レーティング:インテル 1-2 ローマ《セリエA》

2022.10.02 03:15 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第8節、インテルvsローマが1日にジュゼッペ・メアッツァで行われ、アウェイのローマが1-2で逆転勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽インテル採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 ハンダノビッチ 5.0
1失点目はボールに触っていただけに何とかしたかった。決してミスではないが、加齢によるパフォーマンス低下という見方も…

DF
37 シュクリニアル 5.0
相手のボールの精度は高かったが、マッチアップのスモーリングにフリーで決勝点を叩き込まれる。去就問題の余波か攻守両面で本来の出来ではなかった
15 アチェルビ 6.0
元ラツィオの選手として気迫のこもったパフォーマンス。個人としてはソリッドな守備対応に安定した配球とまずまずのパフォーマンスだった

95 バストーニ 5.5
攻撃面では本来の迫力は出せなかったが、守備では相手のカウンターに対して集中した対応を見せた

(→ゴセンス -)

MF
2 ダンフリース 5.0
前半序盤はスピナッツォーラに対して優位性を示したが、コンディションの問題もあってか徐々にトーンダウン。押し込んだ際にはアイデア、精度を欠く

(→ベッラノーバ -)

23 バレッラ 6.0
先制点をアシスト。テクニカルな中盤相棒2枚とのバランスを意識しながら積極的にボールを引き出してボールの循環の起点に。守備でも球際でよく戦った

14 アスラニ 6.0
ブロゾビッチの代役として加入後初スタメン。序盤こそ硬さが見受けられたが、時間の経過と共に持ち味のテクニック、パスセンスを発揮し、惜しいミドルシュートも放った

(→ムヒタリアン 5.5)
古巣初対戦。中盤で繋ぎ役を担ったが、なかなか怖さを出せず

20 チャルハノール 6.0
1失点目に関与する形となったが、先制点の起点や中盤の相棒との好連携で安定したポゼッションに寄与。クロスバー直撃の惜しい直接FKもあった

(→ホアキン・コレア 5.0)
ボックス内でのシュートミスなど、期待された決定的な仕事はできず。効果的な活躍はできなかった

32 ディマルコ 6.5
見事な動き出しから先制点を奪取。以降も果敢なボックス内への侵入から際どいダイレクトクロスを入れるなど、攻守両面で相手の脅威となった

(→カルボーニ -)

FW
9 ジェコ 5.5
幻の先制点を含め古巣相手に要所で強さと巧さを披露。ただ、決定的な仕事はできなかった

10 ラウタロ・マルティネス 5.5
巧みな駆け引きと身体のキレで相手守備陣を苦しめたが、最も求められたフィニッシュの仕事はなかなかできなかった

監督
インザーギ 5.0
相手の狙っていた形からの2失点で今季初のリーグ連敗。交代策も機能していたとは言い難い

▽ローマ採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 ルイ・パトリシオ 5.0
1失点目は崩された形だったものの、何とかはじき出したかった。それ以外に難しい枠内シュートはなかった中、ハイボール処理は安定していた

DF
23 マンチーニ 6.0
今季初のカードをもらったが、最後まで安定した守備で相手の強力攻撃陣に対応。アグレッシブな守備で得たFKが決勝点に

6 スモーリング 7.0
元同僚ジェコら相手攻撃陣に粘り強く対応し、見事なヘディングシュートで決勝点を記録

3 イバニェス 6.0
軽率なファウルも見受けられたが、機動力と決断力のある守備で奮闘。繋ぎの局面でもそつなし

MF
19 チェリク 6.0
失点場面では絞り切れなかったが、それ以外は堅実な守備で勝利に貢献。攻撃参加の回数は少なかったが、エイブラハムの決定機を演出するなど精度は高かった

4 クリスタンテ 6.0
マティッチと共に身体を張った守備でフィルター役を完遂。代表戦の披露もあってやや難しい時間帯もあったが、攻守両面で水準以上の働きぶり

8 マティッチ 6.5
失点場面こそバレッラに出し抜かれたが、それ以外は攻守にハイパフォーマンスを披露。とりわけ、リード後の試合終盤の要所を締める対応の数々はさすがの一言

37 スピナッツォーラ 6.5
見事なボール奪取からの正確なクロスで同点ゴールをアシスト。後半は守備面での仕事が多かったが、粘りの対応で穴をあけず

FW
21 ディバラ 6.5
今夏加入の噂があった相手に鮮烈な同点ゴール。要所で巧さを見せたが、後半序盤に予防措置もあってか負傷交代…

(→エイブラハム 5.5)
やや試合に入り切れていなかったが、2トップとなった終盤は決定機に顔を出すなど盛り返した

7 ペッレグリーニ 6.5
見事なキック精度で決勝点をアシスト。最前線起用となった中で守備ではアスラニを消しつつ、攻撃ではタメや創造性を見せた

(→マディ・カマラ -)

22 ザニオーロ 5.5
古巣対戦で気迫を見せた。カウンター狙いの中でボールの運び役として奮闘したが、なかなか良い形でフィニッシュに顔を出せなかった

(→ベロッティ -)

監督代行
サルバトーレ・フォーティ 6.5
ベンチ入り禁止のモウリーニョ監督に代わって指揮を執った試合で3戦全勝。正指揮官と連絡を取り合いながら的確な采配で天敵撃破に導いた

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
スモーリング(ローマ)
今季も開幕からディフェンスラインに安定感をもたらすディフェンスリーダーが、クレモネーゼ戦に続く決勝点を記録。終盤のパワープレーに対しても頼もしい対応を続けて文句なしのMOMに。

インテル 1-2 ローマ
【インテル】
ディマルコ(前30)
【ローマ】
ディバラ(前39)
スモーリング(後30)

関連ニュース
thumb

オシムヘン2発にクワラツヘリアPK弾のナポリがスペツィアに快勝《セリエA》

ナポリは5日、セリエA第21節でスペツィアとのアウェイ戦に臨み、3-0で快勝した。 前節ローマとのデルビー・デル・ソーレを制して独走態勢を築いた首位ナポリ(勝ち点53)は、ベストメンバーで臨んだ。 17位スペツィア(勝ち点18)に対し、3トップにオシムヘン、クワラツヘリア、ロサーノを据えたナポリが立ち上がりのスペツィアの圧力を受け止めると11分、CKからディ・ロレンツォのヘディングシュートでゴールに迫った。 ここから圧力を強めたナポリだったが、自陣で守備を固めるスペツィア相手に好機を生み出すことはできない。 前半半ば以降も敵陣でのプレーを続けたものの、やはりゴールに迫るようなシーンは作れずゴールレスで前半を終えた。 それでも迎えた後半、開始10秒にナポリがPKを獲得する。ロングボールを処理にかかったレカが自陣ボックス内でハンドを犯し、このプレーで得たPKをクワラツヘリアが決めて先制した。 先制後も押し込むナポリは68分にリードを広げる。相手DFのクリアしたハイボールをオシムヘンが打点の高いヘディングで押し込んだ。 そして73分、決定的な3点目が生まれる。カルダーラの自陣ボックス付近でのミスパスをクワラツヘリアがカットし、ラストパスをオシムヘンが難なくゴールへ流し込んだ。 余裕の展開としたナポリはクワラツヘリアとオシムヘンをベンチに下げた中、終盤にかけても危なげなく時間を消化。3-0で快勝し、独走態勢に拍車をかけている。 2023.02.05 22:29 Sun
twitterfacebook
thumb

退団希望でローマに居場所失ったザニオーロ、今冬残留から一転トルコ行きも?

ローマのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(23)にトルコ行きの可能性が浮上しているようだ。 ザニオーロは今冬のローマ退団を望み、ミランとボーンマスへの移籍交渉の行方が注目された。しかし、個人間で合意していたミランはローマの要求額を満たせず撤退。対してボーンマスへは自身が移籍を望まず、ローマ残留という形で決着したと思われた。 ローマはザニオーロの姿勢に激怒し、後半戦で一切起用しない方針を固めたとも言われるなか、現在も移籍市場が開いているトルコへなら移籍が可能。移籍市場に精通するジャーナリスト、ジャンルカ・ディマルツィオ氏によると、ガラタサライとフェネルバフチェがローマに接触している段階だという。 ザニオーロ本人がトルコ行きに同意するかは不透明のようだが、ローマはいずれかのクラブが要求額を満たせば躊躇なく売却する考え。レンタル放出は排除しており、完全移籍に絞って話し合いが続いているとされる。 トルコ・スュペル・リグの移籍市場は2月8日まで。6日中に決定的な動きがあるかもしれないと考えられている。 2023.02.05 14:40 Sun
twitterfacebook
thumb

逃げ切り勝利のローマ、モウリーニョ「完璧にプランを実現できていた」

ローマのジョゼ・モウリーニョ監督が勝利を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 4日に行われたセリエA第21節でエンポリをホームに迎えたローマ。開始2分に訪れた左CKの場面でアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラの入れた正確なボールに、ブラジル代表DFロジェール・イバニェスが頭で合わせて、先制ゴールを奪う。直後の6分にも再び左CKから今度はイングランド代表FWタミー・エイブラハムがヘディングシュートを決めて追加点。序盤から大きなリードを得ると、ペースを相手に握らせることのないままタイムアップまで守り切り、2-0で勝利を収めた。 モウリーニョ監督は試合後、2点目を決めたエイブラハムを称賛。年明けから調子を上げ、今シーズン6ゴール目を記録したストライカーの献身性を高く評価した。 「今シーズンは、彼が私に疑念を抱かせた時期もあった。彼のポテンシャルに疑いはなく、結果を残せていなかったことについてだがね。今はたとえゴールを決めなかったとしても、彼の貢献度は非常に重要だ」 「彼は全ての場面でよくやってくれた。後半は彼がディフェンスをしてくれていたことで、相手に隙を絶えずに、チームがディフェンスラインを再編成する時間を作れた。そして前半は、パウロ(・ディバラ)ともロレンツォ(・ペッレグリーニ)とも非常にうまく連携できていた。素晴らしいプレーだった」 また、完封勝利に終わった一戦を振り返り、3ポイントの重要性を強調。一方で課題は試合中盤以降にペースダウンしてしまったことだと話した。 「今日は理論上、現時点で最も強いと思える布陣で臨んだ。そして、序盤の30分間は完璧にゲームプランを実現できていた。その後は強度が下がり、プレーの質が下がってしまった。それは私が望んだからではなく、我々の課題だ」 「自分たちの限界まで戦えていたのはうれしいことだ。できることをただ実行するのが重要であり、今日は難しいチームを相手に勝ち点3を獲得することができた。試合後には相手の監督であるパオロ・ザネッティに対して、非常に難しいチームと戦ったので、これは重要な勝利だと考えていると話した」 2023.02.05 12:10 Sun
twitterfacebook
thumb

ディバラ2Aのローマが序盤セットプレー2発でエンポリ撃破! 公式戦連敗をストップ《セリエA》

セリエA第21節、ローマvsエンポリが4日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが2-0で勝利した。 6位のローマは前節、首位のナポリ相手に2023年初黒星を喫すると、直近のコッパ・イタリアでは格下クレモネーゼにホームで敗れて公式戦連敗。年明け以降の好調から一転して苦しい状況に追い込まれた。 その屈辱の連敗からのバウンスバックを図るモウリーニョのチームは、9位のエンポリをホームで迎え撃った。ウイングバックを除きナポリ戦とほぼ同じメンバーを起用し、前線はディバラ、ペッレグリーニ、エイブラハムのトリデンテとなった。 公式戦連敗ストップへ強い決意で試合に臨んだローマは、最高の入りを見せる。まずは2分、左CKの場面でキッカーのディバラが左足インスウィングの正確なボールを入れると、ニアで競り勝ったイバニェスが叩きつけるヘディングシュートをゴール左隅へ流し込む。 さらに、畳みかけるホームチームは直後の6分に再びディバラの正確な左CKを今度はエイブラハムがニアで競り勝ってゴール右隅へ流し込み、セットプレー2発での連続ゴールとした。 得意のセットプレーで一気に試合をラクな展開としたローマは、早い時間帯のゴールを目指して前がかるエンポリの攻撃を受け止めながらカウンターで、さらなるゴールを目指していく。24分には三度ディバラの左CKから決定機が訪れるが、エイブラハム渾身のヘディングシュートはGKヴィカーリオのビッグセーブに阻まれる。 前半半ば以降は思った以上にエンポリに押し込まれて幾度かピンチを招いたホームチームだったが、GKルイ・パトリシオの好守やDFマンチーニの身体を張ったブロックや相手のシュート精度にも救われて2点リードを維持した。 迎えた後半、再び制空権を握るセットプレーから開始直後にマンチーニがゴールへ迫ったローマだが、以降は相手の左サイドからの仕掛けに苦戦を強いられ、押し込まれる展開となった。 それでも、スモーリングを中心に要所を締める守備で徐々に相手の攻撃にアジャストしたホームチームは、のらりくらりとした試合運びで巧みに時計を進めていく。その後、ボーヴェやチェリク、試合終盤にはディエゴ・ジョレンテをデビューさせるなど、危なげなく2点のリードを守り切った。 そして、公式戦連敗をストップしたローマは暫定ながら3位に浮上している。 2023.02.05 04:03 Sun
twitterfacebook
thumb

Google検索数が驚異の2800%増!キム・カーダシアンがプライベートでユニ着用したローマへの関心が急上昇

ローマに思わぬ影響が及んでいるようだ。イギリス『SPORTBIBLE』が伝えている。 セリエAで6位につけるローマ。2022年11月には『EUROJAPAN CUP 2022』で来日して日本のファンを楽しませていたほか、過去には元日本代表MF中田英寿氏も在籍。現在は女子チームになでしこジャパンのDF南萌華が在籍している。 そんなローマだが、ここ最近で急激にファンの関心が高まったという。 『SPORTBIBLE』によると、「ASローマ」のGoogle検索数は、直近の7日間で前週よりも2,894%増えたという。数で言うと、わずか2日間で約230万回も検索数が増加した。 その理由は、アメリカで女優やモデル、パーソナリティなどとして活躍するキム・カーダシアンさん。ラッパーのカニエ・ウェストとかつて結婚していたことでも知られ、アメリカではテレビパーソナリティとして活躍中のセレブだが、プライベートでローマのユニフォームを着用したのだ。 ロサンゼルスにいるキム・カーダシアンさんは、1997-98シーズンのディアドラ製のユニフォームを着用。フランチェスコ・トッティやカフー、ダミアーノ・トンマージがいた頃のものだ。 ローマの公式ツイッターもその姿を投稿し、大きな話題となっていたが、その影響により多くの人がローマを検索したという。 ちなみに、『SPORTBIBLE』によると、キム・カーダシアンさんは過去にパリ・サンジェルマンのユニフォームを着たこともあるそうだ。 <span class="paragraph-title">【写真】オーラがすごい!キム・カーダシアンさんが大きめサイズのローマのユニフォームを着用</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pl" dir="ltr">️<a href="https://twitter.com/hashtag/ASRoma?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ASRoma</a> <a href="https://t.co/Fb2jh3PfGA">pic.twitter.com/Fb2jh3PfGA</a></p>&mdash; AS Roma (@OfficialASRoma) <a href="https://twitter.com/OfficialASRoma/status/1619369180129804288?ref_src=twsrc%5Etfw">January 28, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.02 20:15 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly