W杯メンバー発表前ラストマッチ…エクアドル戦に臨む日本代表スタメンが発表!《キリンチャレンジカップ2022》

2022.09.27 20:05 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
本日27日にエクアドル代表と対戦する日本代表の先発メンバーが発表された。

森保一監督の言った通り、先日のアメリカ代表戦からは総入れ替え。予想布陣は[4-2-3-1]で、GKにはシュミット・ダニエル、トップ下に南野拓実を配置し、ワントップには古橋亨梧が起用されている。

この一戦はカタール・ワールドカップに向けたメンバー発表前のラストマッチ。果たして白星で飾ることはできるだろうか。20:55からキックオフされる。
◆日本代表スタメン
GK
シュミット・ダニエル
DF
山根視来
谷口彰悟
長友佑都
伊藤洋輝
MF
柴崎岳
南野拓実
田中碧
三笘薫
堂安律
FW
古橋亨梧

関連ニュース
thumb

クロアチア代表MFマイェルが日本を称賛&警戒 「心と勇気を持ってプレーすることを示した」

クロアチア代表MFロヴロ・マイェルがベスト8進出を懸けて激突する日本代表を称賛した。 前大会準優勝のクロアチアは、ベルギー代表、モロッコ代表、カナダ代表と同居したグループFを1勝2分けの2位で突破。5日に控えるラウンド16ではグループEを首位通過した日本と対戦する。 その重要な一戦を2日後に控える中、公式会見に出席したマイェルは、日本の首位通過を全く予想していなかったことを認めながらも、「心と勇気を持ってプレーすることを示した」とその戦いぶりを称賛した。スタッド・レンヌの攻撃的MFの会見コメントをフランス『AFP通信』伝えている。 「正直に言えば、フットボールの世界において僕自身を含めて誰もが彼ら(日本の首位通過)を予想していなかったと思う」 「だけど、彼らは賞賛に値するよ。彼らはフットボールにおいて名前だけでプレーするのではなく、心と勇気を持ってプレーすることを示した。彼らはこの結果に値するよ」 また、ドイツ代表、スペイン代表を撃破したとはいえ、下馬評では前大会準優勝チームが突破の本命と見られるが、今大会で多くの番狂わせを目にしてきた24歳の左利きMFは日本を過小評価するつもりはない。 「誰かを過小評価すれば、今日それが自分たちを苦しめることになる」 「僕らは今回のワールドカップで計り知れないサプライズがあったことを目の当たりにしてきた。そのような状況において有力な候補とみなされることに何の意味があるというんだい?」 「最も重要なことは、試合と対戦相手の準備を整えることだ」 「タフな試合が予想されるよ。ノックアウトステージなんだからね」 「僕らは多くの走りと戦いを伴う非常にタフな試合になると予想している。ただ、自分たちが準備できていると感じているし、この試合を楽しみにしているよ」 さらに、セルティックで日本代表FW前田大然のチームメイトであるDFヨシプ・ユラノビッチは、そのクラブ同僚を含め日本を警戒する一人だ。 「僕らはスペイン戦をみんなで見た」 「マエダとはセルティックで一緒にプレーしている。彼はとても良いプレーヤーだ。すでに彼がグループ突破を祝福しているよ。ピッチで会えるのを楽しみにしている」 なお、先日のカナダ戦でW杯初ゴールを記録したマイェルは、昨季の公式戦で49試合11ゴール13アシストを記録した気鋭の攻撃的MF。卓越した左足のテクニック、創造性に加えて、現代型の司令塔らしく走力やフィジカル能力を有しており、日本にとっては手を焼く存在となるはずだ。 2022.12.04 06:30 Sun
twitterfacebook
thumb

「本当に泣ける…」スペイン相手に劇的勝利、日本代表選手たちが勝利後のロッカー&バスで歌った曲は?久保建英がスピーカー持ってファンの前に

スペイン代表を劇的な逆転勝利で下し、ラウンド16に駒を進めた日本代表。日本サッカー協会(JFA)が、公式YouTubeチャンネルでスペイン戦の「Team Cam」を公開した。 1日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)グループE最終節の日本vsスペイン。日本は勝てば自力でグループステージ突破を決められる試合となった。 初戦でドイツ代表を下す大金星を挙げ、世界中の注目を集めることとなった日本。スペインも撃破することは難しいとの見方が強かった中、試合は前半にアルバロ・モラタにヘディングを決められて失点。その後も支配されるが、1点ビハインドで前半を終えた。 1失点はプラン通りだという言葉が試合後には語られたが、ハーフタイムに投入された途中出場の堂安律が豪快な左足ミドルを決めて追いつくと、三笘薫の執念の折り返しを田中碧が押し込み逆転。その後、スペインに押し込まれ続けるが、集中して守り切り、2-1で逆転勝利。ドイツに続きスペインも撃破した。 試合前とハーフタイムにはキャプテンの吉田麻也が選手たちに気合いを入れる声をかけ、森保一監督も声を懸けた中、選手たちの頑張りで見事に勝利。そして、グループ首位でラウンド16に駒を進めた。 試合後のドレッシングルームでは選手たちがそれぞれ勝利を噛み締めると、ケツメイシの「仲間」を流し、板倉滉と川島永嗣がタオルを振って喜ぶ姿が。選手たちも抱き合って喜びを露わにしていた。 そしてスタジアムからホテルに戻る道中のバスでもケツメイシの曲が。久保建英がスピーカーを抱えて流れていたのは「涙」。選手たちは歌いながらバスを降り、ファンが出迎えるホテルに入って行った。 ホテルの外、ホテテルの中でも多くのファンが日本代表を歓迎。そして、日本以外のファンもしっかりと祝福してくれる事態となった。 <span class="paragraph-title">【動画】日本代表選手たち、勝利を祝いみんなで歌った曲は?</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="G5XuGhH4wYU";var video_start = 1071;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.12.03 23:05 Sat
twitterfacebook
thumb

「ここで負けるために4年間頑張ってきたわけじゃない」吉田麻也がスペイン戦前にチームに檄、舞台裏にファン感動「今だに夢を見ているかのよう」「日本人ということが誇らしい」

スペイン代表を劇的な逆転勝利で下し、ラウンド16に駒を進めた日本代表。日本サッカー協会(JFA)が、公式YouTubeチャンネルでスペイン戦の「Team Cam」を公開した。 1日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)グループE最終節の日本vsスペイン。日本は勝てば自力でグループステージ突破を決められる試合となった。 初戦でドイツ代表を下す大金星を挙げ、世界中の注目を集めることとなった日本。スペインも撃破することは難しいとの見方が強かった中、試合前にはキャプテンの吉田麻也が選手たちに気合を注入した。 「ここで負けるために4年間頑張ってきたわけじゃないぞ。26人とスタッフとチーム一丸となって、絶対勝とう!」 その言葉で気合を入れた日本だったが、試合は前半にアルバロ・モラタにヘディングを決められて失点。その後も支配されるが、1点ビハインドで前半を終えた。 1失点はプラン通りだという言葉が試合後には語られたが、森保一監督はハーフタイムに「もう1回走るよ。もう1回戦うよ」と選手たちに声を掛ける。 また、吉田も「出し切れよ。絶対出し切れよ。絶対俺らの方が勝ちたい気持強いからな。全員で行こう!」と声を掛け後半へ。すると、途中出場の堂安律が豪快な左足ミドルを決めて追いつくと、三笘薫の執念の折り返しを田中碧が押し込み逆転。その後、スペインに押し込まれ続けるが、集中して守り切り、2-1で逆転勝利。ドイツに続きスペインも撃破したのだ。 試合後のロッカーでは3試合連続フル出場の板倉滉が「ドイツ、スペインに勝って1位突破だよ俺ら」と山根視来に伝え驚きを隠せない様子。また、ここまで出番はないもののチームを支える川島永嗣は「まだ行くよー!」と、新しい景色であるベスト8に向けてまだまだ勝ち進むと声をかけた。 3試合連続で先発し、この日も途中交代の長友佑都は話題になっている「ブラボー、ブラボー、ブラボー!」と連発。また、それに応じて先制ゴールの堂安が「ブラボー!」と返すと、長友は「お前すげーな。次も取れよ」と、ドイツ、スペインに追いつくゴールを決めた堂安を讃えた。 この動画には「日本をこんなに盛り上げてくれてありがとう」、「本当に感動した」、「感動をありがとう」、「今だに夢を見ているかのよう」、「久しぶりに日本人ということが誇らしいと思った」、「本当にかっこいい」とコメントが集まり、日本代表の躍進が諦めかけていた日本のファンの心を揺さぶったようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】スペイン戦の舞台裏、吉田麻也が選手ヘ発破をかける</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="G5XuGhH4wYU";var video_start = 977;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.12.03 22:43 Sat
twitterfacebook
thumb

「ちょ、やばいてこれ笑」「すごい技術力」スペイン撃破の決勝ゴールをナイツ・土屋が再現! 堂安の豪快ミドルも細部にこだわる

世界中が注目した日本代表のスペイン代表戦の決勝ゴール。それを見事な技術で再現した人物が現れた。 1日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループE最終節で日本はスペインと対戦。グループステージ突破に向けて勝利をしたい日本は、前半に1失点し、ビハインドのまま後半に入る。 すると後半頭から出場した堂安律が豪快な左足シュートを決めて追いつくと、その5分後には田中碧がネットを揺らしてスペインを逆転。その後はスペインの猛攻を凌いで2-1で勝利を収めグループ首位でラウンド16に進んだ。 この快挙は世界中を驚かせた一方で、田中のゴールが大きな注目の的に。ゴールをアシストした三笘薫だが、ゴールラインギリギリでの折り返しの際にボールが外に出ていたと物議を醸すこととなった。 これにはW杯を主催する国際サッカー連盟(FIFA)も公式の見解を示し、VARによるチェックも正当だったとした。 そんな中、この劇的ゴールを再現した人物が。それが、お笑いコンビ・ナイツの土屋伸之さんだ。 「ヤホー」のネタなどが有名なナイツだが、土屋さんはキン肉マン消しゴム(キン消し)を使った「消しゴムサッカー(消しサカ)」を趣味にしており、自身のYouTubeチャンネル『つちやのぶゆき 世界消しサカ協会 Nobuyuki Tsuchiya WEFA』では「消しサカ」の動画をアップしていた。 その中で、この三笘の折り返しからの田中のゴールを再現。ラインギリギリからのクロスを触って入れるという一連の流れを見事に再現した。 YouTubeチャンネルではそのセッティングシーンから投稿されているが、この再現には「すごい技術力」、「ちょ、やばいてこれ笑」、「多くの人の目に留まってほしい!」、「テイクいくつで決まったのか気になる!」とコメントが集まっている。 動画では細かくVARのチェックも行うなどしており、忠実に再現。ちなみに、同点ゴールの堂安律のミドルシュートも再現し、こちらはGKウナイ・シモンがわずかに触れているところも再現している徹底ぶりだ。 <span class="paragraph-title">【動画】消しサカで三笘のクロスから田中が合わせるゴールの高い再現度</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="VTocGRSRMRw";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】堂安律の豪快ミドルシュートも再現!</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="jG3wO5xvRIU";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay_shorts.js"></script> 2022.12.03 21:53 Sat
twitterfacebook
thumb

スペイン戦振り返りとラウンド16展望/六川亨の日本サッカー見聞録

グループリーグが終わってみれば、“波乱の主役”は日本だったと言っても過言ではないだろう。フランスがチュニジアに、ブラジルがカメルーンに負けたのも意外だったが、すでにグループリーグ突破を決めており、両チームともスタメンを9人も入れ替えたのだから「必然」とも言える。 同じ過ちは日本もコスタリカ戦で犯したが、同じミスを結果的にスペインも犯した。左SBジョルディ・アルバに代えて19歳のアレハンドロ・バルデを初スタメンに起用した。若返りに積極的なルイス・エンリケ監督だけに、バルセロナでの実績からバルデを起用したのも頷ける。 しかし後半3分、トラップが大きくなったところを伊東純也に突かれ、こぼれ球を拾った堂安律に同点弾を叩き込まれる。さらに3分後、堂安のタテへの突破から逆転ゴールを許すことになった。 以前の堂安は、カットインしてからも相手を完全に抜き去ろうとボールを持ちすぎる傾向が強かった。久保建英と違い、タテに突破する回数が少ないことでカットインを読まれることも多かった。 しかし今シーズンの彼は、タテへ持ち出して右足でクロスを上げることも増え、シュートのタイミングも以前より早くなった。コースさえあれば、相手を抜き去る前に打つなど、すでにフライブルクでも欠かせない戦力になっている。 W杯でのゴールは、その後のサッカー人生を変える。それは稲本潤一や鈴木隆行、本田圭佑らが証明しているだろう。まだ大会は途中だが、年明けの移籍マーケットで堂安やブンデスリーガ2部の田中碧、さらには快足ドリブラーの三笘薫にどのようなオファーが届くのか楽しみでもある。 ドイツに続きスペインも撃破したことで、日本はグループEを首位で通過した。前半30分過ぎからの日本は、最終ラインを高く保ち、ガビやアルバロ・モラタらが下がってボールを受けようとしても、谷口彰悟と吉田麻也らがマンマークで食らいついてティキ・タカを封じようとした。 前半終了間際には2人ともイエローカードを受けたが、これくらいしないとティキ・タカは止められない。ドイツが試合の流れを引き寄せるため、スペイン戦の後半開始直後に見せたプレーでもあった。 日本がグループリーグを首位で突破したのは02年日韓大会以来2度目の快挙である。当時の日本は、第3戦のチュニジア戦を大阪で戦った。グループリーグを「2位通過」と想定し、ラウンド16ではグループC1位のブラジルとの対戦が濃厚だが、それもやむを得ないとして決戦の会場を神戸にした。大阪から神戸なら移動のストレスがないからだ。 ところが日本はグループHを首位で通過したため、ラウンド16は仙台でトルコと対戦することになった。FW柳沢敦を体調不良で起用できなかったことも痛かったが、フィリップ・トルシエ監督はノルマのグループリーグ突破を果たしたことでトルコ戦は「ボーナス」と言い、西澤明訓とアレックス(後の三都主アレサンドロ)を初スタメンに起用。しかし“奇策”は実らず0-1で敗退した。 幸いカタールW杯はほとんどがドーハ市内か近郊の都市で開催されているため、移動のストレスはない。そして当コラムでも指摘していたが、ドイツ戦とスペイン戦の行われたハリファ国際スタジアム(厳密にはドーハ郊外のアル・ラーヤンにある)は11年のアジアカップ決勝で、延長戦の末にオーストラリアを倒した縁起のいいスタジアムでもある。 当時のハリファ国際スタジアムは開催国のカタールがグループリーグで使用したため、日本は決勝までプレーすることはなかった。今大会ではラウンド16の1試合と3位決定戦しか使用されないため、日本がここでプレーするにはクロアチアとブラジル対韓国の勝者を撃破しなければならない。 そんなスタジアムの“験担ぎ”に頼らず、まずは実力でクロアチアを倒して欲しいところ。会場は初めてプレーするアル・ジャヌーブだが、条件はクロアチアも同じ。ノックアウトステージは延長、PK戦もあるだけに総力戦の戦いになることは間違いない。 唯一の気がかりは、前回のロシアW杯でクロアチアは決勝以外の3試合で3度の延長戦を経験していることだ(うち2試合はPK戦の勝利)。できれば日本は90分間で決着をつけたい。<hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2022.12.03 17:00 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly