首位通過決定済みのチェルシーがザカリアのデビュー弾で逆転勝利! アーセナルとの週末ダービーへ弾み《CL》

2022.11.03 07:19 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)グループE最終節、チェルシーvsディナモ・ザグレブが2日にスタンフォード・ブリッジで行われ、ホームのチェルシーが2-1で逆転勝利した。

2戦未勝利からの3連勝によって最終節を前に首位通過を決定したチェルシー(勝ち点10)は、3位でのヨーロッパリーグ(EL)行きに可能性を残す最下位のザグレブ(勝ち点4)とのグループリーグ最終戦に臨んだ。

今週末にアーセナルとのビッグロンドン・ダービーを控える中、直近のブライトン相手の新体制初黒星を払しょくしたいポッター監督は、このホームゲームで先発7人を変更。負傷の守護神ケパに代えてGKメンディを起用したほか、ザカリアを加入後初起用。また、負傷明けのクリバリやアスピリクエタ、オーバメヤンといったベテランを送り込んだ。
この試合でスターリングとオーバメヤンの2トップ、トップ下にハヴァーツを配置した[4-3-1-2]でスタートしたチェルシー。すでに突破を決めていることもあり、立ち上がりから緩さを見せると、ザグレブにその隙を突かれる。

7分、右サイドでモハラミがフリーで上げたクロスにファーでオルシッチが競ると、DFアスピリクエタの後頭部に当たったボールが浮き球の形でゴール前にこぼれる。これをペトコビッチが難なく頭で押し込んだ。

あっさりと先制を許したチェルシーは以降もシステムのミスマッチの部分、強度の問題でプレスが嵌り切らない場面が散見も、時間の経過と共にボールを握って押し返していく。16分にはハヴァーツの見事なアーリークロスに反応したスターリングに最初の決定機も、ここはボレーシュートを枠に飛ばせない。

それでも、直後の18分には後方からのビルドアップからジョルジーニョのグラウンダーのスルーパスに反応したオーバメヤンがボックス右に抜け出して絶妙なヒールパスを供給。これに中央で反応したスターリングが細かいステップワークでDFを外して左足のグラウンダーシュートをゴール左隅へ流し込んだ。

早い時間帯の同点ゴールで完全に落ち着きを取り戻したチェルシーは、マウント、ジョルジーニョを起点に中盤でボールを動かしながらゲームをコントロール。すると、30分には右サイドでのスターリングとのパス交換でボックス右に抜け出したマウントがゴールライン際から鋭角なプルバック。DFが触ってゴール前にこぼれたところに詰めたザカリアが右足を振り抜くと、相手DFのゴールカバーに遭ったものの、ボールはそのままゴールラインを割った。

デビュー戦となったザカリアの価千金のデビューゴールで逆転に成功したチェルシー。以降は決定機こそ作れないものの、相手の反撃を危なげなく抑え込んで前半を1点リードで終えた。

迎えた後半、立ち上がりに与えたセットプレーでシュタロに決定機を許したが、ここはGKメンディの好守で凌ぐ。52分にはオーバメヤンが狙いすましたミドルシュートでゴールに迫るが、これは惜しくもクロスバーを叩いた。

時間の経過と共に後半も主導権を掴んだチェルシーは、なかなか追加点を奪えないが、64分にはハヴァーツ、オーバメヤン、クリバリを下げてチアゴ・シウバ、ギャラガー、ブロヤを投入する3枚替えを敢行。アーセナル戦を睨んで主力を下げていく。

後半半ばから終盤にかけても最少得点差のまま試合が進んでいく中、久々の出場で大きな負荷がかかったザカリアがプレー続行不可能となり、ロフタス=チーク、殊勲のスターリングを下げてプリシッチを投入したホームチーム。

ボールを握って相手をゴールから遠ざけつつ、マウントやギャラガーのシュートで相手GKを脅かす。86分にはチルウェルのクロスからゴール前にフリーで飛び込んだチアゴ・シウバに試合を決めるチャンスが訪れたが、ゴール至近距離でシュートを枠に飛ばせない。

それでも、試合終盤の相手の攻勢を危なげなく凌いだポッターのチームが2-1の逆転勝利を飾り、グループリーグを勝利で終えると共に週末のアーセナル戦に弾みを付けている。

関連ニュース
thumb

エンソ・フェルナンデス流出を固辞したベンフィカの抵抗? コバチッチ譲渡を要求していた

チェルシーにアルゼンチン代表MFエンソ・フェルナンデスを引き抜かれたベンフィカだが、逆にクロアチア代表MFマテオ・コバチッチを要求していたようだ。 カタール・ワールドカップのベストヤングプレイヤーを巡って移籍市場で火花を散らした両クラブ。ベンフィカは頑なに放出を阻止したものの、チェルシーの粘り強い交渉と強烈な資金力を前に屈することに。締め切りギリギリに成立したその取引は、1億2100万ユーロというイギリスの移籍金の最高額を更新することとなった。 ただ、ベンフィカも出来る限り抵抗を試みたようで、ポルトガル『レコルド』によると、コバチッチを引き渡すことを提案したようだ。しかし、相手のスター選手を引き抜こうとする動きとは裏腹に、主力の移籍を固辞。リスボンクラブの要求は全く受け入れてもらえなかったという。 何はともあれ歴史に残るビッグディールとなった今回の移籍。チェルシーは他にもミハイロ・ムドリクに最大1億ユーロの移籍金を投下するなど、今冬だけで総額3億6360万ユーロ(約510億円)もの資金を注ぎ込んでいる。 2023.02.04 16:00 Sat
twitterfacebook
thumb

クロップ&ペップ、チェルシーの派手な動きに何思う? 「彼らが何をしようが…」

チェルシーの今冬補強を巡り、リバプールのユルゲン・クロップ監督とマンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督がそれぞれ見解を示した。 オーナーが代わって、ようやく上層部の陣容が固まったチェルシーは今冬、途中就任からなかなか調子を掴めずにいるグレアム・ポッター監督を後押ししようと計8選手を獲得。投じた移籍金額は3億2300万ポンド(約510億5000万円)と派手に動いた。 なかでも、粘りに粘ってベンフィカから獲得したアルゼンチン代表MFエンソ・フェルナンデスはイギリス史上最高額となる1億680万ポンド(約168億8000万円)の値に。ポッター監督のマネジメント能力が大いに試されそうだが、贅沢な陣容となった。 そうしたチェルシーの動きに他クラブの監督は何を思うか。イギリス『スカイ・スポーツ』によると、その件に関する質問が今週末の試合を控えるクロップ監督とグアルディオラ監督に飛び、それぞれがコメントしたという。 クロップ監督は「私は弁護士なしでは何も言わない! いや、冗談だよ」と茶化しながら、素直に外から見ての感想を語りつつ、疑問も口にした。 「何が可能で、何が不可能といったビジネスの部分はわからない。みんな、良い選手だから、その点からすれば、『おめでとう』だ」 「どうしたら、あれが可能なのかわからないが、この件を説明するのは明らかに私じゃない。いずれは彼らがうまくプレーするようになるだろうが、どれほど早くできるかはわからないね」 また、グアルディオラ監督はシティがファイナンシャルフェアプレー(FFP)の調査対象となる補強で他クラブの厳しい目が向いた過去に触れながら、考えを示した。 「プレミアリーグで5番目か、6番目の支出で、我々は5年間で11個のトロフィーと4つのプレミアリーグを手にした。それこそが本当に重要なこと。チェルシーが何をしたのか、他のクラブが何をしたのかは私に関係ない」 「もちろん、我々もチェルシー、アーセナル、リバプール、マンチェスター・ユナイテッドのように良い選手が必要。良い選手がいないと、ここプレミアリーグでも、ヨーロッパでも競っていけない。だから、投資は必要だ」 「今の市場は“すごい”んだ。チェルシーが何をしようが、私に関係ない。ルールがあり、忘れてはならないのは8、9チームがプレミアリーグに(FFP抵触が発覚した2020年にシティを)追放するよう書状を送ったことだ」 2023.02.04 11:15 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシー、今冬の補強完遂後も勝てず…ポッター「攻撃的なチームとしてもっとやりたい」

チェルシーのグレアム・ポッター監督が振り返った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 3日のプレミアリーグ第22節でフルアムをホームに迎え撃ったチェルシー。今冬に巨額を叩いて獲得したMFエンソ・フェルナンデスにFWミハイロ・ムドリクのほか、移籍が書類不備でとん挫したMFハキム・ツィエクをスタートから送り出したが、0-0のドローに終わった。 これで新年に入ってから、公式戦7試合でわずか1勝(3分け3敗)。リーグ戦では2試合連続の無得点ドローと調子を掴めず、さらに上位との差が広がりそうだが、ポッター監督はポジティブな面も強調しつつ、改善すべき点を口にした。 「試合のスタートからポジティブで良い感覚だったが、クリエイトするための攻撃的なプレーが足りなかった。そこを突き詰めていく必要がある。フルアムはよく守り、よく組織されてもいたよ。そのなかで、我々はケガから復帰したばかりの選手や、新しい選手で繋がりや理解に欠けた。ただ、ポジティブな面もあった。頑張りや、スピリットはあったが、攻撃的なチームとしてもっとやりたいことがある」 今冬のデッドラインデイにベンフィカからイギリス史上最高額の移籍金1億2100万ユーロ(約171億2000万円)で加入して、さっそくデビューのエンソ・フェルナンデスについても触れ、プレーぶりから多くの可能性を感じたようだ。 「素晴らしいプレーをしてくれたと思う。彼のクオリティが見られ、チームにもたらすものもわかったはず。まだ我々と長くいるわけじゃないから、簡単じゃなかっただろうが、ワクワクしたよ」 また、加入後初先発だったが、ハーフタイムに交代したムドリクについては「今週、ずっと風邪をひいていたんだ。60分が限界だと思っていたが、ハーフタイムに足が重く感じたようだ。まだ調整段階だ」と話している。 2023.02.04 09:15 Sat
twitterfacebook
thumb

エンソ・フェルナンデスがデビューのチェルシー、フルアムとのウェストロンドン・ダービーはゴールレスドロー《プレミアリーグ》

チェルシーは3日、プレミアリーグ第22節でフルアムをホームに迎え、0-0で引き分けた。 前節リバプール戦をゴールレスドローで終えた10位チェルシー(勝ち点29)は、エンソ・フェルナンデスが先発デビュー。[4-3-3]で臨んだ。 7位フルアム(勝ち点31)とのウェストロンドン・ダービー。ハヴァーツ、ムドリク、ツィエクの3トップ、中盤アンカーにエンソ・フェルナンデスを据える形でスタートしたチェルシー。 そのチェルシーがボールを握る展開で立ち上がったが、自陣に引くフルアムを崩しきれない状況が続いた。 すると25分、アンドレアス・ペレイラにミドルシュートでGKケパを強襲されると、ここからフルアムの攻守の切り替えの鋭さの前にペースを持っていかれてしまう。 前半終了間際の追加タイム2分、ようやくチェルシーに先制のビッグチャンス。ツィエクの浮き球スルーパスに抜け出したハヴァーツがボックス内へ。飛び出したGKを見てループシュートを狙ったがバーに嫌われ、前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半、ムドリクに代えてマドゥエケを投入したチェルシーだったが、やはり攻めあぐねる状況が続く。 そこで60分、ツィエクに代えて負傷明けのスターリングを投入。しかし、流れを変えられずにいると71分にはミトロビッチにロングシュートでゴールを脅かされてしまう。 その後、エンソ・フェルナンデスやギャラガーのミドルシュートでゴールに迫ったチェルシーは79分にビッグチャンス。途中出場のフォファナが浮き球パスに抜け出し、飛び出してきたGKレノをかわしてシュート。だが、懸命にゴール前へ戻ったリームの好ブロックに阻まれてしまった。 結局、試合終了間際のスターリングのループシュートはGKレノにキャッチされたチェルシーはゴールを割れずに2戦連続0-0に終わった。 2023.02.04 06:54 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシーがCLノックアウトラウンド登録メンバー発表、オーバメヤンが選外

チェルシーは3日、チャンピオンズリーグ・ノックアウトラウンドの登録メンバーを発表した。 決勝トーナメント1回戦に進出しているチェルシーは15日にドルトムントとの1stレグを控える。グレアム・ポッター体制下で出番の少ないFWピエール=エメリク・オーバメヤンが選外となった。 その他、1月に獲得したDFブノワ・バディアシルも新戦力の登録制限により選外となっている。 一方でMFエンソ・フェルナンデス、FWジョアン・フェリックス、FWミハイロ・ムドリクの3選手が登録された。 また、パリ・サンジェルマンへの移籍が直前で破談となったMFハキム・ツィエクだが、前述のように新戦力の登録選手が3名までという規定により、メンバー登録されている。 2023.02.04 06:00 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly