フランクフルトvsスパーズの初戦はゴールレス! 鎌田大地&長谷部誠はフル出場で奮闘《CL》

2022.10.05 06:10 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)のグループD第3節、フランクフルトvsトッテナムが4日にフランクフルト・シュタディオンで行われ、0-0のドローに終わった。なお、フランクフルトのMF鎌田大地とMF長谷部誠はいずれもフル出場した。

フランクフルトは前節、マルセイユに1-0で競り勝って待望のCL初白星を奪取。さらに、直近のリーグ戦ではシュツットガルト、ウニオン・ベルリンに連勝を飾っている。同勝ち点で並ぶグループ本命を迎えたホームゲームではそのウニオン戦から先発2人を変更。負傷のゲッツェとペッレグリーニに代えて、ソウとヤキッチを起用。長谷場は3バックの中央、鎌田は2シャドーの一角で先発に名を連ねた。

一方、スポルティングCPに敗れて今季公式戦初黒星を喫したトッテナムは、その直後に行われたレスター・シティ戦を6-2の大勝で飾ったが、インターナショナルマッチウィーク明け初戦のアーセナルとのノースロンドン・ダービーでは1-3の完敗を喫した。そのリーグ戦初黒星からのバウンスバックを図った中2日での厳しいアウェイゲームではダービーと全く同じスタメンを採用し、ケインとソン・フンミン、リシャルリソンのトリデンテとなった。
共に[3-4-2-1]を採用したことで、ミラーゲームの形となった試合は、地力で勝るアウェイチームがボールを握って主導権を握る入りとなる。流れの中では決定機まで持ち込めないトッテナムだが、今季精度を増すセットプレーから続けて際どいシーンを作り出す。

一方、時間の経過と共に相手のプレスをいなして良い形でボールを前進させるフランクフルトは、15分過ぎに続けて決定機を創出。まずは18分、左サイドを崩してリンドストロームの折り返しをボックス右で受けたローデがシュートに持ち込むが、ここはDFのブロックに遭う。さらに、このプレーで得た左右のCKからエンディカ、リンドストロームとボックス内で際どいフィニッシュ。

それでも、前半半ばから終盤にかけては再び主導権を握ったトッテナムが、前線の個的優位性を生かしてフランクフルトゴールに迫っていく。28分にはペナルティアーク付近でソン・フンミンからパスを受けたケインが長谷部をブロックしながら右足の反転シュートを放つが、これはわずかに枠の左へ外れる。

さらに、40分にはホイビュアのインターセプトからケインの絶妙なフリックに反応したソン・フンミンがボックス中央でフリーとなるが、右足のシュートは枠の右。その直後にもエメルソンのボックス内への侵入からファーでクロスのこぼれに反応したペリシッチにシュートチャンスも、DFにブロックされたボールはわずかに枠の右へ外れ、前半の内に先制点を取り切れなかった。

ゴールレスで折り返した後半は劣勢のフランクフルトがアグレッシブに入り、よりオープンな攻防が繰り広げられる。50分過ぎにはソウの浮き球パスに斜めのランニングでゴール前に入ったクナウフのボレーシュート、直後にボックス手前の鎌田がシュートを狙うが、GKロリスの好守とブロックに阻まれる。さらに、60分には途中投入のボレ、鎌田の連動したハイプレスからリンドストロームにシュートチャンスも、ここは枠に飛ばせず。

一方、トッテナムも相手が前に出てきたことで得意のカウンターを発動すると、3トップにペリシッチが絡む形からボックス内でケイン、ソン・フンミンとチャンスを作り出した。

入れ替わりが激しかった立ち上がりの攻防を経て試合は徐々に膠着。疲労困憊のトッテナムはペリシッチ、ラングレ、リシャルリソンを70分過ぎに下げて負傷明けのベン・デイビスやセセニョン、ブライアン・ヒルをピッチに送り出すが、この交代で攻撃を活性化させるには至らない。

試合終盤は完全に消耗戦となり、互いに最後の局面でミスが目立ち決定機まで持ち込めないクローズな展開に。また、すぐに次節を控えていることもあり、両者はあまりリスクを冒して前に出る姿勢を見せぬまま試合はタイムアップ。

ホームのフランクフルトは勝利で2位浮上とはならなかったが、長谷部を中心に相手の強力攻撃陣を枠内シュート0で抑え切るポジティブな手応えを得て来週に敵地へ乗り込むことになった。一方、疲労困憊のトッテナムは最低限の勝ち点1を持ち帰ったが、UEFAコンペティションでのアウェイ未勝利記録が7試合に更新されることになった。

関連ニュース
thumb

なでしこ勢5人が先発の英カップ戦QF、長谷川唯のシティと清水梨紗・林穂之香のウェストハムらが準決勝へ

25日から26日にかけ、イングランドの女子コンチネンタルカップの4試合が行われた。 各チームに所属するなでしこジャパンの選手たちも出場を果たしている。マンチェスター・シティのMF長谷川唯は先発出場し67分までプレーし、6-0の勝利に貢献。トッテナムへ加入したばかりのFW岩渕真奈も先発起用され、59分までプレーした。 リバプールvsウェストハムでは日本人対決が実現し、1-0でウェストハムが勝利を収めている。 リバプールへ新加入したMF長野風花は[4-3-3]のアンカーで先発出場。リーグ戦ではデビュー戦がピッチ凍結のために開始早々に中止となる珍事を経験したが、この試合で改めてレッズの一員として登場。後半のアディショナルタイムまでプレーしたが、チーム全体がウェストハムのプレッシングに苦しみ、ボールタッチの回数は限定的となった。 対するウェストハムからはDF清水梨紗とMF林穂之香がフル出場。清水は右サイドバックで先発し、効果的な位置取りでボールの引き出し役となるだけでなく惜しいラストパスも披露。終盤にはシステム変更に伴い、ウイングバックとしてプレーした。 林は[4-3-3]の中盤の一角に入り、相手の中盤との嚙み合わせでボランチとインサイドハーフの中間のようなポジショニングに。選手交代に伴い、62分以降はアンカーを務め、最終盤にはタイトな守備でゲームのクローズに一役買った。 26日には準決勝の組み合わせが発表され、ウェストハムはチェルシーと、シティはアーセナルとそれぞれ2月8日に対戦する。 ◆女子コンチネンタルカップ準々決勝 ブリストル・シティ 0-6 マンチェスター・シティ リバプール 0-1 ウェストハム トッテナム 1-3 チェルシー アーセナル 3-0 アストン・ビラ ◆準決勝組み合わせ ウェストハム vs チェルシー アーセナル vs マンチェスター・シティ <span class="paragraph-title">【動画】清水、林、長野が出場、ウェストハムvsリバプールの決勝ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="AIpYpkolci8";var video_start = 181;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.27 15:25 Fri
twitterfacebook
thumb

スパーズがポロ獲得に接近! 28日タッサ・ダ・リーガ決勝後に移籍か?

トッテナムが、スポルティングCPのスペイン代表DFペドロ・ポロ(23)の獲得に迫っているようだ。 今冬の移籍市場で右ウイングバックの補強に動いていたトッテナムは、予てより今シーズンのチャンピオンズリーグの2試合で直接対峙したスポルティングDFをトップターゲットに定めてきた。 ここまでは4500万ユーロ(約63億7000万円)に設定された契約解除金の支払いを渋り、より安価な金額のオファーや選手譲渡を盛り込んだオファーを掲示したが、スポルティングは首を縦に振らず。 この間に選手サイドとは2028年までの5年半契約で合意に至ったものの、クラブ間交渉は平行線を辿っていた。 しかし、移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏やイギリス『フットボール・ロンドン』が報じるところによれば、トッテナムは今季公式戦25試合3ゴール11アシストの数字を残す23歳の獲得に近づいているという。 トッテナムは最終的に4500万ユーロの支払いを受け入れた模様で、数年間の分割という形で移籍金を支払うことになるという。さらに、今月28日にポルトとのタッサ・ダ・リーガ決勝を控える中、同試合でポロを起用したいというスポルティングの要求も受け入れた模様だ。 なお、ポロの獲得が決定した場合、トッテナムはU-21イングランド代表DFジェド・スペンスをレンタル移籍に出す意向で、ブレントフォードやレスター・シティが受け入れ先の候補に挙がっている。 ラージョ・バジェカーノやジローナの下部組織に在籍歴のあるポロは、2019年8月にマンチェスター・シティに加入。だが、トップチームで出場機会はなくバジャドリー、スポルティングにレンタルに出されていた。 その後、2年のレンタル期間に目覚ましい活躍を披露したスペイン代表DFは、今年5月にスポルティングが完全移籍で買い取っていた。 173cmとサイズには恵まれていないものの、スピードと運動力に優れるポロは積極的な持ち上がりと、高精度の右足のキックを最大の特長とする。また、タッチライン際に張るだけでなく内側のポジションで組み立てや崩しにも絡めるモダンなサイドプレーヤーだ。 2023.01.27 06:30 Fri
twitterfacebook
thumb

セビージャ、生え抜きのブライアン・ヒル復帰を画策か バレンシアやローマも関心

セビージャが、トッテナムのスペイン代表FWブライアン・ヒル(21)の獲得を検討しているようだ。スペイン『Canal Sur Ra​​dio』が伝えている。 思わぬ不振に喘いでいる今季のセビージャ。昨年10月についにフレン・ロペテギ監督を解任し、ホルヘ・サンパオリ監督の再招へいに舵を切った。だが、なかなか好転とはならず、直近でもコパ・デル・レイ準々決勝でオサスナに敗れている。 冬の移籍市場でなんとかテコ入れを図りたいところだが、今のところは22歳の若手センターバックであるロイク・バデのレンタル加入と、アヤックスにレンタルしていたルーカス・オカンポスの復帰のみ。リヨンの攻撃的MFジェフ・レーヌ=アデレードの獲得に近づいていたが、メディカルチェックを通過できず、破談となった。 さらなる補強が必要な中、注目されているのがセビージャの生え抜きであるブライアン・ヒルだ。ウインガーとして活躍し、若くしてスペイン代表デビューも果たしたのち、2021年夏にトッテナムに引き抜かれた。大きなステップアップとなったが、当たりの強いプレミアリーグではなかなか本領を発揮できず、半年でバレンシアにレンタル移籍。今季はトッテナムに戻ったものの、ここまで公式戦出場は10試合で、そのうち先発は2回のみ。時間で言うとわずか305分間のみの出場となっている。 21歳にとってもセビージャ復帰は魅力的な選択肢だろうが、伝えられるところではバレンシアやローマも獲得に興味を示しているようだ。 2023.01.26 15:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ナポリの守護神メレトに移籍の可能性? トッテナムが今夏の獲得を計画か

トッテナムがナポリのイタリア代表GKアレックス・メレト(25)に関心を示しているようだ。 2019年夏の加入以来、常にポジション争いを繰り広げ、昨シーズンは控えGKに甘んじていたメレト。しかし、昨夏に守護神のGKダビド・オスピナが退団したことで正GKに抜擢されると、今季は公式戦26試合に出場しセリエAで首位を快走するチームを支えている。 しかし、イタリア『Rai Sport』に所属するジャーナリストのチーロ・ベネラート氏によれば、メレトが今夏の移籍市場で退団する可能性もあるようだ。 メレトは昨年10月に2024年6月30日までの新契約にサインしたものの、ナポリは25日にアタランタからイタリア代表GKピエルルイジ・ゴッリーニ(27)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得。さらに、夏にはセリエB(イタリア2部)のバーリからイタリア人GKエリア・カプリレ(21)の獲得も画策しており、その結果次第でメレトへのオファーを受け付ける姿勢だという。 メレトに対しては、トッテナムが獲得を検討しているとのこと。ノースロンドンのクラブでは長らくフランス代表GKウーゴ・ロリスがゴールを守り続けてきたが、36歳になる守護神は今季いくつかのミスも散見され、クラブは世代交代を目論んでいるようだ。 ナポリは3000万ユーロ(約42億円)の移籍金でメレト売却に応じると報じられており、今夏の去就が注目される。 2023.01.26 12:57 Thu
twitterfacebook
thumb

トッテナム、ビジャレアルのオランダ代表FWダンジュマをレンタル移籍で獲得!

トッテナムは25日、ビジャレアルに所属するオランダ代表FWアルノー・ダンジュマ(25)を今季終了までのレンタル移籍で獲得した。 PSVの下部組織出身でNECナイメヘン、クラブ・ブルージュ、ボーンマスを渡り歩き、2021年の夏にビジャレアルに加入したダンジュマ。持ち前のドリブルスキルに得点力にも磨きをかけ、初年度から公式戦34試合で16得点4アシストと活躍した。 カタール・ワールドカップの出場こそ逃したが、代表にも復帰。今季もケガによる出遅れがありながら、ここまで公式戦17試合で6ゴールを記録していた。 スペインで輝きを放つダンジュマには、プレミアリーグで19位に沈むエバートンが関心を示すと、先週末にはメディカルチェック等を済ませるなど移籍目前となっていたが、土壇場でベルギー代表FWレアンドロ・トロサールの獲得に失敗したトッテナムが介入。強奪する形でダンジュマの獲得を成功させた。 2023.01.26 01:15 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly