東京Vが桐蔭横浜大学のMF楠大樹の加入内定を発表、今季の関東1部で4G1A

2022.11.09 14:40 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
東京ヴェルディは9日、桐蔭横浜大学のMF楠大樹(22)の来季加入内定を発表した。楠は桐生第一高校から桐蔭横浜大学へと進学。今シーズンの関東大学サッカーリーグ1部では15試合に出場し4得点1アシストを記録している。

楠はクラブを通じてコメントしている。
「2023シーズンから東京ヴェルディに加入することになりました桐蔭横浜大学の楠大樹です。これまで指導してくださった監督、コーチをはじめチームメイト、いつも温かくサポートしてくれる家族には本当に感謝しております」

「これからプロサッカー選手として結果で恩返しできるように頑張ります。ファン・サポーターのみなさま、応援よろしくお願いいたします」

1 2

関連ニュース
thumb

鹿島が東京Vに逆転勝利でJ2勢連敗をストップ! 2本目退場の知念が4本目に意地の同点弾《プレシーズンマッチ》

プレシーズンマッチの鹿島アントラーズvs東京ヴェルディが、5日に茨城県立カシマサッカースタジアムで行われ、鹿島が2-1で逆転勝利した。 昨シーズンのJ1リーグを4位で終えた鹿島と、J2リーグを9位で終えた東京Vが新シーズン開幕を2週間後に控えた中で激突したプレシーズンマッチは45分×4本の形で行われた。 J2勢相手に3連敗と結果が出ていない鹿島は、結果を求めて臨んだ一戦に鈴木優磨や荒木遼太郎、ディエゴ・ピトゥカ、樋口雄太といった既存戦力、藤井智也や佐野海舟、植田直通ら新戦力を組み合わせた布陣で一本目に臨んだ。 対する東京VはGKマテウスや谷口栄斗、森田晃樹ら既存戦力に、宮原和也、齋藤功佑らを融合した布陣で一本目を戦った。 キックオフ直後の接触プレーで鈴木がピッチに倒れ込み、観戦に訪れたサポーターも思わず息を呑んだが、問題なくプレーに復帰。以降は互いに開幕が近いことを意識させる、高いインテンシティの攻防が繰り広げられた。 東京Vのプレスに手を焼く鹿島だが、時おり左右のウイングに良い形でボールが繋がると、藤井と師岡柊生の運びから際どいクロスを供給し、鈴木が惜しい枠内シュートを放つ場面も。 その後は鹿島が主導権を握ったものの、両ウイングの個人技以外に攻め手がなくボックス内にかける人数も少なく攻撃が停滞。一方の東京Vも守備の粘りは光ったが、攻撃ではなかなか中央で起点を作れず。互いに攻撃面に課題を残す形で試合を折り返した。 後半は知念慶、土居聖真を頭から入れた鹿島が中央で起点を作って押し込む入りを見せ、前半にはあまりなかったボックス内でのフィニッシュの場面が増える。だが、知念の決定機はGKマテウスの好守などに阻まれる。 後半半ばから終盤にかけては東京Vが盛り返して中盤での潰し合いが目立つ展開に。互いになかなかフィニッシュの数が増えていかない。そういった中、終盤には谷口との激しいマッチアップで激高した知念がエルボーを見舞い一発退場に。このプレーを巡って両チームが入り乱れる小競り合いに発展。知念は退場となったものの、11人同士の戦いを臨む城福監督の提案で鹿島は一度退いた藤井をピッチに戻した。 結局、後半もスコアは動かぬままタイムアップを迎え、互いに主力を起用したカシマサッカースタジアムでの45分×2はゴールレスで終了した。 その後、サブグランドに場所を移して行われた2戦目は、鹿島が古巣対戦の安西幸輝、染野唯月の2選手に垣田裕暉、キム・ミンテらを起用。東京Vも大幅にメンバーを入れ替えて臨んだ。 3本目は立ち上がりから東京Vペースで進むと、幾つかのチャンスを経た32分に先制点を奪う。マリオ・エンゲルスの背後への抜け出しからボックス内でキープした北島祐二の丁寧なマイナスの落としを、梶川諒太が右足ダイレクトで右隅に突き刺した。 何とかJ2勢相手の4連敗は避けたい鹿島だが、垣田のシュートが2度ポストを叩くなどゴールが遠い。それでも、4本目に出場した知念が28分にセットプレーの二次攻撃からヘディングで押し込んで同点に追いつく。さらに、39分にはショートカウンターからゴール前に抜け出した垣田が冷静にGKとの一対一を制して、逆転に成功した。 そして、そのまま2-1で逃げ切った鹿島がJ2勢相手の連敗をストップした。 2023.02.05 16:20 Sun
twitterfacebook
thumb

東京VのMF橋本陸斗が左ハムストリング腱膜損傷で全治約10週間

東京ヴェルディは30日、MF橋本陸斗の負傷を発表した。 クラブの発表によると、橋本は27日に負傷したとのこと。左ハムストリング腱膜損傷と診断された。 なお、全治は受傷日より約10週間の見込み。復帰は4月以降になることとなる。 橋本は2021年に2種登録されると、15歳10カ月月26日でデビュー。Jリーグ史上3番目の若さであり、J2最年少記録を樹立した。 2022シーズンは明治安田生命J2リーグで3試合、天皇杯で1試合の出場に終わっていた。 2023.01.30 12:15 Mon
twitterfacebook
thumb

「これはひどい」あのフッキがまさか…がら空きゴール前で想像超えの枠外シュート

アトレチコ・ミネイロの元ブラジル代表FWフッキが信じられないシュートミスを犯した。 かつては川崎フロンターレや北海道コンサドーレ札幌、東京ヴェルディでプレーし、日本にも馴染み深いフッキ。ポルトやゼニト、上海上港(現在は上海海港)を渡り歩いたのち、2021年1月に母国凱旋を果たすと、アトレチコ・ミネイロ加入1年目には公式戦67試合で36ゴールをマークし、クラブを50年ぶりのカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA優勝の立役者となった。 加入2年目も公式戦46試合29ゴールと、年齢を全く感じさせぬ圧倒的な存在感を示しているが、それでも意外なゴール逸が発生するようだ。 前半にPKを沈め、この日も得点を積み重ねたフッキは、追い付かれて迎えた後半の頭にも勝ち越しの決定機が訪れた。ボックス右からのグラウンダークロスはGKを抜け、正面へ走り込んだフッキの元へ。だが、無人のゴールへわずか数mというシュートは、ボールを利き足で合わせようとしたかあるいは右足での空振りか、枠の右へと外れてしまった。 とはいえ、指揮官は頭を抱え、ファンも「これはひどい」、「おぉ神よ!」、「PKがあって良かったよ」と苦笑い。サッカー下手という意味のスラング「バグレ(ナマズの仲間)」とのコメントも並んだ。 シュートミスには本人も苦笑いで、「ごめん!」とばかりに手を挙げ、身振りで想像よりもクロスがマイナスに入ってしまったと釈明しているようだ。 アトレチコ・ミネイロはその後再びのPKをフッキが決めて勝ち越し、2-1で勝利。ミスも笑い事で済んだ。 <span class="paragraph-title">【動画】フッキががら空きゴール前でまさかのシュートミス…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">Olha o que ele fez! Hulk, meu querido, que gol perdido foi esse... <a href="https://t.co/044XDbWsQL">pic.twitter.com/044XDbWsQL</a></p>&mdash; ge (@geglobo) <a href="https://twitter.com/geglobo/status/1616901172492656646?ref_src=twsrc%5Etfw">January 21, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.22 20:25 Sun
twitterfacebook
thumb

東京V、山田剛綺と稲見哲行の負傷報告…ともに全治8週間の見込み

東京ヴェルディは21日、FW山田剛綺とMF稲見哲行の負傷を報告した。 山田は昨年12月25日に受傷して、全治8週間見込みの左ハムストリング腱膜損傷と診断。今年16日に受傷した稲見も左ハムストリング腱膜損傷で全治8週間の見込みだという。 城福浩体制2年目の東京Vは2月19日にホームで予定する明治安田生命J2リーグ開幕節でツエーゲン金沢と対戦する。 2023.01.21 18:30 Sat
twitterfacebook
thumb

「えぐい…」「激オシャレ」東京Vの2ndユニフォームがカッコ良すぎと話題、パンツがダークブラウンの珍しさも「めっちゃカッコええな」

東京ヴェルディは20日、2023シーズンの2ndユニフォームを発表した。 すでに10日に1stユニフォームが発表されていた中、大きな反響を呼んでいたが、2ndユニフォームも斬新な形となった。 『ATHLETA』が手掛けるユニフォームのテーマは「SHINE SYNERGY 〜融合の輝き〜」。クラブと東京の多様性がシナジーを起こし、未来を明るくしていく願いを込め、シャインホワイトとヴェルディグリーンが融合したライトグリーンのマーブル柄で表現している。 また、パンツはダークブラウンとなり、東京らしいモダンなスタイルを演出している。なお、GK2ndはサックス(水色)で全身をまとめることとなった。 これにはファンも「シンプルでカッコいい!」、「ヴェネツィア並みにかっこいい」、「えぐい…」、「今年も良き」、「めっちゃカッコええな」、「マーブル柄が激オシャレ」、「ダークブラウンのパンツは珍しい」、「カッコ良すぎ」、「色が良い」と好評のようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】色味が大きな話題に!東京Vの2ndユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">2023シーズン2ndユニフォームデザイン決定!<br><br>クラブと東京の多様性がシナジーを起こし、未来を明るくしていく願いを込め、シャインホワイトとヴェルディグリーンが融合したライトグリーンのマーブル柄で表現。<br><br>詳細<a href="https://t.co/sJdXsbPWdh">https://t.co/sJdXsbPWdh</a><a href="https://twitter.com/hashtag/verdy?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#verdy</a></p>&mdash; 東京ヴェルディ(TOKYO VERDY)公式(@TokyoVerdySTAFF) <a href="https://twitter.com/TokyoVerdySTAFF/status/1616270221811290112?ref_src=twsrc%5Etfw">January 20, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.20 12:43 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly