アーセナルがノルウェー王者に3発快勝! フル出場の冨安健洋は左右のSBで安定したパフォーマンス《EL》

2022.10.07 06:06 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヨーロッパリーグ(EL)のグループA第3節、アーセナルvsボデ/グリムトが6日にアーセナル・スタジアムで行われ、ホームのアーセナルが3-0で勝利した。なお、アーセナルのDF冨安健洋は先発フル出場した。

チューリッヒとの初戦を白星で飾ったアーセナルは、第2節のPSV戦が開催延期となった中、ノルウェー王者を相手に連勝を狙った。インターナショナルマッチウィーク明け初戦となったトッテナムとのダービーに3-1の快勝を収めたチームは、今週末にリバプールとのビッグマッチを控える中で大幅なターンオーバーを敢行。ガブリエウ、マルティネッリ、ジャカを除く先発8人を変更し、冨安やホールディング、ファビオ・ヴィエイラ、エンケティアといったメンバーを起用した。

右サイドバックに入った冨安と右ウイングのマルキーニョスを起点に押し込む入りとなったアーセナル。開始5分にはボックス手前で仕掛けたエンケティアが右足のコントロールシュートを狙うが、これはわずかに枠の右へ外れる。さらに、9分にはティアニーの攻撃参加からゴール前で混戦を作ると、ファビオ・ヴィエイラにビッグチャンスも左足のボレーシュートはクロスバーを叩いた。
以降も安定したボール回しに加え、切り替えの速さでも相手を圧倒してボールと共に試合を支配するアーセナル。すると、23分には自陣深くからのカウンターで中央のマルティネッリがドリブルで局面を打開。左サイドのスペースに走り込むティアニーに繋ぐと、そのままボックス内に侵入したスコットランド代表が左足を一閃。この鋭いシュートは右ポストを叩くが、ゴール前で撥ね返りに反応したエンケティアがワンタッチで流し込んだ。

幸先よく先制に成功したホームチームは28分、右CKの二次攻撃から右サイドでこぼれ球を巧みなタッチで収めたファビオ・ヴィエイラが左足で正確なクロスを供給。これを中央で攻め残っていたホールディングがヘディングでゴール左隅へ流し込んだ。

前半半ば過ぎの畳みかける攻めで一気に2点を奪ったアーセナルは、引き続きボールを握りながら冷静にゲームコントロール。ボールを奪いに出てくる相手をうまくいなしながらゴールへ迫る。ファビオ・ヴィエイラのボックス内への抜け出しやジャカのFKで際どいシーンを作り出したが、相手GKの好守などもあり試合を決める3点目とはならず。

それでも、幾度かカウンターからチャンスシーンを与えたものの、連動した守備で相手の攻撃にしっかりと対応して2-0のスコア以上の実力差を見せつける前半45分となった。

迎えた後半、開始直後にボックス内のジャカがGKにファインセーブを強いる決定的なシュートを放つなど、集中した入りを見せるホームチーム。その後、しばらくはボデ/グリムトの攻勢を受ける形となるが、相手のシュート精度にも助けられて凌いでいく。57分にはボックス内でペレグリーノに枠内シュートを許すが、ここはGKターナーがファインセーブで防ぐ。

少し相手に流れが傾き始めた中、アルテタ監督は58分に3枚替えを敢行。ジャカとマルティネッリ、マルキーニョスを下げてウーデゴール、サカ、ガブリエウ・ジェズスと主力3人をピッチへ送り込んだ。ただ、この交代策で流れを完全に引き戻すには至らない。

失点こそ免れるものの、相手に攻め込まれる状況が続くアーセナルは70分にティアニーを下げてホワイトを投入。この交代で冨安が左サイドバックにポジションを移した。79分にはウーデゴールの正確なラストパスから久々に決定機が訪れるが、ボックス右に抜け出したエンケティアのシュートは大きく枠を外れて3点目とはならず。

それでも、84分にはボックス左のゴールライン際で複数のDFを鮮やかにかわしたジェズスの圧巻の突破からの折り返しを、ゴール前でフリーのファビオ・ヴィエイラが冷静に流し込み、エースの個人技から待望の3点目が生まれた。

これで勝利を決定づけたアーセナルはこのまま3-0のクリーンシートで試合を締めくくり、グループリーグ2連勝を達成。週末のリバプールとのビッグマッチに大きな弾みを付けた。

関連ニュース
thumb

W杯離脱のジェズス、アーセナルに戻りヒザの手術へ…復帰は3カ月後か

カタール・ワールドカップでヒザを負傷したアーセナルのブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスだが、3カ月離脱の危機に直面しているようだ。 2日に行われたカメルーン戦で右ヒザを負傷し、決勝トーナメントを控えるチームからの離脱を余儀なくされてしまったジェズス。当初、同選手の母国メディアは1カ月程度の離脱を見込んでいた。 しかし、ブラジル『sportv』は4日、手術が必要となる可能性が高いとし、さらなる長期離脱を予想。復帰まで最大3カ月要する見込みが高いと伝えている。 こうなると痛手を被るのはアーセナル。今季から5200万ユーロの移籍金で加入した25歳は、中断前までプレミアリーグ全14試合に先発出場し、5ゴール6アシストと攻撃をけん引してきた。 ここまではわずか1敗で首位を快走し、優勝最有力候補に名乗り出たアーセナルだったが、試練にぶつかることになってしまった。 2022.12.04 21:25 Sun
twitterfacebook
thumb

ベナセル、ミランとの契約延長交渉不調の場合はプレミア行きか

ミランのアルジェリア代表MFイスマエル・ベナセル(25)にプレミアリーグ行きの可能性があるようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 ミランとの契約が2024年6月に切れるベナセル。ミランとの契約延長を最優先としているものの、チームメートのDFテオ・エルナンデスが受け取っている500万ユーロの年俸を希望しているとのこと。 仮にミランとの交渉が不調に終わった場合はチェルシーとアーセナルがベナセルの獲得に関心を持っているようでプレミアリーグ行きの可能性があるようだ。 現状では両クラブとも関心を持っているレベルにとどまっているが、ミランとの交渉が進展しなければベナセル獲得へ本腰を入れる可能性があり、去就に注目が集まる。 2022.12.02 23:45 Fri
twitterfacebook
thumb

来夏去就注目のライスがステップアップ願望口に…

ウェストハムのイングランド代表MFデクラン・ライス(23)が来シーズンのステップアップ願望を明かした。イギリス『テレグラフ』が報じている。 現在、プレミアリーグ最高の若手ホールディングMFとしての評価を確立するハマーズのキャプテン。今夏にはステップアップの可能性が取り沙汰されたものの、愛するクラブとの紳士協定によって残留を決断した。 しかし、今夏積極的な補強を敢行したチームは、デイビッド・モイーズ監督の限界を露呈するようなリーグ戦の低迷を強いられており、23歳MFの来夏の退団がより現実味を帯びてきている。 そういった中、現在スリーライオンズの一員としてカタール・ワールドカップ(W杯)という代表レベルにおける最高峰の舞台を経験するライスは、公式会見の場で自身の去就に言及。 周囲のチームメイト同様にクラブレベルでもチャンピオンズリーグ(CL)のような最高峰の舞台に挑戦したいと、改めてステップアップ願望を口にした。 「皆さんが知っているように、チャンピオンズリーグのフットボールをプレーし、トロフィーを獲得している友人がここにはいる。キャリアは1つしかなく、キャリアの終わりには、自分が何を勝ち取ったのか、プレーした最大のゲームを振り返りたいと思うものだ」 「僕は野心的で、それをやりたいと思っている」 なお、ウェストハムはライスの移籍金を7000万ポンド~1億ポンド(約116億~166億円)程度に見積もっており、移籍先候補に挙がるプレミアリーグのメガクラブにとって十分に支払いが可能な金額だ。 ただ、以前から有力な候補に挙がる古巣のチェルシーやマンチェスター・ユナイテッド、リバプールに関してはCL出場権獲得へ微妙な立ち位置となっており、マンチェスター・シティやアーセナルなどと競合した際にはその部分がネックとなりそうだ。 2022.12.02 05:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ホワイトの代表離脱に「我々は君のそばにいる」 所属先アーセナルがメッセージ

DFベン・ホワイトのイングランド代表離脱に所属先のアーセナルが反応した。 カタール・ワールドカップ(W杯)グループBを2勝1分けで首位突破したイングランド代表。決勝トーナメント1回戦の相手もグループA2位のセネガル代表に決まり、ここからもう1つギアを上げていきたいところだ。 だが、イングランドサッカー協会(FA)は11月30日にホワイトの私事による離脱を報告。すでにイングランド代表が拠点を置くアル・ワクラから離れ、帰国した旨とともに、再合流の見通しがないとも記されている。 そのリリースではプライバシーの尊重も求められたなか、アーセナルがFAに追随する形で渦中のベン・ホワイトに関する声明を発表。多くに触れず、「我々は誰もが君のそばにいる、ベン」とのメッセージを送った。 2022.12.01 16:55 Thu
twitterfacebook
thumb

W杯16強入りのイングランド代表、ベン・ホワイトが私事で離脱…復帰見通しなしとも

イングランドサッカー協会(FA)は11月30日、DFベン・ホワイトのイングランド代表離脱を発表した。 カタール・ワールドカップ(W杯)グループBを2勝1分けで首位突破したイングランド代表。決勝トーナメント1回戦ではグループA2位のセネガル代表と対戦する。 だが、ホワイトはプライベートの諸事情でアル・ワクラにあるイングランド代表のトレーニングセンターを離れ、帰国の途に。戻ってくる見通しもないという。 また、その発表では選手のプライバシー尊重を求める文面も。アーセナルで主力を張るホワイトだが、今大会では出場がなかった。 2022.12.01 09:00 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly