「とても愛おしい写真」「うれしそう」堂安律が自身のユニフォームを着た少年にサインのファンサ「宝物できましたね」

2022.10.03 12:10 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フライブルクの日本代表MF堂安律がファンサービスの様子を披露した。今シーズンからフライブルクに加入した堂安。ここまで公式戦11試合で4ゴールの活躍を見せている。

その堂安が自身のインスタグラムを更新。堂安のユニフォームを着た少年に対して、サインをする姿をアップした。
背中を向けている少年にサインをしようとしているところの堂安。写真と共に、「僕のシャツを持っていてくれてありがとう」と自身のユニフォームを着ていることを喜んだ。

心温まる投稿には「男の子の宝物できましたね」、「とても愛おしい写真」、「子供がうれしそう」、「羨ましい」とのコメントが。現地の少年たちの心もしっかりと掴んでいる堂安。ゴールやアシストでさらに子供たちに夢を与えてもらいたいところだ。

1 2

関連ニュース
thumb

精巣がん克服のアラーが復活弾、指揮官も「幸せな瞬間」と祝福

ドルトムントのコートジボワール代表FWセバスティアン・アラーが復活のゴールを決めた。 今夏にアヤックスからドルトムントに加入したアラー。しかし、その直後に精巣がんが発覚し、治療のため無期限離脱を強いられることになった。 一時は引退も危ぶまれたが、2度の手術を乗り越え、先月23日にブンデスリーガ第16節のアウグスブルク戦で復帰。4日に行われた第19節のフライブルク戦にも先発すると、待望の瞬間が訪れた。 2-1で迎えた51分にセットプレーの流れからポルトガル代表DFラファエウ・ゲレイロが左サイドからクロスを上げると、ゴール前で待っていたアラーがヘディングシュート。叩きつけられたボールがゴールネットを揺らし、ドルトムントでの初得点となった。 エディン・テルジッチ監督は5-1で勝利を飾った試合後、アラーを祝福。本拠地ジグナル・イドゥナ・パルクでのゴールを喜ぶとともに、今後の活躍に期待を語った。 「7月か8月には初ゴールを決めてほしいと思っていたが、それが今日実現した。重要なゴールであり、本拠地の“黄色い壁”の前で決められたということも喜ばしい」 「彼にとっても、我々にとっても、非常に大きな意味を持つ幸せな瞬間だ。これから始まるゴールラッシュの第一歩になってくれれば良いと感じている」 <span class="paragraph-title">【動画】ガン克服のアラーが待望のゴールで歓喜爆発!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="VvH-3vyXuwU";var video_start = 30;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.05 13:23 Sun
twitterfacebook
thumb

アラー復活弾のドルトムントが10人フライブルクに5発完勝《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第19節、ドルトムントvsフライブルクが4日に行われ、5-1でドルトムントが圧勝した。フライブルクのMF堂安律は67分までプレーしている。 前節レバークーゼンに快勝し再開後3連勝とした4位ドルトムント(勝ち点34)は[4-2-3-1]で臨み、アラーを最前線に、2列目に右からブラント、ロイス、アデイェミと並べた。 一方、堂安の勝ち越しアシストでアウグスブルクに3-1と勝利し再開後初白星とした5位フライブルク(勝ち点34)は、堂安が[3-4-3]の右シャドーでスタメンとなった。 立ち上がりからドルトムントが攻勢をかけると、17分に数的優位となる。アデイェミが左サイドを突破にかかると、シディリアにファウルを受けた。このプレーで2枚目のイエローカードを受けたシディリアが退場となった。 そして25分、ジューレのミドルシュートがポストに直撃した直後のCKから先制する。混戦の中、ゴールエリア左からシュロッターベックがシュートをねじ込んだ。 その後もドルトムントが主導権を握っていたが、前半終了間際の45分にフライブルクが追いつく。堂安がDFともつれてルーズとなったボールをボックス内のホーラーが蹴り込んだ。 それでも1-1で迎えた後半、開始3分にドルトムントが勝ち越す。CKの流れからベリンガムのヒールパスを受けたアデイェミがボックス内に侵入。DFに囲まれた中、シュートを決めきった。 さらに3分後、アラーに復活のゴールが生まれる。CKの流れからラファエウ・ゲレイロの左クロスをアラーがヘッドで押し込んだ。 余裕のドルトムントがアラーとアデイェミをお役御免とした中、69分にはブラントのミドルシュートが決まって4-1。 その後、ベリンガムとロイスも下げたドルトムントは82分にレイナのコントロールシュートが決まり5-1と圧勝。再開後の連勝を4に伸ばした。 2023.02.05 01:28 Sun
twitterfacebook
thumb

「笑顔が輝いてる」「雰囲気変わった??」堂安律、コーヒー片手の満面の笑顔が話題「爽やかで素敵」

フライブルクの日本代表MF堂安律のオフショットが話題となっている。 カタール・ワールドカップ(W杯)では2ゴールの活躍を見せ、フライブルクでも中心選手としてプレーする堂安。再開後のブンデスリーガでもスタメン出場を続け、前節のアウグスブルク戦ではアシストを記録した。 フライブルクは4日のブンデスリーガ第19節でドルトムントと対戦。上位を窺う中では負けられない重要な一戦となる。 そのドルトムント戦を前に堂安がインスタグラムを更新。飛行機移動後のトレーニングに向かうシーンと思われるが、これが話題となっている。 駐車場で撮られたものだが、フライブルクのジャージでコーヒーを片手に笑顔を見せている。 笑顔の堂安にファンは「可愛すぎ!!」、「かっこいい」、「ほんとかっこいい」、「笑顔が輝いてる」、「雰囲気変わった??」、「爽やかで素敵」と称賛の声が集まっている。 勝ち点で並ぶドルトムントとの試合で堂安が結果を残せるか。試合後もこの笑顔が見たいものだ。 <span class="paragraph-title">【写真】堂安律がコーヒー片手に笑顔でオフショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CoNHBjItOYj/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CoNHBjItOYj/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CoNHBjItOYj/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">堂安律/Ritsu Doan(@doanritsu)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.02.04 22:25 Sat
twitterfacebook
thumb

【ブンデス日本人選手】鎌田アシストの同点弾でフランクフルトがバイエルンとドロー

ブンデスリーガ第18節が週末にドイツ各所で行われた。 今シーズンのブンデスリーガにはフランクフルトのMF鎌田大地、DF長谷部誠、シュツットガルトのMF遠藤航、DF伊藤洋輝らに加え、ボルシアMG、フライブルク、シャルケに加入したMF板倉滉、MF堂安律、DF吉田麻也3選手が新たに参戦。 新シーズンも多くの選手が活躍する中、今回の第18節では板倉、伊藤、遠藤、長谷部、堂安、吉田、上月が先発出場、鎌田、原口、浅野が途中出場した。 長谷部が先発したフランクフルトは、アウェイで首位バイエルンと対戦。試合は34分に右サイドからミュラーの上げたクロスをサネがボレーで蹴り込 み、バイエルンが先制。 1点のビハンドで迎えた後半、攻め手を欠くフランクフルトは64分に鎌田を投入。すると69分、ロングカウンターに転じた流れから鎌田とコロ・ムアニが連係。鎌田のシュートフェイクからのラストパスをボックス左で受けたコロ・ムアニが左足でシュートを決めきった。 結局、試合はそのまま1-1でタイムアップ。途中出場の鎌田のアシストでフランクフルトが、バイエルンとの上位対決をドローに持ち込んだ。 ★板倉滉[ボルシアMG] ▽1/28 ホッフェンハイム 1-4 ボルシアMG ◆フル出場 ★鎌田大地[フランクフルト] ▽1/28 バイエルン 1-1 フランクフルト ◆64分からプレー ★長谷部誠[フランクフルト] ▽1/28 バイエルン 1-1 フランクフルト ◆フル出場 ★堂安律[フライブルク] ▽1/28 フライブルク 3-1 アウグスブルク ◆82分までプレー ★原口元気[ウニオン・ベルリン] ▽1/28 ヘルタ・ベルリン 0-2 ウニオン・ベルリン ◆89分からプレー ★吉田麻也[シャルケ] ▽1/29 シャルケ 0-0 ケルン ◆フル出場 ★上月壮一郎[シャルケ] ▽1/29 シャルケ 0-0 ケルン ◆フル出場 ★伊藤洋輝[シュツットガルト] ▽1/27 ライプツィヒ 2-1 シュツットガルト ◆フル出場 ★遠藤航[シュツットガルト] ▽1/27 ライプツィヒ 2-1 シュツットガルト ◆フル出場 ★浅野拓磨[ボーフム] ▽1/28 マインツ 5-2 ボーフム ◆後半からプレー 2023.01.30 07:20 Mon
twitterfacebook
thumb

堂安律が巧みな動き出しで同点直後の決勝ゴールをアシスト! 今季ブンデス4アシスト目

フライブルクの日本代表MF堂安律がアシストで魅せた。 28日、ブンデスリーガ第18節でフライブルクはホームにアウグスブルクを迎えた。 6位と好位置につけるフライブルクと14位のアウグスブルクの対戦。堂安律は[3-4-3]の右ウイングで先発出場を果たした。 リーグ再開後は数字を残せていない堂安。チームも6失点の惨敗に始まり、2試合で勝利がない状況だったが、この試合も13分に先制するも29分にPKで追いつかれてしまう。 嫌なムードが漂った中、直後の30分に堂安がチームを救う。ゴール前への浮き球のパスをミハエル・グレゴリッチュが頭で落とすと、ボックス内に入っていた堂安が相手選手と競り合いながらもダイレクトで折り返し。最後は、ルーカス・ホーラーが押し込んだ。 味方が競り勝つことを信じて走っていた堂安の好プレー。これが今シーズンのブンデスリーガで4アシスト目となった。 なお、試合は3-1でフライブルクが勝利。再開後初勝利を飾った。 <span class="paragraph-title">【動画】味方を信じた動きだし!追いつかれた1分後に堂安律が勝ち越し弾アシスト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Lmjm6ehlD0w";var video_start = 138;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.29 11:10 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly