後半連続失点のドルトムントがケルンに逆転負け…《ブンデスリーガ》

2022.10.02 00:37 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドルトムントは1日、ブンデスリーガ第8節でケルンと対戦し2-3で敗戦した。

ここまで5勝2敗で3位に位置するドルトムントが、9位ケルンのホームに乗り込んだ一戦。

前節のシャルケ戦で公式戦連敗を止めたドルトムントは、その試合同様に最前線にモデストを据えた[4-2-3-1]を採用。2列目は負傷したロイスに代わり、ブラントがトップ下、右にアデイェミ、左にマレンを起用した。
試合は一進一退の展開となる中、ドルトムントは24分に決定機を迎える。右サイドでボールを拾ったムニエのアーリークロスがボックス左まで流れるとマレンがダイレクトで折り返したがゴール前のモデストには合わず。

一方のケルンは29分、右クロスのこぼれ球をボックス手前で拾ったカインツがボックス左まで切り込みシュートを放ったが、これはゴール右に逸れた。

ピンチを凌いだドルトムントは31分、中盤でのボール奪取からショートカウンターを仕掛けるとダイアゴナルに持ち上がったベリンガムのラストパスを受けたブラントがゴール前まで切り込みゴール右隅にシュートを流し込んだ。

迎えた後半は、1点ビハインドのケルンが積極的な入りを見せると53分に試合を振り出しに戻す。ヘクターのスルーパスに反応押したマイナがボックス左深くから折り返すと、最後はゴール前に走りこんだカインツが流し込んだ。

さらにドルトムントはその3分後にも、カインツの右CKをニアに走りこんだティゲスにヘディングシュートを決められると、71分にはボックス左手前でパスを受けたリュビチッチのコントロールショットをゴール右に決められた。

2点を追う展開のドルトムントは、77分にマレンとラファエル・ゲレイロを下げてジャンとローテを投入。すると78分、ムココのパスを左サイドで受けたローテがボックス左横からクロスを入れると、相手DFにディフレクトしたボールがGKシュワーブの上を越す絶妙なループシュートとなり、そのままゴールに吸い込まれた。

一気に追いつきたいドルトムントは、83分にGKのロングフィードから抜け出したT・アザールの右クロスにムココが反応するもこれは届かず。さらに87分にもムニエの右クロスからムココが決定機を迎えたが、ヘディングシュートは枠に上に外れた。

結局、試合はそのまま3-2でタイムアップ。後半の連続失点が響き、ドルトムントがケルンに逆転負けを喫した。

関連ニュース
thumb

ガーナ、オットー・アッド監督の退任を正式に発表!「またGFAで働く機会があるかもしれない」

ガーナサッカー協会(GFA)は5日、ナナ・オットー・アッド監督(47)が同代表指揮官を退任したことを正式発表した。 アッド監督は今年2月、ミロバン・ライェバツ監督の解任を受けて暫定監督に任命された。その後、カタール・ワールドカップのアフリカ予選のプレーオフでナイジェリアを下し出場権を獲得。今年末まで契約を延長した。 そして本戦では、初戦でポルトガルに惜敗したものの、2戦目の韓国に勝利し、2位の好位置で最終戦へ。勝てば地力突破、引き分けでもその可能性が高かった中でウルグアイに敗戦。結局、グループ最下位で大会を後にすることになった。 大会終了後に退任を表明していたオットー・アッド監督は、5日にGFAが公式ツイッターで公開したビデオの中で「もしかしたら、またGFAで働く機会があるかもしれない。だが、次の2年半はドルトムントと契約しており、私はそれを尊重するつもりだ」とコメント。 今後は古巣であるドルトムントに戻り、人材育成コーチを務めることを明かした。 2022.12.06 01:30 Tue
twitterfacebook
thumb

激しい争奪戦繰り広げられるベリンガム、PSGが新たに参戦?

ドルトムントのイングランド代表MFジュード・ベリンガム(19)の移籍先候補として、パリ・サンジェルマン(PSG)が浮上した。 常にビッグクラブの注目の的となり、今夏の移籍市場でも噂が絶えなかったベリンガム。カタール・ワールドカップ(W杯)でもグループB初戦のイラン代表戦で先制点を挙げるなど輝きを放っており、その評価は今も上昇し続けている。 ドルトムントは1億ユーロ(約143億6000万円)の評価を下している中、獲得への関心は高まるばかり。来夏の移籍市場では争奪戦が予想されており、レアル・マドリーや、リバプール、マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、チェルシーといった錚々たるビッグクラブが名乗りを挙げるとされている。 そうした中、フランス『Le10Sport』はパリ・サンジェルマン(PSG)が新たな移籍先候補の一つだと報道。クラブのフットボール・アドバイザーを務めるルイス・カンポス氏は、中盤の補強を画策しており、その中でもベリンガムは優先度の高い選手としてリストアップされているようだ。 PSGでは現在イタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティとポルトガル代表MFヴィティーニャの2人が中盤を形成しているが、『Le10Sport』によると、このコンビのパフォーマンスに関わらず、クリストフ・ガルティエ監督はベリンガムの獲得を求めているようだ。 2022.12.04 18:31 Sun
twitterfacebook
thumb

来夏移籍金ゼロも… 1月にフランス代表FWテュラム争奪戦?

ボルシアMGのフランス代表FWマルクス・テュラム(25)を巡り、争奪戦が繰り広げられる可能性があるようだ。 フランス代表としてカタール・ワールドカップ(W杯)に参戦中のテュラム。ここまで2試合の途中出場で得点はないが、チームはグループ最終節を残して決勝トーナメント進出を決めたため、来月1日のチュニジア代表戦ではスタメン起用も考えられる。 所属するボルシアMGでは今季の公式戦19試合で13得点4アシストと大ブレイクを果たし、たちまちビッグクラブ注目の的に。契約は2023年6月までのため、フリーとなる来夏の争奪戦が予想されるが、現在では来年1月の移籍市場でステップアップするとの見方も強まりつつある。 候補に挙がるのはバイエルンやアトレティコ・マドリー、インテル、ドルトムント、ニューカッスル、アストン・ビラなど。中でもドイツ『ビルト』が特に熱心だと主張するのが、ラ・リーガで降格圏に低迷するセビージャだ。 セビージャはホルヘ・サンパオリ監督がストライカーの獲得を要望。ボルシアMGは想定外の活躍を披露したテュラムの慰留をすでに断念しており、来年1月にオファーが来た場合は移籍金3000万ユーロ(約42億9000万円)を要求するとされている。 財政状況が苦しいセビージャは、チーム内で重要な戦力と見なされない選手の譲渡を考慮。アルゼンチン代表MFパプ・ゴメス(34)や、同代表MFマルコス・アクーニャ(31)が候補に挙げられている。 2022.11.29 20:16 Tue
twitterfacebook
thumb

闘病のアラーが2度目の手術成功を明らかに! 復活にまた一歩前進

ドルトムントのコートジボワール代表FWセバスティアン・アラーが2度目の手術も成功した旨を報告した。 FWアーリング・ハーランドに代わる得点源として期待され、今夏にアヤックスからドルトムント入りしたアラーだが、開幕前に精巣がんが見つかって手術。それから古巣アヤックスでリハビリを始めたが、16日に自身のSNSで再び手術を受ける予定を明らかにした。 そして、完全復活が待たれる長身ストライカーは25日にSNSを更新。医療スタッフとの写真を添えて「リハビリテーションの新たな一歩。2回目の手術もうまくいった! 日頃から世話になる医療スタッフのみんな、本当にありがとう。早く続きを始めたい」と綴った。 2022.11.26 11:55 Sat
twitterfacebook
thumb

ドルトムントCEO、厳しい経営状況下を認める 「ウクライナ、エネルギー危機…」

ドルトムントは新型コロナウイルスによるパンデミック以降、厳しい経営状況が続いているようだ。ドイツ『キッカー』が伝えている。 21日にドルトムントの株主総会が開かれ、最高経営責任者(CEO)のハンス・ヨアヒム・ヴァツケ氏が登壇。新型コロナによるパンデミックが全世界に経済危機をもたらして以降、自らのクラブも厳しい経営状況下にあると明言した。 「私たちはこの3年間、危機に直面したなかで運営を続けてきました。少なくともパンデミックによるそれは過ぎ去りましたが、現在はロシアのウクライナ侵攻や、それに伴う欧州のエネルギー危機の煽りを受けています」 ドルトムントは増資を行ったために負債こそないものの、2021-22シーズン会計では1億5000万ユーロ(約218億3000万円)以上の損失が生じたとのこと。昨季はチャンピオンズリーグ(CL)でグループステージ敗退を喫し、想定通りの収益を上げられなかったことも拍車をかけたという。 株主総会では財務面を統括する幹部もスピーチし、「現在の2022-23シーズン会計は損失ゼロが目標」と意欲。ホームゲームでは欧州屈指の観客動員数を誇るドルトムントだが、様々な外的要因が経営を苦しめているようだ。 2022.11.22 16:46 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly