日本代表のキャプテン吉田麻也が即席サイン会でさすがの“仕切り” 長友佑都も好アシスト

2022.11.17 18:45 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本代表の主将を務めるDF吉田麻也がさすがのキャプテンシーを発揮した。カタール・ワールドカップ(W杯)に向けて調整を続けている日本代表。17日には本大会前最後となるカナダ代表との国際親善試合に臨む。

すでにカナダ戦の会場となるドバイに入っている日本代表だが、これまではカタールのドーハで合宿を実施。14日には現地の日本人学校に通う子どもたちと交流する時間も設けられていた。
子供たちから激励の言葉を貰ったサムライブルーの選手たちだが、記念撮影の後には即席のサイン会が行われることに。日本サッカー協会(JFA)のTeam Camでは、その時の様子を公開。すると、吉田とDF長友佑都が咄嗟にファンたちに流れを説明。スムーズに実施できるようファンを誘導していた。

吉田はカメラに向かって「すいませんね、仕切りたがりで」とおどけていたが、2人の見事な誘導もありサイン会は無事終了。試合外でもさすがのリーダーシップを発揮した。

本大会でも出番があるであろう2人のベテラン。試合でもその経験値とリーダーシップで日本の最終ラインを統率してもらいたい。

1 2

関連ニュース
thumb

「共鳴してる」「シンクロ率95%ぐらいじゃ」またも三笘薫と同じ節でゴール決めた上田綺世、15ゴール目に「このまま得点王へ」と期待の声

セルクル・ブルージュの日本代表FW上田綺世が早速ゴールを記録した。 1日、ジュピラー・プロ・リーグ第31節でセルクル・ブルージュはコルトレイクと対戦した。 日本代表としてキリンチャレンジカップ2023のウルグアイ代表戦、コロンビア代表戦に出場した上田はこの試合も1トップで先発出場。また、コルトレイクのDF渡辺剛も先発出場を果たした。なお、MF田中聡はメンバー外となっている。 日本代表活動ではゴールに迫るシーンがありながらも、無得点に終わった上田。この試合も精力的に動くと、1-0で迎えた36分に味方がボックス内に倒されてPKを獲得する。 すると、このPKのキッカーを任せられた上田はGKの逆を突いてゴール左にしっかりと決めて2-0とすることに成功した。 このゴールは今シーズンの公式戦16ゴール目、リーグ戦では15点目となり、なんと初のPKでのゴールとなった。 なお、チームは2-0で勝利している。 リーグ戦で15点目を決め、得点ランキングトップに1ゴールと迫った上田。ファンは「ここまでPKなしというのに驚き」、「PK蹴るようになったか」、「信頼の証」、「このまま得点王へ」、「夏にステップアップだな」、「シュートスピードも凄いわ」とコメントが集まった。 また、同日にブライトン&ホーヴ・アルビオンのMF三笘薫もゴール。この2人は同じ週末にゴールを決めることが多く「また三笘の裏で決めてる」、「シンクロ率95%ぐらいじゃ」、「三笘と共鳴している」と、大学時代からよく知る2人の揃っての活躍に驚く声が集まっている。 <span class="paragraph-title">【動画】上田綺世、得点王へ近づくリーグ戦15点目</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="lsQuQNnpZcY";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.04.02 08:15 Sun
twitterfacebook
thumb

「全盛期の香川超え」「ガチで世界最高クラス」プレミア日本人最多の7ゴール目を決めた三笘薫、圧巻のループシュートが絶賛の嵐「マジで三笘ってる」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫が、偉業を達成した。 1日、プレミアリーグ第29節でブライトンはホームにブレントフォードを迎えた。 日本代表として、コロンビア代表戦ではヘディングゴールを決めていた三笘。この試合も先発出場すると、圧巻のパフォーマンスを見せる。 0-1とリードを許した21分、GKジェイソン・スティールがビルドアップすると見せかけて前線へロングフィード。相手の中央がガラ空きになっていると、一気に最前線へ通ると、裏に抜け出した三笘が相手DFより先に追いつきボックス手前でループシュート。前に出ていたGKダビド・ラヤの頭上を越えたシュートがネットを揺らした。 これでプレミアリーグ1年目で7ゴール目を記録。マンチェスター・ユナイテッド時代のMF香川真司(現:セレッソ大阪)、レスター・シティ時代のFW岡崎慎司(現:シント=トロイデン)の6ゴールを塗り替える結果を残した。 このゴールには「余裕を持ったフィニッシュ」、「こんな落ち着いてシュートできるのか」、「日本歴代No.1になるんじゃ」、「GKのアシストか」、「ガチで世界最高クラスになりそう」「すごすぎるわ」、「全盛期の香川超えか」、「マジで三笘ってる」と称賛のコメントが集まった。 なお、試合は壮絶な打ち合いとなり、90分にアレクシス・マク・アリスターのPKでブライトンが追いつき、3-3のドローに終わった。 <span class="paragraph-title">【動画】三笘薫がプレミア新記録!日本人最多のシーズン7点目</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="tbwGEGYYZQg";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.04.02 07:30 Sun
twitterfacebook
thumb

「圧巻」「マジで救世主」衝撃の20分間4ゴール! 湘南FW町野修斗、日本代表の実力を見せつける技ありループも「余裕があり過ぎて凄い」

日本代表帰りのFW町野修斗が大暴れをしてみせた。 3月のキリンチャレンジカップに向けた日本代表に選出されていた町野。コロンビア代表戦に出場すると、三笘薫の先制点の起点となるキープを見せ、精力的にプレーした。 代表活動明けの初戦となった1日のガンバ大阪戦では4ゴールの大暴れ。その中でもハットトリックを決めた3点目のゴールが話題となっている。 21分には昨季までのチームメイトであり日本代表でもチームメイトだったGK谷晃生のクリアミスを逃さずに無人のゴールへ先制。38分には相手のクリアボールがこぼれると、冷静に流し込む。 そして迎えた40分、右サイドからのFKからクロス。これを谷が飛び出て触るが、ファーサイドに流れると、ボックス内左で拾った町野が少し溜めてから、無人のゴールを目掛けて浮き球のシュート。これが見事に決まり、たった20分でハットトリックを達成した。 さらに42分には、町野のクロスから最後はクロスボールに合わせて前半だけで4ゴールと大暴れ。VARのチェックが入ったが、結果として認められた。 圧巻の4ゴールを見せた町野には「余裕があり過ぎて凄い」、「本当にいい選手」、「マジで救世主」、「W杯ではエースになるぐらい成長してほしい」、「圧巻」、「町野はレベチ」、「今季ハットトリック2人目」とコメントが集まっている。 <span class="paragraph-title">【動画】日本代表帰りの町野修斗、圧巻の20分間4ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="6Rd9wEB4s3A";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.04.01 21:37 Sat
twitterfacebook
thumb

C大阪MF石渡ネルソンがU-20日本代表候補トレーニングキャンプに追加招集

日本サッカー協会(JFA)は31日、トレーニングキャンプに臨むU-20日本代表候補の追加メンバーを発表した。 4月3日、4日に行われるU-20日本代表候補トレーニングキャンプ。30日に15名が発表されていた中、1名が追加された。 今回追加招集を受けたのは、セレッソ大阪のMF石渡ネルソン。高校3年生だが、今シーズンからトップチームに昇格。ここまで出番はまだない。 ◆U-200日本代表候補メンバー GK 若林学歩(大宮アルディージャ) 春名竜聖(水戸ホーリーホック) DF 諏訪間幸成(筑波大学) 西久保駿介(ジェフユナイテッド千葉) 工藤孝太(藤枝MYFC) 松田隼風(水戸ホーリーホック) ヴァンイヤーデン・ショー(横浜FC) 稲垣篤志(明治大学) MF 熊取谷一星(明治大学) 笠柳翼(V・ファーレン長崎) 屋敷優成(大分トリニータ) 松村晃助(法政大学) 安部大晴(V・ファーレン長崎) 保田堅心(大分トリニータ) 石渡ネルソン(セレッソ大阪)※追加招集 FW 千葉寛汰(徳島ヴォルティス) 2023.03.31 16:01 Fri
twitterfacebook
thumb

開催地白紙のU-20W杯、アルゼンチンが立候補! AFA、FIFA、CONMEBOLの会長が会談へ

アルゼンチンサッカー協会(AFA)は30日、U-20ワールドカップ(W杯)の招致立候補を正式発表した。 元々、インドネシアで開催予定だったU-20W杯。ヨーロッパ予選を突破したイスラエル代表に対するインドネシア内での反イスラエル感情が影響して、国際サッカー連盟(FIFA)が29日に開催白紙を発表した。 新型コロナウイルスの世界的な流行による2021年の延期から、ようやく開催に漕ぎつけそうなタイミングでよもやの招致国変更となってしまったが、日本代表も出場する今大会にアルゼンチンが立候補を表明した。 AFAのクラウディオ・タピア会長は31日にもパラグアイに赴き、FIFAのジャンニ・インファンティーノ会長、南米サッカー連盟(CONMEBOL)のアレハンドロ・ドミンゲス会長の両者と会談する予定だという。 アメリカ『ESPN』によると、アルゼンチンが立候補した唯一の国で、FIFA事務局は5月20日の開幕を目指して、2、3日のうちに提案を受け入れるかどうかを決めるようだ。 2023.03.31 12:15 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly