久保建英が今季初欠場のソシエダが連敗…ベティスは後半終盤2発で3試合ぶりの白星《ラ・リーガ》

2022.10.31 07:02 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第12節、レアル・ソシエダvsベティスが30日にアノエタで行われ、アウェイのベティスが0-2で勝利した。なお、ソシエダのMF久保建英は負傷でベンチ外となった。

4位のソシエダは前節、久保のゴラッソが取り消しとなる不運もあって格下バジャドリーに敗れて公式戦連勝が「8」でストップ。それでも、ミッドウィークのヨーロッパリーグ(EL)ではオモニア相手に2-0の快勝。グループリーグ唯一の5連勝を達成した。

来週にマンチェスター・ユナイテッドとの首位通過を懸けた大一番を控える中、2ポイント差で5位のベティスをホームで迎え撃った上位対決ではオモニア戦で左肩を脱臼した久保が招集外となり、今季公式戦で初の欠場となった。
ボール保持を志向するチーム同士の一戦だけに立ち上がりの主導権争いに注目が集まった中、ホームのソシエダがボールを握る形に。サイドに流れるセルロート、果敢にオーバーラップを仕掛けるディエゴ・リコの左サイドを起点に押し込むと、13分にはそのセルロートのキープからペナルティアーク付近でボールを持ったカルロス・フェルナンデスが右ポスト直撃のシュートでいきなり見せ場を作る。

ただ、以降はベティスが球際での強度の高い守備と、徐々にエンジンがかかり始めたフェキルの個人技を軸に押し返していく。だが、セットプレーを除きソシエダの堅い守備に手を焼く。

前半半ばを過ぎると、試合は完全に膠着。立ち上がりは70%を超えていたホームチームのボール支配率も50%近くに下がり、中盤での睨み合いが続く。局面では見応えのある攻防や巧みな連携も見受けられたが、両チーム共にアタッキングサードでは精度、アイデアを欠き均衡が保たれたままハーフタイムを迎えることになった。

互いに選手交代なしで臨んだ後半はソシエダに早速決定機。49分、ショートカウンターからブライス・メンデスの絶妙なスルーパスにカルロス・フェルナンデスが抜け出すが、ボックス右で放ったシュートはGKルイ・シウバにうまく間合いを詰められ止められる。

ここから試合は徐々にオープンな展開に。前半に比べてアタッキングサードでの連携、精度が改善されたラ・レアルは、ブライス・メンデス、メリーノ、途中投入のロベルト・ナバーロと中盤の前向きな選手が続けて枠内にシュートを飛ばしていく。対するベティスはフィニッシュの数では相手に劣るが、最前線のボルハ・イグレシアスが起点を作って際どいラストパスを狙う場面も増えた。

共にELから中2日の過密日程ということもあり、後半半ばを過ぎて両ベンチは慌しく動き、積極的に交代カードを切っていく。すると、試合終盤に交代選手がスコアを動かす。

86分、ベティスは中盤での繋ぎから左サイドのスペースに飛び出したアレックス・モレノが深い位置まで運んで狙いすましたマイナスのグラウンダークロスを供給。これをボックス中央にフリーで入り込んだフアン・クルスが抑えの利いた左足のダイレクトシュートでゴール左下隅に突き刺した。

22歳のスペイン人FWの価千金のプリメーラ初ゴールによって土壇場で均衡が破れた試合は、後半アディショナルタイムにも動く。

ビハインドを追うソシエダが猛攻を仕掛け、90分にはブライス・メンデスのFKをボックス右でフリーのマグナセライヤが頭で合せるが、これはGKルイ・シウバのビッグセーブに阻まれる。すると、直後の93分にはベティスが相手セットプレーを撥ね返しての見事なロングカウンターから左サイドを独走してボックス内まで持ち込んだアレックス・モレノの折り返しを、ファーに詰めたボルハ・イグレシアスがワンタッチで押し込んで試合を決める2点目とした。

この直後に試合はタイムアップを迎え、敵地で勝負強さを発揮したベティスがリーグ戦3試合ぶりの勝利を挙げた。一方、敗れたソシエダは今季初の連敗となった。

関連ニュース
thumb

「結果にもプレーにも満足」公式戦9連勝で首位キープのバルサ、喜ぶチャビ監督

バルセロナのチャビ・エルナンデス監督が、レアル・ベティス戦の勝利に喜びの声を語った。スペイン『マルカ』が伝えている。 2日に行われた延期分のラ・リーガ第17節でベティスとのアウェイ戦に臨んだバルセロナ。序盤は相手に攻め込まれる展開が続くも、徐々に流れを取り戻し、試合を折り返して65分にブラジル代表FWハフィーニャのゴールで先制した。 さらに、80分にはセットプレーの流れからポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが追加点を奪取。85分にはオウンゴールで失点を喫するも、1点のリードを守り抜き、2-1で勝利を収めた。 アウェイで白星を挙げたバルセロナはこれで公式戦9連勝。チャビ監督は試合後、内容に満足感を示しつつ、リーグ首位でシーズン前半戦を終えられたことを喜んだ。 「我々は素晴らしい試合をした。最高のプレーだった。終盤にはアンス(・ファティ)がヘディングで3点目を奪えたかもしれない。そして、オウンゴールで不運な失点を喫してしまったが、素晴らしい内容だった」 「ベティスからボールを奪えていたことが、一つの鍵になった。結果にもプレーにも満足しているし、前節に比べて良くなっている」 「我々が首位だ。チームのディフェンスはしっかりしているし、トレーニングの成果が出ていると思う。選手たちは競争の中にある。今日は今シーズンのベストゲームの1つだと感じており、とても満足だ」 また、先制点を挙げたハフィーニャについては「彼は決定的なゴールを決める。違いを生み出す存在だ。また、チームのために働ける選手でもある。ロベルト(・レヴァンドフスキ)と同様にとても重要な選手だ。活躍してくれるのはとても嬉しい」とコメント。その重要性を強調した。 2023.02.02 11:05 Thu
twitterfacebook
thumb

敵地で難敵ベティス撃破のバルセロナが暫定8pt差で首位ターン《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第17節延期分、ベティスvsバルセロナが1日にエスタディオ・ベニート・ビジャマリンで行われ、アウェイのバルセロナが1-2で勝利した。 2023年に入って公式戦8連勝と絶好調の首位バルセロナは、スーペル・コパ参戦に伴い、延期されていた前半戦ラストゲームに臨んだ。チャビ監督はスーペル・コパ準決勝で激闘を演じたリーグ戦6位チームとの再戦に向け、1-0で勝利したジローナ戦から先発4人を変更。負傷のデンベレに加え、エリック・ガルシア、マルコス・アロンソ、アンス・ファティが先発を外れ、3試合の出場停止が明けたレヴァンドフスキ、バルデ、クリステンセン、ペドリが起用された。 スーペル・コパの白熱の展開を継続するように、立ち上がりからハイインテンシティの攻防を繰り広げる両チーム。その中でボールの主導権を握ったバルセロナは、ペドリとガビを起点に要所で相手のプレッシャーを外しながら良い形で前進。だが、ペドリの見事なゴール前の飛び出しをGKルイ・シウバの好守で阻まれるなど、フィニッシュ、決定機まであと一歩という場面が目立つ。 一方、ボールを握られながらも粘り強く守るベティスは、ボルハ・イグレシアスがアラウホとクリステンセンのコンビに徹底監視されなかなか前線で起点を作れない。それでも、ルイス・エンヒキ、フェキルらの個人技から鋭いカウンターを仕掛ける。その形から10分にルイス・エンヒキ、32分にカナーレスといずれもボックス内で決定機に持ち込むが、ここはリーグ最高の堅守を誇るバルセロナの守備陣に見事なブロックで阻まれる。 前半終盤にかけてはよりオープンな展開の中でバルセロナのアタッカー陣の個人技が違いを生む。カウンターからボックス付近でより多くのチャンスを作るが、ガビやペドリの決定機はことごとくオフサイドなどに阻まれ、前半の内にゴールをこじ開けることはできなかった。 ゴールレスで迎えた後半、立ち上がりにバルデの見事な突破からの折り返しに反応したペドリのシュートでGKルイ・シウバを脅かしたバルセロナ。これで流れを引き寄せたチャビのチームは、後半より優勢に試合を進めていく。 これに対してベティスは60分過ぎにフェキルとウィリアム・カルヴァーリョを下げてグアルダード、フアンミを同時投入。すると、この交代直後に試合が動くことになった。 65分、バルセロナが相手陣内左サイドでフレンキー・デ・ヨングが倒された際のクイックリスタートからバルデが勢いをもってボックス内に侵入。完璧なグラウンダーのクロスを供給すると、ファーに走り込んだハフィーニャがワンタッチで流し込んだ。 相手の一瞬の隙を突くしたたかな攻撃から先制に成功したバルセロナは、リスクを冒して前に出るベティスの攻撃を凌ぎながら冷静に時計を進めていく。さらに、80分にはペドリの右CKを中央で競り勝ったアラウホがゴール前のスペースに落とすと、これを足元で収めたレヴァンドフスキが冷静にゴール左隅へ右足で流し込み、4試合ぶりのリーグ戦で早速ゴールを奪ってみせた。 これで勝利に大きく近づいたブラウグラナだが、鉄壁の守備に思わぬ綻び。85分、サバリの右サイド深くからのクロスがファーへ流れると、クンデの腹部に当たったボールがそのままゴールネットに吸い込まれて思わぬオウンゴールで失点する。 これで一気にスタジアム全体に熱狂的な空気が戻って来るが、この失点で気を引き締め直した守備陣が冷静に相手の攻撃を撥ね返し続けて2-1でクローズ。リーグ戦で久々の失点を喫したものの、スーペル・コパ同様にベティスを退けたバルセロナが、2位マドリーに暫定8ポイント差を付けて前半戦を終えた。 2023.02.02 07:27 Thu
twitterfacebook
thumb

ベティスがアジョセ・ペレスを獲得! ロレンは2部ラス・パルマスへ

レアル・ベティスは31日、レスター・シティからスペイン人FWアジョセ・ペレス(29)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 アジョセ・ペレスは、テネリフェのカンテラ出身で、2014年7月にニューカッスルへと移籍。その後、2019年夏にレスターへ完全移籍で加入した。フォクシーズではセカンドトップや左右のウイングを主戦場に公式戦114試合に出場し、15ゴール12アシストを記録。今シーズンここまでは公式戦13試合1ゴール1アシストの数字を残していた。 ニューカッスルとレスターでプレミアリーグ通算223試合45ゴールの実績を誇る元U-21スペイン代表FWだが、近年は前線の便利屋という扱いが続いていた。 一方、ベティスは同日、スペイン人FWロレン・モロン(29)が、セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)のラス・パルマスに今シーズン終了までレンタル移籍することを発表した。 2019-20シーズンにはラ・リーガで2桁ゴールを挙げる活躍を見せたロレンだが、昨シーズンはエスパニョールにレンタルへ出されると、今季は先日のスーペル・コパ準決勝のバルセロナ戦でゴールを記録したが、公式戦4試合の出場で先発は一度もなかった。 2023.02.01 04:41 Wed
twitterfacebook
thumb

ロサンゼルスFCを退団した元スペイン代表FWテージョの新天地がサウジアラビアに決定

サウジアラビアのアル・ファトフは25日、元スペイン代表FWクリスティアン・テージョ(31)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は2024年6月30日までとなる。 バルセロナのカンテラ出身ながら、エスパニョールを経由して2010年に再びバルセロナBに加入したテージョは、2017年の夏にバルセロナからベティスへ完全移籍。ベティスでは加入初年度から主力として活躍すると、在籍5年間で公式戦171試合で24ゴール20アシストを記録。 2021-22シーズンを最後にベティスを退団したテージョは、2022年8月にMLS(メジャーリーグサッカー)のロサンゼルスFC(LAFC)に半年契約で加入。公式戦5試合に出場したがノーゴールに終わり、2022年シーズン終了後に退団していた。 [写真はベティス時代のテージョ] 2023.01.26 00:00 Thu
twitterfacebook
thumb

7日間で2回目… ベティス、2試合連続PK戦敗退も69歳老将は選手を擁護「批判できない」

レアル・ベティスが公式戦2試合続けてPK戦敗退を喫し、マヌエル・ペジェグリーニ監督もやるせない心境を吐露した。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝える。 ベティスは18日、コパ・デル・レイ(国王杯)ラウンド16でオサスナと対戦。90分間で両軍ともに1点ずつ取り合い、1-1で延長戦に。103分にDFユスフ・サバリのゴールで勝ち越すも、直後の106分に同点とされ、勝敗はPK戦に委ねられることとなった。 PK戦では先攻のオサスナのキッカー4人が全員成功したのに対し、後攻のベティスは3人目のMFセルヒオ・カナーレスが失敗。最後は4人目のMFギド・ロドリゲスが足を滑らせてしまい万事休す。PK戦を2-4で落とし、前回王者はここで敗退となった。 ベティスは12日にもスーペル・コパ・デ・エスパーニャ準決勝でPK戦敗退を経験。この時はバルセロナ相手に延長120分間含めて2-2の死闘を演じ、最後はPK戦を2-4で落とすという、今回と全く同じスコアで敗れていた。 ペジェグリーニ監督も試合後のインタビューでショックを隠せず。だが、69歳の老将は選手たちを擁護した上で、「切り替えるしかない」と前を向いた。 「オサスナ相手に90分で決着をつける必要があった。だが、選手たちは最初の1分から最後の瞬間まで激しく戦っていた。だから矛先を彼らに向けるべきではない。批判的にはなれない」 「この敗退は肉体的にも、精神的にも、大きな打撃と言える。何が起こったのか理解する必要がある。だが、次の試合までにはフレッシュになるだろう。次の相手はエスパニョールか。とにかく勝つ準備に努めるよ」 2023.01.19 13:58 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly