マドリーが今季初のリーグ戦クリーンシートでヘタフェ撃破! 内容課題もクラシコに弾み《ラ・リーガ》

2022.10.09 05:58 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第8節、ヘタフェvsレアル・マドリーが8日にコリセウム・アルフォンソ・ペレスで行われ、アウェイのマドリーが0-1で勝利した。

マドリーは前節、オサスナ相手に試合の主導権を握りながらも復帰戦となったエースFWベンゼマのPK失敗が響き、ホームで1-1のドロー。今季の公式戦10戦目にして初の取りこぼしとなった。それでも、チャンピオンズリーグ(CL)のシャフタール戦ではシュート30本以上を放ってロドリゴ、ヴィニシウスの2ゴールにとどまったものの、ホームで2-1の勝利。グループリーグ3連勝で突破に王手をかけた。

次節に今季最初のエル・クラシコを控える中、アンチェロッティ監督は球際でハードな相手とのマドリード自治州ダービーに向け、シャフタール戦から先発3人を変更。モドリッチが復帰した一方、コンディションの問題でベンゼマがメンバー外となったほか、クロースとメンディに代わってカマヴィンガ、リュディガーが起用された。
試合の入りはホームのヘタフェが勢いを持って入ったものの、マドリーがファーストシュートをゴールに結びつける。開始3分、左CKの場面でキッカーのモドリッチが右足インスウィングで手前のストーンをギリギリ越えるボールを入れると、中央からニアに走り込んできたミリトンが打点の高いヘディングシュートを流し込んだ。

難敵相手に最高のスタートを切ったマドリーは、早い時間帯の同点を目指してやや前がかるヘタフェをいなしながら以降も決定機を創出していく。

しかし、畳みかける追加点を奪い切れずにいると、20分を過ぎた辺りからヘタフェに盛り返され、自陣深い位置まで攻め込まれるシーンが増えていく。その中で古巣対戦のマジョラルに幾度かフィニッシュに持ち込まれかけるが、ここはリュディガーやアラバを起点に凌いでいく。

その後、ややギアを入れ直して再び攻勢に転じた前半終盤にはバルベルデの正確なクロスからゴール前のロドリゴに2点目のチャンスが訪れるが、枠を捉えたヘディングシュートはGKソリアの好守に遭う。また、その数分後にはヴィニシウスのボックス内での仕掛けからPKを獲得したが、VARのレビューの結果、その前の仕掛けの段階でボールがタッチラインを割っていたとの判定でPKは取り消しに。1点差のままハーフタイムを迎えることになった。

迎えた後半、立ち上がりにチュアメニ、モドリッチのボックス内での連続シュートでいきなり2点目に迫ったマドリー。しかし、直後にはアレーニャのミドルシュートでGKルニンがファインセーブを強いられるなど、試合の主導権を掌握するには至らず。57分にはバルベルデが競ったこぼれ球に抜け出したロドリゴがゴールネットを揺らすが、これはオフサイドの判定に。

序盤の攻防を経てマドリーが試合を落ち着かせることに成功するが、連戦の披露の影響もあってか、なかなか試合を決める2点目を奪うことができず。ポルトゥやムニルといった曲者を投入したホームチームに勝ち点奪取の可能性を残す、痺れる展開が続く。

その後はボール保持率を高め相手を自分たちのゴールから遠ざける形で最少得点差を維持して時計を進めるマドリーは、80分を過ぎてミリトン、カマヴィンガを下げてナチョ、アセンシオとようやく最初の交代カードを切る。

後半最終盤には相手の狙いとするセットプレーで冷や汗をかく場面もあったが、結局ミリトンのゴールを最後まで守り切ってウノセロで試合をクローズ。この結果、内容面で課題が出たものの今季リーグ初のクリーンシートで勝ち切ったマドリーが、シャフタール戦を挟んで臨むクラシコに弾みを付けている。

関連ニュース
thumb

指揮官探すエバートン、アンチェロッティ元監督の息子も候補か

エバートンの次期監督候補に、また新たな名前が浮上した。スペイン『マルカ』が伝えている。 先日に成績不振でフランク・ランパード監督を解任し、後任探しに奔走するエバートン。これまでに元リーズのマルセロ・ビエルサや、元バーンリーのショーン・ダイクがリストアップされており、両者とも交渉中であると伝えられている。 ここに新たに登場したのが、ダビデ・アンチェロッティ氏(33)だ。あまり馴染みのない同氏は、カルロ・アンチェロッティ元監督の息子で、現在は父親の下、レアル・マドリーでアシスタントコーチを務めている。 かつてはミランやイタリア4部のクラブに在籍していたが、指導者の道を極めるため、2009年に引退を決断。その後は父の片腕としてバイエルン、ナポリ、そしてエバートンでキャリアを積んできた。 そのため、エバートンとしても互いの勝手を知る間柄であり、ゆくゆくは監督を目指すダビデ氏にとっても魅力的な話。ただ、やはり優先度としてはビエルサ氏やダイク氏の方が高く、イタリア人指導者は両人次第ということになりそうだ。 2023.01.27 14:05 Fri
twitterfacebook
thumb

「社会の恥だ」アトレティコファンがレアルFWヴィニシウスを“首吊り人形”に…ヴィニシウスはお返しのゴール

アトレティコ・マドリーのファンが過激な行為に及んだ。 26日にコパ・デル・レイ準々決勝でレアル・マドリーと対戦したアトレティコ。前半に先制したものの同点に追い付かれると、延長戦の末に1-3で敗れた。 今季2度目のマドリード・ダービーは、普段以上に対立構造が明確に。試合前、アトレティコの不届きなサポーターが、マドリード市内の橋にレアル・マドリーのブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールのユニフォームを着せた人形を吊るすという愚行を働いたのだ。橋には「マドリードはレアルを憎んでいる」と記されたバナーも掲げられていた。 この件についてはアトレティコも声明を発表。強く非難している。 「このような行為は反吐が出るし、許されないことであり、社会の恥だ。我々は、個人や組織の尊厳を傷つけるいかなる行為も断固として非難する」 「2つのクラブ間のライバル関係は最高だが、尊敬の念もまた同じだ。いかなる個人も、その意図や色がどうであれ、異なるサポーター間の共存を汚すことはできない。そうならないようにするのは、すべての人の責任だ」 「我々はこの卑劣な行為の犯人や加害者を知らないが、彼らの匿名性はその責任を回避するものではない。我々は、当局が何が起こったのかを明らかにすることに成功し、正義がこの種の行為を追放するのに役立つことを望んでいます」 なお、ヴィニシウスは試合にフル出場すると、試合終了間際にトドメの3点目。結果で見返している。 <span class="paragraph-title">【写真】これはひどい!ヴィニシウスのユニを着させた“首吊り人形”</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Atletico Madrid fans have hung a Viní Jr doll with a poster saying: “Madrid hates Real.” <a href="https://t.co/Ju763ryJnZ">pic.twitter.com/Ju763ryJnZ</a></p>&mdash; Madrid Xtra (@MadridXtra) <a href="https://twitter.com/MadridXtra/status/1618555650748850177?ref_src=twsrc%5Etfw">January 26, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.27 12:10 Fri
twitterfacebook
thumb

「とても良いゲーム」ダービー敗戦もシメオネ監督は選手を称える、微妙な判定には「誰も気にしていない」

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が、レアル・マドリー戦を振り返った。スペイン『アス』が伝えた。 26日、コパ・デル・レイ準々決勝が行われ、アトレティコはアウェイでマドリーと対戦した。 前半から主導権を握ったのはアトレティコ。19分にアルバロ・モラタの恩返し弾で先制。その後もコレクティブなプレーを見せ続ける。 しかし、後半に入ってマドリーが盛り返すと79分にロドリゴ・ゴエスに個人技からゴールを許し失点。延長戦にもつれ込むと、ステファン・サビッチが連続イエローで延長前半に退場し数的不利となる。 耐えていきたいアトレティコだったが、カリム・ベンゼマ、ヴィニシウス・ジュニオールにゴールを許し、3-1で敗戦。ベスト8で姿を消すこととなった。 試合後シメオネ監督が振り返り、失点する前までは良いプレーを見せていたと言及。退場者を出したことで苦しくなったとした。 「私にとっては70分まではとても良いゲームをプレーしていた。セバージョスのファウルで彼が2枚目のカードをもらわなくても誰も気にしていなかった。ただ、サビッチが退場となり、1人少なくなった」 「ロドリゴのゴールまでは、素晴らしい個人のプレー、チームとしても素晴らしいものを生み出していた。そして試合が進むにつれては、1人少ない状態で持ち堪えることが難しくなった。その後は引き分けを目指していたが、ゴールが生まれてしまった。選手の努力とチームが見せた印象にはとても満足している」 主審の微妙な判定などがあったなか、結果についても言及。仕方ないことだとした。 「とても良かった。とてもよく戦ったチームを見ることができた。賛否両論生まれる内容だった。ただ、それも全て条件だ。誰も気にしていないが、現実はそうだ」 <span class="paragraph-title">【動画】コパで実現したマドリード・ダービー!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="GlPnxmoGnns";var video_start = 19;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.27 10:55 Fri
twitterfacebook
thumb

「クレイジーなゴールだ」「奇跡の子」レアルFWロドリゴの衝撃ゴール、ファンから称賛の嵐「怪物ロナウドを思い出させる」

レアル・マドリーのブラジル代表FWロドリゴ・ゴエスのゴールが話題を呼んでいる。 26日、コパ・デル・レイ準々決勝でマドリーはホームにアトレティコを迎えた。 カップ戦で実現したマドリード・ダービー。試合前から両サポーターの対立構造が浮き彫りになるなか、試合はアトレティコがアルバロ・モラタのゴールデ早々に先制する。 古巣への恩返し弾でアトレティコが先制。マドリーはパフォーマンスが上がらずに苦しんだが、後半に入って形勢逆転。押し込み続けると、89分にロドリゴが圧巻のゴールを決めた。 バイタルエリアでルカ・モドリッチのパスを受けると、ドリブルを仕掛け、ファーストタッチで1人をかわすと、そのままボックス内に侵入。2人、3人、4人とかわし、最後は右足アウトサイドでタイミングを外したシュートを放ち、ニアサイドを抜いた。 敗戦間際での劇的な同点ゴール。その後チームは延長戦で2点を追加して勝利したが、ファンも驚いたようだ。 「なんてクレイジーなゴールだ」 「奇跡の子だ」 「若い頃のロナウドのよう」 「怪物ロナウドを思い出させる」 「驚異的なプレー」 「スペクタクルだ」 <span class="paragraph-title">【動画】ロドリゴが圧巻の4人抜きから同点ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="GlPnxmoGnns";var video_start = 19;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.27 09:53 Fri
twitterfacebook
thumb

「説明するのも難しい」前半の低調ぶりから逆転勝利のレアル、アンチェロッティ監督の見解は「精神的な変化」

レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督が、アトレティコ・マドリー戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 26日、コパ・デル・レイ準々決勝でマドリーはホームにアトレティコを迎えた。 カップ戦で実現したマドリード・ダービー。試合前から両サポーターの対立構造が浮き彫りになるなか、試合はアトレティコがアルバロ・モラタのゴールデ早々に先制する。 古巣への恩返し弾でアトレティコが先制。マドリーはパフォーマンスが上がらずに苦しんだが、後半に入って形勢逆転。マドリーが押し込み続けると、89分にロドリゴ・ゴエスが圧巻のゴールを決めて同点とし延長戦にもつれ込む。 すると延長戦ではカリム・ベンゼマ、ヴィニシウス・ジュニオールがネットを揺らして勝負あり。3-1でマドリーが勝利し、準決勝に駒を進めた。 アンチェロッティ監督は試合を振り返り、選手たちを讃えると共に、後半からはチームが良くなったとコメント。ラウンド16のビジャレアル戦同様に逆転勝利を掴めた理由はメンタル面だとした。 「重要なのは、全員がより多くのコミットメントを示したことだ。ベンチは我々を大いに助けてくれるし、シーズンのこの時期には、誰もが貢献できるベンチのメンバーが必要だ。試合が多すぎる」 「今日はとてもタフな試合で、とても強い相手と戦った。彼らは前半の方が良く、後半は我々の方が非常に良かったので、できる限りエネルギーを注いだ。個々のクオリティの高いプレーにより、同点に追いつき、ファンの応援で延長戦に突入できた」 「ビジャレアル戦のハーフタイムではとても怒ったが、今日はそうではなかった。チームは前半うまくプレーできなかったが、改善する方法はあった。ルカ(・モドリッチ)のポジションを上げて変更してみたが、作戦の変更というよりは、ハーフタイム後の精神的な変化だったと思う。これにより、前線のエネルギーとクオリティが上がった」 「チームのプレーが前半とても悪く、後半でとても優れていくというのを理解するのはとても難しい。説明するのも難しい」 <span class="paragraph-title">【動画】ロドリゴが圧巻の4人抜きから同点ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="GlPnxmoGnns";var video_start = 19;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.27 09:43 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly