不屈スパーズがベンタンクール劇的後半AT弾で2点差引っくり返す逆転勝利! リーグ連敗をストップ《プレミアリーグ》

2022.10.30 01:22 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第14節、ボーンマスvsトッテナムが29日にヴァイタリティ・スタジアムで行われ、アウェイのトッテナムが2-3で逆転勝利した。

3位のトッテナムは前節、圧倒的な強さを見せるホームでニューカッスルに1-2と競り負けて今季ホーム初黒星と共に、初のリーグ連敗となった。また、同じくホームで戦ったチャンピオンズリーグ(CL)では試合終了間際のケインの劇的逆転ゴールが微妙なオフサイド判定で取り消された影響もあり、スポルティングCPと1-1のドロー。最終節を前に決勝トーナメント進出を決めることができなかった。

週明けにマルセイユとのグループリーグ突破を懸けた大一番を控える中、14位のボーンマスを相手に公式戦4試合ぶりの白星を目指した。コンテ監督はこの一戦で先発6人を変更。バックラインではダイアー、ロメロに代えてラングレ、ダビンソン・サンチェスを起用。中盤ではフル稼働のベンタンクールをベンチに置き、並びを[3-5-2]に変更。スキップとビスマをホイビュアの相棒に据えた。
開始直後からアグレッシブな姿勢を打ち出したボーンマスの攻勢に晒されるトッテナム。4分には右サイド深くに抜け出したタベルニエにカットインからの枠内シュートを許す。

以降はボールを握って押し込む形を作り出すが、慣れないメンバー構成に相手のコンパクトな[5-4-1]の守備ブロックに手を焼き、不用意な縦パスを引っかけられる場面や球際で競り負けてのボールロストが目立つ。

すると、22分には優勢に試合を進めるボーンマスのカウンターが発動。ソランケが見事なポストワークから右サイドのスペースを狙うタベルニエに完璧なスルーパスを供給。そのままボックス付近まで運んだタベルニエからの丁寧な折り返しをボックス中央に走り込んだムーアが右足のダイレクトシュートでゴール右隅へ流し込んだ。

相手に自分たちが得意とするロングカウンターでゴールを奪われたトッテナムは、そのショックもあったか、以降も急造のバックラインがチャレンジ&カバーの鉄則を徹底できず、相手の鋭いカウンターを浴びる。それでも、GKロリスの好守で何とか傷口を広げない。

前半半ばから終盤にかけてはようやくビルドアップ、球際の部分で改善を見せたアウェイチームは、36分にボックス右でエメルソンの落としを受けたスキップが鋭い右足のシュートでGKにファインセーブを強いると、直後のセットプレーではソン・フンミンの右クロスがDFに当たってあわやオウンゴールという場面を誘発。さらに、前半終了間際にもソン・フンミンのカットインからの左足シュートでゴールへ迫ったものの、これはGKの好守に阻まれた。

迎えた後半、スキップを下げてルーカスを投入して前がかるトッテナムだが、いきなり出ばなを挫かれる。50分、自陣左サイドでのボールロストからスミスに正確なクロスを入れられると、サンチェスとエメルソンの間に勢いを持って飛び込んできたムーアに豪快なダイビングヘッドを叩き込まれた。

これで2点を追うことになったアウェイチームは、なかなかうまくいかない中で交代選手をベンチサイドに準備させていた中で1点を返す。57分、中央のホイビュアからのダイレクトパスにタイミング良く抜け出したセセニョンがDFに寄せられながらもボックス左で左足を振ると、グラウンダーのシュートが右ポストの内側を叩いてゴールネットに吸い込まれた。

この直後にビスマ、ダビンソン・サンチェスを下げてダイアー、ベンタンクールと主力を同時投入したトッテナム。さらに、64分にはエメルソンを下げてペリシッチをピッチに送り込む。

一連の交代で相手を押し込んだコンテのチームは70分過ぎにここまで再三得ていたセットプレーからようやくゴールをこじ開ける。73分、右CKの場面でキッカーのペリシッチが滞空時間の長いボールを入れると、GKトラバーズの拙い飛び出しのミスもあってファーのベン・デイビスがヘディングシュートを叩き込んだ。

伏兵2人の2ゴールで試合を振り出しに戻したトッテナムはここから完全に相手を押し込む。その中でソン・フンミンやホイビュアがボックス内で決定的なシュートを放っていくが、GKの好守や相手守備陣の身体を張ったブロックに阻まれてゴールをこじ開けることができない。

その後、スポルティング戦で躍動したブライアン・ヒルを投入し、ルーカスを右ウイングバックに移す攻撃的な布陣でゴールを目指す。試合終盤にかけては勝ち点1やむなしと前線を削ってセンターバックを投入したボーンマスの粘りの守備に手を焼くトッテナムだったが、得意のセットプレーから最後の最後に劇的ゴールを奪い切った。

92分、左CKの場面でソン・フンミンの右足インスウィングのクロスをゴール前のベンタンクールが頭で合わせる。これはDFのブロックに阻まれるが、自身の足元に戻ってきたボールを右足でゴールネットに突き刺した。

そして、ベンタンクールの公式戦2試合連続ゴールで2点差を引っくり返したトッテナムが、リーグ連敗を止める公式戦4試合ぶりの勝利。週明けに行われるマルセイユ戦へ大きな弾みを付けた。

関連ニュース
thumb

スーパーコンピューターがプレミアリーグの最終順位を予想…今冬510億円投下のチェルシーは8位

あるイギリス企業が開発したスーパーコンピューターが、今季のプレミアリーグの最終順位を予測した。イギリス『サン』が伝えている。 冬の移籍市場が閉幕し、泣いても笑っても現スカッドで戦うのみとなった欧州リーグ。プレミアリーグでは例年通り、他国を圧倒する資金力で数多の移籍が成立した。 その中で今冬の主役となったのは間違いなくチェルシーだ。総額3億6360万ユーロ(約510億円)もの大金を投下し、ミハイロ・ムドリクやエンソ・フェルナンデスなど多くのビッグクラブが注目したタレントを次々と獲得。エンソ・フェルナンデスは英国史上最高額となる1億2100万ユーロの移籍金を記録した。 この移籍市場を踏まえてプレミアリーグの今後の順位変動は気になるところだが、イギリスのベッティング企業『bettingexpert』の専門家チームが、プレミアの最終順位表を予測するスーパーコンピューター『BETSiE』を開発した。 その『BETSiE』の予想では、優勝は現在トップのアーセナル。演算の結果、88.5ポイントの勝ち点でこのまま逃げ切るという。2位はマンチェスター・シティで82.9ポイント。3位にはマンチェスター・ユナイテッドがニューカッスルを抜いて割って入るとみられ、それぞれ勝ち点は71.4、70.9と僅差となっている。 5位と6位にはトッテナムとリバプールが予想されている。極度の不振に喘ぐ現在9位のリバプールだが、最終的にはなんとか欧州カップ戦の出場権を手にするようだ。 そして、気になるチェルシーはというと8位と結果振るわず。前半戦のような戦いを繰り返すと見込まれ、グレアム・ポッター監督の古巣であるブライトンにも及ばずという予測がなされている。 一方で、下位に目を向けると、最下位はエバートン。現在19位の同クラブはフランク・ランパード監督を解任し、後半戦の巻き返しに向けてショーン・ダイチ監督を招聘した。しかしながら最下位予想。現在降格圏に沈んでいるボーンマスとサウサンプトンと共に2部降格の可能性が高いようだ。 ◆スーパーコンピューター予想の最終順位表 (勝/引/負/勝ち点) 1. アーセナル(27.6/5.6/4.1/88.5pt) 2. マンチェスター・シティ(25.4/6.6/6.0/82.9pt) 3. マンチェスター・ユナイテッド(21.5/7.1/9.1/71.4pt) 4. ニューカッスル(19.3/12.9/5.0/70.9pt) 5, トッテナム(18.6/7.3/12.6/63.2pt) 6. リバプール(17.9/9.2/12.2/63.0pt) 7. ブライトン(18.0/8.5/11.7/62.5pt) 8. チェルシー(15.4/10.0/14.7/56.2pt) 9. ブレントフォード(13.8/12.9/10.2/54.4pt) 10. フルアム(14.6/7.8/16.1/51.5pt) 11. アストン・ビラ(14.1/8.8/15.9/51.1pt) 12. クリスタル・パレス(10.9/10.7/16.8/43.5pt) 13. ウェストハム(11.5/7.5/18.2/41.9pt) 14. リーズ(10.3/10.1/16.6/41.1pt) 15. レスター(10.4/7.7/20.9/39.0pt) 16. ノッティンガム・フォレスト(9.2/10.0/18.1/37.7pt) 17. ウォルバーハンプトン(8.8/9.5/19.8/36.0pt) 18. サウサンプトン(8.8/7.4/20.7/33.9pt) 19. ボーンマス(7.3/9.3/21.6/31.1pt) 20. エバートン(7.0/9.8/20.4/30.9pt) 2023.02.02 17:05 Thu
twitterfacebook
thumb

胆嚢の摘出手術受けたコンテ監督がメッセージ…「手術はうまくいき、もう気分は良くなっている」

胆嚢の摘出手術を受けたトッテナムのアントニオ・コンテ監督が、自身の公式SNSを通じて経過を報告した。 コンテ監督は先日に激しい腹痛を訴え、体調を崩していた。その後、医師による診断の結果、胆嚢炎が発覚し、1日に摘出手術を受けていた。 トッテナムサポーターを中心にイタリア人指揮官の体調を気遣う声がSNSであがっていた中、コンテ監督は術後に自身のインスタグラムを更新。多くのメッセージに対する感謝を伝えると共に、術後の経過が順調であることを明かした。 「素敵なメッセージをありがとう。私の手術はうまくいき、もう気分は良くなっているよ」 「今は回復するときだ。チームと一緒にフィールドに戻るのが待ち切れないよ」 なお、現時点でコンテ監督の復帰時期は不明だが、イギリスの国民保健サービス(NHS)によれば、胆嚢摘出手術後、通常の活動に戻るには最低2週間を要するという。 トッテナムは今月にマンチェスター・シティとの再戦、チャンピオンズリーグのラウンド16初戦のミラン戦、月末にはチェルシーとのダービーといった重要な試合を控えているが、しばらくはアシスタントコーチを務めるクリスティアン・ステッリーニ氏を中心としたコーチングスタッフ主導での戦いを強いられることになりそうだ。 2023.02.02 07:30 Thu
twitterfacebook
thumb

「心からここに来たかった」、スパーズ加入のペドロ・ポロが意気込む

スポルティングCPからトッテナムに加入したスペイン代表DFペドロ・ポロが、新天地での意気込みを語った。 ポルトガル屈指の名門での印象的な活躍により、今冬の移籍市場でトッテナムのトップターゲットとなったポロ。個人間での交渉はスムーズに進んだものの、クラブ間での交渉が難航。 それでも、移籍市場最終日の土壇場で、今夏の買い取り義務が生じる半年間のレンタル移籍での加入が決定した。 アントニオ・コンテ率いるスパーズの新たな右ウイングバックの主力候補は、クラブ公式チャンネル『SPURSPLAY』のファーストインタビューで新天地の印象について語った。 今シーズンのチャンピオンズリーグの対戦で、すでにトッテナム・ホットスパースタジアムの空気を経験したスペイン代表DFは、「何よりも、スタジアムとサポーターの雰囲気が印象的だね。チャンピオンズリーグでここに来たときに感じた熱狂的な雰囲気に、本当に感動したんだ」と、クラブを巡る雰囲気に好印象を抱いている。 さらに、「僕はこの移籍にとても満足しているんだ。心からここに来たかった。これは自分にとってまたとない機会だし、すべてがうまくいくことを願っているよ」と、意気込みを語った。 右サイドバックでもプレー可能なものの、攻撃面の特長を考えれば、現チームが採用する[3-4-3]の右ウイングバックに完璧に合致するプロフィールの持ち主は、自身の特長をチームにうまく還元できると考えている。 「僕はこのチームに多くのキャラクターとパーソナリティをもたらすことができる」 「何よりも、自分の野心と勝利への意志。今シーズンは僕らのかなりの数のリーグ戦も観てきたし、このチームをフォローしてきたから、今回は断言できる! 自分のキャラクター、野心、そして素晴らしい姿勢を提供することができるはずさ」 「(3-4-3のシステムは)僕にとって非常に良いことだと思う。それが、ここでプレーする可能性に非常に感銘を受けた理由でもあるんだ」 「そのようになることを願っているし、すべてがうまくいくことを一番に考えているよ。そして、シーズンの次のピリオドを良い形でスタートできるように、みんなにとって素晴らしいものになるように願っている」 「プレミアリーグでプレーすることは子供の頃からの夢だった。それが実現し、今週の日曜日にうまくいき、勝利を収めることを願っているよ」 なお、ポロのスパーズデビューが期待される5日のプレミアリーグ第22節の対戦相手は、古巣であるマンチェスター・シティだ。 2023.02.01 23:52 Wed
twitterfacebook
thumb

トッテナムのコンテ監督が激しい腹痛…胆嚢炎と診断され摘出手術、しばらく離脱へ

トッテナムは1日、アントニオ・コンテ監督が手術を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、コンテ監督は激しい腹痛を訴え、体調を崩していたとのこと。医師の診断の結果、胆嚢炎が発覚。1日に摘出手術を受けたとのことだ。なお、しばらくは回復に充てるためにチームを離れるという。 イギリスの国民保健サービス(NHS)によれば、再発を防ぎ、合併症のリスクを軽減するために摘出手術が推奨される可能性があるとのこと。完全回復には最大8週間かかるとされている。 1月28日に行われたFAカップ4回線のプレストン戦では、試合後の記者会見にアシスタントコーチのクリスティアン・ステッリーニ氏が登場していた。 トッテナムは現在プレミアリーグで5位。5日には2位のマンチェスター・シティと対戦する。 2023.02.01 20:50 Wed
twitterfacebook
thumb

スパーズがペドロ・ポロ獲得を公式発表! 今夏買取義務の半年レンタル

トッテナムは31日、スポルティングCPからスペイン代表DFペドロ・ポロ(23)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「23」に決定している。 なお、今回の契約には今夏の買い取り義務が発生する条項が盛り込まれており、契約解除金として設定されていた4500万ユーロ(約63億7000万円)を支払うことになる模様。また、同じタイミングでポロとは2028年6月30日までの5年契約を結ぶ予定だ。 ラージョ・バジェカーノやジローナの下部組織に在籍歴のあるポロは、2019年8月にマンチェスター・シティに加入。だが、トップチームで出場機会はなくバジャドリー、スポルティングにレンタルに出されていた。 その後、2年のレンタル期間に目覚ましい活躍を披露したスペイン代表DFは、今年5月にスポルティングが完全移籍で買い取っていた。 173cmとサイズには恵まれていないものの、スピードと運動力に優れるポロは積極的な持ち上がりと、高精度の右足のキックを最大の特長とする。また、タッチライン際に張るだけでなく内側のポジションで組み立てや崩しにも絡めるモダンなサイドプレーヤー。今季ここまでは公式戦26試合3ゴール11アシストと圧巻の数字を残していた。 2023.02.01 08:03 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly