久保建英が今季初欠場のソシエダが連敗…ベティスは後半終盤2発で3試合ぶりの白星《ラ・リーガ》

2022.10.31 07:02 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第12節、レアル・ソシエダvsベティスが30日にアノエタで行われ、アウェイのベティスが0-2で勝利した。なお、ソシエダのMF久保建英は負傷でベンチ外となった。

4位のソシエダは前節、久保のゴラッソが取り消しとなる不運もあって格下バジャドリーに敗れて公式戦連勝が「8」でストップ。それでも、ミッドウィークのヨーロッパリーグ(EL)ではオモニア相手に2-0の快勝。グループリーグ唯一の5連勝を達成した。

来週にマンチェスター・ユナイテッドとの首位通過を懸けた大一番を控える中、2ポイント差で5位のベティスをホームで迎え撃った上位対決ではオモニア戦で左肩を脱臼した久保が招集外となり、今季公式戦で初の欠場となった。
ボール保持を志向するチーム同士の一戦だけに立ち上がりの主導権争いに注目が集まった中、ホームのソシエダがボールを握る形に。サイドに流れるセルロート、果敢にオーバーラップを仕掛けるディエゴ・リコの左サイドを起点に押し込むと、13分にはそのセルロートのキープからペナルティアーク付近でボールを持ったカルロス・フェルナンデスが右ポスト直撃のシュートでいきなり見せ場を作る。

ただ、以降はベティスが球際での強度の高い守備と、徐々にエンジンがかかり始めたフェキルの個人技を軸に押し返していく。だが、セットプレーを除きソシエダの堅い守備に手を焼く。

前半半ばを過ぎると、試合は完全に膠着。立ち上がりは70%を超えていたホームチームのボール支配率も50%近くに下がり、中盤での睨み合いが続く。局面では見応えのある攻防や巧みな連携も見受けられたが、両チーム共にアタッキングサードでは精度、アイデアを欠き均衡が保たれたままハーフタイムを迎えることになった。

互いに選手交代なしで臨んだ後半はソシエダに早速決定機。49分、ショートカウンターからブライス・メンデスの絶妙なスルーパスにカルロス・フェルナンデスが抜け出すが、ボックス右で放ったシュートはGKルイ・シウバにうまく間合いを詰められ止められる。

ここから試合は徐々にオープンな展開に。前半に比べてアタッキングサードでの連携、精度が改善されたラ・レアルは、ブライス・メンデス、メリーノ、途中投入のロベルト・ナバーロと中盤の前向きな選手が続けて枠内にシュートを飛ばしていく。対するベティスはフィニッシュの数では相手に劣るが、最前線のボルハ・イグレシアスが起点を作って際どいラストパスを狙う場面も増えた。

共にELから中2日の過密日程ということもあり、後半半ばを過ぎて両ベンチは慌しく動き、積極的に交代カードを切っていく。すると、試合終盤に交代選手がスコアを動かす。

86分、ベティスは中盤での繋ぎから左サイドのスペースに飛び出したアレックス・モレノが深い位置まで運んで狙いすましたマイナスのグラウンダークロスを供給。これをボックス中央にフリーで入り込んだフアン・クルスが抑えの利いた左足のダイレクトシュートでゴール左下隅に突き刺した。

22歳のスペイン人FWの価千金のプリメーラ初ゴールによって土壇場で均衡が破れた試合は、後半アディショナルタイムにも動く。

ビハインドを追うソシエダが猛攻を仕掛け、90分にはブライス・メンデスのFKをボックス右でフリーのマグナセライヤが頭で合せるが、これはGKルイ・シウバのビッグセーブに阻まれる。すると、直後の93分にはベティスが相手セットプレーを撥ね返しての見事なロングカウンターから左サイドを独走してボックス内まで持ち込んだアレックス・モレノの折り返しを、ファーに詰めたボルハ・イグレシアスがワンタッチで押し込んで試合を決める2点目とした。

この直後に試合はタイムアップを迎え、敵地で勝負強さを発揮したベティスがリーグ戦3試合ぶりの勝利を挙げた。一方、敗れたソシエダは今季初の連敗となった。

関連ニュース
thumb

ロサンゼルスFCを退団した元スペイン代表FWテージョの新天地がサウジアラビアに決定

サウジアラビアのアル・ファトフは25日、元スペイン代表FWクリスティアン・テージョ(31)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は2024年6月30日までとなる。 バルセロナのカンテラ出身ながら、エスパニョールを経由して2010年に再びバルセロナBに加入したテージョは、2017年の夏にバルセロナからベティスへ完全移籍。ベティスでは加入初年度から主力として活躍すると、在籍5年間で公式戦171試合で24ゴール20アシストを記録。 2021-22シーズンを最後にベティスを退団したテージョは、2022年8月にMLS(メジャーリーグサッカー)のロサンゼルスFC(LAFC)に半年契約で加入。公式戦5試合に出場したがノーゴールに終わり、2022年シーズン終了後に退団していた。 [写真はベティス時代のテージョ] 2023.01.26 00:00 Thu
twitterfacebook
thumb

7日間で2回目… ベティス、2試合連続PK戦敗退も69歳老将は選手を擁護「批判できない」

レアル・ベティスが公式戦2試合続けてPK戦敗退を喫し、マヌエル・ペジェグリーニ監督もやるせない心境を吐露した。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝える。 ベティスは18日、コパ・デル・レイ(国王杯)ラウンド16でオサスナと対戦。90分間で両軍ともに1点ずつ取り合い、1-1で延長戦に。103分にDFユスフ・サバリのゴールで勝ち越すも、直後の106分に同点とされ、勝敗はPK戦に委ねられることとなった。 PK戦では先攻のオサスナのキッカー4人が全員成功したのに対し、後攻のベティスは3人目のMFセルヒオ・カナーレスが失敗。最後は4人目のMFギド・ロドリゲスが足を滑らせてしまい万事休す。PK戦を2-4で落とし、前回王者はここで敗退となった。 ベティスは12日にもスーペル・コパ・デ・エスパーニャ準決勝でPK戦敗退を経験。この時はバルセロナ相手に延長120分間含めて2-2の死闘を演じ、最後はPK戦を2-4で落とすという、今回と全く同じスコアで敗れていた。 ペジェグリーニ監督も試合後のインタビューでショックを隠せず。だが、69歳の老将は選手たちを擁護した上で、「切り替えるしかない」と前を向いた。 「オサスナ相手に90分で決着をつける必要があった。だが、選手たちは最初の1分から最後の瞬間まで激しく戦っていた。だから矛先を彼らに向けるべきではない。批判的にはなれない」 「この敗退は肉体的にも、精神的にも、大きな打撃と言える。何が起こったのか理解する必要がある。だが、次の試合までにはフレッシュになるだろう。次の相手はエスパニョールか。とにかく勝つ準備に努めるよ」 2023.01.19 13:58 Thu
twitterfacebook
thumb

ベティスに痛手…エースのフェキルがふくらはぎ負傷で離脱へ

ベティスの元フランス代表FWナビル・フェキルが、ふくらはぎのケガで戦線離脱を強いられた。 フェキルは、今シーズンここまで公式戦15試合に出場し、5ゴール3アシストを記録。ラ・リーガで6位、ヨーロッパリーグでベスト16進出の好調なチームを牽引。 しかし、先日に行われたスーペル・コパ・デ・エスパーニャの準決勝バルセロナ戦では1ゴールを記録したものの、延長戦前に負傷交代を強いられていた。 18日にコパ・デル・レイのオサスナ戦を控える中、前日会見に出席したマヌエル・ペジェグリーニ監督は、エースのコンディションに言及。明確な離脱期間の言及は避けたが、フェキルの離脱を認めている。 「彼はふくらはぎに小さなケガを負っており、(明日の)チームにはいない。彼のケガがどのように進行するかを見守るつもりだ。現時点で、それが何週間続くかを実際に話すことはできないが、明日に関して彼は除外されている」 なお、オサスナ戦に向けてはフェキルに加え、GKルイ・シウバ、、MFホアキン・サンチェス、FWフアンミ、FWフアン・クルスがケガで、MFアンドレス・グアルダードがサスペンションで欠場する。 2023.01.18 07:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ベティスで存在感増すL・エンヒキ、アーセナルとユナイテッドが関心か

ベティスのブラジル人FWルイス・エンヒキ(22)はプレミアリーグの強豪クラブから注目を集めているようだ。 昨夏にフルミネンセからスペインの地にやってきたルイス・エンヒキ。加入から間もなく右ウィングのポジションでレギュラーを掴むと、今季ここまでで公式戦22試合に出場している。 そのブラジル人らしいトリッキーなドリブルが評価される一方、得点関与の少なさが課題となっていたが、8日に行われたラ・リーガ第16節のラージョ・バジェカーノ戦でリーグ初ゴールを記録。13日に行われたスーペル・コパ準決勝のバルセロナ戦では2アシストの活躍を残し、マン・オブ・ザ・マッチ(MOM)にも選出された。 ベティスで徐々に存在感を増す中、ルイス・エンヒキに対してはビッグクラブからの関心の噂も。スペイン『AlFinalDeLaPalmera』はアーセナルが数人のスカウトを視察のために派遣したと伝えた。 また、スペイン『Fichajes』はマンチェスター・ユナイテッドもその活躍を注意深く見守っていると報道。成長著しい22歳のブラジル人アタッカーは、プレミアリーグの舞台へとステップアップを果たすのだろうか。 2023.01.16 15:54 Mon
twitterfacebook
thumb

ベティス、アトレチコ・パラナエンセからDFアブネルを獲得! アレックス・モレノの後釜に

ベティスは15日、アトレチコ・パラナエンセに所属するブラジル人DFアブネル・ヴィニシウス(21)を完全移籍で獲得した。契約期間は2029年6月30日までとなる。 ポンチ・プレッタ出身で2019年にパラナエンセに移籍したアブネルは、対人守備力を備え、攻撃面での判断力も長けている逸材サイドバック。 主力として活躍していたパラナエンセでは、3シーズンで公式戦143試合に出場し4ゴール16アシストを記録し、2021年に行われた東京オリンピックで優勝したブラジル代表のメンバーにも選出されていた。 なお、ベティスは左サイドバックの主力を務めていたスペイン人DFアレックス・モレノ(29)がアストン・ビラへ移籍しており、アブネルがその後釜を担うことになる。 2023.01.16 07:00 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly