念のもと、若手を積極的に起用。今回のメンバーでも、18歳のMFガビ、19歳のMFペドリ、20歳のFWアンス・ファティ、FWニコ・ウィリアムズ、FWジェレミ・ピノを招集した。全て、ルイス・エンリケ監督が見出し適用してきた選手だ。

さらに、ケガによりDFホセ・ルイス・ガヤが直前で離脱することになったが、その代役も19歳のDFアレハンドロ・バルデを選定。後ろを守る選手たちは30代が多いが、中盤より前の攻撃的な選手はフレッシュな印象だ。

厳しい目を向けられ続けているルイス・エンリケ監督だが、結果は残している。2021年のユーロはベス4、UEFAネーションズリーグ2020-21は2位となった。欧州予選も6勝1分け1敗で首位通過。様々な論争とは裏腹に、若いチームを成長させて結果も残している。

ルイス・エンリケ監督自身は、選手として3度W杯に出場した経験があり、さらにはDFセルヒオ・ラモスやGKダビド・デ・ヘアなど、軸を担っていた選手も恐れずに外すことを決断した。

システムは[4-3-3]で、若手とベテランが融合したチームに。正守護神はユーロでも抜擢されたGKウナイ・シモン、4バックの組み合わせは様々で、右にはダニ・カルバハル、セサル・アスピリクエタのベテラン勢、左はジョルディ・アルバ、アレハンドロ・バルでのバルサ勢、センターバックもエリック・ガルシア、パウ・トーレス、ウーゴ・ギジャモン、アイメリク・ラポルテと揃っている。誰が出ても安定感は担保されており、攻撃面でも機能する。

中盤もアンカーにはセルヒオ・ブスケッツとロドリがおり、インサイドにはガビ、ペドリの10代コンビに、カルロス・ソレール、コケも控える。3トップも豊富な陣容を備え、2チームを組める戦力が整っている状況。監督の采配、決断力が注目を集めることになる。

◆超WS的注目プレーヤー
MFガビ(バルセロナ)
Getty Images

スペインの注目プレーヤーは、最年少の18歳・ガビだ。スーパースターの資質を持つと言われるMFペドリがいる中、その才能をも超えると言われている。

ペドリと同じ17歳でバルセロナのファーストチームデビューを果たすと、スペイン代表も17歳の時。W杯の1年前にデビューしたばかりで、若さを感じない落ち着いたプレーと安定感抜群のプレーが特徴だ。ルイス・エンリケ監督に見出し、愛弟子とも言える存在。スペイン代表での活躍がクラブでの出番につながったと言っても良い珍しいケースだ。豊富な運動量とデュエルで戦うメンタリティ、強度の高さやハードなプレーを厭わないという守備で生きる特徴に加え、ボールキープの巧さ、ドリブルで運ぶ技術、精度の高いパスも備えている。例えるならば「イニエスタ+チャビ」というところだろう。

◆登録メンバー
GK
1.ロベルト・サンチェス(ブライトン&ホーヴ・アルビオン/イングランド)
13.ダビド・ラヤ(ブレントフォード/イングランド)
23.ウナイ・シモン(アスレティック・ビルバオ)

DF
2.セサル・アスピリクエタ(チェルシー/イングランド)
3.エリック・ガルシア(バルセロナ)
4.パウ・トーレス(ビジャレアル)
14.アレハンドロ・バルデ(バルセロナ)
15.ウーゴ・ギジャモン(バレンシア)
18.ジョルディ・アルバ(バルセロナ)
20.ダニエル・カルバハル(レアル・マドリー)
24.アイメリク・ラポルテ(マンチェスター・シティ/イングランド)

MF
5.セルヒオ・ブスケッツ(バルセロナ)
6.マルコス・ジョレンテ(アトレティコ・マドリー)
8.コケ(アトレティコ・マドリー)
9.ガビ(バルセロナ)
16.ロドリ(マンチェスター・シティ/イングランド)
19.カルロス・ソレール(パリ・サンジェルマン/フランス)
26.ペドリ(バルセロナ)

FW
7.アルバロ・モラタ(アトレティコ・マドリー)
10.マルコ・アセンシオ(レアル・マドリー)
11.フェラン・トーレス(バルセロナ)
12.ニコ・ウィリアムズ(アスレティック・ビルバオ)
17.ジェレミ・ピノ(ビジャレアル)
21.ダニ・オルモ(RBライプツィヒ/ドイツ)
22.パブロ・サラビア(パリ・サンジェルマン/フランス)
25.アンス・ファティ(バルセロナ)

◆グループステージ日程
▽11/23
《25:00》
vsコスタリカ代表
@アル・トゥマーマ・スタジアム

▽11/27
《28:00》
vsドイツ代表
@アル・バイト・スタジアム

▽12/1
《28:00》
vs日本代表
@ハリファ国際スタジアム

関連ニュース
thumb

アル・ナスルの本気… ブスケツ獲得のためなら要求は全て受け入れる? 2年契約を提示済み

サウジアラビアのアル・ナスルは、バルセロナの元スペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツ(34)獲得に本腰のようだ。 契約満了に伴う今季限りでのバルセロナ退団が近づくブスケッツ。盟友チャビ・エルナンデス監督からは残留を願うコメントも出ているなか、依然としてクラブからの延長オファーを心待ちにしている状況だ。 新天地として取り沙汰されるのは、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミと中東サウジアラビアのアル・ナスル。実績ある世界的スターの獲得に積極的な両クラブだが、より熱心なのはアル・ナスルかもしれない。 スペイン『ムンド・デポルティボ』によると、アル・ナスルはブスケッツに2年契約オファーを提示済みで、年俸は1800万ユーロ(約25億4000万円)という超高待遇。さらに、獲得のためなら選手本人の要求を全て受け入れると考えられている。 総年俸2億ユーロ(約283億円)で契約したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに始まり、ブスケッツ以外も複数の世界的スターと紐付けされるアル・ナスル。ブスケッツの第一希望はあくまでバルセロナ残留だが、果たして…。 2023.02.07 17:41 Tue
twitterfacebook
thumb

バレンシア行き交渉進むサウールが決勝点! 指揮官は慰留「ここで定位置争いを」

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が元スペイン代表MFサウール・ニゲス(28)の去就問題に言及した。スペイン『Relevo』が伝えている。 アトレティコは29日にラ・リーガ第19節でオサスナと対戦。途中出場のサウールが74分に先制点を決めると、最後までこの1点を守り抜き、アウェイで0-1の勝利を収めている。 値千金の決勝点をマークしたサウールだが、出場機会の少なさに不満を抱いており、ここ数日はバレンシアへのレンタル移籍交渉が進行中。シメオネ監督は試合後のインタビューでこの件を問われ、チームに残って欲しいと呼びかけた。 「退団についてサウールと話したことはない。彼がどう考えているかはわからないよ。退団するも、ここに残るも、マーケットが閉じるまであと数日残っている。私たちは彼に残って欲しい」 「彼は常に全力を尽くしてきた。良い結果も悪い結果もつきものだが、今日の彼は試合に美しく順応し、重要なゴールを決め、勝利をもたらした。動き出しに優れ、ネットを揺らす能力を持ったミッドフィールダーだよ」 「願わくばここに残り、引き続きチームメイトたちとポジション争いをして欲しい」 サウールはオサスナ戦の出場により、アトレティコでの通算出場数が362試合に。嬉しい今季初ゴールもゲットしたが、今冬中のバレンシア行きを強く希望しているとされている。 2023.01.30 16:53 Mon
twitterfacebook
thumb

財政難バレンシア、1月全資金をサウール獲得に捧ぐ? 18カ月レンタルを画策

バレンシアが、アトレティコ・マドリーの元スペイン代表MFサウール・ニゲス(28)獲得を模索しているようだ。スペイン『Relevo』が伝えている。 アトレティコ通算361試合出場を誇るサウール。下部組織から在籍し、若手時代の武者修行を除けばクラブ一筋で歩んできたが、一昨季に出場機会が減り、昨季はチェルシーにレンタル移籍していた。 チェルシーでもさほどプレーできず、復帰した今季も途中出場がメイン。そんなサウールに対して今冬、ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督率いるバレンシアが獲得を模索し続けているという。 バレンシアは当初、アトレティコに半年レンタルを提案も却下され、今度は来季までの18カ月レンタルを用意し、サウールの年俸700万ユーロ(約9億8000万円)を全て負担する姿勢を示しているとのことだ。 さらに、サウール獲得のために他の補強を諦める覚悟があるとされ、今冬まだ1人も獲得していないバレンシアが、1月に準備した資金を全てサウールに捧ぐことすらあり得ると考えられている。 気になるのはその実現性だが、バレンシア、アトレティコ、サウールの三者は27日に会談予定。ここでは買い取りオプションの有無についても話し合われるとされ、サウール本人はバレンシア行きを希望しているとのことだ。 2023.01.27 21:14 Fri
twitterfacebook
thumb

マドリーがダニ・オルモを注視! 契約延長交渉の行方次第で今夏に動く?

レアル・マドリーが、RBライプツィヒのスペイン代表MFダニ・オルモ(24)を注視しているようだ。スペイン『Fichajes』が伝えている。 ダニ・オルモはバルセロナの下部組織育ちだが、飛躍のきっかけは16歳で加入したクロアチアの名門ディナモ・ザグレブ。スペイン人ながらも東欧経由でブンデスリーガ行きを掴んだという異色の経歴の持ち主だ。 ライプツィヒでは主力として活躍し、今季の公式戦16試合で4得点6アシスト。年明けには「この先もずっとバルサは僕の家で、スペインは僕の国。契約延長は代理人に任せっきりさ」と、近い将来のバルセロナもしくは母国への復帰を示唆していた。 気になる契約は2024年6月までで、つい先日にはライプツィヒ幹部がダニ・オルモとの契約延長に全力を注ぐ意志を表明。その行方をマドリーが注目しているとのことだ。 また、ライプツィヒは契約延長にて7000万〜7500万ユーロ(約99億〜106億円)のリリース条項を念頭に置いているといい、選手の希望を考慮してか、スペインクラブ向けには6000万ユーロ(約85億円)を適用するプランだという。 マドリーはダニ・オルモとライプツィヒの交渉が不調と見れば、即座に今夏の獲得へ動く用意があると考えられている。 2023.01.26 20:37 Thu
twitterfacebook
thumb

準決勝はオランダvsクロアチア、スペインvsイタリアに決定! UEFAネーションズリーグファイナルズは6月開催

欧州サッカー連盟(UEFA)は25日、UEFAネーションズリーグ(UNL)ファイナルズの組み合わせ抽選会を実施した。 今年6月にオランダで開催されるUNLの決勝ラウンド。すでにベスト4が決定しており、オランダ代表、クロアチア代表、スペイン代表、イタリア代表の4チームが勝ち残っていた。 抽選の結果、準決勝ではオランダvsクロアチア(6/14)、スペインvsイタリア(6/15)のカードが決定した。 イタリア以外の3カ国は昨年のカタール・ワールドカップ(W杯)に出場しており、クロアチアは3位、オランダはベスト8、スペインはベスト16入り。イタリアはユーロ2020を制したものの、W杯の出場を逃していた。 クロアチアとスペインは日本代表も対戦しており、記憶に新しいところ。3カ国目の優勝国に輝くのはどこになるだろうか。 2023.01.25 22:50 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly