EL出場のオモニア・ニコシア、ニール・レノン監督を解任…わずか7カ月の短命に

2022.10.19 11:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
オモニア・ニコシアは18日、ニール・レノン監督(51)の解任を発表した。

現役選手、そして指導者としてセルティックで輝かしい実績を残したレノン監督は今年3月からキプロスクラブのオモニア・ニコシアを指揮。イギリスを飛び出しての初指揮だったが、初年度の国内カップ戦で優勝に導いた。

そうして迎えた今季だが、マンチェスター・ユナイテッドやレアル・ソシエダ、シェリフと同組のヨーロッパリーグ(EL)では4連敗で2試合を残して敗退。国内リーグ戦も7試合を消化して3勝4敗の7位と黒星先行だった。
18日に行われたネア・サラミス戦を0-1で落とした直後の解任劇。クラブは不安定な戦いぶりや国内リーグ戦で続くポイントロスが今回の決断に至った主な決定打としている。

関連ニュース
thumb

久保建英、痛めた肩の状態は問題なし? 監督に週末もプレーできると語る

肩を痛め前半のみで交代したレアル・ソシエダの日本代表MF久保建英だが、大事には至らなかったようだ。 27日、ソシエダはヨーロッパリーグ(EL)グループE第5節でオモニア・ニコシアとアウェイで対戦した。 22日に行われたラ・リーガ第11節のレアル・バジャドリー戦で敗れ、公式戦の連勝が8でストップしたソシエダ。ELでは4連勝で首位に立っている状況で迎えた。 久保はこの試合でも先発出場。17分にミドルシュートを放つがわずかに枠を外れていく。すると33分にアクシデント。右サイドで相手DFヤン・レツヤクスと入れ替わろうとした際に左肩を負傷。ピッチに倒れ込むがその後に復帰。それでもハーフタイムで交代となっていた。 カタール・ワールドカップ(W杯)まで時間があまりない中で、肩の状態が懸念されたが、どうやら大事に至らなかった様子。スペイン『ムンド・デポルティボ』によると、週末の試合で久保はプレーできる可能性があるようだ。 報道によれば、久保は試合後のドレッシングルームで、30日のラ・リーガ第12節のレアル・ベティス戦で出場が可能だと話していたという。 日本代表にとってはもちろん、ソシエダにとっても好調のチームの中で高いパフォーマンスを見せていた久保が離脱となれば大きな痛手となっていたが、本人は問題ないと感じているようだ。 もちろん、メディカルチームのチェックが必要になり、イマノル・アルグアシル監督の判断も必要にはなってくるが、深刻なケガではない可能性が高そうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】久保建英が肩を負傷した問題のシーン</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="4mW5l2W3ZCQ";var video_start = 21;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.10.28 07:45 Fri
twitterfacebook
thumb

「常に何かを残す」肩の負傷で交代の久保建英、地元メディアはまずまずの評価「右サイドに多くのスペースを見つけた」

レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英は、前半のみのプレーもまずまずの評価だ。 27日、ソシエダはヨーロッパリーグ(EL)グループE第5節でオモニア・ニコシアとアウェイで対戦した。 22日に行われたラ・リーガ第11節のレアル・バジャドリー戦で敗れ、公式戦の連勝が8でストップしたソシエダ。ELでは4連勝で首位に立っている状況で迎えた。 久保はこの試合でも先発出場。17分にミドルシュートを放つがわずかに枠を外れていく。 すると33分にアクシデント。右サイドで相手DFヤン・レツヤクスと入れ替わろうとした際に左肩を負傷。ピッチに倒れ込むがその後に復帰。それでもハーフタイムで交代となっていた。 前半のみのプレーとなった久保に対し、スペイン『ElDesmarque』は6点(10点満点)を与えた。 「彼は右サイドに多くのスペースを見つけた。肩を痛めて地面に倒れ込んだ時はヒヤリとさせられたが、幸いにも前半を終えることができた」 「シュートも放ったが精度に欠けた。前半が終わりドレッシングルームへ。肩が原因かどうか、判断が待たれる」 右サイドで良いプレーも肩の具合が心配されている。 また、スペイン『Noticias de Gipuzkoa』も6点(10点満点)の評価。攻撃面で良い印象を残していたとした。 「常に何かを残していく。最高の夜ではないが、チャレンジをやめなかった」 「2つの良いフィニッシュの選択は実らず、CKからもクロスを入れたが、ジョン・カリカブルがミスをした」 チームは0-2で勝利し5連勝。首位をキープしている。 <span class="paragraph-title">【動画】久保建英の惜しいミドル&肩を負傷した問題のシーン</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="4mW5l2W3ZCQ";var video_start = 10;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.10.28 07:22 Fri
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドが試合中に相手GKを称賛!シュートを止められるも笑顔をかわすシーンが「素敵」と話題に

まさに圧巻のパフォーマンスだった。 ヨーロッパリーグ(EL)グループE第4節が13日に開催され、オールド・トラッフォードではマンチェスター・ユナイテッドvsオモニア・ニコシアの一戦が行われた。 試合は立ち上がりからユナイテッドがボールを保持。相手陣内でハーフコートゲームを展開する。FWマーカス・ラッシュフォードやFWクリスティアーノ・ロナウドがシュートを試みるが、幾度となくオモニアのナイジェリア代表GKフランシス・ウゾホが立ちはだかる。 後半に入ってもウゾホのビッグセーブは止まらず。すると、あまりのパフォーマンスを認めたのか、C・ロナウドが笑顔で声をかけるシーンが。思わずウゾホも笑顔になったシーンだったが、ファンからは「素敵」、「ロナウドが認めてる!」、「いい笑顔」と話題を呼んだ。 その後も再三の決定機を防いだウゾホ。後半アディショナルタイムにはついにこの日34本目、枠内13本目のシュートをMFスコット・マクトミネイに決められたものの、そのパフォーマンスは見事だった。 実はユナイテッドファンだというウゾホは試合後に自身のSNSを更新。C・ロナウドと笑顔を交わす場面の写真を添え、「今日、夢が叶った。オールド・トラフォードでの今夜は決して忘れない」と喜びを綴っている。 <span class="paragraph-title">【写真】C・ロナウドがウゾホに笑顔で声を掛ける貴重シーン</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1000/img/2022/uzoho.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 2022.10.14 17:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド相手に輝いたオモニアGK「がっかりはしていない。OTでのプレーは夢だった」

オモニア・ニコシアのナイジェリア代表GKフランシス・ウゾホが振り返っている。イギリス『メトロ』が報じた。 13日のヨーロッパリーグ(EL)グループE第4節でマンチェスター・ユナイテッドのホームに乗り込み、0-1の黒星を喫したオモニア・ニコシア。2-3これで4連敗となり、あと2試合を残して敗退が決まった。 チームとして最低でも1ポイントがほしかったが、ウゾホは終始攻め込まれるなか、好守連発で存在感。34本のシュートを浴びたが、後半アディショナルタイムに崩れるまでユナイテッドの攻撃を抑え込んだ。 ブラジル人GKファビーニョの負傷欠場により、巡った出番だったが、個人としては堂々たる姿を披露したウゾホ。そんな23歳のナイジェリア代表GKはイギリス『BT Sport』で晴れやかな気持ちを言葉にした。 「がっかりはしていない。良いゲームができたわけだから。最低でも1ポイントはほしかったけどね。でも、僕は幸せだ。あのようなビッグプレーヤーがいて、なおかつこのスタジアムも簡単じゃなし、全体的に満足しているよ」 「僕からすれば、念願さ。ここでのプレーはずっとずっと夢だった。抽選会を見て、オールド・トラッフォードでのプレーが決まったとき、出たくて、そのチャンスが巡ってくるよう神に祈ったんだ。それが叶って幸せだよ」 「チームメイトのことを誇らしく思う。(ユナイテッド相手の善戦は)1人だけの仕事じゃなかったわけだからね。僕らはフィールドの上ですべてを出し切った。自分のパフォーマンスぶりにも満足だ。それだけだよ」 2022.10.14 12:35 Fri
twitterfacebook
thumb

劇的勝利の主役マクトミネイ「勝利はデカい」

マンチェスター・ユナイテッドのスコットランド代表MFスコット・マクトミネイが喜びに浸った。クラブ公式サイトが伝えている。 13日のヨーロッパリーグ(EL)グループE第4節でオモニア・ニコシアをホームに迎え撃ったユナイテッド。打ち合った1週間前と打って変わり、この試合ではGKフランシス・ウゾホの躍動もあってこう着状態が続いたが、後半アディショナルタイムに均衡が破れ、ユナイテッドが1-0で勝利した。 最終盤に入ってもスコアに動きなく、引き分けもやむかしかに思われたが、81分からの出場して90+3分に右足で劇的ゴールを決めたマクトミネイ。イギリス『BT Sport』の試合後インタビューで心境を語った。 「大きいよ。このグループを突破したい。それは試合前からのメッセージだったし、コーチたちも繰り返し強調していたんだ。誰もがこのグループステージを勝ち抜きたがっている。これからの試合も大事だけど、この勝利もデカいよ」 この試合を含め、ここ公式戦3試合でサブスタートが続く自身としてもアピールに成功したマクトミネイはまた、「彼は傑出した存在だった」と相手守護神の活躍を口にしつつ、チームの劇的勝利に安堵した。 「僕らには本当に良いチームスピリットがあって、誰もが毎週のように自分のポジションのために戦い続けている。相手GKが素晴らしかったのは僕らからして不幸なことだけど、最終的にああやってゴールを決められて良かったよ」 「相手は試合が進むにつれ、どんどんと深いところで守るようになってくるし、ボックスの端に多くのスペースが生まれてくるもの。そこを使ってシュートに持ち込めたね」 なお、チームはこれで公式戦4試合で途中出場の選手がゴールをマーク。マクトミネイも「エバートン戦、その前の試合、そして今夜とベンチ入りした選手を見てのとおり、どの試合もチーム戦。それは監督が求めることだし、誰もが喜んでいる」と話している。 2022.10.14 09:50 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly