元レスター守護神のシュマイケル、今夏加入のニースを早くも退団へ?

2022.10.09 20:27 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
デンマーク代表GKカスパー・シュマイケル(35)が加入したばかりのニースを早くも退団する可能性があるようだ。フランス『フットメルカート』が伝えている。

シュマイケルは昨季まで11年間在籍のレスター・シティで通算479試合に出場し、2015-16シーズンのプレミアリーグ優勝や2020-21シーズンのFAカップ優勝に貢献。近年の躍進を象徴する1人だったが、クラブの財政難もあり、惜しまれながら今夏に退団となった。

新天地として選んだニースでは開幕当初から正GKを託されたものの、先月にはルシアン・ファブレ監督との確執に加え、複数の規律違反も報じられていた。
フランス『レキップ』によると、シュマイケルはファブレ監督の求めるプレースタイルに合致しておらず、6日に行われたヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)グループD第3節のスロヴァコ戦でも起用されず。今後は23歳のGKマーシン・ブルカが重宝される方針だという。

さらに、期待されていたようなリーダーシップも皆無で、遠征時の朝食ルールを変更しようとするといった行動も見られる模様。シュマイケル自身もフラストレーションが溜まっているとされ、早々にニースを離れる可能性が高まりつつあるようだ。

関連ニュース
thumb

ニースがロリアン主砲モフィを獲得! 今季リーグ・アンで得点ランク2位タイの12ゴール

ニースは31日、ロリアンからナイジェリア代表FWテレム・モフィ(23)を買い取り義務付きの今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「9」に決定している。 カウノ・ジャルギリス、リテリアイとリトアニアのクラブで欧州でのキャリアをスタートしたモフィは、ベルギーのKVコルトレイクを経て2020年10月にロリアンへ完全移籍した。 188㎝の恵まれた体躯に加え、左右のウイングでもプレー可能なスピードを併せ持つストライカーは、ここまでの在籍期間に公式戦90試合に出場し、35ゴールを記録。とりわけ、今シーズンのリーグ・アンでは18試合12ゴールとパリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・ムバッペの13ゴールに次ぐ、得点ランキング2位タイの数字を挙げていた。 2021年にナイジェリアのフル代表デビューを飾った大型ストライカーに関しては、プレミアリーグの複数クラブやマルセイユ行きの可能性が取り沙汰されていたが、選手自身が加入を希望していたニース行きで決着が付いた。 2023.01.31 22:56 Tue
twitterfacebook
thumb

ナント、ニースからアルジェリア代表FWドゥロールを買取義務付きのレンタル移籍で獲得

ナントは30日、ニースに所属するアルジェリア代表FWアンディ・ドゥロール(31)を買取義務付きのレンタル移籍で獲得した。また、買い取り後は2025年6月30日までの契約を結ぶとのことだ。なお、背番号は「99」を着用する。 ナントへの加入が決まったドゥロールは、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「とても嬉しいよ。新しいチームメイトと一緒に練習できることを、10日間待っていたんだ。まるで新学期を迎えた子供のように、今朝はとても早起きして準備に取り掛かりました。一緒にプレーしたことのある選手や、何度か対戦したことのある選手が多くいたんだ。彼らは僕を歓迎してくれた。ナントの選手としてこのスタジアムでプレーすることを、今からとても楽しみにしているよ」 これまでカーンやトゥールーズなどフランスのクラブやイングランドのウィガンを渡り歩いてきたドゥロール。豊富な運動量とスピード、身体能力、決定力を武器とする万能型ストライカーは、2020-21シーズンに所属したモンペリエでリーグ・アン30試合で15ゴール10アシストの数字を残し、リーグ屈指のアタッカーとの評価を確立。 この活躍が認められ、2021年の夏にニースへ完全移籍すると、昨季はエースとして公式戦40試合で20ゴール5アシストを記録。今季もリーグ・アン14試合で6ゴール1アシストをマークしていたが、第11節以降の出場はわずか3試合で36分のプレーにとどまっていた。 2023.01.31 02:20 Tue
twitterfacebook
thumb

33歳シュナイデルラン、W・シドニーにローン移籍! 元ユナイテッドMFが豪州挑戦

Aリーグ・メンのウェスタン・シドニー・ワンダラーズは28日、ニースから元フランス代表MFモルガン・シュナイデルラン(33)の獲得を発表した。契約は今季いっぱいのローン。背番号「4」をつける。 守備的MFが主なプレーエリアのシュナイデルラン。ストラスブールでのプロ入りから、サウサンプトンでの活躍から、フランス代表としてブラジル・ワールドカップ(W杯)に出場。一時はマンチェスター・ユナイテッドでもプレーした。 だが、ユナイテッドでは地位を築けず、エバートンに放出され、2020年夏から現所属のニースに。昨季まで主力を担ったが、今季のここまで出場ゼロと苦しんでおり、一部メディアの報道通り、心機一転のオーストラリア挑戦が決まった。 新天地を通じて「ここに来られて本当に嬉しい。このクラブで自分の旅を始めるのが楽しみだ。ワンダラーズについて良いことをたくさん聞いている。スタートを切る準備はできているよ」とコメントしている。 ウェスタン・シドニー・ワンダラーズはAリーグ・メン13試合を消化して勝ち点20を稼ぎ、12チーム中の3位に位置している。 2023.01.28 09:35 Sat
twitterfacebook
thumb

ニース、アルジェリア代表MFブダウィとの契約を2027年まで延長

ニースは25日、アルジェリア代表MFヒチャム・ブダウィ(23)との契約を2027年6月30日まで延長したことを発表した。 新契約にサインしたブダウィは、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「ニースでもっといい結果を残したいから契約延長にサインした。僕はニースで居心地よく過ごしているし、自分の立ち位置もわかっている。ここには成長し続けるために必要なものはすべて揃っているんだ」 「ニースでプレーを続けられることができて本当に幸せだよ。これからもチームとともに前進し、ファンの皆さんに喜んでいただけるよう、全力を尽くつもりだよ」 母国アルジェリアのパラドゥACで2018年にプロデビューしたブダウィは、2019年9月にニースに加入。加入初年度こそ出場機会に恵まれなかったが、2年目から主力に定着すると、在籍3年半で公式戦89試合に出場し8ゴール9アシストを記録していた。 アルジェリア代表としても10キャップを記録し、アルジェリア代表が優勝した2019年のアフリカネイションズカップにも出場していた。 2023.01.26 01:55 Thu
twitterfacebook
thumb

元ユナイテッドの33歳シュナイデルラン、オーストラリアAリーグ行きが濃厚に

かつてマンチェスター・ユナイテッドにも在籍した元フランス代表MFモルガン・シュナイデルラン(33)は、オーストラリア行きが濃厚のようだ。 シュナイデルランは2008年〜2015年にかけてサウサンプトンでプレーし、その間に2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)にも出場。2015年夏にユナイテッドへステップアップした。 残念ながらユナイテッドでは定位置を築けず、フランス代表からも徐々にフェードアウト。2017年1月にはエバートンへと放出され、2020年夏に現所属のニースへと辿り着いた。 ニースではプレミアリーグ通算200試合、国際Aマッチ通算15試合出場などの経験値を高く買われ、昨季まで主力としてプレーしていたが、今季はここまで出場ゼロ。フランス『フットメルカート』によると、Aリーグ・メンのウェスタン・シドニー・ワンダラーズへの移籍が濃厚になったとのことだ。 ウェスタン・シドニー・ワンダラーズは今季のリーグ戦で3位につけ、現在は元リヨンの元U-20ブラジル代表DFマルセロ(35)が在籍している。 2023.01.24 21:12 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly