日本代表、W杯メンバー発表前最終戦は0-0ドロー! シュミット・ダニエルがPKストップの大活躍《キリンチャレンジカップ2022》

2022.09.27 23:01 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本代表は27日、キリンチャレンジカップ2022でエクアドル代表と対戦し、0-0で引き分けた。カタール・ワールドカップ(W杯)の開幕まで残り2カ月を切った中、ドイツでラストスパートをかけている日本代表。23日にはアメリカ代表に2-0の快勝を収め、この一戦がW杯メンバー発表前のラストマッチとなる。

スタメンは森保一監督の言葉通り、アメリカ戦から総入れ替え。[4-2-3-1]の布陣にGKはシュミット・ダニエル、守備ラインは右から山根、谷口、伊藤、長友、中盤ではボランチで柴崎と田中がコンビを組み、2列目の位置に堂安、南野、三笘が並んだ。そして、ワントップには古橋が起用された。
相手は熾烈な南米予選を4位で勝ち抜いた強豪エクアドル。確かなボール技術と俊敏性を武器に立ち上がりから日本のゴールに迫る。対する日本は、左ウイングに入った三笘が得意のドリブルで存在感を放つ。爆発的なスピードで対応するカスティージョのイエローカードを誘うと、7分には南野のヘディングシュートをアシスト。

15分にかけてはスプリンクラーが誤作動で2度存在感を放つイレギュラーにも見舞われながら、日本はエクアドルのキレのある攻撃をなんとか凌いでいく。25分に南野とパスを交換しながら右からカットインした堂安がシュートに持ち込んだが、守備でも素早い対応を見せる相手のブロックに捕まってしまう。

組織的な守備に個でも強さを見せるエクアドル相手になかなかリズムを作れない日本。攻撃が単発に終わっていく中で、南野のプレッシングが相手のパスミスを誘い、古橋にビッグチャンス。ボックス中央で相手のパスをカットし、そのまま左足を振ったが、しっかり力の伝わらなかったシュートはGKの守備範囲に。

一方、終盤にはエクアドルにも決定的なシーンが訪れる。イバーラが左からドリブルでボックス手前まで運び、右足のシュートへ。これが右ポストに当たって日本は命拾い。また、アディショナルタイムにはエクアドルのCKからヘディングシュートを許すが、GKシュミット・ダニエルが好セーブを見せ、試合は0-0で折り返すことになった。

日本は後半から古橋に代えて上田を投入。エクアドルも前半のラストプレーでイバーラが負傷したようで、代わりにサルミエントが起用されている。

後半の立ち上がりは一進一退の攻防に。日本は南野を中心に攻撃を展開し、57分には三笘の仕掛けからその南野に決定機。左からの折り返しをダイレクトで合わせたが、惜しくも枠を捉えることはできなかった。

徐々に1ゴールの奪い合いの様相を呈してきた中、日本は67分に一挙3人替え。三笘、柴崎、南野を下げて相馬、遠藤、鎌田をピッチへ送り込んだ。

70分に相馬のクロスから上田のヘディングシュートという交代選手によるチャンスメイクがあり、遠藤や鎌田の存在でボールが落ち着くようになった日本。セカンドボール回収率も上がり、厚みのある攻撃を見せていく。

その中で80分、速攻から鎌田が持ち上がり、ボックス中央に走る上田へパス。上田がワンタッチではたくと、最後はボックス右から堂安が左足一閃。左下に流し込むようにシュートを放ったが、正直過ぎたか、GKに完全に読まれてしまった。

その直後、勝負を左右する重要なシーンを迎える。エクアドルの攻撃でボックス中央のエストラーダにパスが入ったところを背後から奪いに行った谷口が倒し、PKを与えてしまう。キッカーは途中出場のエネル・バレンシア。絶体絶命のピンチだったが、ここでシュミット・ダニエルのシュートを完全に読み切ったビッグセーブが炸裂し、逆に日本が勢いづくことに。

ここで森保監督は最後の切り札として伊東を投入。89分、その伊東のパスからボックス右に侵入した鎌田にチャンス到来。パスの選択肢もあったが、自ら放ったシュートはGKに弾かれた。

そして、試合はここで終了。互いに鎬を削った白熱の一戦は0-0のドローとなった。日本は今後、W杯のメンバー発表と11月17日のカナダ代表戦を経て、いよいよ本番を迎える。

1 2

関連ニュース
thumb

「ワイルドでかっこ良すぎ」「ビジュが良すぎ」堂安律が『GQ JAPAN』に登場、ピッチ内とは違う姿にファン歓喜「買うしかない」

フライブルクの日本代表MF堂安律が、ファッション誌に登場することとなった。 カタール・ワールドカップ(W杯)では、途中出場がメインとなりながら、初戦のドイツ代表戦、第3戦のスペイン代表戦と重要な2試合でいずれも同点ゴールを記録。世界中から注目を集める存在となった。 フライブルクでも中心選手として活躍する堂安が自身のインスタグラムを更新。『GQ JAPAN』2023年3月号に登場することを発表した。 『GQ』はアメリカで創刊され、世界19カ国で発行。男性向けのファッション・カルチャー雑誌として知られている。 先日はイギリス版の『GQ』でマンチェスター・シティのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドが表紙を飾り、普段とは違う髪を下ろした姿が話題に。多くのスター選手が表示を飾ることでも知られている。 堂安は雑誌で使われる写真をアップ。これにはファンから称賛の声が多数届いている。 「かっこいいいい」 「ワイルド」 「イケメンです」 「新しい髪型新しい表情が最近多い気が...」 「かっこよすぎないか」 「ビジュが良すぎてる」 「買うしかない」 「ワイルドでかっこ良すぎます」 ピッチ内での活躍はもちろんのこと、ピッチ外の活躍も目立つ堂安。様々な面を見せてファンを楽しませてくれている。 <span class="paragraph-title">【写真】いつもとは違う姿!ファッション誌に登場する堂安律</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cn6dzkNtw2g/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cn6dzkNtw2g/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cn6dzkNtw2g/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">堂安律/Ritsu Doan(@doanritsu)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.01.27 18:55 Fri
twitterfacebook
thumb

絶好調の菅原由勢が3試合連続アシストに自らもゴラッソ!蘭紙「スーパースタースガワラが快勝に導く」

2試合連続アシスト中だったAZのDF菅原由勢が、今度は自らもネットを揺らした。 首位フェイエノールトと2ポイント差の2位につけるAZは25日、アウェイでのゴー・アヘッド・イーグルス戦に臨み、4-1と勝利。菅原は右サイドバックで先発出場して1得点2アシストの大活躍で、オランダ『PZC』は「スーパースタースガワラが、イーグルス戦でAZを快勝に導く」との見出しを打った。 まずは38分、ニアへのピンポイントグラウンダークロスで前節に続いてヴァンゲリス・パヴリディスのゴールをアシストすると、57分には深い位置からファーへの折り返しでジョルジェ・ミハイロビッチの追加点をお膳立てする。 圧巻は87分。バイタルエリアでこぼれ球を拾うと、ワントラップから右足を一閃。見事なコントロールミドルを左隅へ突き刺した。 これで直近3試合で1得点4アシストと大暴れの菅原。新生日本代表入りへの期待は加速度を増している。 なお、菅原は不運ながらも終了間際にPKを献上。失点を喫したAZだが、こちらも後半の追加タイムに1点を加え、勝利を収めている。 <span class="paragraph-title">【動画】AZ菅原由勢が1G2A1PK献上の大暴れ!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="JoaGvKTi8Is";var video_start = 557;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.27 14:50 Fri
twitterfacebook
thumb

バルセロナが夏に鎌田大地の獲得か? 現地紙が情報収集中と報道、今季でフランクフルトとの契約が満了

財政難に陥りながらも選手の補強に余念がないバルセロナ。今夏の移籍市場では、フランクフルトの日本代表MF鎌田大地(26)に関心を寄せているという。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 鎌田はサガン鳥栖から2017年7月にフランクフルトへと完全移籍。出番が得られずにシント=トロイデンへ1年間のレンタル移籍を経験すると、得点能力が覚醒。フランクフルトに復帰すると、チームの中心選手として頭角を洗わず。 2021-22シーズンはチームをヨーロッパリーグ(EL)王者に導く活躍を見せると、今シーズンもブンデスリーガで15試合に出場し7ゴール4アシストを記録。チャンピオンズリーグ(CL)では6試合で3ゴールを記録するなど、攻撃を牽引していた。 日本代表としてもカタール・ワールドカップ(W杯)でプレー。ヨーロッパでの注目が高まり、今冬の移籍市場でも話題に上っている中、フランクフルトとの契約は2023年夏で満了を迎えることとなっている。 フランクフルトとの契約延長はまだされておらず、退団の可能性が高まっていると報じられている中、ドルトムントへの移籍も浮上していた。 この冬の移籍はないと見られているなか、バルセロナは鎌田に関して情報収集。昨シーズンはヨーロッパリーグの準々決勝でも対戦し、鎌田の実力も直接把握している状況。そのため関心が高まっているとされている。 今シーズンの活躍と年齢を考えれば、フリーになれば引く手数多となる鎌田。財政難でもあるバルセロナとしては、サラリーも抑えられる可能性がある鎌田の加入は願ってもないものかもしれない。 <span class="paragraph-title">【動画】鎌田大地と堂安律の日本人対決!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="SfyHppuW32A";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.26 22:15 Thu
twitterfacebook
thumb

「ベストプレーヤー」「全てを捧げていた」クロスバー直撃にアシスト未遂の久保建英、バルサに敗戦も地元紙は高評価

レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英は、敗戦ながら高い評価を得ている。 25日、ソシエダはコパ・デル・レイ準々決勝でバルセロナと対戦した。 タイトル獲得へ大事な一戦となる中、9連勝中のチームはバルセロナに主導権を握られてしまう。すると38分、ブライス・メンデスがブスケッツの足を踏んでしまい、VARチェックの末に一発退場。数的不利となると、52分にウスマーヌ・デンベレにゴールを許してしまう。 30分にはボックス内からシュートを放ち、クロスバーに直撃させていた久保は、59分にもボックス内左からグラウンダーのクロスを送ると、アレクサンダー・セルロートは合わせるだけだったが、まさかのシュートは枠外に。結局1-0で敗れ、準々決勝敗退となった。 チームは敗れたものの久保には高い評価。スペイン『ElDesmarque』は7点(10点満点)を与え、チームのベストプレーヤーだと評価した。 「レアル・ソシエダのベストプレーヤー。前半にはクロスバーを叩き、セルロートのゴールをお膳立てしたが、ノルウェー人は見事に外してしまった」 「攻撃はとても切れ味があり、スピードもあった。ピッチに立った77分間、彼は全てを使い果たした」 また、スペイン『Noticias de Gipuzkoa』は6点(10点満点)を与え、この試合でのパフォーマンスを高く評価した。 「イマノルは改めてプレーメーカーへの大きな信頼を持っていることを確認した。シルバの役割として出場したため苦戦を強いられたものの、前半にはクロスバーを叩き、ハーフタイム後にはセルロートへの決定的なチャンスを与えた。彼は全てを捧げていた」 <span class="paragraph-title">【動画】久保建英、クロスバー直撃の惜しいシュート</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="qXpasr8V_zY";var video_start = 45;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】久保建英が完璧クロスもセルロートはまさかのミスキック</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="qXpasr8V_zY";var video_start = 134;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.26 10:02 Thu
twitterfacebook
thumb

「ご機嫌ななめ?」バルセロナへ移動する久保建英、ボサボサの前髪を撮影されカメラを跳ね除け話題に「寝起きかな?」「おもしろすぎ」

レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英の行動が話題を呼んでいる。 ソシエダは25日、コパ・デル・レイ準々決勝でバルセロナと対戦する。 勝って準決勝へと駒を進めたいソシエダ。先週末のラ・リーガ第18節ではラージョ・バジェカーノに勝利し、現在公式戦9連勝と勢いに乗っている。 そのラージョ戦ではケガの影響で出場機会がなかった久保。古巣のバルセロナ戦に向けては、他にもケガ人が出ていることもあり、イマノル・アルグアシル監督も起用を明言していた。 そんな中、バルセロナへと旅立つチームの様子をソシエダのSNSが公開。飛行機に乗り込む際の空港での一幕をアップしたが、そこには久保の姿が映っていた。 クラブは「その前髪」と投稿。笑う絵文字も合わせて投稿し、強い風により跳ね上がり、寝癖にも見える久保の姿を映した動画だった。 機嫌が悪かったのか、イジられたくなかったのか、久保は撮影しているカメラを手で払い除けることに。この行為が話題を呼んでいる。 ファンは「寝起き機嫌悪い」、「おもしろすぎ」、「寝起きかな?」、「ご機嫌ななめ?」とコメント真偽は定かではないが、寝起きに見えるほど髪はボサボサ。ただ強風が吹いており、セットした髪型が乱れてしまった可能性もある。 先日はスーパーサイヤ人化した久保の画像を投稿していたが、ナチュラルにそのような髪型になっているのをクラブがイジっている可能性もありそうだ。 いずれにしても古巣のバルセロナとの対決。ファンは「バルサ戦楽しみ」、「頼みます」、「やってやれタケ」、「200%でやらないと」と、久保の活躍に期待を寄せている。 <span class="paragraph-title">【動画】ご機嫌斜め?久保建英、ボサボサの髪を撮影するカメラを跳ね除ける</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">Ese flequillo <a href="https://twitter.com/hashtag/AurreraReala?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AurreraReala</a> <a href="https://t.co/fLwUcvZVRq">pic.twitter.com/fLwUcvZVRq</a></p>&mdash; Real Sociedad Fútbol (@RealSociedad) <a href="https://twitter.com/RealSociedad/status/1618199744249233408?ref_src=twsrc%5Etfw">January 25, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.25 23:05 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly