16位低迷のセルタがコウデ監督を解任…後任はカルロス・カルヴァリャルの見込み

2022.11.02 22:50 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガで16位に低迷するセルタが監督交代に踏み切った。

セルタは2日、エドゥアルド・コウデ監督(48)の解任を発表した。

2020年11月に就任したコウデ監督は就任1年目は8位、昨シーズンは11位と安定していた戦績に導いた。しかし、今シーズンここまでは3勝2分け7敗の16位に低迷。とりわけ、直近は1分け4敗と5試合未勝利が続いていた。
なお、スペイン『マルカ』によると、後任に指名されたのは、ポルトガル人指揮官のカルロス・カルヴァリャル氏(56)だという。

カルヴァリャル氏は、これまで選手時代にも在籍したブラガやスポルティングCP、ベシクタシュ、スウォンジー・シティなどの指揮官を歴任。直近はUAEのアル・ワフダ・アブダビを指揮していた。

なお、今回のカルヴァリャル氏招へいに際にしては、クラブの外部スポーツアドバイザーを務めるルイス・カンポス氏が交渉の窓口を務めていたようだ。

関連ニュース
thumb

セルタがベテランGKジエゴ・アウベスを獲得へ! 5年半ぶりのラ・リーガ帰還に

セルタが、元ブラジル代表GKジエゴ・アウベス(37)をフリートランスファーで獲得することになったようだ。ブラジル『O Dia』が報じている。 セルタは現在、守護神を務める元アルゼンチン代表GKアグスティン・マルチェシンがアキレス腱断裂の重傷で長期離脱中。セカンドGKのスペイン人GKイバン・ビジャールが代役を担っているが、経験豊富なバックアッパーの獲得が急務となっている。 そういった中、今季限りでフラメンゴを退団したジエゴ・アウベスの獲得に動いたクラブは、今季終了までの半年契約で合意。同選手は7日にスペインへ渡航し、メディカルチェックを経て正式にガリシアのクラブの一員となる予定だ。 2004年に母国のアトレチコ・ミネイロでプロデビューしたジエゴ・アウベスは、アルメリアを経て2011年にバレンシアに加入。バレンシアでは、在籍6シーズンを過ごし守護神として公式戦176試合に出場。しかし、マルセリーノ・ガルシア・トラル監督の下で構想外となり、2017年から母国のフラメンゴでプレーしていた。 フラメンゴではここまで公式戦182試合に出場し、2度のカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA、コパ・リベルタドーレス制覇を含め11個のトロフィー獲得に貢献していた。 2023.02.07 23:19 Tue
twitterfacebook
thumb

リーグ戦11試合で3度目の1発レッド…ベティスDFルイス・フェリペが相手選手に突進

レアル・ベティスのイタリア代表DFルイス・フェリペは、ラ・リーガ11試合で3度目となる一発レッドカードを提示された。スペイン『Relevo』が伝えている。 昨夏にラツィオから加入したL・フェリペ。ブラジル生まれで世代別のブラジル代表歴も持つ25歳だが、A代表は自身のルーツであるイタリアを選択し、昨年6月に初キャップを刻んでいる。 加入1年目のベティスではここまでラ・リーガ11試合、ヨーロッパリーグ(EL)4試合などに出場。4日に行われたラ・リーガ第20節のセルタ戦ではスタメン出場するも、3-4の1点ビハインドで迎えた90+5分に退場を余儀なくされた。 この退場は1点を追いかけるなか、試合が止まった際にセルタFWイアゴ・アスパスの手からボールを奪おうとして突進し、腕を小突いたことによるレッドカードだ。 アスパスのリアクションもオーバーではあるものの、強いリーダーシップの裏を返せば少なからず気性が荒いとも評されるL・フェリペの愚行と言える形に。前述の通り、これによってラ・リーガ11試合で3度目の一発レッドとなってしまった。 ベティスのマヌエル・ペジェグリーニ監督は試合後、「アスパスの不誠実さは許すべきでない。L・フェリペと同じくらい罰せられるべきだ」と憤慨し、クラブも異議申し立てを検討しているという。 なお、ベティスは今季のラ・リーガで延べ10人目の退場処分に。試合は3-4のまま、セルタに敗れている。 <span class="paragraph-title">【動画】ルイス・フェリペ、相手選手に突進して退場に... 今季3度目の1発レッド</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="lGackfJ-pC8";var video_start = 460;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.05 21:35 Sun
twitterfacebook
thumb

セルタがスイス代表FWセフェロビッチをベンフィカからレンタル…シーズン前半はガラタサライでプレー

セルタは1月31日、ベンフィカのスイス代表FWハリス・セフェロビッチ(30)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 セフェロビッチは、ルツェルン、グラスホッパーの下部組織育ち。2010年1月にグラスホッパーからフィオレンティーナへと移籍する。 そこからはレンタル移籍の連続。スイスのザマックスやレッチェ、ノヴァーラへと武者修行。2013年7月にレアル・ソシエダへと完全移籍する。 2014年8月にフランクフルトへと完全移籍すると、2017年7月にベンフィカに完全移籍。今シーズンはガラタサライへとレンタル移籍していた。 今シーズンはスュペル・リグで10試合に出場もゴールはなかった。 スイス代表としても92試合に出場し25ゴールを記録。カタール・ワールドカップ(W杯)でも3試合に出場した。 2023.02.01 10:40 Wed
twitterfacebook
thumb

今季出場ゼロ…セルタで飼い殺し状態のデニス・スアレスがエスパニョールにレンタル

エスパニョールは31日、セルタから元スペイン代表MFデニス・スアレス(29)をレンタルしたことを発表した。契約は今季終了時までとなる。 かつてはマンチェスター・シティやバルセロナの下部組織に在籍し、その将来が大きく期待されたデニス・スアレス。本格的にトップチームで試合に出るようになったのは、2014年夏にレンタルで加入したセビージャ。在籍は1年間のみだったが、公式戦46試合に出場し、ヨーロッパリーグ制覇に貢献した。 翌シーズンはビジャレアルにレンタル移籍し、公式戦48試合出場とこちらでも主力としてプレーした。すると過去2年の活躍を経て2016-17シーズンに満を持してバルセロナデビュー。しかし、セビージャやビジャレアルで見せたようなパフォーマンスは見せられず、その後はアーセナル移籍を間に挟み、2019年夏にサッカーを始めたセルタへ復帰した。 セルタでは主力としてプレーし、昨季はラ・リーガ全試合に出場。そこでセルタは今季前に契約延長を打診したが、スアレスがこれを拒否したことでクラブ会長の反感を買い、今季は一度も出場のない飼い殺し状態に。今季終了後にビジャレアル復帰の可能性があったが、なんとか半年で脱出に成功したようだ。 2023.01.31 20:05 Tue
twitterfacebook
thumb

飼い殺し状態のデニス・スアレス、今季終了後にビジャレアル復帰へ

セルタの元スペイン代表MFデニス・スアレス(28)が今季終了後、古巣のビジャレアルへ復帰するようだ。移籍市場に精通するジャーナリスト『ファブリツィオ・ロマーノ』が報じている。 デニス・スアレスは今季までセルタと契約を結んでいるが、契約延長を拒否したため、今季は出場機会がない状況が続いている。セルタの会長はデニス・スアレスに裏切りがあったと主張し、泥沼の関係となってしまった。 『ファブリツィオ・ロマーノ』によればこの状況を憂いた古巣ビジャレアルがデニス・スアレスと2026年6月までの契約で獲得することで合意に至ったと報じている。 デニス・スアレスは2015-16シーズンにビジャレアルに1シーズン在籍。主力として活躍し、その後のバルセロナ移籍に繋げていた。 2022.12.31 07:30 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly