原大智が決勝点で初戦突破に貢献! プリメーラ勢はカディス&アルメリアが初戦敗退…《コパ・デル・レイ》

2022.11.14 06:57 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
コパ・デル・レイ1回戦が行われた。

スーペル・コパに参戦するレアル・マドリー、バルセロナ、バレンシア、レアル・ベティスを除く、プリメーラ所属の16クラブが参加した1回戦。

カタール・ワールドカップを戦う日本代表への早期合流が許可され、MF久保建英が不在となったレアル・ソシエダは6部のカサレガスと対戦し、セルロートのドブレーテの活躍などで4-1で快勝。順当に2回戦進出を決めた。
プリメーラ勢では公式戦5試合未勝利と低迷するアトレティコ・マドリーが、5部のアルマサン相手にアンヘル・コレアとフェリックスのゴールで2-0の勝利。また、ビジャレアルは6部のサンタ・アマリアに9-0の大勝を飾った。一方で、カディスとアルメリアはジャイアントキリングを許して初戦敗退となった。

セグンダ(スペイン2部)所属の日本人所属クラブでは、FW原大智の所属するアラベスが4部のリェイダ・エスポルティウと対戦。先発フル出場となった原は、後半立ち上がりの47分に右CKの流れからサルバ・セビージャのクロスを巧みなヘディングでゴール左隅へ流し込み、チームを1-0の勝利に導く決勝点を挙げた。

なお、MF柴崎岳が所属するレガネス、MF橋本拳人が所属するウエスカは、いずれも下部カテゴリーのチーム相手にPK戦の末に敗戦。両選手はベンチ外となった。

コパ・デル・レイ1回戦の結果は以下の通り。

◆コパ・デル・レイ1回戦結果

▽11/12(土)
フエンテス(6) 1-4 オサスナ
バルバダス(6) 0-2 バジャドリー
ラルコラ(6) 0-3 エルチェ
オートール(6) 0-6 マジョルカ
サンタ・アマリア(6) 0-9 ビジャレアル
リンコン(6) 0-3 エスパニョール
アルマサン(5) 0-2 アトレティコ・マドリー
ゲルニカ(4) 0-0(PK:6-5) レガネス(2)

マナコル(5) 1-3 アンドラ(2)
オロト(4) 0-4 レバンテ(2)
ギフエロ(4) 2-0 デポルティボ・ラ・コルーニャ(3)
アトレティコ・サグンティーノ(4) 1-0 アモレビエタ(3)
ナバルカルネロ(4) 1-3 ログロニェス(3)
ウエトル・タハル(5) 0-3 アルバセテ(2)
グアダラハラ(4) 3-0 ポンフェデラ(2)
アレナス(4) 1-0 ルーゴ(2)
ベアサイン(4) 2-3 スポルティング・ヒホン(2)
ラシン・リオハ(4) 0-2 ヒムナスティク(3)
セスタオ・リーベル(4) 1-0 ラシン・フェロル(3)
ウトレラ(4) 0-1 セウタ(3)
クリスト・アトレティコ(4) 0-2 イビサ(2)
カセレーニョ(4) 3-0 コルドバ(3)
コリア(4) 2-0 フエンラブラダ(3)

▽11/13(日)
ヴァラルデ(6) 0-2 セビージャ
アルガー(6) 1-6 セルタ
カサレガス(6) 1-4 ソシエダ
モリェルッサ(6) 1-3 ラージョ・バジェカーノ
レアル・ウニオン(3) 3-2 カディス
アレンテイロ(4) 2-0 アルメリア
アルシラ(4) 0-2 アスレティック・ビルバオ
サン・ロケ・デ・レペ(4) 2-3 ヘタフェ
キンタナル・デル・レイ(5) 1-2 ジローナ
フベントゥド・デ・トレモリノス(4) 2-2(PK:4-2) ウエスカ(2)
リェイダ・エスポルティウ(4) 0-1 アラベス(2)

アトレティコ・パソ(4) 1-1(PK:3-2) ムルシア(3)
ビメノル(5) 0-2 ミランデス(2)
ディオセサーノ(4) 1-0 サラゴサ(2)
レアルタド(5) 0-2 テネリフェ(2)
ラス・ロサス(5) 0-3 エイバル(2)
ペーニャ・デポルティバ(4) 1-1(PK:7-8) マラガ(2)
アルファロ(4) 0-1 カルタヘナ(2)
レクレアティボ(4) 0-0(PK:3-4) ブルゴス(2)
ヒムナスティカ・デ・トーレラベガ(4) 2-3 オビエド(2)
イビサ・イスラス・ピティウサス(4) 3-1 ラージョ・マハダオンダ(3)
マンレサ(4) 1-3 ポンテベドラ(3)
アルネド(4) 1-1(PK:4-3) アトレティコ・バレアレス(3)
ウニオン・アダルベ(4) 1-2 リナレス(3)
エルクレス(4) 2-4 ラ・ヌシア(3)
シルボネロ(4) 0-1 インテルシティ(3)
テルエル(4) 0-1 ラス・パルマス(2)
イェクラーノ(4) 2-3 グラナダ(2)
コルソ(4) 2-2(PK:3-4) エルデンセ(3)
サン・フアン(4) 0-2 ヌマンシア(3)
オウレンセ(4) 1-1(PK:2-4) アルコルコン(3)
ウテボ(4) 2-2(PK:3-4) メリダ(3)

※()内は所属カテゴリー

関連ニュース
thumb

準決勝の組み合わせが決定! マドリーvsバルセロナの“クラシコ”が実現《コパ・デル・レイ》

コパ・デル・レイ準決勝の組み合わせ抽選会が30日に行われ、セミファイナルの対戦カードが決定した。 26日に終えた準々決勝を勝ち抜いた4チームは、バルセロナ、オサスナ、ビルバオ、レアル・マドリー。 注目の準決勝では、アトレティコ・マドリーとのダービーを制したレアル・マドリーと、久保建英の所属するソシエダを下したバルセロナによるファイナル進出を懸けた“クラシコ”が実現。 また、今シーズンのラ・リーガで7位と躍進続くオサスナは、準々決勝では不調のセビージャを下して18季ぶりの4強入り。この準決勝では3週間前にリーグ戦でも対戦したビルバオと対戦する。 なお、準決勝はこれまでの一発勝負からホーム&アウェイ形式の2試合制に変更され、1stレグが2月28日,3月1日に、2ndレグが4月4,5日のいずれかの日程で開催予定だ。 ◆コパ・デル・レイ 準決勝組み合わせ レアル・マドリー vs バルセロナ オサスナ vs ビルバオ 2023.01.31 05:30 Tue
twitterfacebook
thumb

「とても良いゲーム」ダービー敗戦もシメオネ監督は選手を称える、微妙な判定には「誰も気にしていない」

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が、レアル・マドリー戦を振り返った。スペイン『アス』が伝えた。 26日、コパ・デル・レイ準々決勝が行われ、アトレティコはアウェイでマドリーと対戦した。 前半から主導権を握ったのはアトレティコ。19分にアルバロ・モラタの恩返し弾で先制。その後もコレクティブなプレーを見せ続ける。 しかし、後半に入ってマドリーが盛り返すと79分にロドリゴ・ゴエスに個人技からゴールを許し失点。延長戦にもつれ込むと、ステファン・サビッチが連続イエローで延長前半に退場し数的不利となる。 耐えていきたいアトレティコだったが、カリム・ベンゼマ、ヴィニシウス・ジュニオールにゴールを許し、3-1で敗戦。ベスト8で姿を消すこととなった。 試合後シメオネ監督が振り返り、失点する前までは良いプレーを見せていたと言及。退場者を出したことで苦しくなったとした。 「私にとっては70分まではとても良いゲームをプレーしていた。セバージョスのファウルで彼が2枚目のカードをもらわなくても誰も気にしていなかった。ただ、サビッチが退場となり、1人少なくなった」 「ロドリゴのゴールまでは、素晴らしい個人のプレー、チームとしても素晴らしいものを生み出していた。そして試合が進むにつれては、1人少ない状態で持ち堪えることが難しくなった。その後は引き分けを目指していたが、ゴールが生まれてしまった。選手の努力とチームが見せた印象にはとても満足している」 主審の微妙な判定などがあったなか、結果についても言及。仕方ないことだとした。 「とても良かった。とてもよく戦ったチームを見ることができた。賛否両論生まれる内容だった。ただ、それも全て条件だ。誰も気にしていないが、現実はそうだ」 <span class="paragraph-title">【動画】コパで実現したマドリード・ダービー!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="GlPnxmoGnns";var video_start = 19;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.27 10:55 Fri
twitterfacebook
thumb

「クレイジーなゴールだ」「奇跡の子」レアルFWロドリゴの衝撃ゴール、ファンから称賛の嵐「怪物ロナウドを思い出させる」

レアル・マドリーのブラジル代表FWロドリゴ・ゴエスのゴールが話題を呼んでいる。 26日、コパ・デル・レイ準々決勝でマドリーはホームにアトレティコを迎えた。 カップ戦で実現したマドリード・ダービー。試合前から両サポーターの対立構造が浮き彫りになるなか、試合はアトレティコがアルバロ・モラタのゴールデ早々に先制する。 古巣への恩返し弾でアトレティコが先制。マドリーはパフォーマンスが上がらずに苦しんだが、後半に入って形勢逆転。押し込み続けると、89分にロドリゴが圧巻のゴールを決めた。 バイタルエリアでルカ・モドリッチのパスを受けると、ドリブルを仕掛け、ファーストタッチで1人をかわすと、そのままボックス内に侵入。2人、3人、4人とかわし、最後は右足アウトサイドでタイミングを外したシュートを放ち、ニアサイドを抜いた。 敗戦間際での劇的な同点ゴール。その後チームは延長戦で2点を追加して勝利したが、ファンも驚いたようだ。 「なんてクレイジーなゴールだ」 「奇跡の子だ」 「若い頃のロナウドのよう」 「怪物ロナウドを思い出させる」 「驚異的なプレー」 「スペクタクルだ」 <span class="paragraph-title">【動画】ロドリゴが圧巻の4人抜きから同点ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="GlPnxmoGnns";var video_start = 19;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.27 09:53 Fri
twitterfacebook
thumb

「説明するのも難しい」前半の低調ぶりから逆転勝利のレアル、アンチェロッティ監督の見解は「精神的な変化」

レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督が、アトレティコ・マドリー戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 26日、コパ・デル・レイ準々決勝でマドリーはホームにアトレティコを迎えた。 カップ戦で実現したマドリード・ダービー。試合前から両サポーターの対立構造が浮き彫りになるなか、試合はアトレティコがアルバロ・モラタのゴールデ早々に先制する。 古巣への恩返し弾でアトレティコが先制。マドリーはパフォーマンスが上がらずに苦しんだが、後半に入って形勢逆転。マドリーが押し込み続けると、89分にロドリゴ・ゴエスが圧巻のゴールを決めて同点とし延長戦にもつれ込む。 すると延長戦ではカリム・ベンゼマ、ヴィニシウス・ジュニオールがネットを揺らして勝負あり。3-1でマドリーが勝利し、準決勝に駒を進めた。 アンチェロッティ監督は試合を振り返り、選手たちを讃えると共に、後半からはチームが良くなったとコメント。ラウンド16のビジャレアル戦同様に逆転勝利を掴めた理由はメンタル面だとした。 「重要なのは、全員がより多くのコミットメントを示したことだ。ベンチは我々を大いに助けてくれるし、シーズンのこの時期には、誰もが貢献できるベンチのメンバーが必要だ。試合が多すぎる」 「今日はとてもタフな試合で、とても強い相手と戦った。彼らは前半の方が良く、後半は我々の方が非常に良かったので、できる限りエネルギーを注いだ。個々のクオリティの高いプレーにより、同点に追いつき、ファンの応援で延長戦に突入できた」 「ビジャレアル戦のハーフタイムではとても怒ったが、今日はそうではなかった。チームは前半うまくプレーできなかったが、改善する方法はあった。ルカ(・モドリッチ)のポジションを上げて変更してみたが、作戦の変更というよりは、ハーフタイム後の精神的な変化だったと思う。これにより、前線のエネルギーとクオリティが上がった」 「チームのプレーが前半とても悪く、後半でとても優れていくというのを理解するのはとても難しい。説明するのも難しい」 <span class="paragraph-title">【動画】ロドリゴが圧巻の4人抜きから同点ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="GlPnxmoGnns";var video_start = 19;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.27 09:43 Fri
twitterfacebook
thumb

「追いつく可能性が明確にあった」数的不利、ケガ人多数で善戦したソシエダ、指揮官は決定機逸を悔やむ「望んでいたのは勝利」

レアル・ソシエダのイマノル・アルグアシル監督が、バルセロナ戦を振り返った。 25日、ソシエダはコパ・デル・レイ準々決勝でバルセロナと対戦した。 タイトル獲得へ大事な一戦となる中、9連勝中のチームはバルセロナに主導権を握られてしまう。すると38分、ブライス・メンデスがセルヒオ・ブスケッツの足を踏んでしまい、VARチェックの末に一発退場。数的不利となると、52分にウスマーヌ・デンベレにゴールを許してしまう。 数的不利の中耐えていたものの失点したソシエダ。しかし59分には、こぼれ球を拾った久保建英がドリブルを仕掛けると、ボックス内左から相手DFを抜き切らずに絶妙なグラウンダーのパスを通す。これをオフサイドラインにかからずに抜けたアレクサンダー・セルロートは合わせるだけだったが、まさかのシュートミス。クロスバーを越えて行ってしまった。 結局その後はゴールを奪えず、1-0でバルセロナが勝利。ソシエダはベスト8で敗退となった。 試合後イマノル監督は敗退を悔やみ、チャンスを逸したことに言及した。 「我々が望んでいたのは突破することだったので、苛立ちはある。このピッチでこんな相手と11vs11でも難しいのに、1人少なくなり…そして、明確なチャンスがあったにもかかわらず、それをものにできなかった」 「この試合でも1人少なくなってしまい、惜しいことをした。敗退してしまい、残念でならない」 また、善戦したチームを「誇りに思うか?」という質問には「好きではない」とコメント。難しい状況でも善戦したチームを称えながら、チャンスを生かせずに敗れたことを悔やんだ。 「私は誇りという言葉が好きではない。なぜなら、それは我々が負けたことを意味し、我々が望んでいたのは勝利だったからだ」 「欠場者、大ケガをした選手もいる中で、ここまで来たが、何人かの選手にはとても感動した。ベンチにもケガをしている選手がいれば、リザーブチームの選手もいる。やりくりしなければいけない」 「長い時間でピッチ上にはリザーブの3選手がいて、何が起こるかによってバランスをとりながら、注意してコントロールしなければいけなかった。それにも関わらず、1人少なくても戦えていた」 「チームには追いつく可能性が明確にあった。リスクを冒すときと判断した時に我々はそう動いた。そして、明確に追いつけた」 「バルセロナのような相手には現時点ではこういった状況であり、絶好調のデンベレのような選手と対戦することは難しいが、しっかりと競争はできたと思う」 「最後の10分間、彼らはより緊張感があり、1-1に追いつくことは2-0になるよりも可能性があった。このような逆境に直面し、プライド以上に傷つき、苛立っている。そしてそれが現実であり、我々はとても限られた中での戦いだったことも理解している」 <span class="paragraph-title">【動画】同点の大チャンスが台無し…久保建英の完璧クロスをセルロートはまさかのミスキック</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="qXpasr8V_zY";var video_start = 134;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.26 11:40 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly