【ラ・リーガ第8節プレビュー】クラシコ迫る両雄は格下と対戦! セビージャはサンパオリ初陣

2022.10.07 19:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
先週末に行われた第7節ではオサスナと引き分けた王者レアル・マドリーの開幕連勝がついにストップ。一方、6連勝を飾ったバルセロナが勝ち点で並び、得失点差で今季初めて首位に浮上した。

インターナショナルマッチウィーク明けから超過密日程に入った中、今回の第8節では今季最初のエル・クラシコを控えるバルセロナとレアル・マドリーの両雄の戦いに注目。

バルセロナは前節、マジョルカを相手にFWレヴァンドフスキの6試合連続ゴールを持ち味の堅守で守り切ってウノセロ勝利。6連勝での首位浮上に成功した。しかし、チャンピオンズリーグ(CL)ではグループ2番手の座を争うインテルとの連戦初戦を0-1のスコアで落とし、厳しいグループリーグ2連敗となった。
“FIFAウイルス”罹患でインターナショナルマッチウィーク中に5人の主力を失ったチームは、このインテル戦でDFクリステンセン、MFケシエの2選手が新たに負傷者リスト入り。通常であれば、勝ち点3必須のインテルとのホーム戦、次節のクラシコに向けて主力のプレータイムをコントロールしたいところだが、曲者セルタをホームで迎え撃つこの一戦では豊富な前線を除き主力の継続起用を余儀なくされる。対戦相手は7戦13失点と守備に問題を抱えており、直近の公式戦2試合で湿りがちな攻撃陣の爆発によって主力を早いタイミングでベンチへ下げられるような展開に持ち込みたい。

一方、レアル・マドリーは前節、オサスナ相手に試合の主導権を握りながらも復帰戦となったエースFWベンゼマのPK失敗が響き、ホームで1-1のドロー。今季の公式戦10戦目にして初の取りこぼしとなった。それでも、CLシャフタール戦ではシュート30本以上を放ってFWロドリゴ、FWヴィニシウスの2ゴールにとどまったものの、ホームで2-1の勝利。グループリーグ3連勝で突破に王手をかけている。守護神クルトワにMFセバージョスとこちらも負傷者が出始めている点は気がかりも、クラブ、代表でフル稼働だったMFモドリッチを温存するなど、余裕を持った戦いとなった。ヘタフェとのマドリード自治州ダービーでは対戦相手のハードな球際での戦いが懸念材料となるため、“戦える”メンバーできっちり勝ち点3を持ち帰りたい。

今季のラ・リーガでは、前節終了後に最下位のエルチェと17位のセビージャで最初の監督交代が行われた。エルチェは現時点で後任は決まっていないが、ロペテギ監督を解任したセビージャはサンパオリ新監督を再招へい。5年ぶりのアンダルシア帰還となったアルゼンチン人指揮官は、3位のアスレティック・ビルバオという難敵との初陣に臨む。
リーグ前節ではアトレティコ・マドリーに0-2、CLではドルトムントに1-4と連敗を喫して公式戦4試合未勝利のチームは攻守両面で大きな問題を抱えており、メンタル面でも厳しい状況。百戦錬磨のサンパオリ監督にとって中2日での立て直しは非常に困難だが、結果はともかく新たな空気をサンチェス・ピスフアンに吹かせたい。

前節はそのセビージャに2-0の快勝を収めてダービー敗戦のショックを払しょくしたアトレティコだが、CLでは好調クラブ・ブルージュに敗れてグループリーグ2連敗。波に乗り切れない序盤戦を過ごす。シメオネのチームにとって優先事項は週明けに控えるクラブ・ブルージュとの第2戦だが、昇格組ジローナをしっかりと叩いて弾みを付けたいところだ。その中でバルセロナからの完全移籍合意が報じられながらも、CLでは痛恨のPK失敗となったFWグリーズマンの奮起に期待したい。

MF久保建英を擁する7位のレアル・ソシエダは、8位のビジャレアルとの強豪対決でリーグ3連勝を狙う。前節のジローナ戦では壮絶な打ち合いとなった中、久保が1ゴール1アシストの鮮烈な活躍を披露し、5-3の勝利を手にした。さらに、チームはヨーロッパリーグ(EL)のシェリフ戦も2-0の快勝を飾り、公式戦4連勝を達成。そのシェリフ戦ではフル出場したものの、目に見える結果を残せなかった久保だが、随所に好調さを感じさせるプレーを見せた。ここまで7戦2失点とリーグ屈指の堅守を誇る古巣との一戦では、FWセルロートやMFダビド・シルバと共に攻撃を牽引する働きを期待したい。

《ラ・リーガ第8節》
▽10/7(金)
《28:00》
オサスナ vs バレンシア

▽10/8(土)
《21:00》
アルメリア vs ラージョ
《23:15》
アトレティコ・マドリー vs ジローナ
《25:30》
セビージャ vs アスレティック・ビルバオ
《28:00》
ヘタフェ vs レアル・マドリー

▽10/9(日)
《21:00》
バジャドリー vs ベティス
《23:15》
カディス vs エスパニョール
《25:30》
レアル・ソシエダ vs ビジャレアル
《28:00》
バルセロナ vs セルタ

▽10/10(月)
《28:00》
エルチェ vs マジョルカ


関連ニュース
thumb

バルサは今季終了後のブスケッツ退団を引き止めず?アメリカ行きは既定路線か

バルセロナのスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツ(34)は、今季終了後の退団が既定路線となっている模様だ。 バルセロナのカンテラーノとして2008-09シーズンにトップチームデビューして以降、クラブの黄金期を中盤の底から支えてきたブスケッツ。これまで公式戦通算698試合に出場し、30ものタイトル獲得に貢献してきた。 34歳の今や主将としてもチームを引っ張るが、クラブとの契約は今季まで。退団説が取り沙汰されている中で、有力な新天地はアメリカのインテル・マイアミであるとも伝えられている。 スペイン『マルカ』によると、ブスケッツはバルセロナを今季限りで退団し、既報通りインテル・マイアミへと加わる可能性が高い模様。チャビ・エルナンデス監督は同選手にもう1シーズン共に戦うように説得を試みたが、日に日に増す自身の責任とプレーへの批判から、これを拒否したようだ。 『マルカ』はまた、バルセロナのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるマテュー・アレマニ氏らフロントが、高額の年俸を受け取っていたブスケツの退団を財政難で苦しむクラブを救うものだと考えているとも。これ以上の引き留めを行うことはないのかもしれない。 2022.11.28 15:22 Mon
twitterfacebook
thumb

Jリーグを知る選手も2人!ドイツ戦のスタンドにスペイン代表黄金期メンバーが集結「まさにレジェンド」

スペイン代表のレジェンドが集結した。 カタール・ワールドカップ(W杯)で日本代表と同じグループEに入っているスペイン。27日には第2節でドイツ代表と対戦し、1-1の引き分けで終えた。 2010年の南アフリカW杯以来の優勝を目指すスペインだが、ドイツ戦のスタンドには当時「無敵艦隊」とも呼ばれた優勝メンバーのアンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸)、カルロス・プジョール氏、、ダビド・ビジャ氏の姿があった。 南アフリカ大会のベストイレブンに当たるドリームチームにも選ばれていた3人の集結ショットにはファンも感激。「バルサのレジェンドでもある」、「まさにレジェンド」、「この写真はアツいな」といった声のほか、日本のファンから「2人Jリーグ経験者なのヤバい」といった驚きの声が上がっている。当時のスペインにはサガン鳥栖でプレーしたフェルナンド・トーレス氏もいた。 世代交代を図り若い戦力が台頭しているスペインはどのような戦いを見せてくれるのか。12月1日には日本と対戦する。 <span class="paragraph-title">【写真】スペイン代表の黄金期メンバーが集結!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cle2kQlj16g/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cle2kQlj16g/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cle2kQlj16g/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">FC Barcelona(@fcbarcelona)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.11.28 14:35 Mon
twitterfacebook
thumb

引く手数多の超新星エンドリック、チャビ監督が接触認める「我々が必要としている選手」

バルセロナのチャビ・エルナンデス監督が、パウメイラスのU-17ブラジル代表FWエンドリック(16)への接触を認めた。 ブラジル屈指の名門であるパウメイラスに所属し、U-17ブラジル代表としてもプレーするエンドリック。爆発的なスピードと、類まれな創造性、ゴール前での冷静さを兼ね備えたメガクラック候補だ。 先日にはクラブ記録を106年ぶりに更新する16歳と3カ月4日での最年少ゴール記録を更新。カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAを制したチームで6試合に出場して、3ゴール1アシストのスタッツを残しており、すでにレアル・マドリーやチェルシー、パリ・サンジェルマン(PSG)といったメガクラブが熱視線を送っているとされている。 そんなブラジルの超新星に向けてはバルセロナからの関心の噂も。『ESPN』のインタビューに応えたチャビ監督はエンドリックとその父親への接触を明かしつつ、将来的にクラブに必要な選手になると力強く語った。 「我々は彼の父親とも話しており、選手とも直接コミュニケーションを取っている状況だ。バルセロナでのプロジェクトについて説明した」 「我々は才能豊かな選手を求めている。彼は才能があり、違いを生み出すことができる。素晴らしいフィニッシュ、ドリブル、そしてピッチ上で躍動する能力も持っている。彼はすでにブラジルリーグでプレーしている現在の選手であり、それと同時に未来に可能性を持つ選手でもある」 「彼は我々が必要としている選手だ。すでにバルセロナでのプロジェクトを知っているし、話をしている。彼が僕らの選手になってくれることを願っている」 「しかし、結局は彼次第だ。こういうことはいつも選手次第で決まる。通常の場合、選手は自分がプレーしたい場所でプレーすることになる」 クラブと結んだプロ契約の影響で18歳になるまでは国際移籍ができないため、少なくとも2024年まではパウメイラスに残留するエンドリック。ネイマールやロナウジーニョといった同胞の偉大なる先達のようにバルセロナへと加入し、カンプ・ノウを沸かせる選手となるのだろうか。 2022.11.27 18:14 Sun
twitterfacebook
thumb

FW補強必須のユナイテッド、補強リストにデパイ…当事者間も接触か

マンチェスター・ユナイテッドの補強リストにバルセロナのオランダ代表FWメンフィス・デパイ(28)が入っている模様だ。 その情報はドイツ『スカイ』のレポーターを務めるフロリアン・プレッテンベルク氏からのもの。エリク・テン・ハグ監督にデパイをユナイテッドに連れ戻す構想があるといい、すべての当事者間で接触もあるようだ。 そんなデパイだが、バルセロナとは契約最終年で、FWロベルト・レヴァンドフスキの加入にケガも重なって浮いた存在に。財政的に厳しいバルセロナはサラリーを削減したく、契約の解消さえもありうる状況だという。 デパイは2015年夏から1シーズン半にわたってユナイテッドでプレーしたが、鳴かず飛ばずに終わった過去。造反のFWクリスティアーノ・ロナウドと袂を分かち、ストライカー補強が急務なユナイテッドだが、いかに。 なお、渦中のデパイは先日、来たる1月に移籍を果たす可能性について「この先がどうなるかはわからない。今はW杯に集中していて、それ以外のことは何も」と話している。 2022.11.26 19:01 Sat
twitterfacebook
thumb

J・アルバにバルサが契約解除の打診準備か

スペイン代表DFジョルディ・アルバ(33)が所属するバルセロナから契約解除を打診される見通しのようだ。 J・アルバはスペイン代表としてカタール・ワールドカップ(W杯)に参戦中で、初戦のコスタリカ代表戦ではスタメン出場し、2アシストと7-0の圧勝に貢献。南アフリカ大会以来の優勝を目指すチームで大きな存在感を見せつけた。 一方、所属するバルセロナでは今夏のDFマルコス・アロンソ加入に加え、19歳のDFアレハンドロ・バルデが台頭したこともあり、序列が低下中。以前のように絶対的な主力ではないためか、財政難による人件費削減に取り組むクラブから契約解除を打診される見通しだという。 スペイン『ムンド・デポルティボ』によると、J・アルバはバルセロナとの契約を2024年6月まで残すものの、W杯から帰国次第、今季限りでの契約解除について話し合うことに。給与をカットした上で来季以降も残留という選択肢も残されているようだ。 カタールへの出発前にはインタビューで「バルサが要求するパフォーマンスをできなくなったら、真っ先に手を上げて去る」と口にしていたJ・アルバ。来季以降のバルセロナ残留が怪しい状況だ。 2022.11.26 17:10 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly