水戸の秋葉忠宏監督が今季限りで退任へ「また戻ってこられるような指導者に」

2022.10.02 16:55 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
水戸ホーリーホックは2日、秋葉忠宏監督(46)が今季限りで退任することを発表した。

現役時代はアルビレックス新潟で200試合以上の出場記録を持つ秋葉監督は、2009年に当時神奈川県社会人リーグに所属していたSC相模原で選手兼監督として指導者キャリアをスタート。2010年に現役を引退し、監督業一本に絞った。

その後はザスパクサツ群馬の監督や、世代別の日本代表コーチを経て、2020年から以前ヘッドコーチを務めた水戸の監督に就任。1年目はJ2リーグ9位、2年目が10位でフィニッシュさせた。
今シーズンはリーグ戦39試合を消化した時点で16位。残留をほぼ確実なものとしているが、今季限りで袂を分かつことになったようだ。

「日頃より水戸ホーリーホックを応援してくださるファン・サポーター、パートナー企業、ホームタウンを始めとするホーリーホックファミリーのみなさん、いつもありがとうございます」

「この3年間、たくさんのことにトライさせてもらい、色々な別れや新しい出会いを経験し、充実した時間を過ごさせていただきました。ファン・サポーター、パートナー企業、フロント、全てが近いファミリー感がとても好きです」

「クラブが大きくなっていこうとしている様子が目に見えて伝わってきていたからこそ、ホーリーホックファミリーと一緒に歩んでいく時間がすごく楽しく感じられました」

「でも、だからこそ選手たちが良くやってくれている中で結果を出すことができず、新しい景色にたどり着けなかったことを本当に申し訳なく感じています」

「それと同時に、この厳しい世界の中でもっと選手の成長を手助けできる、結果を引き出せる指導者になりたいと思い、精進し修行をし、またこのクラブに戻ってこられるような指導者になりたいと思います」

「今の水戸ホーリーホックの規模からしたら、J2に居続けること自体が当たり前でありません。みなさんの力がないと、J2に居続けることも新しい景色を見ることもできないと思います」

「今以上に大勢の方を巻き込み、大勢の方に支援してもらい繋がることで、一緒に感動や喜びを共有し新しい景色へたどり着けるクラブになることを期待しています」

「水戸ホーリーホックは、自分にとって指導者として本格的にキャリアをスタートさせた思い入れのあるクラブです。名実ともにJ1昇格に値するクラブへと歩んでいくことをいつまでも応援しています」

「残り3試合、最後まで水戸ホーリーホックらしく、アグレッシブで超攻撃的で獰猛なチームだと示せるようにしっかりとしたものをお見せしたいと思いますので、一緒にフットボールを楽しみながら、エキサイティングで心揺さぶる瞬間を共有していただければ嬉しく思います」


関連ニュース
thumb

札幌が濱大耀と契約満了…2年間を過ごす富山からも退団

北海道コンサドーレ札幌は26日、DF濱大耀(24)との契約満了を発表した。 濱は札幌のアカデミー出身で、2017年にトップチーム昇格。2021年からはカターレ富山に貸し出されたが、2年間を通じて明治安田生命J3リーグで出番なしだった。 富山からも退団が決まった濱は両クラブを通じて別れの挨拶をしている。 ◆北海道コンサドーレ札幌 「北海道コンサドーレ札幌に関わる皆様、ユースから数えて9年間の間、たくさんの声援とサポートありがとうございました。ここ2年間はレンタル先での活動でしたが、札幌にいた4年間、ユースでの活動を含めれば7年間、本当に沢山の経験をさせてもらいました」 「9年間で毎日のように『結果で恩返しを』と闘志を燃やし進んできましたが、最後まで叶えることができずにチームを去ることになってしまい、申し訳なく思います。ですが、四方田さんやミシャさんのもとでサッカーを学べたこと、札幌のトップレベルの選手たちとしのぎを削り切磋琢磨できたとこと、迫力あるスタジアムでたくさんの応援の中プレーできたこと、札幌での日々はサッカー選手として、とても幸運なことだったと思えます 「ここでの経験を生かして次の場所でも頑張りたいと思います。最後に、お世話になったファンやサポーター、パートナー、チーム関係者の皆様、9年間本当にありがとうございました」 ◆カターレ富山 「カターレ富山に関わる皆様、2年間という短い間でしたが、ありがとうございました。今シーズンは昨年の怪我の影響で、シーズン中に復帰することは叶いませんでした。また、チームとしてJ2に復帰する目標を達成することができず、個人としてそこに全く貢献できなかったことを申し訳なく思います」 「僕の短いキャリアの中でも断トツで苦しい1年間でしたが、ファンやサポーターの皆さんがかけてくれる声援や日頃からのサポート、監督やコーチ、チームドクターやトレーナー、そしてチームメイトに支えられて今日まで練習に励むことができました」 「富山での2年間の経験を生かして、今後も自分らしく頑張っていこうと思います。またどこかで皆さんに会えることを楽しみにしています。2年間ありがとうございました」 2022.11.26 17:35 Sat
twitterfacebook
thumb

福岡、移籍1年目の平塚悠知と契約更新

アビスパ福岡は26日、MF平塚悠知(26)との契約更新を発表した。 平塚は札幌大学、水戸ホーリーホックを経て、今季途中から福岡でプレー。自身初の明治安田生命J1リーグで4試合1得点を記録するなど、公式戦6試合でプレーした。 2022.11.26 17:25 Sat
twitterfacebook
thumb

来季J2の藤枝、杉本拓也の退団発表…今季は入団5年目にして出場なしに

藤枝MYFCは26日、GK杉本拓也(32)との契約満了を発表した。 杉本は日本大学、ガイナーレ鳥取を経て、2018年に藤枝入り。地元凱旋となり、昨季まで守護神を務めたが、今季はチームが明治安田生命J3リーグ2位でJ2昇格を決めたなか、出場ゼロだった。退団を受け、クラブを通じて別れの挨拶をしている。 「2022シーズンを持ちまして契約満了になりました。藤枝MYFC関わる皆様、J2昇格おめでとうございます。これからの藤枝MYFCのご活躍をお祈り申し上げます」 2022.11.26 17:20 Sat
twitterfacebook
thumb

名古屋、高卒3年目の吉田晃と契約満了…修行先のJFL岡崎からも退団

名古屋グランパスは26日、DF吉田晃(21)の契約満了を発表した。 吉田は2020年に九州国際大付属高校から名古屋入りしたが、出番を得られず、今年途中から日本フットボールリーグ(JFL)のFCマルヤス岡崎に育成型期限付き移籍。岡崎でも1試合の出場に終わった。 修行先の岡崎からも契約満了が発表され、フリーの吉田。名古屋を通じては悔しさを滲ませつつ、感謝の言葉を綴った。 「今シーズン限りで名古屋グランパスを離れることになりました。3年間でなかなか試合に絡めず、プレーするところを見せることができず悔しかったです。試合に出られなくても学ぶことが多く、貴重な経験をさせてもらうことができました。名古屋グランパスに関わる全ての皆さん、3年間本当にありがとうございました!」 2022.11.26 16:55 Sat
twitterfacebook
thumb

千葉MF熊谷アンドリューが契約更新 「全ての人が笑顔になれるよう全力でプレー」

ジェフユナイテッド千葉は26日、MF熊谷アンドリュー(29)との契約を更新した旨を発表した。 かつて横浜F・マリノス、湘南ベルマーレ、ツエーゲン金沢でもプレーした熊谷は2017年に千葉入り。同年のシーズン終了後に完全移籍移行してからは千葉一筋でプレーし、2020年に主将も託された。 そして、千葉移籍6年目の今季も明治安田生命J2リーグ29試合に出場して1ゴール。今回の契約更新で7年目を迎えることが決まり、クラブを通じて決意を新たにしている。 「来シーズンもジェフユナイテッド市原・千葉の一員として共に戦えることを本当に嬉しく思います。サポーターの方たちがどんな状況でも諦めずに戦い続けている中、ここで挑戦をやめることは出来ません。短い選手生命だからこそ、誰に何を言われようが自分の選んだ道を信じて、チームを支えてくださっている全ての人が笑顔になれるよう全力でプレーします。来シーズンも1年間よろしくお願いします」 2022.11.26 16:40 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly