負傷のウォーカーがW杯欠場の可能性…指揮官が説明「離脱期間はまだわからない」

2022.10.06 16:56 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティのイングランド代表DFカイル・ウォーカーに大舞台に立てない可能性があるようだ。イギリス『BBC』が伝えている。

ウォーカーは2日に行われたプレミアリーグ第9節のマンチェスター・ユナイテッド戦に先発。しかし、前半終了間際に負傷し、途中交代でピッチを後にしていた。

5日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループG第3節のコペンハーゲン戦も負傷欠場となった中、ジョゼップ・グアルディオラ監督は試合後にウォーカーについて言及。期間は不明だが、しばらくの間欠場すると説明した。
「腹部に症状があり、しばらくチームを離れる。期間はわからないし、これ以上何も言えない。医師と話をする必要がある。カルヴァン(・フィリップス)のように復帰できるといいのだが」

「選手にとってワールドカップがどれだけ重要かは分かっているが、正直なところ、今は分からない」

11月末にカタール・ワールドカップ(W杯)も控える中での負傷離脱。32歳の右サイドバックは自身3度目となる世界の大舞台に立てるだろうか。

関連ニュース
thumb

ヤヤ・トゥーレの元代理人が証言「シティとシークレットな取引はなかった」

多数の財務違反の疑いでプレミアリーグから告発されているマンチェスター・シティだが、かつてヤヤ・トゥーレの代理人を務めたディミトリ・セルク氏がクリーンな関係だったことを主張している。 2009年から2018年までの9年間にかけて、100件を超える財務違反の疑いが持たれているシティ。プレミアリーグからの告発文書は一気に世界に激震を走らせた。 今後は第三者委員会が立ち上げられ、さらなる調査が進められていく。最悪の場合、プレミアリーグから除名される可能性もある。 元コートジボワール代表のヤヤ・トゥーレは2010年から2018年にかけて在籍し、プレミアリーグで3回、EFLカップで2回、FAカップで1回優勝した経験を持つレジェンド。今回の調査の対象期間ともろに被っているが、当時代理人を務めていたセルク氏は、違反の一つとして挙げられている不正会計への関与は一切なかったとイギリス『ガーディアン』の取材で語った。 「全てが透明で、裏側には何もなかった。この件に関しては驚いている。個人的に興味を持っているよ。ヤヤは税金も何もかも払っていた。全て透明だった」 「もちろん、連絡があれば喜んで話す。今と同じことを言うつもりだ」 なお、財務違反の一つとして、2009年から2013年にかけて指揮したロベルト・マンチーニ監督が不正に2倍の給与を得ていたとの疑いもあるようだ。 2023.02.08 17:40 Wed
twitterfacebook
thumb

「正義の味方は沢山いるが…」元主将のコンパニ監督が古巣シティの不正疑惑を批判する人に言及「少し懐疑的」

バーンリーのヴァンサン・コンパニ監督が、現役時代はキャプテンとしてもプレーした古巣マンチェスター・シティについて言及した。イギリス『BBC』が伝えた。 2008年8月にハンブルガーSVから加入し、2019年7月にアンデルレヒトへと移籍するまで11シーズンをシティで過ごしたコンパニ監督。4度のプレミアリーグ優勝、2度のFAカップ優勝、4度のEFLカップ優勝とキャリアの最盛期を過ごした。 そのシティだが、6日にプレミアリーグから財務面での規約違反が告発される事態に。2009年から2018年の間に100件を超える違反行為があったとされ、第三者委員会での調査が行われることとなる。 この調査の結果次第では、勝ち点の剥奪や最悪のケースはプレミアリーグからの除名という大きなペナルティが予想されている状況となっている。 一方でシティは「驚いている」と、今回の告発について声明を発表。調査を楽しみにしていると、全ての問題がクリアされることを願った。 自身が在籍していたほとんどの期間で不正が行われていたとされたコンパニ監督は、率直な意見を述べている。 「それを見て、目を丸くしている」 「間違いなく、世の中には正義の味方がたくさんいて、自分がどんな間違ったことをしたかを教えてくれるし、その後にそれぞれが自分自身を見つめ直せば良い」 「サッカー界は一般的に、何度も指を咥えて見ているという余裕はないだろう」 「フットボールの業界がどういうものなのか、みんなも少しは分かるはずだ。私は、人が非難し始めると、とても懐疑的になる」 「自分のためにベストを尽くし、常に向上しようとしている。ただ、簡単に非難されてしまうというのは、少し懐疑的だ」 2023.02.08 09:35 Wed
twitterfacebook
thumb

「大きないじめっ子」シティの熱狂的ファン、元オアシスのリアム・ギャラガー氏が告発したプレミアリーグに怒り「全部調べろ」

マンチェスター・シティの熱狂的なファンとしても知られるリアム・ギャラガー氏が、プレミアリーグからの告発に怒りを露わにした。 プレミアリーグは6日、シティが財務面での規則違反を行っていることを告発。4年間にわたる調査の結果、2009年から2018年にかけて100件を超える不正があったことを発表した。 第三者委員会が立ち上げられ、調査が行われていくと発表されている中、シティ側はこの件を受け入れ調査の結果を待つと発表。違反はしていないと主張し、「驚いた」とした。 この件についてリアム氏がツイート。「プレミアリーグは大きないじめっ子だ。1つを調べるんじゃなく、全部調べろ」と投稿し、他のクラブの状況もしっかりと調査することを求めた。 リアム氏は、兄のノエル氏らと世界中で人気を集める「OASIS(オアシス)」の元メンバー。マンチェスターで生まれ、幼少期からシティの熱狂的なファンであり、迷惑行為でスタンドを追い出されたこともあるほどだ。 日本にもファンは多く、シティファンであることも広く知られた存在。シティ以外にも莫大な資金を投じてファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)に抵触するスレスレのクラブもあるだけに、リアム氏の主張はあながち間違っていないかもしれない。 2023.02.07 22:05 Tue
twitterfacebook
thumb

メッシvsネイマールにイニエスタも!日本開催11年クラブW杯決勝の写真が再脚光「この2人が親友となり最強3トップになるとは」

懐かしい1枚が脚光を集めている。 2011年12月、日本では3年ぶり5回目のクラブ・ワールドカップが行われた。横浜国際総合競技場での決勝戦のカードはサントスvsバルセロナ。準決勝で開催国・柏レイソルを退けた南米王者と、アジア王者のアル・サッド(カタール)を下した欧州チャンピオンが激突した。 リオネル・メッシ(現:パリ・サンジェルマン)やアンドレス・イニエスタ(現:ヴィッセル神戸)らを擁し、ジョゼップ・グアルディオラ監督(現:マンチェスター・シティ監督)率いるスター軍団に、ネイマール(現:パリ・サンジェルマン)を筆頭としたサントスが挑むという構図は、メッシやチャビ・エルナンデス(現:バルセロナ監督)のゴールなどでバルセロナが4-0と快勝した。 『433』は表彰台に並ぶメッシ、ネイマール、チャビの3人や歓喜するグアルディオラ監督、トロフィーを掲げるカルレス・プジョール(引退)の姿などを公開。「2011年のクラブワールドカップは伝説的だった」と紹介している。 「思い出深い」との1枚には当時のバルセロナを思い、「ネイマールvsプライムバルサ」、「彼らはこの時点で無敵でした」と残すファンや、「若きネイマールは誰にも止められない」、「ネイマールの髪」など、10代で注目を集めていたブラジルの至宝を懐かしむ声も。「この時の2人が親友となり、史上最強3トップの一員になるとはね」などのコメントも寄せられた。 現在はクラブ・ワールドカップ2022がモロッコで開催中。7日から8日にかけては準決勝が行われる。 南米勢のフラメンゴはサウジアラビアのアル・ヒラルと、欧州組のレアル・マドリーはエジプトのアル・アハリと対戦するが、栄光をつかむのはどのクラブになるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】11年クラブW杯、メッシ、ネイマール、チャビの3ショットなど</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CoVjzU3re1r/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CoVjzU3re1r/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CoVjzU3re1r/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">433(@433)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.02.07 20:55 Tue
twitterfacebook
thumb

財務違反疑いのシティを調査する第三者委員会、トップはまさかのアーセナルファン

マンチェスター・シティの財務違反を調査する第三者委員会のトップをアーセナルファンが務めるようだ。イギリス『サン』が伝えた。 2009年から2018年までの間に100件を超える財務規則違反を行った疑いがあるとして、6日にプレミアリーグから告発されたシティ。ペナルティとしては今季の勝ち点や過去のタイトルの剥奪、補強禁止などが考えられている。 シティ側は声明で違反を否定しているものの、第三者に調査が委ねられることとなり、最悪の場合、プレミアリーグからの除名というこの上ない厳しい措置もあり得るとされる。 調査に当たる第三者委員会の委員長に任命されたのは、法律の専門家であるマレー・ローゼン氏。過去に法廷判事を務めた経験も有する同氏は、現在はスイス・ローザンヌのスポーツ仲裁裁判所(CAS)で仲裁人を務め、そして熱心なアーセナルファンだという。 ローゼン氏が愛するアーセナルは現在、プレミアリーグで首位に立ち、2位シティとは5ポイント差。仮にもシティの勝ち点が剥奪されれば、限りなくアーセナルの19年ぶり優勝が近づくこととなるが、果たして…。 <span class="paragraph-title">【写真】第三者委員会のトップを務めるマレー・ローゼン氏</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Arsenal member will chair independent commission into Man City after they’re charged with financial rule breaches <a href="https://t.co/gBxn7pBVH1">https://t.co/gBxn7pBVH1</a></p>&mdash; The Sun Footbal(@TheSunFootball) <a href="https://twitter.com/TheSunFootball/status/1622626559470206977?ref_src=twsrc%5Etfw">February 6, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.07 20:54 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly