マドリーの開幕連勝がストップ…復帰ベンゼマのPK失敗響き10人のオサスナとホームでドロー《ラ・リーガ》

2022.10.03 06:01 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第7節、レアル・マドリーvsオサスナが2日にサンティアゴ・ベルナベウで行われ、1-1のドローに終わった。

好調ロドリゴとバルベルデのゴールでアトレティコ・マドリーとの敵地でのダービーを2-1で制し、インターナショナルマッチウィークの中断に入ったマドリー。ヨーロッパ5大リーグで唯一となる開幕6連勝と絶好調のチームは、週明けにチャンピオンズリーグ(CL)のシャフタール戦を控える中、5位のオサスナを相手に7連勝を狙った。

アンチェロッティ監督はアトレティコ戦から先発4人を変更。負傷の守護神クルトワ、モドリッチの代役にGKルニン、セバージョスを起用したほか、ミリトンとバルベルデに代えてリュディガーと負傷明けのエースFWベンゼマを起用した。
インターナショナルマッチウィーク明け初戦ということもあり、ややエンジンのかかりが遅いホームチーム。ボールは握るものの、オサスナの堅固な守備ブロックを揺さぶり切れず、効果的にフィニッシュまで持ち込めない。

一方、堅守速攻を徹底するオサスナは攻撃の回数こそ多くないものの、バルセロナからのレンタルプレーヤーであるアブデの積極果敢な仕掛けを使いながらロングカウンターで際どい場面を創出。前半半ば過ぎにはモンカジョーラの枠を捉えたミドルシュートや、相手CKを撥ね返してのカウンターからボックス右のアブデに決定機も、ここはシュートを枠に飛ばせない。

焦りはないものの、前半の内に攻撃の糸口を見つけたいマドリーは37分、相手のゴールキックを撥ね返してのカウンターから左サイドでDFと入れ替わったヴィニシウスが快足を飛ばして深い位置まで運び、アウトサイドを使った巧みなクロスを供給。これをファーにフリーで走り込んだベンゼマが右足インサイドで合わせるが、このシュートは惜しくも左ポストの外側に外れた。

それでも、マドリーは前半終了間際に意外な形から先制に成功した。42分、右CKの流れから左サイドのヴィニシウスが右足インスウィングのクロスをゴール前のスペースに落とすと、飛び込んだリュディガー、ベンゼマはボールに届かなかったものの、クロスがそのままゴール右隅に決まった。

ヴィニシウスの幸運なゴールによって1点リードで試合を折り返したマドリーだが、開幕からクリーンシートが一度もないチームはこの試合でも守り切れない。

オサスナは50分、相手陣内中央でボールを持ったウナイ・ガルシアが正確なフィードをボックス中央に送り込むと、リュディガーと競ったキケ・ガルシアがバックヘッドで合わせたボールがゴール左上隅の完璧なコースに決まる。さらに、畳みかけるアウェイチームは53分にもボックス右へ侵入したモイ・ゴメスのプルバックから再びキケ・ガルシアに決定機も、右足のダイレクトシュートは枠の左に外れた。

一方、追いつかれたホームチームは53分にチュアメニ、セバージョスを下げて切り札のバルベルデとカマヴィンガを同時投入し、クロースがピボーテの位置に一列下がる。この交代策で攻撃のギアを上げると、アラバの直接FKやロドリゴのボックス内での仕掛けで早速チャンスを作り出していく。

さらに、74分にはメンディとクロースを下げてミリトン、アセンシオを投入したアンチェロッティのチームは、[4-2-4]に近い攻撃的な布陣でゴールをこじ開けにかかる。

すると、78分にはカマヴィンガのフィードに反応したベンゼマがゴール前でDFダビド・ガルシアに後方から押し倒され、オンフィールド・レビューの結果PKを獲得。さらに、決定機阻止のダビド・ガルシアが一発退場に。だが、このPKの場面でベンゼマはGKの動きが気になったか、シュートをクロスバーに当ててしまい、痛恨のPK失敗に。

それでも、残り時間を考えれば、10人のオサスナを相手に勝ち越しゴールを奪える可能性は十二分にあると思われたが、ベンゼマのゴールネットを揺らした場面が際どいオフサイドで取り消されるなど、なかなかゴールをこじ開けられない。

その後、カルバハルを下げてマリアーノを投入し、最後は力業での打開を試みたマドリーだが、途中出場のアリダネを中心に身体を張る相手守備陣にことごとく撥ね返された。

そして、試合はこのまま1-1でタイムアップを迎え、開幕からの連勝がストップしたマドリーは、勝ち点で並んだバルセロナに得失点差で抜かれて首位の座を明け渡すことになった。

関連ニュース
thumb

フラン・ガルシアの来夏マドリー復帰が確実に! ラージョ会長「マドリーと合意している」

ラージョ・バジェカーノに所属するスペイン人DFフラン・ガルシア(23)のレアル・マドリー復帰が確実となった。スペイン『ESPN』が報じている。 フラン・ガルシアはマドリーのカンテラ出身の左サイドバック。2020年夏にラージョへレンタル移籍すると、翌年夏に200万ユーロ(約2億8000万円)で完全移籍に移行した。 ラージョではアンドニ・イラオラ監督から全幅の信頼を得ており、今季もここまでのラ・リーガ全19試合にフル出場。169cmとサイズには恵まれていないものの、爆発的なスピードを生かした攻撃参加、インテンシティの高さに定評があるラージョで主力を担っているように球際のタフさも特長だ。 今冬の移籍市場ではレバークーゼンが獲得に動いていたが、未だに50%の保有権を有するマドリーがその動きをブロック。ラージョに対して、来夏500万ユーロ(約7億円)を支払うことで合意に至った。 ラージョのラウール・マルティン・プレサ会長は、23歳DFの来夏マドリー復帰を認めた。 「我々はマドリーと合意しており、ガルシアはシーズン終了後にあちらに向かうことになる」 「マドリーは、1週間前の(フェルラン・)メンディの状況(ケガ)を考えると、この移籍市場で彼の獲得に動くこともできたはずだ。だが、彼らはラージョへの敬意、我々の邪魔をしないため、真の紳士として振る舞ってくれたし、我々は彼らに感謝している」 「また、彼らはガルシアがレバークーゼンに移籍することを阻止してきた。フランは成長しているし、マドリーに多くのものを与えることができるはずだ」 2023.02.01 23:19 Wed
twitterfacebook
thumb

古巣相手に躍動した久保建英、ユニフォームを交換したレアルの選手は?

古巣であるレアル・マドリーとの対戦で高いパフォーマンスを見せたことが話題となっているレアル・ソシエダの日本代表MF久保建英だが、ユニフォーム交換をした相手も話題となっている。 1月29日、ラ・リーガ第19節でソシエダはマドリーとアウェイで対戦。久保は古巣対戦となったこの試合に先発出場した。 試合の4日前にはバルセロナともコパ・デル・レイで対戦しており、連続したビッグマッチとなったソシエダ。久保はトップ下でプレーした中、61分に抜け出してシュート。68分にはDF2人を突破して決定機を迎えるが、いずれもGKティボー・クルトワにセーブされてしまう。 上位対決でしっかりとしたパフォーマンスを見せた久保。高い評価を得ており、古巣復帰の話もスペインでは話題となっていた。 ゴールレスドローに終わった上位対決だが、ソシエダが舞台裏の映像を公開。その中で、久保は古巣の元チームメイトとユニフォーム交換を行っていたことがわかった。 その相手とは、ウクライナ代表GKアンドリー・ルニン。年齢が近いこともあり、マドリーの選手として参加したトレーニングキャンプなどでも仲の良い姿が見られていた。 試合後、ユニフォームを交換して喋る2人の姿が動画で捉えられており、仲の良さが感じられる。 <span class="paragraph-title">【動画】久保建英がユニフォームを交換したレアルの選手は!?</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="dy6RHaxAhBA";var video_start = 500;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.01 17:45 Wed
twitterfacebook
thumb

F・メンディが左足半膜様筋負傷…離脱期間は最大2カ月程度に

レアル・マドリーは31日、フランス代表DFフェルラン・メンディが左足半膜様筋負傷と診断されたことを明かした。 メンディは、26日に行われたコパ・デル・レイ準々決勝のアトレティコ・マドリー戦で、44分に負傷交代。その後、メディカルチームによる複数の検査の結果、前述の診断が下された。 なお、スペインの複数メディアによると、離脱期間は最大で2カ月程度になる見込みだ。 その他の負傷者に関しては、それぞれふくらはぎと足首に問題を抱えているDFダビド・アラバ、MFルーカス・バスケスが引き続き別メニュー調整が続いている。 その一方で、ふくらはぎのケガが癒えたMFオーレリアン・チュアメニはチームトレーニングに復帰しており、戦列復帰が近づいている。 2023.02.01 00:19 Wed
twitterfacebook
thumb

マドリーがドルトムントの21歳FWアデイェミに関心 “脱ベンゼマ依存”の一環か

レアル・マドリーがドルトムントのドイツ代表FWカリム・アデイェミ(21)をリストアップしたようだ。 アデイェミはナイジェリアにルーツを持つ左利きの快足アタッカー。プロデビューの地はザルツブルクで、昨夏のドルトムント加入でドイツへと帰還し、今季の公式戦21試合で3得点1アシストを記録している。 ゴール数はさほど伸びていないものの、昨秋以降はスタメン起用も多く、プレータイムが増加傾向に。スペイン『Fichajes』によると、そんなアデイェミに対して欧州王者マドリーが興味を寄せ始めたという。 今年で36歳を迎えるFWカリム・ベンゼマへの依存度が高いマドリーは前線の若返りを進行中。2024年夏にはパウメイラスからU-17ブラジル代表FWエンドリック(16)が加入することが決定済みだ。 ただ、逸材エンドリックも加入時点でまだ18歳で、いきなり即戦力になるかは現段階で未知数な部分も。選手層拡充も考慮して他の選手を獲りたい考えで、本職のサイドだけでなく中央でもプレー可能なアデイェミを高く評価しているとされる。 2023.01.31 17:39 Tue
twitterfacebook
thumb

レアル戦で躍動した久保建英に復帰の可能性は? 高い評価もベンチ要員になるのは馬鹿げているとの見解

レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英(21)が見せたパフォーマンスにより、古巣のレアル・マドリーへの復帰の話が再燃している。スペイン『アス』が伝えた。 久保は2019年7月にFC東京からマドリーへと完全移籍。バルセロナのカンテラ出身ということもあり、移籍は大きな話題となった。 その久保はEU圏外の選手であり、ブラジル人選手がその枠を占めていることもありレンタル移籍に出されることに。マジョルカへ2度、ビジャレアル、ヘタフェと武者修行を経験した。 どのクラブでも一定のパフォーマンスを見せながら、輝ききれていなかった久保は、今シーズンからソシエダに完全移籍。すると、レベルの高い周りの選手やイマノル・アルグアシル監督の戦い方にフィット。今シーズンは公式戦23試合で3ゴール5アシストを記録している。 数字に残らない部分でもそのパフォーマンスが評価されている久保。この1週間では、コパ・デル・レイでバルセロナ、ラ・リーガでマドリーと古巣であるスペインの2強と対戦。ゴールやアシストこそ残せていないが、高いパフォーマンスが評価されていた。 久保の成長を目の当たりにしたマドリーに対しては、呼び戻すべきだという意見が浮上。買い戻しのオプションは契約についていないが、復帰させるオプションはあるという。 久保は600万ユーロ(約8億5000万円)の移籍金でソシエダに完全移籍。マドリーは久保の移籍で得た利益の50%を受け取る条項がある。 また、他クラブからの移籍のオファーがあった場合、マドリーは優先的に拒否する権利を有しており、同じ金額を準備することが可能。久保には6000万ユーロ(約85億円)の契約解除条項が設定されているが、マドリーは久保の移籍時に優位に動けるということだ。 ソシエダはマドリーで才能がありながら出番を得られなかった選手が過去にも加入しており、その代表格はノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴール。2年間のレンタル移籍だったが1年早く呼び戻されていた。ただ、その後マドリーでは輝けず、アーセナルに移籍した結果、輝きを取り戻している。 久保を復帰させた方が良いという意見もある一方で、時期尚早という声も。2トップの一角やトップ下で現在はプレーしており、右サイドでもプレーが可能。2トップの一角やトップ下は今のマドリーにはないポジションだが、右サイドはスペイン代表FWマルコ・アセンシオ、ブラジル代表FWロドリゴ・ゴエス、ウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデがポジションを争っている。 久保が仮に復帰してもベンチに座らせることは「馬鹿げている」と考えられており、ソシエダでのプレーを続けさせて久保の更なる成長を促す方が良いだろうという考えが強いようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】久保建英が古巣レアル・マドリー戦で躍動!高評価を得る</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="99xXFIrMALE";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.31 13:08 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly